クラウドファンディングって、素晴らしいと思う。

 

友達の夢を少額ずつでも応援できる。直接知らなくても、私の場合、友達のそのまた友達くらいまでなら、十分あり得るな、って思った。

 

友達の友達はみな友達だ。

って、なんて名言なんだ!

今更ながら思われて。さすがタモリさん。

 

 

じゃあさ、

友達の友達までOKなら、友達の友達の友達でもOKかもね。

 

じゃあ、すっとばせば、ずっと先までOK、かもしれないなあ。

 

自分でも意外だけど、そう感じた。

自分の枠が広がった気がして嬉しかった。

 

だから、リブログしています。

 

NYの名物ガールシェフ、たまちゃんは、料理の腕もすごいし、ファーマーズマーケットツアーをやったり、レイキマスターだったり、スーパーガールです。

 

愛情深く且つサッパリした潔い人柄で、仕事ぶりも生き方も大好きな友達です。

 

そのご主人が自分の店を持つという長年の夢を今実現させようとしている。(写真はビヨーンのシュトーレン。味わい深い感動の味。)

 

それはある意味、たまちゃん夫婦の夢でもあることが、彼女のブログから、 熱く伝わって来て、感動しました。

 

10ドルからでも、彼らの夢に乗っかれるなんて、クラウドファンディング万歳! 世の中がやっぱり良くなってるなって思える理由の一つ。

 

こんなお店が世の中に増えるといいなと思います。お店のオーナーたちだけでなく、サポーターたちの愛も詰まってますからね。

本当に楽しみ。

 

こんなお店、近くだったら毎日行っちゃうな。

 

一枚板を贅沢に使ったテーブルに座れて
美味しくて
ファーマーズマーケットから仕入れたいい材料で
こだわりと愛情てんこ盛りの職人仕事

 

たまちゃんのスープとか味噌とかも買えたりして。

きっといい店になる!!!

AD