• 27 May
    • マビキ(シイラ)のにんにく風味ムニエル

      平成28年5月21日(土) 川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 【本日のメニュー】 ・マビキ(シイラ)のにんにく風味ムニエル ・胡瓜の中華出汁浸し・わかめと長ネギの酢の物・ほくほくジャガイモのラタトゥイユ・豆腐とお揚げのお味噌汁・塩レモンのペッパーチキン・野菜たっぷりサラダ(赤たまねぎ・レタス・トマト・ブロッコリー・キャベツ) みずみずしい胡瓜が、中華出汁の中でプカプカ浮かんでいます。胡瓜が浸透圧によって、中華出汁をすい込み、小さくなっています。要するに、とても美味しいということです。ご飯と一緒に食べるのもオススメですが、今回は海苔巻きにして食べてみました 油は取りすぎると体に影響が出ますが、大切な栄養素ではあります。揚げ物だと、油取りすぎかな~っと思ってしまいますが、ムニエルなら罪悪感もないですよねマビキのしっとりとした白い身が、ホロホロと崩れることなく、身、皮、調味料が抜群のバランスでお箸の上にのりました。そのままお口の中へパクっとです。にんにく風味で食欲が増します わかめのコリッコリが、たまらない食感でした。よく噛まないと、消化によくないので意識をして噛みました。長ネギの爽やかさプラスされて、次から次へと楽しませてくれます。わかめは、海の中でユラユラしている長さのある海藻です。食べやすい長さに切ることを忘れてはいけませんね。 ラタトゥイユ・・・という料理だそうですが、初めて見ましたフランスのお料理だそうです。オリーブオイルとニンニクで炒めたズッキーニ、ピーマン、トマトなどを水を加えずに煮込んだ料理だそうです。今回は、ジャガイモがお仲間に入っていました。煮込んであるので、ホクホクです。煮込む時間だけで、美味しい1品ができますね。 豆腐とお揚げのお味噌汁。日本を代表する食材が入っていました。何も言わなくても、美味しさを理解していただけると思います ブラックペッパーがまぶされた鶏肉に、塩レモンが加わりました。熱い日に塩レモンの爽やかさが食欲を上げてくれます。お好みでレモンの量を調整してもいいですよね。見た目からは塩レモンが感じられないので、一口いれると意外性があって喜ばれるかもしれません。 野菜はたっぷりです。ブロッコリーの緑が元気をくれますね。見えないですが、下に赤たまねぎも、スライスされて綺麗でした 今日のご飯も、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。 ヨガ葉根菜食メニューのレシピを、KAWAKAMIスローヨガスタジオのホームページで紹介しているものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね

      テーマ:
  • 25 May
    • サバの塩焼き(大根おろしつき)

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 【本日のメニュー】・サバの塩焼き(大根おろしつき)・ピーマンとオカワカメの和え物・糸こんにゃくと根菜の煮物・ペッパーチキンとズッキーニのマスタード和え・野菜たっぷりサラダ・メカブと胡瓜の酢の物・もやしとネギのお味噌汁 サバの塩焼きは、裏切らない美味しさでした添えられている大根おろしが、サバの塩気をまろやかに包み込み、サバの油っぽさという良さをより一段と上げています。また、大根おろしを紫蘇の葉の上に見事に配置することで、料理は視覚から食べはじめるものなのだな~と思いました。 さてお次は、ピーマンとオカワカメの和え物です。何だか不思議なコンビで、味付けの想像が出来ないまま箸ですくいました。こちらのお料理は、大人が楽しむ献立だと思いますピーマンとオカワカメの微弱な苦味が、振りかけられた僅かなすり胡麻の深みとであっています。たくさん噛んで、しみじみ食べる感じです。 糸こんにゃくは四角のこんにゃくよりもスルスル入っちゃうので、よく噛まなくちゃいけないよね~と気に掛ける食材です。意識をして食べなくてはとは思いつつも、お出汁が絡みついているので、ご飯が恋しくなってしまいあまり噛まずに食べてしまうことも・・・ ズッキーニは初夏~夏が旬のお野菜だそうです。胡瓜の仲間かと勝手に思っていましたが、ウリ科の仲間だそうです。きめつけてしまって、申し訳ないです。そんなズッキーニが、ペッパーチキンとマスタードで和えられました。ご飯がなくても、そのままで食べて美味しい1品でしたよ。 メカブと胡瓜の酢の物は、ボリュームたっぷりなので海苔巻きにして食べました。パリパリ海苔に、ネバトロのメカブが美味しかったです。こういう食べ方もいいな~と思います。酢の物は箸がすすむので、あんまり残らないですよね 最後に、もやしとネギのお味噌汁で体を温めました。お味噌汁のぬくもりが、ご飯との間をとりもってくれますね。 今日のご飯も、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした ヨガ葉根菜食メニューのレシピを、KAWAKAMIスローヨガスタジオのホームページで紹介しているものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

