1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年02月26日

ミュンヘン

テーマ:ブログ
 やっと観ました。2月の映画。

 ホテル・ルワンダとどっちにしようか迷ったあげく、まずはミュンヘンから。
 宇宙戦争が自分的にちょっとビミョーだっただけに、こんどは頼むぞ。スピルバーグってな感じで、映画館に突入。

 冒頭、ミュンヘン事件勃発のシーンから。テレビ放送のシーンをうまく使った、緊迫感ある映像展開である。

 ミュンヘン事件とは、1972年9月5日早朝、ミュンヘンオリンピック開催中の西ドイツでおきた、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー/黒い九月”によるイスラエル人選手団11人全員死亡の最悪の結末となった人質立てこもり事件である。

 当然だがイスラエルは怒り心頭、機密情報機関“モサド”に犯人グループへの報復“暗殺”を許可する。
 そして、欧州に潜伏する“ブラック・セプテンバー/黒い九月”メンバを暗殺する極秘チームが結成された。メンバはそれぞれ記録を消され"存在しない"人間となって、時間と金がどれだけかかろうが、必ずや任務を遂行するのだ!

 という悲壮感漂う極秘作戦の割には、集められたメンバは…


暗殺チームのリーダー:アヴナー(エリック・バナ)

 トロイのヘクトル王子役といい、矛盾に悩む優等生役が多いね。今回も暗殺チームのリーダーという大役の割には、モサドでのキャリアは(首相の?)警護のみ。手ぬるさを指摘されて逆上し無理な銃撃暗殺計画を実行するなど、ちょっとアブなっかしいぞ。
 でも祖国のためという大義と人殺しという外道のはざ間で悩み苦しむ姿、電話で子供の声を聞いて泣き崩れる姿、逆に狙われる立場になってしまい恐怖にさいなまれる姿、はなかなかどうして応援したくなる。
 殺しを重ねるたびに、凛々しい好青年からどこかくたびれた陰鬱な男に変化していくところも良い演技だと思う。


車輌のスペシャリスト:スティーヴ(ダニエル・クレイグ)

 ニューボンド。どうもこの人は…この映画での役柄、ちょっと横柄な、好戦的なエゴイストが似合うような気がするので、ウェットでクールなボンドを演じるのはどうなんでしょ?
 途中メンバを追って情報屋が確保した隠れ家に到着するも、よりによってパレスチナゲリラグループとダブルブッキングしてしまい、あやうく銃撃戦になりかけるが互いに何とか自重し停戦、仕方なく一緒に一夜を共にするのだが、そのときのラジオチャンネルの取り合いが、ビミョーにチンピラ風のやりとりで笑える。


後処理のスペシャリスト:カール(キアラン・ハインズ)

 洒落た紳士。後処理の場面は前半一回だけ、しかも現場は描かず示唆しただけか?もうちょっとスペシャリストぶりを観たかったのだが…
 暗殺チームのなかでは慎重派で、人間味あふれる言動と立ち振る舞いが印象的。こういう人が早死するんだよね。往々にして。


爆弾のスペシャリスト:ロバート(マチュー・カソヴィッツ)

 あなた監督・脚本家で結構成功してきたでしょ?何でまた役者で出てるの?あ、そうかギャラを自分の映画につっこむためか!
 役柄は味があります。暗殺チームは「銃よりも爆弾で殺す」というテロリスト的信条を掲げているため、毎回仕掛け作りで活躍。ショボーイ爆弾と仕掛けなんだな、これが。でもそれがサスペンスドラマを生み出すのだが。おいおい、暗殺チーム大丈夫か?実は爆弾作りではなくて解体のプロというオチでした。


文書のスペシャリスト:ハンス(ハンス・ジシュラー)

 欧州各国を縦横無尽に闊歩する暗殺チーム、おそらく縁の下でカナリ活躍しているのはこのおっさんでしょう。パスポートをはじめ各種書類の偽装など、この手の活動には必須ですもんね。
 結構肉体派なところもあって、しけた爆弾が作動しないところに業を煮やして手榴弾片手にターゲットが潜伏する部屋に突入、手榴弾爆破を敢行するランボーな一面も。


