ザぁーザぁーザぁー!☔️ ☔️ !土砂降り!☔️☔️☔️でも 天気に左右されないご来場者!


愛かっさのブースもいつも愛されていて、途切れなく !

つぎーはい!つぎ〜!☀️


「待ちに待った年一度愛かっさを受けられる日だわーと言われ に🙇 
「ありがとう〜!」もっと皆役に立ちたい!

 

さぁ〜!頑張ります!

☔️の中にお足を運んでいただき、ありがとうございます!少しでも冷たい☔️から冷えを取り除いてあげるように丁寧に〜丁寧〜に!

 

 

 

 

AD

秋の雨は降るたびに気温が下がります。冷える時期です。
家族の健康は日頃から守る方がいいですね。
 

辛~い肩・腰・背中。。。。キュ~っと
身体の内から疲れを吸い出す!じ~んわり温めながら すっきり癒す。
 

肩、腰、背中、ふくらはぎなど、疲れが溜まった気になるところに愛カッピングを押し付けるだけ!キュ~っとしっかり吸い付いて、心地よい刺激とポカポカ感でじんわり芯までほぐしてくれます。ポンっと剥がせば血液が一気に流れていきたわり、深い不快の毒が吸い出されてようなすっきり感!思わず「あぁ~~と」「しあわせ~」!疲れた家族の体にポカポカ感が巡り出す!
 

力になる歴史がある中国家庭健康法、日本人に合うiCassa 愛かっさ健康養生法を町々まで広めていきたい!
 

愛かっさ養生法:愛かっさ+愛カッピング+ママお灸 皆様の幸せに全力サポートします!
 

かっさをしながらおQ(灸)、おQ(灸)しながらかっさ!吸い出す!じんわりと補う!一石二鳥!ママの忙しい時間に役にたつでしょう!
 

 

 

 

 

 

AD

お久しぶり!8月の瓜、9月裂け、夏の恵みーあけび! 私の夏から残ったイライラ解消、気を補う、経絡を通せるために!


自家製麹みぞでの炒めあけびとの付き合い昨夜!ニンニクのピリ辛味、自家製麹みぞの香りでゆっくりした十五夜の晩御飯の一品🌕!種はほんの甘みでデザートに!感謝!
あけびは母乳もよく出る効能があります。母乳出悪いママにお勧めしたい!

 

 

 

 

どうしてあけびがいいの?

調べてみたら このように書かれています。

*********

生で食べるアケビのゼリー状の実の部分は甘味が強く100g中20gは糖質です。そのためカロリーも高めで100gで82kcalあります。栄養素としてはビタミンCが多く含まれています。

アケビの果皮部分はカリウムが豊富です。また、皮の紫色はポリフェノール(抗酸化物質)のアントシアニンです。また、アケビのつるにはアケビサポニン(アケボシド)やカリウムが豊富に含まれ、つるを乾燥させたものは生薬としても利用されます。

 

実に多く含まれるビタミンCは抗酸化力が強いビタミンで、活性酸素から体を守り、老化や病気、ガンなどを防ぐのに役立ちます。またお肌に大事なコラーゲンの合成を助けたり、紫外線から肌を守る美肌効果や、腸では鉄分の吸収を促進します。

果皮に豊富なカリウムはナトリウムを排出する働きがあリ、とり過ぎた塩分を体外に出すのに役立ちます。カリウムは高血圧の予防・改善によいミネラルです。塩分が排出されることでむくみも改善します。

皮に含まれるポリフェノールやつるに含まれるアケビサポニンは、強い抗酸化力で紫外線やストレスなどによって体内に発生する活性酸素を除去してくれる栄養素です。活性酸素が除去されることによって生活習慣病や老化現象、さまざまな病気を予防します。
 

*********

医食同源ですね。

 

 

AD

24節気ー白露

テーマ:

今日は 24節気の白露です。

 

野原にはススキの穂が顔を出し、朝夕の風の中に肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める頃。

 

雨が一回降ると気温が一層下がります。乾いて涼しい風が吹きますから まずは体を冷えないように心かけてケアをしましょう。
 

 

 

 

明日「ママ愛カッピング」講習会に使う教材用道具を準備できました!

入れ物は秋の和柄色のちりめん巾着で、出し入れしやすい外バックつき!虹色よりさらに一色が多い!