      テーマ:
  • 19 May
    • 生姜が香る鶏ももの甘辛煮

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 【本日のメニュー】・大根とお揚げのお味噌汁・小女子のカレー風味揚げ・茄子の煮びたし・水菜と豆苗のナムル・生姜が香る鶏ももの甘辛煮・春野菜アスパラガスのサラダ 初めに口にしたのは、春野菜のアスパラガスです アスパラガスは4月~6月頃が旬で、他のお野菜とも相まってみずみずしい柔らかさでした。素材の味わいを探して、よく噛みます。 生姜が香る鶏ももの甘辛煮は、鶏ももがメインですけれど、添えられている人参(分かりにくいかもですが、ちゃんとありますよ)と卵にもしっかり味が染み込んでいたので、美味しさを伝えたくなりました。写真の見た目からも、美味しさが想像できますよね こってりメイン料理後に、お口さっぱりさせてくれるお次は、水菜と豆苗のナムル。茎の食感と葉の食感がしっかりしていて、シンプルだからこその美味しさです野菜が、食べやすい大きさに切られているのは大切ですよね。胡麻がまぶされることで、ナムルが穏やかな味わいに。 お次は、野菜が多いと嬉しいな~と思う茄子の煮びたし。温かいうちに食べるのも美味しいですが、冷めてもしっかり美味しい!キュッと茄子にお出汁が染みているので、作り置きしてもおススメです。味の決め手は、お醤油の量。好みの量を、見つけてみてください さっぱりの後は、先ほども食べたのですが、こってりに戻ってしまいます。贅沢に美味しく頂きます。小女子のカレー風味揚げも、ボリュームたっぷりです。魚が苦手な方でも、これはお箸がすすみそう!揚げてあるので、外はカリ、中はジューシーでした。うま味が衣に閉じ込められています今日のメニューで、最後にこの小女子が作られました。フライパンの中で、小女子が揚げられている過程を見ていたのですが、お部屋の中は香ばしい香りで包まれて、美味しそう!と思いました。ひと口食べて、やっぱり美味しかったです。 最後にお味噌汁。大根さんが丸ごとです。大根の葉っぱの鮮やかさが、チラチラ顔を覗かせています。お揚げが入ることによって、まろやかさが加わりました。お味噌汁はホッとしますね。 今日のご飯も、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした ヨガ葉根菜食メニューのレシピを、KAWAKAMIスローヨガスタジオのホームページで紹介しているものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