 というワケで、役柄はちょっとスペシャリストとは程遠い寄せ集めではあるものの、役者は揃って癖のある面々ですな。
 そのほかにも、モサドの執行官:エフライム(ジェフリー・ラッシュ)はいかにも諜報機関の中間管理職、って感じだし、情報提供者:ルイ(マシュー・アマルリック)、パパ:(ミシェル・ロンズデイル)も胡散臭さと闇っぷりがそれっぽい。

 役者のみならず、さりげなくセットが凄いです。70年代欧州の街並みと車、道行く人々のファッションなど完璧。このあたりが世界一金持ちで力もあるオタク、スピルバーグの面目躍如といったところだ。
 かつてプライベート・ライアンで「本物より本物らしいノルマンディー上陸作戦」と上陸作戦に参加した老兵に言わしめたように、細部のディティール、リアリティにこだわり始めたらこの人の右に出るものはいないだろう。

 さて、テロもので、かつイスラエルVs.パレスチナという最もきわどい対立を描いたこの作品、問題にならないわけがないのだが、正直、島国でこの数十年、国対国、民族対民族、宗教対宗教の流血の抗争なんてないこの日本に住んでいる身では、知識としては知っておくべきですが語るにはおこがましいテーマだ。
 祖国がないことなんて、なかったし、存在を世界から非難されたことだって、ないし。彼らの気持ちは自分には永遠に分からないだろう。

 実際、スピルバーグの提示しようとしたテーマも、どっちかというと組織の論理と個人の想い、そのはざ間で葛藤する人間である。

 自分たちが憎む相手が、かつて自分たちがやってきたことと同じ「何年かかっても祖国を手に入れる」と熱く語ったその時、愛する妻に向かって「帰るべき祖国は君だ」と語ったその時、「祖国のために」暴力、殺人の連鎖を続け死人を見るその時、彼の中で「祖国とは何か?自分の祖国はどこか?」という迷いがぐるぐるとまわる…

 ラスト、ニューヨークで妻や子供と暮らすアヴナーに、エフライムが任務復帰の要請に来る。アヴナーは静かに首を振って「今夜うちで夕食を食べないか。遠来の客はもてなす義務がある」と言った。もう自分の祖国はイスラエルではない。妻と子供の待つ家、そこが彼の祖国なのだ。

 テロと報復というアクション・サスペンスと、祖国をテーマにした社会派ドラマ、このバランスどりはスピルバーグならでは。
 自分的にはもう少し葛藤のエピソードを増やしてほしかったけれども、2時間45分ずっと悩みっぱなしじゃ、流石に観ているほうもおかしくなっちゃうよね。
 でもイスラエル選手団の殺戮シーンは何度もリフレインしなくても良かったと思うぞ。ちょっと不自然。何か言いたかったのかな?これで。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2006年02月25日

【小説】青の時代

テーマ:Book Review


三島 由紀夫
青の時代

 ライブドア事件との酷似が取り沙汰されている光クラブ事件を題材に、とある青年のバブリーな人生を描く小説。
#本屋さんの平積みで購入。こういうことはAmazonには出来ない芸当ですね。

 三島 由紀夫って言えば、陸上自衛隊駐屯地で演説ぶった挙句に割腹自殺、ってのが「やっぱり天才ってどっか常軌を逸しているの?」という感じだが、実際、この小説の主人公のような、冷ややかな合理主義者かつ倒錯した秀才、といった面が見え隠れしているような、していないような。

 前半では「光クラブ」の山崎晃嗣を模した主人公川崎誠の幼少→青年時代を描いているが、そこにいる少年は、厳格な父親の下で圧迫され、感情に欠ける秀才であった。分単位で日記をつけ、何をするにも自分が事前に計画した青写真に沿って行動する。そして計画通りに行かなかったところをしきりに後悔するも、その"後悔癖"そのものを嫌悪し、またぞろ自己限定された合理性の虚しい無限ループを繰り返すのだ。
 水商売の女にアプローチを計画するくだりで、計画の第一段階「名前を聞く」というのを幾度と無く繰り返す主人公が、何とも滑稽で、知能は著しくも、精神的に稚拙な秀才を描くエピソードとして微笑ましくも虚しい。

