1 | 2 次ページ >> ▼ /
2004年09月29日

地元の話…

テーマ:ブログ
 練馬、練馬、と書いておきながら練馬近辺の話題を一切書いていないことについさっき気づき、書くことにした(隣駅の話もまじってるけど)

 ねりまは、区の名前がついた街の割には、けっこうしょぼい。

 何となく商店街もさびしいし、何と言っても本屋好きの自分には、大きな書店がないのが致命的だ。

 最近は練馬駅もリニューアルして、ちょっと小奇麗になったのだが、それで過疎っぽい雰囲気にかえって拍車がかかったような気がする。

 治安の問題など、賛否はあると思うけど、学校(ビジネススクールとか)などを誘致して、若者がもっと集まってくるようにしたほうが良いのではないかと感じている。
 誘致場所は、北口にそびえたっている、バブル後遺症のような大きなハコものをぶっこわせば確保できると思う。
 ついでに、無駄なヘリポートがついている区庁舎も、バブルっぽくてちょっとむかつくので、区庁舎ビルは民間に払い下げて区役所は駅前にプレハブでも立ててやったら、よいと思う。

 写真は、たまや食堂。
 練馬駅から徒歩10分弱(!)の桜台駅北口にある。
 昔ながらのおかずバラ売りスタイルの定食屋さんで、味が良い(さば味噌が旨い)。

 こういう店がつぶれないように、若者や学生が多く住む町になると良いのだけど!


BGM->Linkin Park"METEORA"2003
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年09月27日

【小説】ニューロマンサー

テーマ:Book Review
 本好き、どちらかというと活字依存症なので今までに読んだ本の感想、紹介などをたまに公開してみることにした。

 第一回は「ニューロマンサー」ウィリアム・ギブスン、1986年

 IT(というかコンピュータ)に興味を持ったきっかけの一つ。そういった意味では人生の岐路(大袈裟だが)。最近また引っ張り出してきて読み直している。

 映画「ブレードランナー」の原作として有名な「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」と並び、SF小説としての世間の評価はもはや古典の域。

 最初読んだのは学生だった気がする。洋書なのに冒頭シーンが日本の千葉から始まるせいか妙に親近感がわいたのを覚えている(写真はイメージ画像であり本書とは関係ありません)。

 かなりとっつきにくい文体で、何度か読み直さないと面白みが出ない(自分の場合は)。
 今のSF映画やアニメにもMotifにした或いはInspireされたのではないかと思われるシーンが沢山あるのでその手の業界人には相当影響を与えたのではないかと推測している。前述のブレランや某緑色の3部作なんかはもろに…


BGM[1]->PINK"FINAL MIX"1988
(PINKならどのアルバムでも雰囲気が出ます)
BGM[2]->BILLY IDOL"Cyberpunk"1993
(コアなファンには不評みたいだが、それなりに気分が出る。一応「本書のための」アルバムなので…)




著者: ウィリアム ギブスン, 黒丸 尚, ウィリアム・ギブスン
タイトル: ニューロマンサー
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年09月26日

今日も

テーマ:ブログ
仕事(見積作成)で会社にいる。
何だか最近忙しい。

景気がよくなったせいかな?
でも、儲かってる訳じゃない。

この業界、一昔前は人さえいれば儲かったが、最近は違う。
やっとマトモになってきたということなのかも知れないが、逆に、周囲でやってる人達の感覚が昔とあんまり変わっていないので、厳しい。

経歴にJavaって書いてあればいいというもんじゃないぞ。


悩ましい…


BGM[1]->Evanescence"Fallen"2003
BGM[2]->椎名林檎"無罪モラトリアム"1999
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年09月25日

土曜の午後、仕事で…

テーマ:ブログ
会社にいる。
部下はいるけど上手く仕事を頼めてないこともあって自分にどんどん溜まっている。
育成の観点からも、仕事をさせて育てていかないとならないのだけど…


以上、休憩終わり


BGM->佐野元春"Cafe Bohemia"1986
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004年09月24日

スラムダンクは出来ませんが

テーマ:ブログ
 最近、10年ぶりにバスケを始めた。

 ルールが随分変わっていて驚いたが、バスケ人口が意外に多いのにも驚いた。自分が学生のころはマイナーなスポーツだったような気がするが…これもスラムダンク(井上雄彦)の功績?

 この漫画、いろんな意味で面白い。先ず絵が圧倒的に上手くて、ダイナミックだ。読むとものすごくバスケがしたくなる。登場人物や、そのセリフも印象深いのがあって魅力的。物語中に海南大附属高校という強いチームが出てくるのだが、その監督のセリフ「ウチに天才はいない。だがウチが最強だ」というのは自分にとって座右の銘に近い名言として印象に残っている。
プロジェクトや組織を率いる事もある人は同調してくれると思うが、理想のチーム像だ。

BGM[1]->Original Sound Track"SpaceJam"1996
(映画は散々なようですが、サントラは聴けます)
BGM[2]->Bootsy Collins"What's Bootsy Doin'?"1989
(Funkの大御所がいい遊び具合。実はBootsyの中で一番好き)
BGM[3]->MC Hammer"Please Hammer, Don't Hurt 'Em"1990
(今堂々と聞いてるとちょっと恥ずかしい。脳味噌筋肉系だが、たまには…)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。