      テーマ:
  • 18 May
    • 鰯の煮つけ

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 【本日のメニュー】・鰯の煮つけ・シシャモとピーマンの塩焼き・切り干し大根と野菜の酢の物・蓮根と蒟蒻の煮物・胡瓜と人参のポテトサラダ・ワカメとお揚げのお味噌汁 今日の献立は、家の冷蔵庫を開けて、目に入った食材で作れるご飯という感じです まずは、お味噌汁。わかめは春が旬で、食感がいつもと違いました。柔らかくわかめの香りがお味噌汁の中でふわっと広がっています。具がたっぷりで美味しい。今の時期に、是非わかめのお味噌汁を。 メインの鰯の煮つけは、甘めのタレがかかって食欲が増します。鰯と同じ海を泳いでいたであろう、シシャモ。大きさが程よくて、カルシウムもしっかり採れるので、食卓に上るとつい箸がすすみますよね。ピーマンの緑も、目に美味しい 蓮根と蒟蒻の煮物は、しっかり食材に美味しさが吸収されているんです。蓮根はご想像どおりシャキシャキの歯ごたえ。何度も噛むので、味わい深いものがありました。ご飯にもよくあいます。鰯の煮つけもそうですが、茶色に染まっている食べ物って美味しいですよね。 茶色といえば、薄茶色っぽいこちらの切り干し大根と野菜の酢の物は味付けが優しく、よく噛むことを忘れさせません。お子さまにもオススメです実は、献立の名前には入っていなのですが、スルメがうす~く切られて隠し味となっています。このスルメの旨味が、切り干し大根にギュ~っと染み込んでいました。ですから、しみじみと美味しい 最後に、胡瓜と人参のポテトサラダ。食卓に1品あると、子どもも大人も嬉しくなる一皿です。今回は定番ですが、具の組み合わせを考える、楽しさのあるメニューですよね。ご家庭によって、好みの食材があると思われます。皆さんはどんな組み合わせのポテトサラダがお好きでしょうか 今日のご飯も、とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。 ヨガ葉根菜食メニューのレシピを、KAWAKAMIスローヨガスタジオのホームページで紹介しているものもあります。ぜひ参考にしてみてくださいね

      テーマ:
  • 24 Mar
    • 鯛の野菜ときのこのあんかけ

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 天然鯛をブラックペッパーで炒めて、あんかけをしています。あんは白菜をふんだんにつかっているのでとろけていました。あとニンジンやピーマン、エリンギをたっぷり使っていました もやしはにんにくのしぼり汁がピリッと効いていて食欲がでます。味付けはやさしくたべやすかったです。カブは酢の物の中に鷹の爪がピリッと効いてアクセントになっていました。おでんでほっこりしました とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・鯛の野菜ときのこのあんかけ・もやしのにんにく風味おひたし・カブのピリ辛酢の物・だいこんとこんにゃくのおでん・茄子のお味噌汁・生野菜サラダ ★ヨギーニのひとこと大根胃腸の働きを助ける消化酵素が沢山含まれています。こげには発がん性物質がありますが、それを解消する効果もあります。焼き魚や焼いたお肉と同時に食べると良いです。葉っぱの部分にも栄養があり、β-カロテンが豊富です ◆川上光正先生ひとくちメモ米国では当時、死亡原因の第一は心臓病で、その医療費のために、国の財政は危機的状況に晒されていた。フォード大統領はこうした事態を打開するため、医療改革を推し進め、その一環として、上院に栄養問題特別委員会を設置した。 (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      1
      テーマ:
  • 22 Mar
    • カレイ魚のお煮付

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 カレイの甘辛い味付けがとてもおいしかったです。にんにくの効いた胸肉のから揚げはパリッと揚がってれんこんとともに歯ごたえがよく味もとてもおいしかったです。 ブロッコリーはさっぱりとドレッシングがきいて、生野菜サラダといっしょにいただくといくらでもはいる感じでした。高野豆腐と野菜の煮物はお味がとても優しく胃腸にとけていくようでした とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・カレイ魚のお煮付・れんこんと鶏肉のからあげ・ブロッコリーのクリームドレッシング和え・高野豆腐と野菜の煮物・白菜のお味噌汁・ワカメの酢の物・生野菜サラダ ★ヨギーニのひとことブロッコリー肌によいと言われるビタミンCが多く含まれていて、レモンの約2倍あります。スルフォラファンという成分がガン予防に役立つと言われています。つぼみの部分だけでなく、茎にも栄養が詰まっているので、残さず食べたいですね ◆川上光正先生ひとくちメモ日本の伝統的な食事が健康に良い、優れているとの認識から、世界的注目を集めるようになった。そのきっかけは、1977年に米国上院栄養問題特別委員会が発表した、通称「マクガバン・レポート」である。 (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 20 Mar
    • 鶏胸肉トマトソース煮込み