皆様にもっとカラフルに輝いて欲しい!もっとカラフルなライフを楽しめるように 健康!健康!皆の健康は皆で守りましょう!
明日のために!^_^

 

 

 

まだまだ暑い!寝苦しい夜が続き、良質な睡眠を取れずに悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。

また、日常生活でストレスを抱えていると、すぐにグッスリと寝付けないことも多く、寝不足の日々が続いてしまうこともあるでしょう。

愛かっさの技の中に好評の一つのは「頭かっさ」です。

あなたの「朝はグタグタ、2度寝ばかり」をスッキリしたいでしょう。

さて ぐっすり寝れるように頭かっさを試してみませんか?

体験できる場所は全国18都道府県にあります。ご近所の愛かっさのメンバーも紹介したいです。ぜひ連絡してきてね。

今日、二つ場所だけを紹介させてね。皆様をお会いしたいです。心からお待ちしています。

☆9月13日(火)14日(水)10:00~16:30
「リトルママフェス」
http://tokyo.l-ma.jp/l-mafesta/2016autumn/
場所:池袋サンシャインシティ
http://www.sunshinecity.co.jp/information/access_train.html


☆9月15日(水)10:00~12:00
「中医学&漢方かっさ体験」
場所:東京ボランティア・市民活動センター
飯田橋直結・セントラルプラザ10階


中国伝統国医学の考えは

虚則寒==>寒則湿==>湿則凝==>凝則瘀==>瘀則詰まる==>詰まる則瘤==>瘤則癌です。

健康は日頃からの食事、動き、手当てを管理と維持するものです。体の小さいサインからケアすることです。

例えば、汗、デドックスの一つ自然現象から体の体質を読み取ることができる。

首から汗が出る人はホルモンのバランス、内分泌系はバランスを崩れていませんかと日頃から気をつけること。

脇の下大量の汗がある人がいますよね。このような方は日頃食事の味は濃いのがお好みでしょうね。油濃いもの、塩分が多いもの、香辛料が強いものを避ける方を試してみたら。




背中からの汗は多い人は十分の睡眠時間とバランス良く食事を心かけましょう。女性なら、朝晩15分ヨガをお勧めします。




体の陰陽バランスを整えることにサポートするのは 愛かっさ!
皆の日々を宝にしましょう。

悩みごとやストレスにあふれる現代社会。ちょっと疲れたなぁと思ったときに、参考にしたい古文書があります。現存する日本最古の医学書『医心方』。針灸、耳鼻科、妊娠出産、美容まで・・・平安時代の宮廷医・丹波康頼が、古代以来の東洋医学の英知を集めて編さんした、全30巻に及ぶ医学書です。そこには、アルコール依存症や不眠症など、現代の人々も悩む「心の病」についての記述もあります。

この1000年の歴史ある『医心方』を読み解いた、作家の槇佐知子さんについて「医心方」を勉強しています。ストレスとどう向き合ったらいいのか、病気を未然に防ぐためにどうしたらいいのか、古の東洋医学の智恵をじっくりと先生から教えていただいてます。

今回は第三十三巻でした。

もっと暮らしに役たつ、もっとマタニティかっさと産後かっかに納得した説明にしっかりお勉強したいです。中国語の医心方と日本訳の医心方と比べながら、さらに解釈している槙先生のお話を聞くとなかなか無い勉強です。とても幸せだと感じています。

月一のお勉強ですが、次回9月のお勉強に楽しみにしています。



今日は「処暑」です。
夏の終わりの頃です。だんだんと暑さがおさまって、秋へ移行しています。

夏バテ起こしやすい時期にもあります。食欲が落ちるとちょっとした気温の変化で体調も崩れやすくなってしまいますね。

そこで、美味しく元気になるものを食べて、元気をチャージしてみませんか?

おすすめするのは「大根おろし」を使う料理です。私はよく大戸屋さんに食事に行きます。「お母さんの味」は大戸屋さんは目指してものみたいです。店内に「医者いらずに大根おろし」の飾り絵もありますね。大根おろしは夏の胃腸つかれの回復に良いと言われています。

暮らしかっさとはいえ、今の時期に背中かっさを中心にします。免疫力を高めるためです。
中国に「夏秋做背、活100歳」の言い方があります。今は夏、秋に背中のケアは大事です。新陳代謝を良くするため、膀胱経を活性化、デドックス力を高めると病気にならない、100歳になれる長寿健康法になるの意味です。

家族の健康に手早くできるのは「背中かっさ」+「ママ吸玉カッピング」ですね。

家族は私たちのすべて、幸せ家族を増やしたいです。ぜひ「家族ケアかっさ」を体験に来てくださいね。