1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007年03月25日

いちのや 神泉店

テーマ:
いちのや 本もろくすっぽ読まずに鰻ばかり食っている印象になりそうで、ちょっとだけ恥ずかしいですが、今年の鰻目標を達成するためには、月に2~3度は行くイキオイでがんばってます。

 で、いちのや。川越の有名老舗とは兄弟店(何代目かでのれんわけしたらしい)です。

 入るなり、かなりおしゃれな内装。いわゆる料亭とか割烹とか小料理屋って感じではなくて、和のテイストを持ちつつも、アーティスティックな感じの雰囲気をまとっています。

 山手通り沿いなんで、JRの駅からは遠く(井の頭線の神泉駅)、不利な立地だと思うのですが、流石は老舗なのか、混んでて並んだり、予約がいっぱいで入れないことも。

 で、滅多にこれないんで、かなり奮発してしまい、弐段¥3,900-をチョイス。

 当然注文を受けてから仕込むので時間もかかります。予約していったほうが無難でしょう。

 タレは甘めです。焼きはまずまずですが鰻の身はちょっと自分には柔らかすぎかな…

 山椒を多めにかけて、ご飯のナカからも出てくる鰻をゴージャス気分でパクつきます。

 お店の雰囲気といい、甘めでヤワい鰻といい、デートにはいいかも。

 でもお値段は張りますけどね。


人気ブログランキング 最近読書少なめ。blogのためというわけではないが、気を取り直してがんばるぞ!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月21日

小福

テーマ:
小福

 知る人ぞ知る名店、小福に行ってきました。

 実は1月に一度訪れたのですが、長めの年末年始休業中だったため、今回はリベンジ。

 お店の2階はU字型のカウンターになっていて、真ん中に水槽があり錦鯉が泳いでいます。

 うな重¥2,000-を注文して待つこと20分。待ち時間はちょっと長めですが、注文を受けてからじっくり焼きを入れているとのことで、期待十分です。

 うなぎはちょっと小ぶり。な割には身がしっかりしていて、自慢の焼きも十分。タレは甘すぎず辛すぎず、ツボをおさえたいい感じです。

 お値段もこの雰囲気と味を考えたら、リーズナブル。

 さらに、仲居さんのサービスが良い!プチ料亭気分を味わえます。(ちょっと大袈裟かも)

 気のおけない友人や、少し親密になりかけているお客様なんかとくると、良いでしょう。

 錦鯉の泳ぐ水槽に流れ落ちる水の音を聞きながら、旨い鰻を食う。

 普段でないような、本音が聞けるかもよ?


人気ブログランキング 流石に鰻は泳いでませんでした!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月18日

【小説】真夜中のマーチ

テーマ:Book Review


奥田 英朗
真夜中のマーチ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
内容(「BOOK」データベースより)
 自称青年実業家のヨコケンこと横山健司は、仕込んだパーティーで三田総一郎と出会う。財閥の御曹司かと思いきや、単なる商社のダメ社員だったミタゾウとヨコケンは、わけありの現金強奪をもくろむが、謎の美女クロチェに邪魔されてしまう。それぞれの思惑を抱えて手を組んだ3人は、美術詐欺のアガリ、10億円をターゲットに完全犯罪を目指す!が…!?直木賞作家が放つ、痛快クライム・ノベルの傑作。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 小学校や中学校のころ、男女3~4人の仲良しグループで学校を抜け出して遊んだりとか、いろんなイタズラの記憶がよみがえりました。

 あのころのアイツ、何してるかな~なんて、同窓会でも企画したくなっちゃうような読後感です。

 この物語は、10億円強奪をプロットの中心にしてはいるものの、もうひとつの主題は、生い立ちの全く違う個性的な3人の若者がお互いを利用しようと接近したのちに、チームを組むことになり、やがてかすかな友情とも言えるような人間関係を構築してゆくプロセスなのであります。

 3章構成で、1章はヨコケン、2章はミタゾウ、3章はクロチェの視点になっていて、それぞれの内面描写があるために、主役3人のキャラに深みがあります。

 やくざのフルテツや、ヨコケンのちょっとまぬけな舎弟アキラ、そしてクロチェの超まぬけな弟であるタケシ、孤高の美女クロチェが唯一愛するドーベルマンのストロベリーなど、脇役陣もいい味を出しています。
 この人の描く脇役はホント少ない出番であるにもかかわらず味がある人たちが多い。

 また主要登場人物を、あだ名でカタカナ表記することによって軽いタッチを出しています。ネーミングセンスがいい。黒川千恵=クロチェ、だもんね。

 さすがはアノ「伊良部」を創り出した奥田英朗。キャラ作りに関しては匠の技を感じさせます。


人気ブログランキング 1/100でいいから私に投資して!クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年03月11日

かいはら

テーマ:
かいはら 今日は、ここ数年で高層化リニューアルしまくっている通称三菱村、丸の内です。

 ビジネス街の割には、意外と鰻屋が少ないような。鰻ってあんまり人気がないのかなあ?

 そんななか、「鰻、海鮮、豆冨と素材と技が自慢の江戸前料理」で、さらりまんの心をわしづかみしちゃってるっぽい「かいはら」に行きました。

 まぐたい茶漬や漬丼、スーパートロ丼といった魅惑的なランチメニューが並ぶなか、うな重¥1,700-。

 待つこと10分弱で到着。代々続く秘伝のタレと京都”七味家”のキロ単価ウン万円の超高級山椒っていう派手な売り文句の山椒をふりかけ、いただきます!

丸の内 岸本ビル 鰻の身は普通ですね。タレも普通。焼きはいいですよ。炭火の香ばしさが鰻の旨さをひきたててくれます。
 でも山椒も普通だったなあ。豆腐小鉢という小技は○。

 奥の座敷では楽しそうな笑い声が多数。昼間っから宴会か?

 流石は丸の内。年齢層が高そうですな。でも立地的には丸の内の中でも隠れ家的位置取りで、接待にはいいかも知れませんね。

 丸ビルのおしゃれなカフェが丸の内じゃないぜ!というオヤジの抵抗を垣間見た気がします。


人気ブログランキング 夜のお値段はチェックしてません!クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年03月10日

【読み物】思考の整理学

テーマ:Book Review


外山 滋比古
思考の整理学

 立ち寄った本屋にオススメ!の平積み状態であったため購入。

 「アイディアが軽やかに離陸し、思考がのびのびと大空を駆けるには?自らの体験に則し、独自の思考のエッセンスを明快に開陳する、恰好の入門書。」
 とのこと。

 著者のしなやかな知性を感じます。なんてったって、いきなり「グライダー人間」ですから。

 こういう人たちの特徴は、比喩がうまく、文章が分かりやすいこと。

 また、1つ1つのエッセイが短いので、読みやすいです。通勤電車のお供にはもってこいでしょう。

 新聞のスクラップの取り方、袋を使った整理など、いささか古めかしい手法の紹介も混じってはいますが、発想に対する考え方は、全く以って現代に通ずるところがあり、総じて良書と言ってよいと思います。

 思いついたらノートに書き留める、っていうのは古今東西、発想するための基本的行動ですね。


人気ブログランキング 書いて忘れるってのがアタマをフレッシュに保つコツだと。でも、どこに書いてあるかも忘れたりする。困ったもんです。クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。