1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年07月30日

【小説】ユグドラジルの覇者

テーマ:Book Review


桂木 希
ユグドラジルの覇者

 なかなか楽しめました。

 タイトル勝ち、って要素も大きいですね。ユグドラジルとは、北欧神話に出てくる世界の象徴ともいうべき巨大な樹のこと。つまりは世界を奪い合う覇権争いってところで、既に表紙の時点で興味沸いちゃいます。

 実際、強引な展開はあるものの、話のスケールは、世界の各地にちりばめられた癖のあるキャラが壮大な知略謀略を尽くす「大風呂敷」で、「このあと、どうなるの?」感が、ぐいぐいと物語をひっぱります。

 相場を扱う割にはスピード感はそれ程でもないし、アクション要素がないので、そういった疾走感は今ひとつですが、最初はあちこちに時間と位置が飛ぶため多少ごちゃごちゃ感があるものの、途中から徐々に話がつながってきて、構図が見えてくると、ページもどんどん進みます。

 なんたってミステリ大賞受賞作だから、アクションとかそういうのは、なくてもいいのでしょう。決してテンポが悪いわけじゃないし。

 登場キャラは非常に分かりやすくこしらえてあり、特に欧州の若き女帝ハンナが、ちょっと出来すぎで、漫画キャラっぽいところがあるけど、いい働きしてます。

 キーマンの日本人、矢野健介はさながら合気道の達人のような立ち振る舞い。

 最後は、重層的に仕掛けられた心理的トラップに、欧米の名だたる猛者達がことごとくはまっていくのでした。
 覇権争い、とか、謀略戦、というよりは、一方的に罠に落ちていきます。

 後半の話の手仕舞いかたはちょっと大雑把。
 覇者は結局…ってところが著者の主張なのかも知れないけど、少々オチは肩透かしかもね。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
出版社/著者からの内容紹介
 世界規模のネットコンゲーム。第26回横溝正史ミステリ大賞、大賞受賞作。
 200X年、世界はかつてない勢いでネット経済へとなだれ込もうとしていた。米、欧州、アジア……各国の経済覇者がしのぎを削る。果して世界経済の支配権は誰の手に渡るのか!? 壮大なスケールで描く経済謀略小説。

内容(「BOOK」データベースより)
 華僑の若き総帥“華龍”、娼街育ちにしてEU経済界の女帝、某巨大財閥をバックに持つ米最大IT企業トップ、そして流浪の一日本人と覆面トレーダーの二人組…。混沌のネット経済界を制するのは誰か―?くせ者たちが火花を散らす、タイムリミットの頭脳戦。第26回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



人気ブログランキングさあ、世界の覇者になりたければクリックするんだ! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月28日

サイバーエージェント株

テーマ:ブログ
いつのまにか、ピーク時に比べたら著しく下がってますね。

新興市場全体が下がったりしていて、堀江村上の影響などもあるのか、個人投資家?が相当狼狽しているような感じに見えます。

こりゃ、当分、辛気臭い展開が続きそうですな。


踏み切り一旦停止
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月26日

ウナギショック!

テーマ:ブログ
 今日の日経新聞にこんな記事が。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「活ウナギ、中国、対日輸出を停止 ~残留農薬の検出原因か~」

 中国政府が活ウナギの対日輸出を停止したことが二十五日までに明らかになった。日本が残留農薬を寄生する「ポジティブリスト制度」を五月末に導入して以降、主に殺虫剤として使われるエンドスルファンが検出されたためと見られる。
 中国産活ウナギの輸出停止は初めて。品薄感から国内卸値が一段と上昇する可能性もある。
…以下略

(日本経済新聞 2006年7月26日)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ずっと言われていたこととして、現在の制度だと、最終の養殖場所なり加工場所が「産地」とすることができてしまうため、中国から持ってきたウナギを国内の池に1週間くらい放り込んで「国産」です、っていうのが出来る。これがイカンと思うな。

 わかっちゃいたんだけど、牛肉と比べてマイナーな食材、どうしても世間の声として大きく取り上げられることは少ないのが現状。

 それにしてもここ近年の中国の高度成長っぷりから引き起こされる当然の帰結として、日本で言うなら水俣とか四日市の状態がそこかしこで起こってるんでしょ?って憶測がどうしても頭をよぎる。

 しかも、かの国は、激しく情報統制しているし。日本だって結局はイロイロ隠してたワケだけど、そんなの目じゃないレベルでいろんなことが隠されているに違いない。

 我々消費者のささやかな防衛策としては、店側の食の安全へのこだわりってものを、何らか判断して選別していくしかないってのが現状。

 まったく、世も末だよ。一体何を食えばいいんだ。むしろカップラーメンが一番安全なのか?


人気ブログランキング漫画AKIRAの「おいしいよ!人工サンマ」なんて台詞がマジになってきたこの御時世、食の安全啓蒙に向けて清きクリックを! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月25日

渋谷 松川 本店

テーマ:
渋谷 松川 本店渋谷 松川の近辺
 やっぱりコンビニ鰻では我慢できず、店に行きました。

 東京も東京、渋谷センター街の入り口脇に構える松川本店です。

 騒々しい渋谷スクランブルから徒歩5秒の立地の割には、店に足を一歩踏み入れると、そこは落ち着いていて上品な雰囲気が漂います。

 お昼時、廉価なランチもありますが、ここはやはりじっくり堪能したい。おすすめとあった「桜」\2,625-をチョイス。

 品の良い朱漆の重につめられての登場です。

 うーん、やっぱり香りも見た目も段違いですな。

 ちょい辛めのタレで、引き締まり気味の、いい感じに炭火であぶられた適度な歯ごたえある鰻。旨いです。

 若者の街渋谷と言えど侮るなかれ。センター街入り口に、松川あり。


人気ブログランキングいくら丑の日近辺と言えど鰻ばかり食って、いい身分だな!とつっこみたいあなた、イヤblogのために大変なんすよ!同情のクリックよろしく! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年07月23日

鰻屋巡り番外編2 セブンイレブン 九州産うなぎ蒲焼重

テーマ:
セブンイレブンうな重1
 昨日に続き、コンビニうな重試食編。
 今日はセブンイレブンです。

 九州産うな重\1,380-也。しかし予約の場合住所かかされるのはどこも一緒なのかな?面倒ですね。

 昨日は所詮コンビニと落胆したけど、買ってきてチョットだけ期待。

 見た目は、昨日のものよりもだいぶいいようです。

 ふたをあけて香ってくるにおいも違うし、お茶サービスはないものの、タレが別に用意されています。

 これはポイント高。タレが滲みすぎてぐだぐだになった鰻を食わされる懸念が緩和されるはずです。

セブンイレブンうな重2 それでは、さっそくいただきます。

 割り箸つけてもらうの忘れてほっかほっか亭の割り箸になってるところはご愛嬌。

 味は…案の定、昨日よりはいいかも!

 タレのしみ具合が適度で、鰻自体も比較的肉厚で炭火っぽい風味も若干だが出てる感じはします。

 とりあえず セブンイレブン>ファミリーマート ですわ。

 でもどっちみちその場で焼いた鰻には遠く及ばず。

 +\1,000-出してでも店にいくほうがいい、ってのは昨日と同様。


人気ブログランキング第三弾は近所にコンビニがないので後日…ナチュラルローソンって鰻売ってるかな?クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。