昨日はU-19日本代表のW杯出場権獲得の話題を優先してしまいましたが、

FIFPro(国際プロサッカー選手協会)は6日、

05~06シーズン最優秀選手賞、若手最優秀選手賞、ベストイレブンなど各部門の受賞者を発表しました。


受賞者は以下の通り。



最優秀選手賞   

ロナウジーニョ (バルセロナ・ブラジル代表)



若手最優秀選手賞   

リオネル・メッシ (バルセロナ・アルゼンチン代表)



FIFProメリット賞(サッカー界への功績を評価する賞)   

サミュエル・エトー (バルセロナ・カメルーン代表)



ベストイレブン 

GK 

ジャンルイジ・ブッフォン (ユベントス・イタリア代表)


DF 

ファビオ・カンナバーロ (レアル・マドリード・イタリア代表)

ジョン・テリー (チェルシー・イングランド代表)

リリアン・テュラム (バルセロナ・フランス代表)

ジャンルカ・ザンブロッタ (バルセロナ・イタリア代表)


MF

ロナウジーニョ (バルセロナ・ブラジル代表)

ジネディーヌ・ジダン (引退・元フランス代表)

カカ (ACミラン・ブラジル代表)

アンドレア・ピルロ (ACミラン・イタリア代表)


FW

ティエリ・アンリ (アーセナル・フランス代表)

サミュエル・エトー (バルセロナ・カメルーン代表)



受賞者をクラブ別で見てみると、

昨シーズン、リーガ2連覇、CL制覇の2冠を達成したバルサ勢、

国籍別で見てみると、

W杯優勝国であるイタリア勢、準優勝国であるフランス勢が目立ちますね。

個人賞はバルサ勢が独占状態ですし、

ベストイレブンにも最多の4人が選出されています。

あくまでも昨シーズンの評価なので、

今シーズンからバルサに加わったテュラム、ザンブロッタの両DFは、

バルサでの活躍というよりも、

昨シーズンまで所属したユベントスや、W杯での活躍を認められての受賞になっていると思います。

また、バルサはクラブとしてもユニセフへの協賛で「平和賞」を受賞しています。


バルサ好きな僕としては、多くの選手が賞を受賞し、クラブとしても賞を受賞し、嬉しい限りです。

このバルサを後1ヵ月もすれば日本で見られると思うと、本当に楽しみです。





AD

U-19日本代表、W杯へ!

テーマ:

現在、インド・バンガロールで行われているアジアユース選手権に出場しているU-19日本代表。


そのU-19日本代表は6日、

来年カナダで行われるU-20W杯への出場権を賭け、準々決勝でサウジアラビアと対戦。

日本は前半7分にセットプレーから、

「えなり君」ことFW河原和寿(新潟)のヘッドで先制するものの、

後半37分にサウジにPKを与えてしまい試合終盤で試合は振り出しに・・・。

しかし、このまま延長戦突入かと思われた後半ロスタイム直前。

先制ゴールを挙げた河原に代わって後半19分から途中出場していたFW青木孝太(千葉)が決勝ゴールを挙げ、

劇的な勝利でベスト4入りを果たし、見事W杯出場権を獲得しました。


最初、「青木孝太(千葉)」って聞いても「!?」って感じでピンとこなかったんですが、

「今年1月の全国高校サッカー選手権大会で優勝した野州高校のエースだった青木孝太」と聞いて、

「あの青木かぁ~」と初めて気付きました。

確か上背はなかったけど、左利きでテクニックのある選手でしたよね!?

