yoga space ARATI

ヨガ・スペース・アラティ


テーマ:
http://s.ameblo.jp/teru-nao-mama-1422/entry-12161035460.html

6月30日(木)、岡田助産院さんで、今年も歯の講座、行います!

前回たくさんのママとベビーにご参加いただき、好評でした!

早めのお申し込みをおすすめします!

私も次男と参加予定です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
長男出産後一年間で、私のFacebookに一番登場したワードは、「おっぱい」でした

それほどおっぱいに悩まされた長男の産後。
今回参考にさせてもらった産婦人科医さんのブログには、「おっぱいという魔物に取りつかれた」とあったけど、まさにそんな感じでした。

今回もおっぱいネタかい、という感じですが、この対策が誰かの役に立てばいいなーと思って書いてます。

私の場合、最大の悩みは母乳過多
でない人には羨ましい?いやいや、大変なんですよ。
一人目のとき、産後三日目くらいからおっぱいがパンパンにメロン大に腫れ、しかもこぶし大の石が5つくらい入ってるようにゴツゴツ。痛くて痛くて。
腕は上がらない、寝転ぶのも起きるのもしんどい。歩くのもしんどい。
痛い。痛い。
病院でも、「あー、乳腺炎なりそうやねー。食事気を付けて」「冷やすしかないから」と半ば脅され、毎日ビクビクしながら脇に保冷剤を挟む日々。
退院後、テレビではグルメ番組ばかりやってるのに、私は修行僧のような食生活で、甘いものゼロ。油ものゼロ。乳製品ゼロ。

詰まりに効くという、決しておいしくないこぼうし茶を飲みまくり。
これだけ母乳神話が浸透しているけれど、ミルクで育児しているお母さんの話を聞いて、羨ましく思ったことも。

しかも散々食事に気を付けてるのに、ある日体がだるくなり、40℃の発熱、おっぱいにしこりができて真っ赤に腫れ、、、ということ数回。
幸い出張母乳マッサージの助産師さんに出会えたからよかったけど、
慣れない子育ても相まって、ストレスはマックス。
「出産、子育てって楽しいはずじゃないの?」と泣きそうでした。

日記を遡ると、二ヶ月で三回ほど発熱。母乳マッサージは数知れず。

ただ、それも産後五ヶ月くらいには落ち着いて、旅行で色々食べれてたけど、気分的には一年くらい悩んだ感じ。
5カ月過ぎても、日記の端々に、「○○食べたけど、おっぱい大丈夫だった」とのフレーズが。

食事制限で身体は痩せるけど、おっぱいだけ大きくて、なに着ても窮屈だし、滑稽だし。

もうこんなこと繰り返したくない!

こうなったら気合で乗り切ろう!と決心した今回。。。

しかししかし、産後すぐ、「大丈夫やん♪」と思ったものの、
三日目でおっぱいパンパン(・・;)
そうか、パンパンになるのは初日じゃなかった…。

でも産院の食事は豪華フランス料理やデザート、おやつまで。。。
食べるべきか、食べないべきか。。。
気持ちの問題?今は楽しんで、退院したら修行僧生活か。。。?

色々気持ちが揺れる中、色々調べました

今回気づいたこと。
実は前回は、「乳腺炎」というキーワードは知ってたけど、「母乳過多」と言うのは知りませんでした。

乳腺炎、だと食生活のことばかりが出てくるけど、母乳過多だと、また違った情報が出てきます。
母乳過多、結構悩んでいるお母さん、いるんですね。
周りで聞かないから、レアケースと思ってました。

さて、今回参考にさせてもらったのはこの二つのブログ。

http://smilehug.exblog.jp/17572201
↑産婦人科医の宋美玄さんのブログからみつけました。宋先生は、私の中高の同級生のお姉さん。私の姉の同級生でもあります。
ご自身の子育てブログの中で、「乳腺炎と食生活は関係ない!私はならなかった」とかいていたのを以前見て、「そういう体質でしょ、ならない人にはわかんないよ」と思ったことがありましたが、その根拠としてあった戸田先生のこのブログがめっちゃ参考になりました。

http://rikei-ikuji.com/?p=7689

「一回の授乳で左右両方」と言う常識?をくつがえしてくれます。

そこで、私が至った結論がこちらです

①乳腺炎の最大の原因は心身のストレス!!
体は休ませ、おっぱいは働かせる

名言だ!!