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 鶏の胸肉がたっぷり食べれて満足でした。トマトソースをベースにブロッコリーや玉ねぎがたくさん入って一緒ににこまれていました。とても食べやすかったです ほうれん草はガーリック風味のためピリッときいてサクサクといただけました。里芋と根野菜の煮っころがしはどれもやわらかくやさしいお味でとてもおいしくいやされました。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・鶏胸肉トマトソース煮込み・ほうれん草とガーリックのお浸し・里芋と根野菜の煮物・椎茸のお味噌汁・生野菜サラダ ★ヨギーニのひとこと鶏肉鶏肉の皮や骨には美肌効果のあるコラーゲンが沢山含まれています。コラーゲン=タンパク質で、骨を強化させます。骨粗鬆症を予防する働きもあるようです ◆川上光正先生ひとくちメモ本論ではまず、健康的な食とは何かを考えるために、日本の食文化の変遷を辿りながら、日本型食生活がどのようにして形成されるに至ったのかということを論じてみたい。その後、人間が正常な生命・生活活動を行うために、体外から取り入れなければならない栄養素等について触れると共に、近年急速に研究開発が進められている機能性食品についても言及する。最後に、日本の精進料理の源流でもあるインドのヨガ食について述べる (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 18 Mar
    • ブリのムニエルと野菜炒め

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 ブリのムニエルはブラックペッパーとガーリックが効いてとてもおいしかったです。ニラの玉子とじは子供の頃よく食卓に並んでいたメニューで潜在意識からひっぱりだされたような気がしました。なつかしかったです 糸こんにゃくはとても食べやすいやさしい味付けでした。腸のおそうじができそうです。鶏肉のハムはとてもめずらしいと思いました。食べると確かに鶏肉で、ハムでした とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・ブリのムニエルと野菜炒め・ニラの玉子とじ・白菜のお浸し・糸こんにゃくの煮物・鶏肉ハムと生野菜サラダ・揚げのお味噌汁 ★ヨギーニのひとことぶり生活習慣病や認知症の予防に効果があるEPAとDHAが多い。タウリンやビタミンEなども含み、血管の老化を遅らせる。不飽和脂肪酸のパルミトレイン酸という成分は、血管のつまりを防ぐ効果があります ◆川上光正先生ひとくちメモかつての日本の伝統的な食生活は「人類の理想食」と称されるほど、栄養バランスの優れたものであった。しかし、現在の日本では、食生活の欧米化が進み、脂質摂取量の増加、炭水化物摂取量の減少などが年々顕著になり、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加が問題となっている。残念ながら、かつて絶賛された「日本型食生活」は崩壊しつつあるというのが実状である (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 16 Mar
    • あじの煮つけ

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 天然あじの煮つけはとてもおいしかったです。切り干し大根はとてもやわらかく人参やあげといっしょによく煮込まれてたべやすかったです。レンコン粉で作ったお好み焼きは表面のおこげと中身がもっちりとろとろでした 野菜もたっぷりはいっていました。ソースをつけていただきました。おいしかったです。ネギのお味噌汁はお味噌の甘味が絶妙で癒されました。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・あじの煮つけ・切り干し大根と野菜のお浸し・レンコン粉のお好み焼き・ワカメの酢の物・ネギのお味噌汁・生野菜サラダ ★ヨギーニのひとことれんこん糖質と食物繊維が豊富です。粘り成分はいも類などにも含まれるムチンといい、胃腸の粘膜を丈夫にしてくれます。また喉や鼻の粘膜も保護してくれるので、感染症予防におすすめの食材です ◆川上光正先生ひとくちメモ近年、日本でも食生活の乱れに起因する生活習慣病の増加や「食」と子どもの問題行動との関連性などが指摘されている。私たちが健康生活を続けていくには、自らが「食」についての正しい知識を持ち、判断する能力を身につけることが必須の条件となってきている (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 16 Feb
    • カレイの煮つけと鶏肉のお鍋