(野州高校のメンバーは基本的にテクニシャンが多かったですし、それが売りのチームでしたけど)

そういえば今年千葉に入団していたなぁと。
Jリーグでの出場経験があるのかどうかわかりませんし、

選手権以降あまり名前を聞きませんでしたが、代表に入ってたんですねー。


ここ最近U-17、U-19、U-21とユース世代の日本代表の活躍が目立ちますね。

それに比べてA代表はちょっとイマイチといった感じもしますが、

いずれはこの世代の選手達の中からA代表入りを果たす選手が出てくる訳ですから、

ユース世代の選手達の活躍は喜ばしい限りですね。

もう既にこのU-19世代からの「飛び級」でA代表召集が噂されている選手も何人かいるようですしね。

(MF梅崎司(大分)は召集どころか既にA代表デビューを果たしていますが)


とまぁ、とりあえず目標であったU-20W杯への出場権は獲得しました。

次なる目標は、小野ら黄金世代でも成し遂げられなかった優勝になります。

日本の準決勝の対戦相手は宿敵韓国。
韓国は今大会15得点1失点と圧倒的な強さを誇っているようで・・・。

日本との対戦成績は2勝2敗で五分五分ということですが、厳しい戦いになりそうですね。

まずはこのライバル対決に勝利して、決勝へと駒を進めて欲しいですね。



AD

訂正とお詫び

気付いた方もいるかもしれませんが、

3日前に載せたCLに関する記事の中にいくつか誤りがあったので、

少し時間が経っちゃいましたが、一応訂正を・・・。


まず・・・


バルサの次節の対戦相手はブレーメンで、

これに敗れるとバルサのグループリーグ敗退が決定するって書いたんですが、

バルサの次節の対戦相手はレフスキ・ソフィアの誤りでした。

次節でバルサがレフスキ・ソフィアに敗れ、

ブレーメンがチェルシーに勝てば、

バルサのグループリーグ敗退が決まってしまうという状況に変わりはありません。


そして・・・


現在グループGの1位はアーセナルで、

CSKAモスクワ、FCポルトが勝点差1で追走と書いたんですが、

現在グループGの1位はCSKAモスクワで、

アーセナルとFCポルトが勝点差1で追走の誤りでした。


間違った情報を載せてしまい、どうもすみませんでした。

AD

中田浩二が鹿島復帰!?

テーマ:

昨日のナビスコカップ決勝で千葉に2-0と敗れ、

クラブ10冠目となるタイトルを逃した鹿島。

リーグ戦でも29節終了時点で順位こそ6位(勝点46)ですが、優勝戦線からは脱落。

とりわけ、チーム総得点数46なのに対し、総失点が48で得失点差-2ということで、

得点数に比べ失点数が多いのが気になります。


そんな鹿島ですが、来季の守備力強化へ向け、

元所属選手であり、

現在スイスのバーゼルでプレーするMF・中田浩二の来年3月のJリーグ開幕前での獲得を目指し、

細かい条件を詰めているようです。

もし実現すれば、中田浩二は2シーズンぶりの古巣復帰となります。

中田浩二と言えば、本職はボランチですが、

SMF、SB、CBなど複数のポジションをこなし、

現在バーゼルではCBでレギュラーとしてプレーしています。
CBの層が薄い日本代表においても、オシム監督が注目している海外組の選手の1人ですし、

鹿島にとっては彼が復帰すれば大きな戦力となることでしょう。

鹿島側によると、中田浩二自身も鹿島復帰を前向きに考えているようです。


ただ、どうなんでしょう!?

せっかくヨーロッパのクラブでレギュラーとしてプレーしているのに、Jリーグに復帰するというのは!?
スイスリーグのレベルがJリーグと比べてどうなのかわからないので、なんとも言えませんが・・・。
一応ヨーロッパはヨーロッパですからね。

でも来年3月のJリーグ開幕前の獲得を目指しているということは、

冬の移籍市場で獲得しなければ間に合いません。

つまり、ヨーロッパはシーズン真っ最中。

バーゼルがシーズン中にレギュラーである中田浩二を放出するでしょうか!?