 とにもかくにも、前半部分はそのような主人公の内面を描くエピソードが多々描かれ、まさに「青の時代」というべきもの。

 後半、主人公が「太陽カンパニイ」という、まさに光クラブそのものを設立してからは、当時の社会情勢をエッセンス的に描写しつつ、乾いた欲望が次第に主人公を離れて勝手に増殖し始める様を淡々と描いており、前半の調子との落差が感じられる。
 前後半の間には戦争があるのだがそこは描かれていない。
 いわゆる、アプレゲールなるものを理解せねばこの作品を理解するに不十分なのかも知れない。それだけ、戦争というものは既成の何もかもを変え、人の心を歪めてしまうものであったのだろう。

 ちりばめられた言葉のレトリックは小難しくもあるが、巻末の解説にあるようなアフォリズムとかシニシズムというよりは、虚無主義的で、屈折した英雄主義を感じざるを得ない。このあたりは、著者自身の投影が幾分か成されているような気がしなくもない。
 目的無く、行為そのものを目的としているかのようなその生態は、確かにライブドアと似ている面もあるにはあるだろうが、物語の題材としては若干退屈でもある。
 最後に幼少の思い出を想うシーンを入れたことによって、小説としての主題はかろうじて保たれている。


BGM->東京事変"大人(アダルト)"2006
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月22日

むさしや(ニュー新橋ビル)

テーマ:ラーメン
ドライカレーサラリーマン、しかもおじさんお父さんの永遠の聖地、バシンで昼飯。
近頃はシオドメなんていうスポットが線路向こうに出来たこともあって、ますます人の流れが加速し、なかなかの賑わいを見せている。

そんななか、ニュー新橋ビル。通称「おやじビル」に潜入。新橋のシンボルSL広場の隣りに建ち、地下2階から地上11階。地下は居酒屋、スナック、1階から4階までが飲食店やら金券ショップやらパチンコ屋、ゲーセンに至るまで、確かにさらりまん御用達のショップが満載である。

ビルの1Fに、まるで戦後まもなくみたいな雰囲気で「むさしや」がある。
一応、ラーメンやきそばという看板を掲げておりラーメン屋?と思わせぶりな佇まいではあるが、どっこい、カレー、ドライカレー、スパゲティ(当然ナポリタンで!)、定食に至るまで多種多様なメニューを取り揃えている。

ドライカレー\650-を注文。ビミョーにHOT1!風味も漂うものの、王道のナポリタン風スパゲティと駄目押しのカレーコロッケなどを満載した大皿で登場。

席はこれまた王道の位置高めのカウンター&丸椅子。座ると後ろがのれんだけなので、行き交うサラリーマン達の話し声などを聞きつつドライカレーとナポリタンの混合物をイキオイにまかせてかっこむ。
いいね。なんとなく、戦後の闇市で食べているかのような、チープ感がたまらない。

ラーメンと焼きそばはいろいろなトッピングがあるようだ。しかも、香港風焼きそば?とか、そそるネーミング。

暫く通っちゃいます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年02月20日

【読み物】蘇るPC-9801伝説

テーマ:Book Review


アスキー書籍編集部
蘇るPC-9801伝説 永久保存版―月刊アスキー別冊

 マニアックな本ですみません。
 10年近く前に絶滅した「国民機」PC-9801のファンのためのムックです。
#すごく何がなんだか分からない人もおられるでしょうが、PC-9801をそれなりに使いたおしたぜ!と自負しない方々は、昔話かつ与太話ですので読み飛ばしてください。

 当時の関係者の昔話などで構成されているのですが、プログラミングを少年時代の趣味とし、その後それを職業にした自分としては、PC-9801は自分のルーツの1つとして、感慨深いものがあります。

 当時10代前半の私は、親の使っていた98でBASICにハマり、ゲーセンのゲームみたいなやつ(※)を作ろう!といきまいて、そのままC言語&アセンブラと進んで…というプログラミング野郎の王道を歩んだ、典型的パソコンおたく少年でした。
※…ゲーセンのゲームがインベーダーとかミサイルアタックとか平安京エイリアンとか、そんな時代でした…ああ、しまった文字にして見たら、やりたくなってきました…

 当時のコアな雑誌ASCII(今の週間アスキーよりもだいぶマニアックな雑誌)の編集者や原稿執筆者へのインタビュー、今使ってもきっと使いやすいと思うVzエディタの作者c.mosさんの談話や、一太郎開発・普及の裏側、あげくにはWIZARD98という知る人ぞ知る「バックアップツール」の開発関係者へのインタビューなど、当時リアルタイムだった人達にとっては何とも楽しい読み物が満載です。

