補足:
クラーク博士は、新島襄(同志社大学設立者)の紹介により、
日本政府から札幌農学校(現北海道大学)の教頭として赴任。
短い期間にもかかわらず、聖書を通して、
新渡戸稲造や内村鑑三などの著名なクリスチャンを育成したとされる。
Boys Be Ambitiousの言葉は有名。何度か発言したようである。
さまざまな説があるが、
Boys Be Ambitious in Christと言ったとも言われる(英語版Wikipedi参照)。
残念ながら、彼は日本を発ち、アメリカ帰国後は事業に失敗し、心臓病で倒れたとされる。
AD