まぁそうなった場合、鹿島は6月の獲得を目指すようですが・・・。


個人的には海外で頑張って欲しい気持ち半分、

Jリーグで久しぶりに見てみたい気持ち半分といった感じです。

鹿島サポの皆さんにとっては、名門復活へ向けて是が非でも復帰して欲しい選手といったところでしょうか!?

ナビスコカップ 決勝 

テーマ:

今日はナビスコカップの決勝、鹿島VS千葉が行われました。

試合の方は1時間程前に終了し、

後半35分のMF水野、後半37分のMF阿部のゴールで千葉が2-0と勝利。

水野の先制ゴールが生まれるまでは決勝に相応しく、

激しくて緊迫感のある好ゲームだったと思います。


その先制ゴールを挙げた水野ですが、

千葉の選手らしく運動量も多いですし、

フリーキック、ロングスローというプラスアルファもあって、

この試合もいいプレーを見せていたと思います。

僕的にはこの試合一番目立っていたというか、注目して見ていた選手の1人です。

U-21日本代表候補でまだ若い選手ですからね。

これからも注目していきたい選手です。

あとは2ゴール目を奪った阿部。

身長はそんなに高くないんですけど、ヘディング上手いですね~。

解説の通り、ポジション取りで決まりでしたね。

攻撃面では今日はさほど目立っていませんでしたが、

守備面での存在感は抜群だったと思います。


とにかく、鹿島は残念ながらクラブ10冠目となるタイトル獲得はなりませんでしたが、

千葉は昨年に続く優勝でナビスコカップ連覇を果たしました。

千葉サポの皆さん、おめでとうございます!





グループA


バルセロナ 2-2 チェルシー


レフスキ・ソフィア 0-3 ブレーメン



グループB


スパルタク・モスクワ 0-1 インテル


バイエルン 0-0 スポルティング・リスボン



グループC


リバプール 3-0 ボルドー


PSV 2-0 ガラタサライ



グループD


シャフタール・ドネツク 2-2 バレンシア


ローマ 0-0 オリンピアコス



グループE


リヨン 1-0 ディナモ・ブカレスト


レアル・マドリー 1-0 ステアウア・ブカレスト


グループF


ベンフィカ 3-0 セルテイック


コペンハーゲン 1-0 マンチェスター・ユナイテッド



グループG


アーセナル 0-0 CSKAモスクワ


ハンブルガーSV 1-3 FCポルト



グループH


AEKアテネ 1-0 リール


ACミラン 4-1 アンデルレヒト



グループリーグも第4節を終え、決勝トーナメント進出を決めるチームもチラホラ出てきましたね。

まだ2試合残っているので何が起こるかわかりませんが、

昨日、一昨日の試合を終えた時点での各グループの状況を簡単に整理してみると・・・


グループA

決勝トーナメント進出を決めたチームはなし。

戦前の予想通りチェルシー、ブレーメン、バルサの3強とレフスキ・ソフィアの1弱大勢。

その中でもチェルシーが一歩抜け出しているかなといった感じで、

おそらく決勝トーナメント進出を次節にでも決めるでしょう。

心配なのはバルサ・・・。

一昨日の試合で終盤にチェルシーにゴールを許しホームで痛いドロー・・・。

順位も2位から3位に転落。

次節、ホームでのブレーメン戦で敗れるようなことがあれば、

ブレーメンの決勝トーナメント進出が決定し、

昨シーズンのチャンピオンであるバルサのグループリーグ敗退が決定します。


グループB

バイエルンの決勝トーナメント進出が決定。

もう1つの椅子はインテルかスポルティング・リスボンのどちらかといった感じか!?