 あくまでPC-9801ってものを振り返って懐かしむ!という企画本ですので、割り込みの仕様がどうとか、裏VRAMがどうとか、この機種のシリアルUARTの石はどれだ、とか、そんな話題を期待している人は残念!そういう人は古本屋「PC-9801バイブル」を探してください、といった感じです。

 ちなみに自分的PC-9801伝説は、ノートPCのさきがけである東芝ダイナブックが電撃発売された際に、あわてて追従したNECが1ヶ月くらいで98ノートを設計して物凄い速さで発売までこぎつけたこと。「なんて奴らだ!」と思いましたね。あんまりあわてて作ったためか、故障して修理するたびに、部品交換レベルではなくて基盤がまるっきり再設計したものに交換されてきたのが、えらく印象に残っています(発売してから中身を改良してるし。つまり最初のロットは殆ど手作り試作品に近い?マイクロソフトの手法をハードウェアでやってる)。
#だんだん深い話になってきてしまいました。一応最初に「読み飛ばしてください、と書いたので…逆に私以上のマニアの人、仮にコメント頂く際にはあんまり深いところをつかれても忘れてますので…まあ、このblog読んでる人でそんなオタッキーな人はいないかも知れませんが!

 懐かしい読み物と併せて、この本で嬉しいのは当時一世を風靡したフリーソフトウェアできら星のごとく秀作ゲームを沢山作っていたBio_100%のゲームがおまけでついていること。ご親切に現代のPCで動かせるようエミュレータもついてます。

 Bio_100%と聞いてピンと来たアナタ。買いですよ。
 SuperDepthはもとより、Car II GrandPrixや、ROLLING95も、入ってますよ。

 なお、Bio_100%は現在は活動していないみたいですが、それぞれメンバの皆様はその後もご活躍されている方が多数おられるようで、例えば2chサーバーソフトウェアの改造なんかに関わっている人もいるようです。
 何ともいえないセンスが光るロゴマークを掲げて、ひっそりと存在しているHPでは、SuperDepthをWindows版に移植したWinDepthだけがダウンロード出来ます。

 万が一ご興味を持たれたら、一度遊んでみてはどうでしょうか。今のFFだとかそういったゲームと比較したらチープなのは当然否めませんが、当時のPC-9801で、フリーソフトウェアで、これを作ったというのが如何にスゴかったか、あんまり分からないと思いますが、少しでも当時プログラミングをかじった者からしたら、神様みたいな人達でした。
 しかしほんと、映画とか小説のような今のゲームよりも、ある意味ゲームらしかったのでは?と感じます。途方もない資本を投下している今のゲームと、比べちゃいけない次元なのでしょうね。

 こんどPC-8801伝説というのが出るらしいです。
 また買っちゃいますね、たぶん。

 マニアックな内容であるうえに、書いているうちに思い出してきてだらだらと長く書いてしまった…この記事にどれだけコメントいただけるんだろう…
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2006年02月18日

ふきぬき

テーマ:
ふきぬき 赤坂と言えば、地名の通り坂の街。
 江戸時代に武家屋敷が集結したことから発展したこの街、勝海舟旧宅跡などもあって、歴史上名だたる坂、坂、坂(霊南坂、乃木坂、南部坂、氷川坂、…)。

 現代に限定し、赤坂と言えば、料亭。
 政治の裏舞台として、エスタブリッシュな方々が密談、暗躍する場所というのがMy第一印象です。

 さて、政治家の皆様がお使いになる料亭ほどは奥ゆかしくはないだろうが、「ふきぬき」も街の中心街にある割にはひっそりとした、プチ隠れ家的な佇まいを感じさせる。

 本格的「ひつまぶし」を売りにしているらしいが、自分的には、他にあまりみないメニュー、うなぎととろろのあわせ重「うなとろ重」を注文…したんだが、店員さんが常連客に愛想を振りまきながら聞いてるもんだから、オーダーを間違え、フツーのうな重ランチにされちまった。

 オイオイ、ひどいじゃん。でも愛想いいオバチャン、平謝りで交換すると言ってたが、当方時間がないためそのままうな重を頂くことに。

 ビミョーに硬めで、タレも薄め。ひつまぶし用にチューンされている感じだ。
 オーダーで印象点が下がっているとは言え、月並み感は否めない。

 ひつまぶしにしときゃよかった。


うな重ランチ ¥1,500-


他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。