考えたら、前回は調子に乗って?産後動きまくり、睡眠もあまりとらず、外出もすぐしてた。産後二週間で初詣いったなー。
寝不足からひどいめまいに襲われたことも。

産前に縫った布おむつもがんばってたけど、新生児ってめっちゃおしっこするから、着替えも頻繁、洗濯量もすごかった。しかも、新生児、大人の服、おむつ、と三回に分けて洗濯してたし。

夫の帰りを待ってお風呂入れて、自分の食事が夜中になって、それって体に良くないし、といつもイライラしてたかも。
注)うちの夫はかなりのイクメン、家事もちゃかちゃかこなしてくれます。

イラッとくると、おっぱいが、「ピキッ」って張るのがわかるんです。
あっという間にパキパキ、って固まっていく。詰まって、張る。
ケーキや焼き肉ではそんな瞬間的にならないよね?

ということで、今回は、退院後、夫と母親に甘えて、毎日ゴロゴロ、のんびりしてます。
今月いっぱいくらいはそうさせてもらいたいなー。
スマホこそ触るけど、PCは産後10日目の今日、産後初めて触りました。

ときどき荒れる長男に対しても、家事のやり方が違っていらっとしてしまう母や夫に対しても、「ストレスはNG」と思って気にしないようにしてるから、精神的にもいい感じ。

②授乳姿勢

2つのブログに共通してるのが、これ。

普通、授乳クッションの上に赤ちゃん乗せて、頭押さえておっぱいの方向けて、開けた口に乳頭を押し込んで、ってしますよね?
産院でもそう言われたし。

でもそうすると、体と頭が捻れるみたい。
そうすると飲みが浅かったり、飲みきれなかったりして、トラブルに。

確かに初日ですでに切れて、痛くて痛くて。

そこで抱きかたをブログにあるように改善してみると、飲む量が増えたような気がする。
姿勢変えてから、吸い始めに顔をしかめるほどだった乳頭の痛みも、嘘みたいに軽減されてきました!!
※一つ目のブログに図入りで詳しく乗っています。


③授乳時間

確かに、授乳間隔が空くことが乳腺炎につながるんだけど、
前回は「三時間あけないように」というアドバイスのもと、夜中も携帯で二時間半おきにタイマーつけて、寝てる子を起こし、授乳してました。
飲みたくないのに飲ませる、出る量が多い、ってことで、飲んだあとは大量に吐き戻し、自分と子供の服から布団から全部変えて…。
もちろんこれ、めっちゃストレスでした

今は、多少張っても、本人が欲しがったらにしてます。
張りすぎたら起こすけど(笑)。

今のところ、寝る前11時ごろ、夜中2時、4時、明け方6時、といったペース。
あれ?2時間おき?(笑)。
何回も起きるってしんどいけど、「泣いたらおきよ~」と、「さあ、3時間したら起きないと」では、全然気分が違うんです。

そして、一回の授乳で左右両方あげようとすると、量が多いからどうしても両方にお乳が残ってしまいます。

上記2つめのブログに紹介されてるように、三時間は片方だけを徹底してあげる、ということをすると、そっちが軽くなってすっきり。

逆の方は三時間以上あいてしまうけど、あまり気にせずに。

最初は、逆が張ってしまったけど、徐々にバランスが取れてきた気がします。

④授乳中のスマホ

夜中の授乳が頻繁、その後は眠るまで1時間沿い乳ということもざらだったので、いつしか寝るときもスマホが手放せなくなってました
でも長男が寝る前に添い乳ではなく絵本になってからは、寝るときにスマホは近くに置かないように。

授乳中にスマホがないと、赤ちゃんの様子はもちろん、おっぱいの様子もチェックできるんですね。

しこってるところがあれば、手でぎゅーって押さえながら飲ませてると、段々腺が通ってすっきり!
乳腺炎を予防できます。
昨日もジンジン痛くなってきて、「やばいなぁ」というところがあったのですが、2日くらいかけてすっきりさせました!なぜか達成感(笑)。

⑤食事制限

前回悩まされた食生活
制限してるストレスは相当なものでした
しかも、それでも乳腺炎なるし。

今回は、「気持ちの問題」「ストレスためないのがベスト」と、制限してません!