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 本日はカレイの煮つけでした。身がやわらかいのでするっと口の中でとけるようなカレイのやさしい食品に触れてホッとしました。鳥鍋は胸肉に豆腐、しめじ、白菜、人参、長ネギでした。野菜がとけはじめていました。鳥肉からうまみエキスが出てとてもおいしかったでした。じゃがいもの煮物はしっとりとした触感でおいしかったです。レンコンの粉で作ったお好み焼きも焼き色が香ばしくてとても人気がありました。あとはきゅうりとワカメの酢の物でした。 とてもおいしかったです。 【本日のメニュー】・カレイの煮つけ・鶏肉の鍋・じゃがいもと野菜の煮物・ワカメときゅうりの酢の物・レンコン粉のお好み焼き・野菜サラダ・五穀米 ★ヨギーニのひとこと必須アミノ酸は食事からとらなければなりません。これを適切な割合で含んだものを「良質タンパク質」と呼びますが、この胸肉は必須アミノ酸が多くふくまれているのだそうですよ。 ◆川上光正先生ひとくちメモ日本の伝統的な食事が健康に良い、優れているとの認識から、世界的注目を集めるようになった。そのきっかけは、1977年に米国上院栄養問題特別委員会が発表した、通称「マクガパン・レポート」である。 (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 10 Feb
    • カレイのお煮付と鶏肉のハム野菜ソテー

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 カレイのお煮付は身がやわらかく口の中でとけました 鶏肉のハム野菜ソテーで、鶏肉のハムを初めていただきました。 塩分控えめでブラックペパーが効いて食べやすかったです。 小松菜と野菜の和えものでは、もやしや人参、ごまなどがたっぷり入ってヘルシーでした。 サツマイモの甘煮はやわらかくいただきおいしかったです あと中華風きゅうりのピリ辛酢漬けで野菜サラダといっしょにいただくとドレッシング替わりになりました。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・カレイのお煮付・鶏肉のハム野菜ソテー・松菜と野菜の和えもの・サツマイモの甘煮・中華風きゅうりのピリ辛甘酢漬け・野菜サラダ・玉ねぎのお味噌汁・五穀米 ★ヨギーニのひとこと さつまいもはいもの中でもビタミンCがいちばん多くふくまれているそうです。 食物繊維も多く含まれているので便秘解消にもよいですね 食事から健康になれることを願っています。そして便秘には腹筋を強くしたり、呼吸法と一緒になったヨガもよいですね。 ◆川上光正先生ひとくちメモ本論ではまず、健康的な食とは何かを考えるために、日本の食文化の変遷を辿りながら、日本型食生活がどのようにして形成されるに至ったのかということを論じてみたい。 その後、人聞が正常な生命・生活活動を行うために、体外から取り入れなければならない栄養素等について触れると共に、近年急速に研究開発が進められている機能性食品についても言及する。 最後に、日本の精進料理の源流でもあるインドのヨガ食について述べる (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)*-9

      テーマ:
  • 04 Feb
    • さんまのお煮付と中華風ツナ野菜炒め

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 さんまのお煮付はいつもながら人気の定番です。味付けがちょうどよく、さんまも脂がのって柔らかくてとてもおいしかったです 中華風ツナ野菜いためはとても優しいお味でぱくぱくと食がすすみました。これは野菜やキノコがたっぷりいただけます。 頂きものの手作りカブの酢の物はいくらでも食べれるかんじで、昨日同様生野菜サラダといっしょにいただくとドレッシングも節約できておいしかったです。 大根とこんにゃくの煮物は、あっさりとした味付けにホッと一息つける一品です。とてもおいしかったです。 きゅうりと人参の酢の物はちりめんじゃことごまがいっぱい入って栄養バランスと整えてくれました。 じゃがいものお味噌汁でのどを潤しながら、ごはんはキムチと一緒にいただきました とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・さんまのお煮付・中華風ツナ野菜炒め・手作りカブの酢の物・きゅうりと人参の酢の物・大根とこんにゃくの煮物・じゃがいものお味噌汁・野菜サラダ・五穀米(キムチ) ★ヨギーニのひとこときょうはさんまをいただきましたが、さんまにはビタミンB12が他の魚よりも3倍くらいとっても多く含まれているそうです。 そのビタミンB12ってどんなはたらいをするのかというと、造血作用。 赤血球を脊髄でつくる大切なはたらきをしてくれるんですね。きょうは赤血球が増えたような気がします。よかったあ ◆川上光正先生ひとくちメモかつての日本の伝統的な食生活は「人類の理想食」と称されるほど、栄養バランスの優れたものであった。 しかし、現在の日本では、食生活の欧米化が進み、脂質摂取量の増加、炭水化物摂取量の減少などが年々顕著になり、肥満や糖尿病などの生活習慣病の増加が問題となっている。 残念ながら、かつて絶賛された「日本型食生活」は崩壊しつつあるというのが実状である。 (『ヨガ健康学論』川上光正著書より)