序盤で苦戦したものの、

ここへ来て巻き返しを見せているインテルが決勝トーナメントに進出できるかどうかが注目。


グループC

早々と決勝トーナメントに進出する2チームは、リバプール、PSVに決定。
稲本所属のガラタサライは残念ながらグループリーグ敗退。


グループD

バレンシアの決勝トーナメント進出が決定。

残るもう1つの椅子はローマの可能性高し。


グループE

グループC同様、決勝トーナメントに進出する2チームは、リヨンとレアルに決定。

まぁこのグループは完全な2強2弱大勢だったので、妥当な結果かなと。


グループF

決勝トーナメント進出を決めたチームはなし。

昨日の試合で現在グループ1位のマンUが4位コペンハーゲンに、

俊輔所属の2位セルティックが3位ベンフィカに敗れ、

順位の入れ替わりこそなかったものの、4チームが勝点差5の中にひしめく混戦。


グループG

ハンブルガーSVのグループリーグ敗退&グループ最下位は決定したものの、

決勝トーナメント進出を決めたチームはなし。

現在グループ1位はアーセナルですが、CSKAモスクワ、FCポルトが共に勝点差1で追走。


グループH

ACミランの決勝トーナメント進出が決定。

もう1つの椅子はリールかAEKアテネのどちらかといった感じか!?


決勝トーナメントに進出する2チームがまだ決まっていないグループは、

その座を巡って激しい戦いが残り2試合で繰り広げられるでしょうし、

既に決勝トーナメント進出に進出する2チームが決まってしまったグループでも、

1位通過の座、またはUEFAカップ出場権が与えられる3位の座を巡って激しい戦いが繰り広げられるでしょう。
個人的にはグループA、グループF、グループGに注目しています。

その中でもバルサとセルティック!

なんとか2チームとも決勝トーナメントへと駒を進めて欲しいです。









更新したくない病

テーマ:

久々の更新です。

「更新しなければ!」と思いつつ、

特に理由もなく、ただの「更新したくない病」で2週間以上も更新をサボってしまいました・・・。

Jリーグ、CLのグループリーグも佳境を迎え、

U-19、U-21日本代表の試合もあったりして、

サッカーネタ満載で記事のネタに困ることのないこの時期に一体何をやってたんだか・・・。

読者登録して頂いている皆様、またこの間に僕のブログを訪問して下さった皆様、

本当にすみません・・・。


2006年も早いもので今日から11月に突入。

読者の皆様の中には、

「このまま更新されず消えて行くんじゃないか!?」と思った方もいらっしゃると思いますが、

忘れた頃に復活です。

今日から気分も新たに頑張って更新していこうかなと思っているので、またよろしくお願いします。


今日は・・・

テーマ:

今日と明日でJリーグ第27節が行われますね。


今日の対戦カードは・・・


名古屋 - 清水


G大坂 - 横浜FM


大分 - C大坂


鹿島 - 千葉


新潟 - 京都


磐田 - 大宮


川崎F - 甲府


そして、明日の対戦カードは・・・


浦和 - 福岡


広島 - FC東京


・・・となっています。


今シーズンも今日の試合を入れて残り8節となりました。

そんな中、現実的に考えると優勝争いの行方は・・・


1位 浦和  勝点58

2位 G大坂 勝点55

3位 川崎F 勝点51

4位 清水  勝点48

5位 鹿島  勝点46


・・・この上位5チームに絞られてきたって感じでしょうか!?

鹿島の下となると、磐田が勝点40で6位。

鹿島でさえ現在首位の浦和とは勝点差12で厳しい状況ですから、

さすがに勝点差18となるとかなり厳しいというか、ほぼ可能性はないかなという感じです。

なので、これからこの上位5チームからは目が離せませんが、

その中でも今日は鹿島-千葉戦が面白そうです。


お気付きの方もいると思いますが、

鹿島-千葉という対戦カードは、11月3日に行われるナビスコカップの決勝と同じカードです。

なのでその前哨戦とも言える試合になりそうです。

前節、前半早々に10人になりながらも現在首位の浦和相手にいい試合をした千葉。

優勝争いに踏み止まる上で、

これ以上負けられないといった感のある鹿島にとっては手強い相手になることでしょう。


あと、千葉と言えば気になるのがFWの巻。

先日のインド戦に5戦連続のスタメン出場を果たすものの、

オシムジャパンとなってから最短の67分間のプレーに止まり、途中交代。

確かに決定的チャンスも外しましたし、

三都主からのクロスを合わせようとして空振りもしましたし、

(結果、その先に詰めていた播戸が合わせてゴールにはなったんですが)