上記ブログみて、なるほどー、と。

もちろんケーキ三昧で食事抜きとか、洋食ばっかりとかもしてません。
美味しいのは、母親の和食♥

でも、NGと言われるケーキや甘いもの、ちょこちょこ食べてます。
夫に「大丈夫かも」と言ったら、4つも一気に買ってきました…。
「それ、極端やろー」と思いつつ、2日かけて2個食べたけど、大丈夫だった

から揚げ、てんぷら、炒め物も適度に。
気にしすぎない。それがベスト。

⑥軟膏とラップ

切れたときの黄金コンビ

産院には、ランシノーとラップ、おいてありました。
傷口がパッドにくっついて、剥がすときの傷み軽減にもなる。

最初何回か使ったけど、上記読んで、やーめた。

あげてないほうのお乳から漏れてきて、ラップの中でぐちゃぐちゃになってるから確かに細菌とか心配だし。

それより、姿勢を改善したら、なにもしてなくても段々治ってきました。

あ、母乳パッドは、前回市販の使い捨てのものだとすれて痛くて、購入した手作りの洗える布パッドを継続して使用中。調子が良くなったら使い捨てでもいけそうです。

⑦冷やす

最初はガチガチで熱くなってたので、脇をガーゼに包んだ保冷剤で冷やして、それが気持ちよかったけど、

昨日しこってたところが、冷やしてるとこの近くで、あれ?と。
冷やしてるのが逆効果?と思ってやめてみた。
今のところ支障はありません。

産後10日たって落ち着いてきたからかな?

ちなみに前回はキャベツ湿布とかしてました。
じゃがいも湿布は未経験ですが、それ作ってる暇あったら寝たほうが??
これもストレスです。

⑧ブラジャー

前回、揺れると痛いし、大きくなりすぎたおっぱいがキャミだけだと支えれないと朝晩問わずブラしてました。
今は、季節がら、ブラ+授乳対応キャミ+シャツやTシャツ。
で、ブラとキャミ両方を脇に避けるとき、脇にダブルで力がかかってしまう。
大きさも収まってきたし、夜はキャミだけにしてみました。

⑨お茶

前回はせっせと飲んでたゴボウシ茶
おいしくないんよねー。

で、今回調べてみつけたのが、母乳の生産を抑制するハーブを使ったお茶。

卒乳ブレンド、という、卒乳時に使うけど、母乳過多にも良いというお茶を1日一杯だけ飲み始めて5日ほど。
ベビーがしっかり飲めるようななってきたって言うのもあるだろうけど、かなりおっぱい、落ち着いてます。

「たくさん出てるのにもったいない」という意見もあるかもしれないけど、出すぎると、残りの方にある栄養を飲めないという問題もあるみたい。

それに、月齢が進んでも、授乳のために片時も離れられないというのは精神的にも辛いんです。

目指すは、三ヶ月位したら、1日一回くらいはミルクにしてもおっぱいがOKになるくらい(笑)。
今は長男のお風呂に行ってる間に次男が泣き出し、おっぱい欲しがるので、夫が「かわいそうだからミルクあげたいー」と嘆いてるんです。

あとは、詰まらさないミルクスルー、母乳を抑制する母乳抑制ブレンド、というのも頼んでます。
もう落ち着いてきたからいらなかったかもしれないけど、一応万が一のときのために。

母乳トラブルは、藁にも縋る、なんですよ。。。あの辛さをもう体験したくないから、効くと聞けばついつい買ってしまう。

⑩玄米

おまけです。
以前ブログにも書いてますが、1年半ほど前からかな?「あすなろ米」という、無農薬の若い緑色の玄米ご飯を重宝しています。
ビタミンなんかも豊富で、夫婦で玄米オンリーのダイエットも2週間しました。

通常、消化の悪い玄米は母乳に良くないというけれど、このお米は全然大丈夫。
産前も毎日食べてたし、今も食べてます。
今のところ、子供に湿疹とかもできてません。

いけないのは、いわゆる茶色い玄米かな?

