1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年06月25日

【小説】ねじの回転

テーマ:Book Review

恩田 陸
ねじの回転―February moment

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
出版社 / 著者からの内容紹介
 過去を変えることはできるのか。
 人類を悲惨な運命から救うため、時間遡行装置による歴史の介入点に選ばれた1936年2月26日、東京。歴史を修正すべき安藤大尉には別の思惑が…。渾身の歴史SF長編!(解説・田中啓文)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


 ファンタジスタ恩田陸が、ニ・ニ六事件を題材に、IFモノ(もし~が~だったら?)の要素や、未来の人類と1930年代の日本を憂う青年将校達との邂逅を描くファンタジーSF。

 冒頭、思わせぶりなモノローグがいくつかあったかと思うと、物語はいきなり昭和11年2月26日、雪の積もる帝都中枢の三宅坂を首謀者の一人である安藤輝三が「二度目の」行軍をしているところから始まります。

 これから起こる史実と、安藤が何やらアヤシイ「尋常ならざる」企みのなかに組み込まれていそうなことから、いやが応にも緊張感が高まります。

 時間操作の技術を扱いきれなかったために自分たちの時代に壊滅的なダメージを食らい、過去の歴史に介入することでその修正を試みる未来の「国連スタッフ」たち。

 そしてその「国連スタッフ」の介入を受け、更には歴史そのものに振り回されながらも己の信念を貫き通そうとする青年将校ら。
 そこに謎のハッカー?が物語の節々で絡んで、歴史の修正内容に狂いが生じていく。

 こんなはずではなかった!この歴史を創ろうとしているのは誰だ?
 ミステリアスな要素も多分に含んでいてあきさせません。

 時間操作とハプニングを繰り返しつつ、物語が徐々にカタルシスに向かって、最後には、途中でちりばめられたエピソードが紡がれていき感慨深いラストへ。

 こういうタイムパラドックス系はどうしてもこじつけが目立ってしまいますが、いさぎよくその辺の「SF的な講釈」は一切外しているため、逆に飛躍や矛盾は気にせずにあくまで登場人物らの行動に集中できます。

 ハードSFファンはご不満でしょうね。歴史ファンにはオススメ。


BGM->Tommy heavenly6"Tommy heavenly6"2005


人気ブログランキング歴史に介入するならワールドカップ予選に介入してくれ!なあなた、クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月24日

Amazonマイページ

テーマ:IT
 最近、Amazonマイページにハマってます。

 過去買った商品と関連性のありそうな商品がピックアップされ紹介される機能はもともとありましたが、それがさらに進化して、ユーザ側から「教え込む」ことができるようになりました。

 先ずAmazonが勝手に判断した「これも興味アリですよね?」リストが出てくるのですが、それを「もう持ってるよ!」とか「興味ありません」とか答えていくと、リストがそれにあわせて刻々と変化していき、自分好みの商品カタログが出来るというシロモノ。

 これは凄い。なんだか自分好みのリストに育てていく感覚が心地よくて、出てくるリストに、答え続けてはリロードしてリストの変化を確かめる…という行為を気がつくと10分以上続けていました。

 たまに「そんなのスキじゃねーよ!」っていうお茶目なものが出てきたり、「お!確かによさそうだね。ワカってんじゃん」みたいなこともあって、だんだん愛着が沸いてきます。

 こういった買い手、受け手の心をくすぐる機能を、さらっと実現しているところが、Amazonの凄いところです。

 システム屋の目で見ると、データ量が多いといった問題がありそうで、実現の難易度は高いと思うのですが。

 でも、このアイデアっていろんなモノに応用可能ですよね。

 このマイページのパクリアイデアを思いついたのですが、この仕組みってまたまたビジネスモデル特許とっているのかしら?

 ユーザの行動からデータ同士を関連付けて知識データベースともいうべきものをつくりあげていく…

 自分的にはGoogleの「どうだ。すごいだろ。Googleで出てこないサイトは無いのと一緒だぜ」的な態度よりも、このAmazonの「どうぞ。当店の仕組みを存分にご活用いただきお客様同士でも盛り上がってください」といった「消費者本位」な「黒子的商売人」態度がスキです。

 まあ異質で目的も違う両者を比べること自体ナンセンスとは分かっているのですが…ついついインターネット界の旗手同士、ついつい比較したくなります。

 ちょっとした調べ物はWikipedia。じっくり勉強はAmazonで本探し。ニュースはニュースクリップ系blogのRSSで…意外とGoogle、一昔前に比べて使用頻度激減。

 たまに使っても、ゴミが多くて、検索リストをいちいちクリックしては落胆の繰り返し。キーワードの指定の仕方が良くないんじゃないかな~ってコトなのかも知れないけど、それってなんだか違うんじゃないの?

 私はAmazon>=Google。あまりにもGoogle賛美が多いこの世の中にちょっと食傷気味なこのごろなのです。


人気ブログランキングそのうちGoogle批判は検索結果から外されたりして…なんて妄想危惧を抱いてみる人、クリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月22日