      テーマ:
  • 03 Feb
    • ぶりのガーリック風竜田焼きとお好み焼き

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 本日はぶりの竜田焼きでした。揚げてないので焼きです。身が柔らかくガーリックと塩の加減んが絶妙でとてもおいしかったです お好み焼きは山芋とねぎのキャベツでヘルシーなものでしたが、生地がフワフワもちもちしていてソースとマヨネーズでいただきました。 とてもおいしかったです。 手作りのカブの酢の物が届きました。愛情たっぷりで一緒にいただきました。 小松菜のお浸しはわさびがほんのり効いて味がしまっていました。 昆布と人参の煮物は昆布が柔らかく、優しい味付けだったのでサクサクといただきました。 生野菜サラダそして卵としめじのお味噌汁もおいしかったです。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・ぶりのガーリック風味竜田焼き・山芋の野菜たっぷりお好み焼き・カブの酢の物・小松菜とわさびのお浸し・昆布と人参の煮物・野菜サラダ・卵としめじのお味噌汁・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモ 近年、日本でも食生活の乱れに起因する生活習慣病の増加や「食」と子どもの問題行動との関連性などが指摘されている。 私たちが健康生活を続げていくには、自らが「食」についての正しい知識を持ち、判断する能力を身につけることが必須の条件となってきている (『ヨガ健康学論』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 30 Jan
    • カレイ魚の煮つけと中華風鶏甘酢ソテー

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 カレイ魚はやわらかくとてもおいしかったです。中華風鶏甘酢ソテーは酢豚の鶏肉版といった感じで食べやすかったです。根野菜の煮物は程よくしっかり味がついていました。こんにゃくもとてもおいしくいただきました。れんこんはボリュームがあり、ホクホクを歯ごたえがたまりませんでした。生野菜サラダをたっぷりいただきました。玉ねぎの味噌汁ですっきりおいしかったです とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・カレイ魚の煮つけ・中華風鶏甘酢ソテー・根野菜の煮物・野菜サラダ・玉ねぎの味噌汁・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモ大切なのは目標を達成することでなく、それに到達しようと力を尽くす過程にある。そのためにも、志は大きいほうがいい (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 29 Jan
    • 天然ぶりの味噌漬け

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 肉厚の天然ぶり味噌漬けはすこりピリッとしていてとても食べごたえのある一品でおいしかったです。大きなししゃも2匹もいただきました。カルシウムを補給できました。もやしのお浸しはやさしい味と風味でのどをスルスルと通りぬけていきました。山芋とほうれん草とにんじんの酢の物はさっぱり頂きました。じゃがいもの甘辛煮はやわらかいお芋ととろける玉ねぎがおいしさの調和を保っていました とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・天然ぶり味噌漬け・もやしのお浸し・ししゃも・山芋ホウレソウの酢の物・じゃがいもの甘辛煮物・野菜サラダ・大根のお味噌汁・五穀米・めかぶ ◆川上光正先生ひとくちメモ目標や志は、それを果たそうと自覚し意識するプロセスが大切で、その人の“人格”“人間性”を磨くのである。それらが叶えられれば、実は、最初の目標が達成されなくとも、その人の人生は成功だったのである (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 天然さわらの南蛮漬け

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 南蛮漬けはとにかくフタッフ全員大好きです。天然さわらの南蛮漬けも「いくらでも食べれるね」と好評でした。甘酢が食を進めますね。きのことツナの野菜炒めはしめじやイリンギとパプリカをツナ風味であえてとても美味しかったです。ひじきのお浸しはやさしいお味で癒されました。もやしとほうれん草のお浸しは食物繊維が豊富でとてもおいしかったです。生野菜サラダで今日も一腸が元気になりました。大根のお味噌汁と五穀米は海苔、納豆、キムチでいただきました。おかわりしたかったけど腹八分がよいのでやめておきました とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・天然さわらの南蛮漬け・きのことツナの野菜炒め・ひじきのお浸し・もやしとほうれん草のお浸し・野菜サラダ・大根のお味噌汁・五穀米(海苔、納豆、キムチ) ◆川上光正先生ひとくちメモ札幌農学校で内村鑑三、新渡戸稲造といった偉大な教育者を育てたクラーク博士の、「少年よ、大志を抱け」は、あまりに有名な言葉だが、人生を生き抜くうえで志を立て、目標を持つことは極めて大事なことだ。それも、若いうちに高次な目標を設定することを私はすすめる (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 27 Jan
    • 天然サバの煮付

