1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2007年02月28日

【新書】起業するなら中国へ行こう! 北京発・最新ビジネス事情

テーマ:Book Review


柳田 洋
起業するなら中国へ行こう! 北京発・最新ビジネス事情

 なんか最近、新書づいていますが、またしてもタイトルに釣られてしまいました。

 何かと脅威論だとか政治問題が煽られている関係で、「近くて遠い国」になりつつある中国ですが、かの国は現在、日本が歩んできた高度成長と酷似した状態を猛スピードで爆走していることは紛れもない事実。

 ここ1~2日間の上海の株暴落には一瞬「バブル崩壊?」と思いましたが…また上げてますね。もう1~2年、北京五輪までは意地で盛り上がり続けるかも知れません。

 なんてったって13億人。そんな国で起業すると成功した暁にはスゴイことになるんじゃあ!みたいな色気を誘うタイトルです。

 中国で実際に単身起業した著者だけあって、起業のいきさつは生々しい。オフィスの場所やら交渉するときの心構えとか食事情、教育事情に至るまで、生活感たっぷりのインサイド中国の紹介が多数。

 「そうか、そうだよね」と諭されてしまったのが、中国という国は13億人の巨大市場!ではなくて、極端な話、1億人の「日本人よりもよほど裕福な層」と、1~2億人の「中流層」と、10億人近くの「貧乏人」という極端な格差ピラミッド社会であるということ。
(数字は本に書いてあるのとは違うけど、たとえということで許してください)

 そういった意味では、アナロジーとして日本の高度成長期がよく引き合いに出されるが、中国のそれは本質的には違うんだなあ、と。

 そういう超格差ピラミッド社会においては、平均所得とか、そういう指標値が全く意味を成さない。
 年収15万円以下の人達がいるなかで、平均年収1,000万円とか2,000万円といったクラスも同時に存在しているのだから、要するに、1つの国の中に、2つの市場、社会が同居しているようなものですね。

 よって、それだけでも日本の人口をもしのぐであろう「超裕福層」に対する、「中国にはまだないけど日本ではある高級サービス」なんかが狙い目だと著者は言います。

 なるほど。中国に住んでビジネスをしている日本人が言うのだから説得力があるね。

 新書ゆえに、細かいトピック(例えば起業にあたっての法整備がどうだとか、そういう話)は殆どなく、どっちかというと、中国人気質とか、中国の文化とか、中国の「今」みたいな、「地球の歩き方」から観光情報を撤去したような内容になっております。

 この辺が「タイトルに釣られちゃった」と評する所以。でも楽しく読めましたので単純な批判じゃないですよ。


人気ブログランキング 単なる中国観光旅行でも、行く前に読むと興味深いです。クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月27日

決定!第79回アカデミー賞

テーマ:ブログ
スコセッシ・イヤーでしたね。

終わってみれば「バベル」も「硫黄島~」も1つだけの受賞にとどまりました。
「バベル」とか「硫黄島~」のほうが批評家好みだと思ったんだけどなあ。

あたったのは、悲しいかな、日本人としては予想を裏切ってほしかった助演女優賞だけ。

もっと映画をたくさん観て勉強します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月26日

直前予想!第79回アカデミー賞

テーマ:ブログ
まもなくですね。さて、根拠のない予想をしてみましょう。

作品賞:「Babel/バベル」
・スコセッシ監督にとらせてあげたいけど「The Departed/ディパーテッド」はリメイクだからその辺を勘案し作品賞はなし
・「Letters from Iwo Jima/硫黄島からの手紙」は米国側作品と対で1作品だから
・ほかはごめん、観てません

主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ
・理由なし。感性で

主演女優賞:ペネロペ・クルス
・スペインへの売り込み用

助演男優賞:エディ・マーフィ
助演女優賞:ジェニファー・ハドソン

・ドリームガールズ旋風ってことで。菊地凛子は流石にキビシーでしょ

監督賞:クリント・イーストウッド
・太平洋戦争2部作の果敢な試みに敬意を表して

長編アニメ賞:「Monster House/モンスター・ハウス」
・感性で

さあ、いくつあたるか?ゼロだったら映画見る目がないってコトで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月25日