【読み物】aとtheの物語

テーマ:Book Review



aとtheの物語

 最近、駅ナカの本屋さんが増えましたよね。

 昼間の移動って当然仕事中なので、中途半端に時間に追われていることが多くて、ちょっと駅の本屋に立ち寄ってみても、いつもと違って長居することが出来ません。

 そんな時に、ちょっと平積みで気になるタイトルがあると、衝動買いしてしまいます。

 この本も、そんな衝動買いのうちの1つ。

 英語を学ぶ日本人の殆どが悩む、aとtheの使い方を、これでもかこれでもかという程しつこく語っている本です。

 シンプルだけどいろんな例文が出ているのでそこは良い。
 悪い点は、日本語の解説がビミョーに破天荒で分かりにくいところ。くだけた口語体で、ぽんぽん飛ぶし。

 物語というタイトル通り、教科書とか論文のような理論を期待してはいけません。あくまで物語なのです。

 で、この本の主題は結局、「aとtheの使い方は文脈(context)で決まる」ということでした。

 ちょっと感心したのは、文脈の響きの良し悪しでtheがついたりとれたりするってこと。論理的に見えて結構情緒的なのね。英語って。


人気ブログランキング"Life is good."にtheがつかないのはなぜ?悩んだらクリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月18日

新宿宝珠王国

テーマ:ブログ
フォーチュンオーブ 新宿で待ち合わせ。

 1時間以上も早くついてしまったので、どうしようか迷ったあげく、ゲーセンへ。
 最後に行ったのはいつだろう…とにかく数ヶ月か1年近く前だろう。

 ぬいぐるみはどうせとっても邪魔になるし時間がもたない。しかし、アクションゲームは中学校くらいまでは大得意だったが、今のゲームは全く操作が分からない。

 よし!メダルゲームコーナーでちまちまと時間つぶしだ!さっそうと2Fへ。

 な、なんか、すごいのがいっぱいですね。最近のゲーセン。
#ゲーセンってホントは撮影禁止?

 競馬とかはソッコーでメダルがなくなりそうなので、フォーチュンオーブでちまちまと遊ぶことにした。

 このゲームは、メダルを押し出して落っことすことで獲得する「メダルプッシャー」というジャンルのゲーム機だ。

 液晶スロットで数字が揃うと、メダル数十枚がざばっと落ちてきて、大量のメダルが押し出され獲得できるというのが基本的な仕組み。
 スーパーリーチや確率変動もあって、なかなか凝っている。

 また最大の特徴は、名前の通り、オーブ。
 このオーブっていうスーパーボールの親玉みたいな玉っころがメダルに押されて落っこちると、そのままリフトで上にあがっていってルーレットみたいなところに行き更に1/6の確率でスーパージャックポットチャンスへ。

フォーチュンオーブ2 そして運良くスーパージャックポットをとると、これが凄い。真ん中でぐるぐるまわっているでかい機械がブルドーザのように動いて、滝のようにメダルが落ちてくる。
 効果音や電飾も派手で、結構盛り上がることうけあい。

 でも一人でやると、すごーくさびしい。カップル向けのゲーム機なのだ。

 ジャックポット枚数は刻一刻と増えていく。これってラスベガスとかのマシンだと近隣のカジノで連動していて、ものすごい枚数になってたりするんですよね。流石エンターテイメント先進国アメリカ。

 で、アイデアなんすけど、インターネットで全国の同機種をつないでジャックポット枚数を合算したら、スゲーことになって盛り上がるんじゃないかなあ。
 仙台のXXXで2万枚獲得!とか、池袋で3日ぶりにジャックポット!8万枚!とか。
 そいで、ジャックポットをとるとWEBカメラが作動して喜びの表情を生中継とか。流石にムリかなあ…

 さて時間つぶしのはずが、残り時間20分くらいなのに、よりによって「7」が揃ってしまい、ダイレクトオーブ50連発モードになってしまった。

 パチスロとかもそうだけど、意気込んで時間たっぷりの時は思いっきりハマることが多いけど、ちょっとした待ち時間で行ったりすると出るのは何故?

 バカバカ出しながら、時間が迫ってきて、そわそわ挙動不審な状態に。はたで見てたら怪しかっただろうなあ…

 結局、500枚くらいのメダルを預けることに。再び来るのはいつの日か。


人気ブログランキング大当たりで「よっしゃ!」と独りごちてしまったことある人、クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月17日

【新書】インターネット的

テーマ:Book Review


糸井 重里
インターネット的

 遊びの創造に関しては天才的な著者が、インターネットがもたらす現代の構造変化を論じた、どっちかというと"エッセイ"に近い本。

 私も尊敬する梅棹 忠夫さんの「情報の文明学」を土台に、イトイ的発想をMIXしているところがあって、またまた「情報の文明学」の凄さを再確認する。

 著者は「情報の文明学」を、自身の主催するサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の父と位置づけている。なお母は山岸 俊男さんの「安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方」だそうだ。こちらは読んでないので、今度読んでみることにする。

 本の中には、いくつかの名言があるが、そのなかでも、「消費のクリエイティブ」はまさにその通りだと思った。

 日本は豊かである。親父やお袋の世代、そのまた両親の世代が素晴らしかったからだが、ともかく、現代は流血の争いもなく周囲はモノにあふれ、とりあえず生存するには何ら問題ない環境である。

 高度成長が終わって物質的に豊かになった日本の次のステージは、精神的豊かさを追求するということだと思う。

 そのためには、多様な我々の欲求が満たされる社会でなくてはならず、そういう社会は我々自身が作っていかなくてはならない。
 「多様化に困った」は売り手の論理、という言葉が出てくるが、まさに売り手ではなく買い手、受け手の我々自身の「楽しさの創造力」みたいなものが試されている。

 ただ著者の独特の口語的な文体のせいか、読んでるときはあまり堅苦しいことは考えないで読んでいる。なんか、飲み屋でずーっと語っているような、いうなれば「朝まで生タモリ倶楽部」っていう感じで語りは進んでいく。

 だけど、読み終わってから物思いにふけると、じわじわ効いてくる、そんな本である。


人気ブログランキングそら耳アワーDVDなんてのが発売されないか密かに期待しているあなた、クリック! | 他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。