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 天然サバはとても大きく煮付の味は甘辛くておいしかったです。ニラの卵とじも昔懐かしく、幼い頃ニラを畑に取りに行ったことを思い出しました。お料理は潜在意識を引出ますね。生野菜は彩がよく、ワカメときゅうりの酢の物と合わせていただくと、ドレッシングがいらなかったです。高野豆腐のやさしい味付けと歯ごたえに癒されました。もやしのお味噌汁でタンパク質もたっぷりです とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・天然サバの煮付け・ニラの卵とじ・ワカメときゅうりの酢の物・高野豆腐のお浸し・野菜サラダ・もやしのお味噌汁・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモつねに、「まだまだだ。この程度のことで満足するな。最終目標までの道のりは長い」と自分を高次な目標、大きな志に向けて鼓舞してきた (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 24 Jan
    • ふぐ牡蠣鍋

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 今日はさすがに寒かった…やっぱり寒い時は鍋ですね鍋は、ふぐ、牡蠣、ブリ、豆腐、野菜きのこいっぱい入って寒さをしのげておいしかったです。サラダは生野菜にレンコンをブラックペッパーで軽く炒めてこげめがついているところがサラダと絶妙なバランスでおいしかったです。大根とにんじんの酢の物もたっぷりいただきました とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・ふぐ牡蠣鍋・大根とにんじんのゆず風味酢の物・焼きレンコンと野菜サラダ・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモハタヨガによるアーサナを実践し、自らの身体を鍛錬すると不思議と意識や考え方に変化が現れる。それは観念ではなく実感である。自己を見つめる楽しさを味わい、自己を見失うイライラや他人への嫉妬、憎しみが消えていく (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      1
      テーマ:
  • 23 Jan
    • あじの煮つけとラタトゥイユ

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 天然あじの煮つけはさかながとても大きくボリュームがあって食べごたえがありました。ラタトゥイユは野菜の素材があたらしくとホクホクとおいしいじゃがいもにとろけた野菜たちがまとわりついてとてもおいしかったです。もずくとえのきの酢の物もさっぱりのどごしよくスルっと通っていきました。小松菜の粉チーズ入りお浸しもまろやかで食べやすかったです。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・天然あじの煮つけ・ラタトゥイユ・もずくとえのきの酢の物・小松菜のお浸し・野菜サラダ・豆腐の御汁・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモショーペンハウアーはウパニシャッド哲学の影響を強く受け、『ウパニシャッド』のラテン語訳『ウプネカット』を読んでいたく感動し、「地上にありうる最も有益な書」と絶賛したことはあまりに有名である (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:
  • 22 Jan
    • 鮭の焼魚と餅入り湯豆腐

      川上光正先生の著書「ヨガ葉根菜食メニュー」からヒントをいただいたメニューです。 天然鮭の焼き魚は肉厚でとてもおいしかったです。とろけそうな絹ごし湯豆腐にもちが入ってポン酢でいただきました。身体の芯まであったまりました。きんぴらごぼうはピリッと唐辛子がきいて甘辛くシャキシャキといただきました。もやしのお浸しでタンパク質を補給できました。好評の中華風きゅうりピリ辛酢の物は生野菜サラダといっしょにドレッシングとしていただいてもおいしい一品です。 とてもおいしかったです 【本日のメニュー】・天然鮭の焼魚・餅入り湯豆腐・きんぴらごぼう・もやしのお浸し・中華風きゅうりの酢の物・野菜サラダ・玉ねぎのお吸い物・五穀米 ◆川上光正先生ひとくちメモ時代を読み、動向を知ることは大切だが、まず私は「心を滅し自己の内面を見つめてみては」と言いたい。そして「己の魂の存在や因果律・カルマを知らなくてはならない」と言いたい (『リーダーの精神哲学』川上光正著書より抜粋)

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。