1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年05月27日

電子ブック

テーマ:ブログ
 雨なので自宅で引きこもっていたら、ふと漫画を読みたくなったんですが、漫画喫茶に行くのも「引きこもり完全試合」達成をあきらめるみたいで、何となく意地で回避したい気分だし、どうしようか考えた挙句、そうだ!電子ブックがあるじゃん!

 というわけで、昔PalmというPDAにハマっていたころにちょっと体験しただけの、電子ブックというやつを体験してみました。

 なんか、世の中ではP2Pなどでスキャンした漫画のJPEGなどが流通していると噂に聞きますが、誇り高きIT大国の住人としては、ちゃんと購入をすべく、その手のサイトを探してみました。

 漫画に関しては、何となく「eBookJapan」が品揃え的に良さそうです。

 早速会員登録を。「ワンタッチ決済」とやらで、予めカード番号を登録すれば簡単決済だそうです。コレって、Amazonが特許持ってなかったっけ?ビジネスモデル特許とやらは詳しくないのでテキトーな認識ですが、いいのかしら?
(そういえば最近Amazonの特許も見直すとかどっかで見た記憶が…)

 このeBookJapan、漫画は比較的古いのが多いのですが、品揃えはナカナカです。

 漫画のほかには、面白いとおもったのが、週刊現代などの週刊誌の記事が「記事単位」で売ってます。

 週刊現代 「メタボリック症候群の恐怖」 9ページ で 42円、って感じ。コレは痒いところに手が届いて、かつ収益性もありそうな発想ですよね。

 週刊誌って何となく「捨て記事」がいっぱいありそうで買うには…なんだけど、こうやってバラ売りしてくれると興味がある記事だけ買ってお得だね!と思いきや、なんだかんだでいろいろ買っていると、やっぱり紙版を1冊買ったほうが安かった!なんてことも。

 しかし、ペーパーレスのぶんだけ場所を節約できゴミも減るので、今後も積極的に利用してしまいそうな予感です。


~↓↓↓やっぱり漫喫に行ったほうが安上がりと知りつつ買いあさってしまった漫画達~




人気ブログランキング加速装置がほしくてたまらなかった人はクリック! | 他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月26日

まんまる

テーマ:
まんまる2
 そろそろ百選会のお店もすぐにいける候補が減ってきたので、今回は百選会加盟店ではない、池袋の「まんまる」をご紹介。


 池袋西口を丸井方面へ歩いていき、立教大学通りの交差点を北へ渡ってちょっと入った路地にあります。夜は風俗などでギラギラしているあたりですが、昼間は流石に閑散としています。


 まず目を引くのは「ての字」系列に匹敵する安さ。
 ちゃんと一匹のった、うな丼が\900-。
 これは嬉しすぎる価格帯です。


 しかし、この店の最大の売りは「うなどんどん」。ナナナナント!鰻が二匹のって\1,500-というカナリ魅力的な食べ物なのです。


 食券買って渡し待つこと約10分、ちゃんと炭火で焼かれたうなぎが二匹、丼からあふれんばかりにのっかった「うなどんどん」が到着。

 いや初めて見ると感動。鰻が2匹、丼からはみだしてずり落ちんばかりの圧倒的盛り付けです。

 山椒を挽いて、かぶりつきます。

まんまる

 鰻が二匹にしては、ごはんは控えめで、鰻で勝負!な意気込みがひしひしと伝わってきます。

 アマーいたれが、しっかり炙られた鰻に程よくからんでいて、イヤこれは旨い!


 池袋に「まんまる」あり。
 お越しの際は、ぜひ「丼からはみでる鰻」体験を。


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月25日

【小説】波のうえの魔術師

テーマ:Book Review


石田 衣良
波のうえの魔術師

 石田衣良と言えば、TVドラマも人気だった「池袋ウエストゲートパーク」とか、直木賞受賞の「4TEEN」、成宮寛貴と山田優で映画化予定の「アキハバラ@DEEP」などが有名だけど、本作も負けずにドラマ化されてます。

 石田衣良ブーム再び到来か?