持ち味のはずのポストプレーも全くできず、

出来が散々だったのは誰の目にも明らかだったと思います。

インド戦後、初スタメンの播戸が2ゴールを決めただけに、

代表で501分間ノーゴールの巻に対する批判は高まってきています。

川淵キャプテンからは「巻は下手」発言も飛び出したそうで・・・。

まぁ確かに代表での結果は出せていませんが、

この発言に対しては個人的にどうかなと思いますが・・・。
とにかく、巻のプレーにもこれから注目が集まることだと思います。


ここまでなんだかんだ今日の見所などについて書いてきましたが、

僕は今日は予定があるので今から出掛けます。

1日中出掛けることになると思うので、

今日行われる第27節の試合は、どの試合も観戦することはできなさそうです。

なので、スーパーサッカーもしくは明日のやべっちFCなどに頼ることになりそうです・・・。

日本 VS インド

テーマ:

昨日のインド戦、日本のフォーメーションとスタメンは、

フォーメーションは中盤が流動的ですが、一応形的には3-5-2って感じでしょうか!?

スタメンは、

GK・・・川口(磐田)

DF・・・水本(千葉)、阿部(千葉)、今野(FC東京)

MF・・・鈴木啓太(浦和)、中村憲剛(川崎)、山岸智(千葉)、三都主(浦和)、駒野(広島)

FW・・・巻(千葉)、播戸(G大坂)