有償版「Google Apps Premier Edition」開始

テーマ:ブログ
 スラッシュドットジャパンより。

 ついに大御所がきましたね。

 Excel関数まで実現しちゃってるスゴさには感動するも、自分の周りを見渡す限り、本格的なビジネスユースとしての普及はまだ先かなあという気もしてます。

 企業の情報を外にさらけ出すというのも抵抗あるし。ただ今後は検索エンジンと同じくアプライアンスサーバを売ると思われ、そしたら企業も導入しだすような気もしますけど。でもそうなってくるとだんだん、OpenOffice.orgで何がいけないの?という話も、出てきますね。

 Web上であるが故、いつでもどこからでも何人からでも、というところが強力な活かし所だったりするのですが、上手く使いこなすためにはそもそもドキュメントの構造定義と執筆における役割分担がちゃんと出来ていないと駄目なわけで(当たり前ですが)、まだそんな次元には達していないのがワタシの現状。

 しかも、文章比率の高いドキュメントでも、Excelで書いちゃったりしているからなあ…結構Excelだけで無理やり完結させているコトって多い。「拝啓、貴社ますますの…」とかExcelセル結合を駆使して一生懸命書いてたりとか。
 そうするとExcelに細かいレイアウト調整とか、過剰な装飾能力を求めるんですよね。本来は表組みソフトなのに。

 ほんとはそんな使い方しないんですよねきっと。
 1つの文書を丹念に作る、という概念で捉えるよりも、さまざまな情報をさまざまな見せ方で素早く効果的に結合したものを作る、という感じで活用するのが本来の姿なのでしょう。

 マイクロソフトがその昔から提唱していたOLEでWordドキュメントのナカにExcelドキュメントを入れる、といった発想が、やっと日の目を見たってところでしょうか。OLEドキュメントの考え方は、ネットワーク型でこそ活きる。
#あとどこへ行ったの?感の漂うOneNoteとか。MSは、発想はいいんだけどねえ。ネットワーク前提という世界観から根本的に立ち遅れつつある気がします。モノ売りの発想なんですよね。でも、巻き返そうとしている感はひしひしと伝わってくるので、期待。MS独占が終わってGoogle独占が始まっても、多分うれしくないですからね。

 あとは要するに、多少機能が優劣あろうがセキュリティって?的な心配事が出ようが、Googleが提供する、ってところが一番のメリットなんだと思いますね。みんなの共通プラットフォーム、に近い環境ですから。

 きっととんでもなく素晴らしい文書テンプレートを作ったりするひとが沢山出てくるんだろうなあ。
 それこそが、Web上でワザワザこんなものを実現する、一番のメリットなのかも知れません。


人気ブログランキング 出てきたときは小バカにされたJavaScript+DHTMLもここまで大きくなると目頭が熱く…かつてActiveXに期待したワタシはまるでビデオ戦争におけるベータ派のような心境です。クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年02月23日

【新書】あなたが年収1000万円稼げない理由。―給料氷河期を勝ち残るキャリア・デザイン

テーマ:Book Review


田中 和彦
あなたが年収1000万円稼げない理由。―給料氷河期を勝ち残るキャリア・デザイン

 どっちかというとタイトルで釣るタイプの本ですが、ともかく元気は出てきます。

 会社依存ではなく、自分主体のキャリアデザインをしろ!という主張をあれこれ、著者の経験や伝聞を交えて語るのですが、難しい理論や指標値、根拠資料は出てきません。

 よって、高速で読了。なんとなくイキオイで「うん!そうだよね!」的な共感度は高いです。

 が、綺麗で聞こえの良いうわばみをすくってる感は否めません。

 もう少し泥臭いというか、具体的なノウハウ紹介があっても良いような気もしますが、著者が冒頭で「ノウハウ 本じゃない」的なことをハッキリ言っているので、了解の上で読むぶんには良いでしょう。

 なんか、少し頑張れば自分にも新書が書けそうな勘違いをしてきた。そういう意味で(妙ですが)価値がありました。


人気ブログランキング あんまり調子に乗ってタイトル売りばっかりしてると折角の新書ブームも虚構に終わってしまうぞよ!クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。