いや、ケーキや焼き肉同様、「おっぱいに良くない」と言われるけど、一部神話、みたいな話?
よくわかんないけど。

このお米はおいしいし、体にもよく感じるので、気にせず続けるつもりです。


さて、そんな感じで産後10日間過ごしてきました。
上記10項目は、私に役立った方法なので、母乳過多のママ全員に役立つとは思わないけど、ち
ょっとでも同じようにつらい思いをしているお母さんたちが楽になったらいいな。

ちなみに、これだけ色々しても、おっぱいはしっかり張って、出ていて、出すぎて、飲みながら毎回むせています。新生児は1日30g増えれば多い方みたいですが、60gペースで増えてます(笑)。長男もそうだったなぁ。
なので、抑制しすぎて出なくなった!!という問題はなさそうです。

これからどうなるかわかりませんが?
しばらくはゆっくり過ごさせてもらいます。

母乳育児中のお母さんたち、大変だけど一緒に頑張りましょうね!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!すっかり御無沙汰している間に季節が夏に変わってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、私は予定日から2日過ぎた5月6日、無事次男を出産いたしました。

長男が予定日5日前に生まれたので、てっきり次も早いと思い、予定日2週間前に産休に入り、夫の職場に行かない宣言。

家の掃除や洗濯、新生児の用意、
前回外出先で破水だったので、今回も破水したら、と息子との遠出も避けて、GWも一人お留守番。

でも全く生まれてくる気配もなく、段々することもなくなり、、、
飽きて予定日翌日には長男とワールド牧場にいき、そのあと商店街を2往復ほど。

そしたら翌日、陣痛→検診→一旦帰されるも、間隔短くなり再度受診→「帰ってもいいけど?」と言われるも入院希望し、その数時間後に生まれてきました

入院は三泊だけだったけど、家に帰ってからも母と夫があれこれやってくれるので、なんとか過ごせています。

前回は切開云々でしばらく歩くのも座るのも大変だったし、母乳過多で腕も上がらずしんどい思いしたので、今回は色々用心しています。

その1
無痛分娩。
前回、私としてはかなり辛かったので、ずっと「次は無痛!そうでなければ産まない!」と思ってました。
今回、ギリギリ効くか効かないか、というタイミングだったけど、無事効いて、前回より楽で、楽しめたお産になりました。
切開も最小限、そのため回復も早かったです。
ヨガしてると安産とかいうけど、結局は体質だと思います。なーんにも運動も食生活もきにしてなくても、早い人は早い!難産の人は難産。妊娠中の体調管理や呼吸法は絶対役に立ちます。

その2
おっぱい対策。
前回母乳過多、乳腺炎で大変な思いをしたので、今回色々調べてみました。
長くなりそうなので、別ブログで。
長男産後の日記を見ると、二ヶ月で三回ほど乳腺炎になり、40℃近い熱出してました。

こういった戦略?のおかげで、今回の産後はちょっと楽かな、と期待しています。


さて、長男は、待望の誕生に嬉しくて嬉しくて、抱っこするわ、触るわ、寝言で次男の名前呼ぶわ、授乳のときに目が覚めると頭ナデナデしてから寝るわ、お兄ちゃんぶり発揮してます。
「ママといく!」とごねるときもあるけど、やきもちが次男に向けられることはありません。

↑写真撮るのにピースさせよとしてる図。

しばらくはヨガネタからは遠ざかりそうですが、また更新しますね~。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。