2007年04月29日

バベル

テーマ:ブログ
日本版HPはこちら

 ブラッド・ピットが出てるからエンターテイメントでしょ?でもなんかサスペンスもの?みたいなミーハーなノリで観に行くなかれ。

 「21グラム」のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作。てゆうか、基本パターンは一緒です!

 モロッコを旅する米国人夫婦、サンディエゴでその夫婦の子供を預かるメキシコ人家政婦、そして米国人妻を偶然撃ってしまうモロッコの羊飼いの少年、そしてその銃をモロッコ人に渡した日本人は妻をなくした男、聾唖の一人娘とは心を通じ合えていない。

 日本公開版だからなのか、ブラッド・ピットと役所広司や菊地凛子がデカデカとしたポスターだけど、実際、カラミはありません。基本的に別々のロケーションは独立したエピソードとして展開する。特に日本編は他のシーンとほとんど絡まず。

 で、話題のキャストはこんな感じ。

ブラッド・ピット:介抱夫。この人相変わらずこういう癖のある映画に出るのがスキだね~。くたびれ度合の絶妙さはキャラなのか、地なのか?電話のシーンは、シナリオのつなげ方の妙もあるが、演技もうまい。ちょっとだけ泣かせます。

ケイト・ブランシェット:撃たれ妻。正直演技は撃たれるまでの短い間です。本人は当初セリフが少なすぎたのか、やんわりとお断りモードだったそうですが、出て良かったんじゃないかなあ?ピットを相手に、序盤以降は殆んど倒れて介抱されているだけですが、存在感はあります。

ガエル・ガルシア・ベルナル:いや~陽気なメキシカン。こういうひと、いそうだな~!と感じさせるってコトはジャストフィットなキャスティングなんでしょうきっと。陽気な彼が真顔になるメキシコ・アメリカ国境でのやりとりが、中米の現実感をつきつけます。

アドリアナ・バラッザ:家政婦は見た!息子の結婚式という晴の日にとんでもない事態に巻き込まれることに。そつのない演技です。

役所広司:抑鬱独り身男。妻を亡くし、聾唖の娘との間の壁をなくせない。閉塞感たっぷりの中年男の表情の演技は絶妙。ただしセリフは意図的になのか?棒読でわざとらしい。

二階堂智:役所広司の影であまり話題にのぼらないが重要な役どころ。佇いも渋いし、演技も渋い。意外な発見でした。

菊地凛子:日本編の主役です。ヌードシーンなど結構そういうところに話題が集中しがちだが、アカデミー賞ノミネートだけあって表現力はすばらしい。今後に注目。得てして、セリフのあるフツーの役がかすんでしまったりするんだな、最初にこういうスゴイのやっちゃうと。

モロッコの人たち:公開情報だと役者の名前すら出てきませんが、けっこう出番も多いし印象的な演技をする人たちです。最初アフガニスタンだと思ってました。


 全編通じて、要するにコミュニケーションがうまくできないというのは本当に不幸である、というテーマ。

 銃弾がもたらす不幸のみならず、全てのエピソードにコミュニケーションのちぐはぐさがビルトインされており、チクチクと絶え間ない感じで、心に刺さります。

 イタイ。イタイよ2時間ずっと。

 よく、日本編だけ関連が薄く、娘が聾唖である必然性もよくワカラン!という意見などがありますが、この映画を1つの物語として観ようとすると、そういう感想が出るのも確か。

 でも、あくまでこの映画が表現しているのは、言葉がバラバラであるが故、人々のコミュニケーションがバラバラになり、不幸が不幸を呼ぶ(でもそうした不幸や言葉の壁をなんとか乗り越えて、理解しあえることもあるよ)、ってことなんでしょう。
 聾唖ってのも、言葉が通じないという状態の1シチュエーションとしてとらえてください、という感じか。

 エンターテイメント派はきっとNG。クラッシュや、トラフィック、シリアナなどが好きなひとは好きになれると思います。ちなみにわたしはシリアナのラストシーン、ジョージ・クルーニーの必死さと哀しみがごちゃまぜになった一瞬の表情が最高に好きです。


人気ブログランキング 最近外国映画が描く日本も普通になってきましたね。良くも悪くも等身大の日本が描かれることは喜ばしい限りです!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年04月01日

【小説】行きずりの街

テーマ:Book Review


志水 辰夫
行きずりの街

 シミタツ節を初体験。「このミス」1992年国内1位だったり、テレビドラマ(主演:水谷豊)になってたりして、結構有名らしい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
内容(「BOOK」データベースより)
 女生徒との恋愛がスキャンダルとなり、都内の名門校を追放された元教師。退職後、郷里で塾講師をしていた彼は、失踪した教え子を捜しに、再び東京へ足を踏み入れた。そこで彼は失踪に自分を追放した学園が関係しているという、意外な事実を知った。十数年前の悪夢が蘇る。過去を清算すべき時が来たことを悟った男は、孤独な闘いに挑んでいった…。日本冒険小説協会大賞受賞作。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 いったりきたりする東京の街中の描写が東京在住でない読者は???という感じでしょうけども、それなりに「行きずり」感というか、場末っぽいリアリティが感じられ、雰囲気はいいです。

 が、プロットとキャラについてはちょっと不満。ご都合主義っていうか、漫画チックじゃないすか?
 学園ものだからなのか、教師が主人公だからなのか、ビミョーに立ち回りが良くて出来すぎなキャラ達と、これまた綺麗過ぎる展開に、予定調和を感じたりもする。

 確かに、ストーリーにはミステリ要素がちりばめられていて「どうなるんだろう?」感をかもし出しておりそれなりに楽しめる。ただ、本格ミステリによくある「どんでん返し」はなくて、予想の範囲内でした。

 文体は割と馴染めるほうですがね。

 Amazonの書評には「短編がいいよ」と書いてあったりしたので、今度は短編を読んでみます。


人気ブログランキング ラストは往年の大映ドラマ並のベタな展開!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。