となりました。


試合前の予想スタメンに名を連ねていたMF遠藤(G大坂)、MF長谷部(浦和)の名前はなく、

代わって中村憲剛、駒野が先発出場です。

中村憲剛は播戸と共に代表初先発となりました。

そして、スタメンから外れた遠藤ですが、

どうやら発熱の影響でスタメンどころかこの試合ベンチ入りさえしませんでした。


試合の方は代表初ゴールを含む播戸の2ゴール(前半23分、44分)と、

こちらも代表初ゴールとなる中村憲剛のミドルシュート(後半37分)で3-0と勝利。

播戸、中村憲剛共に「らしさ」が出たゴールだったと思います。

播戸はFWとして2ゴールという結果を出したので、

もちろん素晴らしい活躍だったと思いますが、中村憲剛も良かったですね。

この試合唯一攻撃にリズムをもたらしていた選手だと思いますし、

守備でもいいプレーを見せていました。


ただ、結果だけ見れば3-0で快勝と言えるんですが、内容的には良くなかったと言わざるを得ません。

とにかくパスミス、コントロールミスが多く、ボールが落ち着かない。
解説の風間さんが言っていた通り、

攻撃の形的にはいい形を作っているとは思うんですが、

トラップが流れたり、しっかりポストにボールが納まらなかったり、

ラストパスの精度、クロスの精度が悪かったりと細かいところでの精度が悪い。

確かにアウェーでのイエメン戦程ではないものの、ピッチ状態は凸凹で悪く、

ボールがイレギュラーしたりするシーンが何度も見られました。

なので、難しい部分もあったと思います。

ただ、それを差し引いてもミスが多すぎると思います。

特に後半はなかなかボールが落ち着かず、

中村憲剛のゴールが生まれるまでほとんどサッカーになっていなかった印象が・・・。

でもまぁ、前半と後半にそれぞれ1回ずつ4基ある照明の内1基の電源が落ちて、

前半は一時試合が中断したり(後半は主審もスルー・・・)、

試合終了間際には犬がピッチに乱入したりと、

どうしても集中力を欠いてしまうような状況でしたから、

そんな中しっかり勝利したことは評価してもいいのかもしれませんが・・・。


う~ん・・・。

オシムジャパンはこれで6試合を消化した訳なんですが、

まだ6試合と見るか、もう6試合と見るかで、

現在のオシムジャパンに対する評価、満足度は変わってくるとは思います。

ただ、これでオシムジャパン初年度である2006年は、

11月15日に行われる予定のアジアカップ予選最後の試合となる、

ホームでのサウジアラビア戦を残すのみとなりました。

なので、もちろんまだまだこれからだという事はわかっていますし、そう思っていますが、

僕的には少し物足りないかなという感じがします。

確かに2010年W杯南アフリカ大会、及びその予選までまだまだ時間はありますが、

あまり「まだまだこれから」と余裕を持ちずぎるのも危険かなと思います。

年内ラストゲームとなるサウジアラビア戦は、

もう少し納得できる試合内容を見せてくれればいいんですが・・・。


今日はインド戦

テーマ:

今日はアジアカップ予選、アウェーでのインド戦がありますね。

キックオフは現地時間で17:40、日本時間では21:10となっています。


今日の対戦相手のインドですが、現在FIFAランキングは日本の47位に対し、136位。

インドとはまだジーコジャパン時代の今年2月に既にホームで対戦し、6-0で圧勝しています。

さらに、2年前のドイツW杯1次予選でも対戦していて、

この時もホームで7-0、アウェーで4-0と圧勝しています。

しかし、日本がホーム、アウェーで共に苦戦したイエメンもFIFAランキング136位なので、

オシムジャパンになって大幅にメンバーも変わっていますし、

ジーコジャパン時代の対戦成績はあまり参考にならないのかもしれません。
とはいえ、インドには失礼ですが、

日本にとってインドが格下であることは明らかだと思います。

既に予選突破を決め、本大会への出場権を手にしている日本ですが、

クラブとは違い代表は練習する機会も試合をする機会も限られているので、

オシム監督が言う通り、代表の試合に消化試合はないと思いますし、

今日の試合は結果と共に内容も求められる試合になりそうです。


そのインド戦のメンバーですが、

招集されているメンバーはガーナ戦と全く同じ23名が召集されています。
そんな中、GK西川(大分)、MF中村憲剛(川崎)らの先発出場も噂されていましたが、

日本の予想フォーメーションとスタメンは、フォーメーションがひとまず3-5-2で、

GK・・・川口(磐田)

DF・・・水本(千葉)、阿部(千葉)、今野(FC東京)

MF・・・鈴木啓太(浦和)、遠藤(G大坂)、山岸智(千葉)、三都主(浦和)、長谷部(浦和)

FW・・・巻(千葉)、播戸(G大坂)

の先発出場が濃厚のようです。

ガーナ戦とほぼ同じメンバーですが、

西川、中村憲剛らと共に先発出場が噂されていた長谷部が攻撃的MFの位置で、

播戸が2トップの一角でそれぞれ先発出場が予想されています。


先発出場、途中出場に関わらず、

この試合注目、または多くの日本サポが見たいと思っているのは中村憲剛でしょうか!?

ガーナ戦で代表に初選出され、後半から途中出場し代表デビューを飾った中村。

短い出場時間ながらいいプレーを見せ、ガーナ戦で最も印象に残った選手だと思います。

ガーナ戦後、ガーナの選手達にも中村は印象に残ったようですし、

オシム監督も「中村は海外の選手に匹敵する」と非常に評価は高いようです。

中村と言えば、どちらかというと正確なパスやミドルシュートなど、攻撃面に目が行きがちですが、

ボランチの選手なので守備面でもいい働きをしますし、

攻守両面での貢献が期待でき、オシム監督が好みそうな選手です。

どうやら今日の試合も出場するのであれば途中出場となりそうですが、

是非起用してもらいたいと思います。