 就職浪人でセミパチプロ(要はプータローってことね)の青年が、謎の老人に投機の極意を教え込まれつつ、巨大銀行との株価戦争に巻き込まれていくマネークライムサスペンス。


 この本がとりあげている時期はまさに日本が沈没しつつある時期で、それに呼応するように、世界中で通貨危機やロシア危機など、経済危機が頻発した時代でした。

 近年でも、ITバブル崩壊、ライブドア(マネックス)ショックといった「ビッグクランチ」がありましたが、それにも勝る大事件が、この本でもとりあげている「ロシア危機」です。

 1998年、国連の常任理事でもあり冷戦時代は世界第二の経済規模を誇った大国ロシアが債務不履行に陥り、それに端を発して、ノーベル賞受賞の経済学者を擁し、自ら作り上げたマネー増幅プログラムで驚異的な利益を出し、神々の集団とまで言われた怪物ヘッジファンドLTCMが破綻しました。

 全自動取引プログラムが動き続けてマネーを生み出し、電子のスピードで巨額なマネーが飛び交う現在の市場では、プログラムが予測不能な事態が起きたとき、加速度的な損失拡大を誘発します。

 SEという立場上、当時は「プログラムってやっぱこえ~な~」なんて思ったものです(そんな高度なプログラム、書けませんけど!)。


 作中では、老人が青年に叩き込むイロハのイは「毎日新聞を隅々まで熟読すること」「特定企業の株価を毎日書き留めること」の2つだけ。

 毎日書き続けている株価を眺めながら、老人が仕掛ける問答の妙もあって、次第に主人公の青年に「数字を読む」感覚が備わっていきます。

 「値動きの感覚」が出来るまでは、他のことを教えても無意味である、というのが相場の世界に数十年生きてきた老人の持論なのです。

 IT化したこの時代に、あくまで五感と手を動かす、これは同感です。

 相場の「波乗り」は、理論を越えた「カン」が重要な鍵を握るのです。そのあたりの怖さやスリルを青年の成長というプロットを使って上手く物語に織り込んでいます。


 総じて、石田衣良得意のプチ・デンジャラス(軽いノリで裏世界との境界線を行ったりきたりする)あり、涙あり色恋ありのよくまとまったエンターテイメント。

 各登場人物とも、軽すぎず重すぎずの振る舞いが、相変わらずスマートです。

 逆に、ALLinONEなだけに、マネーゲームの闇の深さや奥深さ、マネーに翻弄される人間の葛藤、何かのメッセージを求める人には拍子抜けかも知れません。ま、そういうのをこの著者に期待する人はいないとは思いますが。

 あくまでクール&スタイリッシュに。それが持ち味です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年05月24日

ameblo重×5!

テーマ:ブログ
 夜になると尋常でない重さ…というよりマトモに動いていないっすね。ameblo。
 スパム対策とか、そういう手間が掛かるのはさておき、重たくなってレスポンスが返せなくなっただけだったら監視してて再起動すればいいんじゃあ…

 タダだから監視とかしていないのかなあ?

 読者とかランキングとかこのあたりの機能が性能に影響しているのでしょうかね?(データ量が多そうだし)

 会員数数十万人!とか100万人!とか言うのは聞こえがいいけど、アクティブユーザ数なんてどうせ数万人なんだし、作成してから1年くらいほってあるblogなんか削除しちゃえばいいじゃないですかねえ?(言いすぎかしら?)

 情報は鮮度が重要!量より質だと思うので、他と一線を画すamebloさんには是非「幽霊blog」の削除断行を求む。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年05月23日

ばんえい(代々木)

テーマ:ラーメン
ばんえい


 タカラバイオは急反落。どうやら祭りの終わりが来たようです。


 代々木にある「ばんえい」でつけめんを食べました。
 
 この店名は…オーナーがばんえい競馬のファンなのかしら?

 つけめんの中身はというと、酸味が強いが甘さもある魚系つけだれに、麺は太目のストレート。

 2人前の「特盛」が普通盛と同じ値段というのが、予備校生狙いの「安価に量を」作戦なのでしょうか。ご丁寧に「2倍だから注意セヨ!」みたいな貼紙までしてあります。

 こちとら、もはや中年に差し掛かった、ちょいメタボリック気味な不健康男なので、普通でとどめておきます。

 もう少しスープが絡むような麺がいいかな~なんて思いつつ、せいろそばの勢いでかっこんでいきます。
 ものの数分で終了。

 やっぱ大盛くらいにはしておくべきだったかも?


つけめん ¥670-
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。