大切なペットが亡くなった時、その遺体をどうするか、悲しみの中で決定するのは大変なものです。まだ元気でも、シニア期に入ったら考え始めておくことが大切です。
特にこだわりのない方は、自治体などに連絡して引き取ってもらうということもできます。しかし、その場合は最終的にはごみとして処分されることになってしまいますし、骨が手元に帰ってくることはありません。返骨を希望するならば、民間のペット火葬を利用すべきでしょう。

たとえばペット火葬の口コミと法律についてはここ。
ペット火葬といっても様々な業者があります。火葬だけをお願いする場合と、その後のペット霊園などへの納骨なども含めたサービスを提供しているところもあります。これまで一緒に過ごしてきたペットとこれからも近くにいたいと思うなら、骨を手元に戻してもらう火葬サービスを選ぶとよいでしょう。
火葬だけならば数万円の費用が掛かります。骨を焼いたまま返骨してもらう形と、粉状にしてもらう形があります。粉状に加工してもらう場合は追加で費用が掛かることが多いです。"
AD

のぼうの城

テーマ:
のぼうの城を見た。

町民からもでくのぼうと慕われる

上代の子供

のぼう

人が魅せられる人間というのは

本当にこういう人間だと思う。

上から人に押し付けて物言いに



「戦いまする」

「いくさ場にてあいまみえると申した」

かっこよすぎる。


これが実話なら本当にのぼうの城

非力な人間でもなにかできると思わせてくれる。

それにしてものぼうの城の成田家の家紋と

自分の家紋が一緒でちょっとうれしかった。
AD
エルトゥールル号遭難事件(エルトゥールルごうそうなんじけん)とは、1890年(明治23年)9月16日夜半、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の軍艦エルトゥールル号(Ertuğrul Fırkateyni)が現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難し500名以上の犠牲者を出した事件である。この事件は、日本とトルコの友好関係の始まりと考えられている。


簡単にいうとこのとき、遭難したエルトゥールル号の救援に地元町民が必至になって、救援したと

いう話です。当時は今よりとても裕福というものではなく、明日食うご飯も心配されていた時期だけに、そのような時に他国の人に自分の食糧を分け与えた町民がいたということ。その話を聞いた天皇のすばやい判断にてトルコに数十名が無事帰れたという話です。

トルコの人にとっては小学校の本にでてくるほど、この事件は有名だということです。日本人はたぶん大半が知りませんよね?

そして後日イラン・イラク戦争時の無差別攻撃時日本の現地人が逃げ遅れたのを助けてくれたのが、トルコ航空機だったそうです。

このように過去のことを忘れずに日本を助けるために必至なったトルコ人のすごさを踏みしめなければならないと思う。

逆に日本人もこのことを深く刻みつけ教科書等にも載せないといけないと思うのは私だけでしょうか?
AD