1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年11月27日

【小説】ブルースカイ

テーマ:Book Review


桜庭 一樹 ブルースカイ

 神保町の書泉をうろついていたら綺麗な青の装丁が目に入り、思わず手にとったらSFっぽいので、衝動買い。

 なんていうんですかね。こういうの。消化不良オチの不思議系。

 中世のドイツ、魔女狩りの恐慌が吹き荒れる町に住む少女マリー、2022年、ジェンダーが逆転したシンガポールでCGを書くディッキーがそれぞれ体験する不思議な物語。そしてそれを繋ぐのは時空を旅する?女子高生そら。

 それぞれの物語が1部づつ3部構成になっている。1部と2部がビミョーな絡みを見せつつ?3部で時空を旅する?女子高生そらの顛末が明らかになる。

 中世に住む、大人びた少女マリーからは「短い単語しか口にしない、まるで動物のような、単純な喜怒哀楽しか伝わってこない、知性が感じられない…こんな様子なのに、もう十七年も生きているなんて」と驚かれる女子高生そら。マリーの世界には、幼女と大人の女性の中間という概念がない。

 そして、女性に従属する立場となり、少年と大人の男の中間「青年」を生きつづけるディッキーからは「君は絶滅危惧種だ。なんだかわかってきたよ。君は少女だ。そしてぼくは君の文化的子孫」と共感を抱かれる。

 中世と未来の比較論的な社会変遷における、過渡期という位置付けで現代女子高生を描くことによって、少女(青年)の持つ微妙な世界観を表現した…といったところか。ってそうなの?これが自分の解釈の限界です。駄目だ。その程度の感性です。昭和生まれも既に過去の人となりつつあるか。

 そらは携帯を「じぶんとせかいを繋ぐもの」と考えている。他人との関わり方もひどく希薄で自己中心的である。虚ろな青春。それが狙いなのだろうか。

 テーマはともかく、全編通して感じるのは不可思議な展開による「オチはどうなるの?」感。
 少女マリーはディッキー達が創り上げたキャラクターなのか?
 強化老人はどの時代からきたどんな奴らなのか?
 女子高生そらは自分の境遇をどこまで理解したのだろうか?それもどうやって?
 もうちょっと深く書き込んでくれるといいのだが。

 結局最後まで女子高生そらの理解不能的世界観に振り回されて終わってしまった。
 実は著者の意図通り?
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月20日

【小説】エンブリオ

テーマ:Book Review
帚木 蓬生エンブリオ (上)帚木 蓬生エンブリオ (下)

 著者のハハキギホウセイっていうペンネームは源氏物語からとってきたらしい?不思議な語感。


○産婦人科版ブラック・ジャック

 主人公の岸川医師は九州の海沿いの田舎に最新の隠れ研究設備を持つサンビーチ病院を建てて院長をやりながら神をも恐れぬ研究に没頭する。

 受精後八週までの胎児を「エンブリオ」という。
 流産させたエンブリオの臓器を別の胎児に移植するのはもちろん、培養してストックしたり、脳をパーキンソン病の父親に移植するなどやりたい放題。
 極めつけは、男性を妊娠させる実験!しかもそれを海外の学会で発表。
 日本の権威がケチをつけるも、意に介さず。「エンブリオ」は法的には人ではない。
 権威が勝手に定めた「倫理」に従う気は全く無いのだ。

 このような暴挙を続ける岸川は、かたや患者からは「不妊治療最後の駆け込み寺」として慕われている。不妊治療に取り組んできた夫婦に子宝を授ける「救いの神」でもあるのだ。
 20年間、2千万以上もかけて不妊治療を続けてきたが子供が出来ない夫婦もいれば、いとも簡単に中絶を決断する若者もいる…そのような矛盾に淡々と立ち向かう岸川医師。


○人体ビジネス?

 そして恐ろしいことに、この本で描かれたことは既に現実問題になってきているみたいだ。


 文体が淡々としており説明的なのは著者の作風かも知れないが、こうした事態への問題提起を、小説というアプローチで行おうとしている意図が良く分かる。


○いきなりサスペンスへ

 学会で外国企業に目をつけられ始めてからは、徐々にサスペンス色が強まる。
 最後は往年の大映ドラマ並にバタバタと人が死んで、エンディング。
 前半が行き過ぎ医療の淡々とした羅列だっただけに、とってつけたように慌しい。

 でもこの無限ループ気味な終わり方は結構好き。

 うーん。誰が悪者で、誰が善人なんだ?
 命の尊さとは何なのか?

 作中にさほどサプライズはない。
 間一髪的なスリルも少ない。
 全てが淡々と進み、そして皆いなくなって日常に回帰していく。
 なかなか考えさせられるエンディングであった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月14日

池之端 かめや 一睡亭

テーマ:
池之端 かめや 一睡亭 以前、上野は博物館、美術館が多いという話をしましたが、こんなのもあるんです。
下町風俗資料館。入場料300円也。

 入るなりイキナリ紙芝居の実演中。こじんまりながらも昭和の街並みが再現されておりノスタルジック度120%。
 けん玉や駒など、昔のおもちゃが置いてあって手にとって遊べます。外国人観光客が大喜びで遊んでました。
 当時の家具や仕事道具、東京の街の変遷など、資料的価値も高い展示も多数。これで¥300-は安い。

 さてその資料館から直ぐのところに「池之端 かめや 一睡亭」があります。
 不忍池を望む明るい障子窓がついた店内。
 従業員の皆さんは着物姿で非常にお上品な立ち振る舞い、和服美人が多くて何だか華やかな感じです。

 思わず長居をしたせいか、だらだらといろいろ頼んでしまいました。
 割とあっさり目な味付けですが、良い鰻には赤だしもあいますね。

ビール ¥700-
お通し ¥400-
鰻ざく ¥1,000-
鰻重(竹)¥3,300-
赤だし ¥400-

 旬菜料理もやってるみたいですが、ビミョーにお値段も上品です。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年11月13日

T.B Spam

テーマ:ブログ
初体験です。
タイトルからして怪しい感じではあったんですが。
これってamebloでの防止策は「トラックバック受け付けない」しかないんでしょうかね。
トラックバックが全く出来ないのもそれはそれで寂しいし、blogの特徴をスポイルしているような気もするんですよね。
どっかのサイトがやっているような承認制にしてくんないかな…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年11月12日

ての字

テーマ:
ての字 大手町です。
 東京のど真ん中です。
 座席ちょっと窮屈です。
 昼はサラリーマンとOLだらけです。
 当然相席です。
 「ての字」大手町店で信長丼を食う。

 ての字ってのは鰻卸の大手らしく、一月25万匹!の取扱量を誇る。らしい。

 鰻屋のなかでも、庶民の味方系の店におろしているようで、虎ノ門の鐵五郎や西新橋の本丸などもここの鰻を使ってる。

 信長丼っていうのは名古屋名物「ひつまぶし」をスピーディーに食べられるように丼にしたもの。ての字先代社長の考案らしい。信長丼っていうネーミングが絶妙ですね。

 きざみのり大盛が付属、ねぎかけ放題。調子にのってがんがんかけまくり、しまいにゃ吸い物にまでねぎ入れてしまいました。
 旨いっす。ひつまぶし食いにまた行こう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。