1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年01月31日

番外編:屋台(池袋東口)

テーマ:ラーメン
池袋東口屋台 ラーメンの話ばかりで恐縮ですが、最近池袋駅の東口付近に屋台が出てます。

 屋台と言えば九州博多の屋台が観光名所になるくらい有名ですが、ここ東京のコンクリートジャングルにある屋台は、どこか哀愁が漂います。
 最近では道行く人もグルメが多いのか?屋台も結構大変みたいですね。

 せめて一番高価なチャーシューメン\800-を注文しときます(あと他はラーメンと味噌ラーメンしかないけど)。

 ばりばりの醤油に細ストレート麺。薄切りチャーシューとねぎ、メンマ。
 That's屋台!!!って感じです。

 外の空気にあたりながらすするラーメンは当社比1.5倍速で流しこむことが可能です。
 しかも、塩分取りすぎ、と判っていても、つゆは全部飲んでしまいます。

 しかし隣の初老の親父、ゆでたまごをピンで頼んだあげくに、ラーメンにも入れてたなあ。
 あなどれないぜ団塊世代。


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月29日

末廣(大久保)

テーマ:ラーメン
末廣 大久保のものすごーく場末感漂う、お洒落とは縁遠いけど究極にリーズナブルな飲食店が点在するなかに、溶け込むようにして末廣があります。

 秋田の居酒屋チェーンが経営する新福菜館が東京進出するのに作ったラーメン屋らしいのですが、入ってびっくりするのはその内装。
 昭和のレトロ看板が壁一面を囲み、一段カウンターのみの座席。
 クリーム黄色がかった店内照明なども、力の入ったプロデュースぶりを垣間見せます。


 名物肉中華そばが定番のようなのでそれをいきます。
 博多人の大嫌いな、まっ黒いスープは若干塩辛い正真正銘の醤油味。とんこつ多国籍軍が砂漠の嵐作戦も顔負けの勢いで押し寄せてきているここ東京砂漠においては、どこかほっとさせる味わいながらも、なかなか特異な味。
 麺は細麺ストレート。宣伝文句「屋台の味」を追求するならこれが王道でしょう。


 肉はフツーに薄切り肉が無造作に大量投入されてます。ねぎが入れ放題なので忘れずに入れます。具はほんとに肉だけなので、アクセントとしてねぎは必須。アト入れねぎのひんやりした新鮮シャキシャキ具合が、程よく真っ黒醤油と肉に絡んで心地よいです。

 夜中だったのでごはんは頼みませんでしたが、これはごはんが食べなくなりますな。途中で放り込んでラーメンライス化するのも良いかも。

 うん。大好きって感じではないが周期的に食べたくなる感じだね。しかし昨今の醤油とんこつ+具沢山の流行に反していることは事実。お願いだからつぶれないでね。


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年01月28日

火山高

テーマ:ブログ


アミューズソフトエンタテインメント
火山高

 韓流の源流ここにあり!?
 ずいぶん前にDVD購入までしてしまっている、韓国映画では№1のお気に入り。

 日本の学園マンガ、格闘マンガのテイストを匂わせつつ、ワイヤー&テジタルのマトリックス風味を更に進化させたようなつくり。
 白黒グレー基調の映像処理がアジアの建造物や漢字やお茶や箸と茶碗といった小道具、ガクランファッションに至るまで奇妙にマッチしていてエキゾチック×ノスタルジック。また格闘シーン以外も全編小気味よいテンポの展開であきさせない。

 極めつけは、濃いキャラ達。

 チャン・ヒョク(主人公ギョンス)…ユーモラスながらも要所要所で主役級のきりりとしたカッコよさを漂わすなかなかの好演。バトルシーンもスタントなしのイキのよさですわ。

 シン・ミナ(氷の美少女ユ・チェイ)…モデル出身の現役女子高生(当時)。凛としてて美しいです。声も抑えの効いた感じで、愁いのある佇まい。ガクラン着て竹刀を構える姿はかなりマンガ的絵作りですが、ぶっちゃけいいです。

 キム・スロ(野望あふれる怪力男チャン・リャン)…怪力布袋。いちいちオーバーアクションで、憎めない熱演で、本作のムード作りを牽引。

 クォン・サンウ(火山高№1ソン・ハンニム)…悟りの境地、思慮深い言動で新人俳優なのに貫禄が漂う韓流スター。

 ホ・ジュノ(学園鎮圧教師マー・バンジン)…ちょっと白竜エキス入ってます。ダークでクールなベタベタVシネマ風キャラ作りでいかにも適役に相応しい。

 ハンニムを片思いするソ・ヨソンを演じたコン・ヒョジンなんかも結構好演してます。

 音楽もカナリいいんだよね。
 どうやら日本版では元SIAM SHADEのDAITAが、音楽監督として全曲を新たに書き下ろしているらしい。日本語の曲が入っていると思ったら、そういうことだったのね。

 この荒唐無稽なマンガに金をかけて大ヒットさせるというその気概に、シビれますね~。韓国オタクパワー、恐るべし。


他の記事も読む!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月27日

丸惣、そして映画

テーマ:ブログ
丸惣仕事の道中で新木場の丸惣にて昼飯。
ガード下の定食屋である。店に入るなり片面いっぱいに並ぶ惣菜から食べたいのを取って最後に飯の大中小盛を選びつつ清算する。
惣菜は手作りながらレンジで温めなおしてくれる。

なんか何ともいえない、ほのぼのした懐かしい感じ。雰囲気が昭和にタイムスリップしたような。さばみそが190円だったり、納豆が50円だったり、納豆にかけるねぎは無料だったりするせいかも知れない。
これぞ庶民の店、おふくろの味。


まったく話が変わるが、2月は好みっぽい映画が立て続けに上映される。

大御所が自分のために撮った問題作「ミュンヘン
世界で最も恐ろしいタブー、解禁。なのにタイトルで噴出してしまう「シリアナ←ごめんなさいこれは2月じゃないみたい
目を背けてはいけない。ヤバすぎる真実の物語「ホテル・ルワンダ
シティ・オブ・ゴッドを超えるか?「タブロイド

どうも自分は重いやつが好きみたいだ。

でも有頂天ホテルとかイーオン・フラックスとかも観たい今日この頃。

2月のblogは映画中心になりそう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年01月26日

無敵家(池袋)

テーマ:ラーメン
無敵家池袋ラーメンの雄、無敵家に突入。

人気店な割には今のところ池袋一筋。
店もそんなに大きくなくてカウンター主体のこじんまりした感じなのですが、TV紹介などを機に行列が出来るラーメン屋に昇進しました。

麺は中太ストレートでコシがあって好みではあります。
そしてスープはというと、王道の豚骨醤油ですが結構あっさりしたもんです。そのワケは…オリジナルMyめんを創れ!というのがお店のコンセプトなんでしょう。なんてったって店名の枕詞は「麺創房」ですから。

創作用のトッピングはどれでも100円なので分かりやすいです。また豚骨にはお約束のニンニク、高菜がご自由にトッピング可。しかし両方とも調子に乗りすぎるとキビシーことに。

定番の本丸めんはかわして、ねぎ豚めんで。厚切りチャーシューが5枚、相変わらず食いでがありますね。
しかし最近年のせいか、チャーシュー残2、くらいになると食傷気味になってきます。
このレベルのこってり系でも、究極の空腹状態にしないとペースが保てない年頃になってきてしまいました。イヤだね、昔はさらに麺を大盛り(無料!)にしたところで余裕だったんだけどな。


ねぎ豚めん ¥980-


他の記事も読む!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。