子どもと一緒に今を楽しむすっちゃんです音譜

 

高校入試説明会に行ったら、大学も見せてあげたくなって、

 

長男と東京大学の見学に行ってきました。

 

私は東大出ではないけれど、

 

・うちから電車で乗り換えなしで30分で行ける。

 

・せっかくだから、日本最高峰の大学を見せたい。

 

というわけで、東大へ。

 

ちょうど卒業式をしていました。

 

はじめて「アカデミックガウン」を着ている男性を見ました!!

 

アメリカのドラマや映画で見る、黒い四角い帽子にガウンのアレです。

 

かっこいいアップ

 

 

安田講堂も卒業生と親御さんでいっぱい。

 

そんな中、あたかも東大を卒業した人のように、

 

「ここが有名な赤門で、」

 

「ここが工学部で、」

 

と得意げに説明して回る私。

 

私は大学見学好きで、学生時代も他大学の見学に行っていたのです。

小学校のころ、黒柳徹子さんの「窓ぎわのトットちゃん」を読んで、トモエ学園に憧れた私。

 

私の中では、『大学』はトモエ学園のようなイメージ。

 

”自分の好きなことを学ぶために行くところ”

 

一般教養もあるけどね。

 

大学に行くかどうかは本人次第だけれど、

 

中学は高校に入るためだけのところじゃない。

 

その先にいろいろな道があるんだよと教えてあげることが、

 

子どもの世界を広げる。

 

そう思っています。

 

 

私  「あなたが東大に入って、卒業式するときには、

   お母さんも着物着るわ~」

 

長男「10年後だね。」

 

私  「10年先か~。」

 

そんな会話をしながら、学食でお昼を食べて、

 

東大のシャーペンを買って、楽しんできました音譜

 

AD

子どもと一緒に今を楽しむすっちゃんです音譜

 

小学校を卒業したばかりだけれど、

 

進研ゼミの公立高校 入試説明会に行ってきました。

 

市内で開催していたので、長男と一緒に。

 

私は千葉県の高校だったので、埼玉県の高校を知らない。

 

どんなとこが、どんなレベルなのか知りたいな~。

 

案内に、新一年生親子も20%参加とあったので、

 

ちょっと早い気もするけれど、行ってみることにしたのです。

 

 

行ってみたら、定員600名が満席。

 

しかもこの日は、3回開催。

 

ほかの回も満席だったとしたら、1800人!?

 

ベネッセ、素晴らしい集客力!!

 

話もわかりやすく、こちらの気になるところを説明してくれました。

 

 

私が聞いてよかったのは、

 

高校によって、入試で何を重視するかが違うと知ったこと。

 

学力検査と調査書(いわゆる内申点)の比重。

 

内申点も学習の記録(つまり成績書)と活動記録(つまり部活)の比重。

 

成績も学年ごとの比重。

 

それぞれ、学校ごとに異なる。

 

だから、行きたい高校の傾向に合わせて準備したほうが有利。

 

(まあ、優秀なら気にしなくていいけど)

 

できれば、行きたい学校の情報は早めに得ておきたい。

 

 

最近は、考えられる人を育てる時代のようで、

 

記述式の問題が増えている。

 

自分の言葉で書くトレーニングが大事。

 

私の時代は、マークシートが増えた時代だったけど。

 

なので勉強アドバイスも

 

「日々、どう思ったか聞いて下さい。

 

今日帰ったら、この説明会を聞いてどう思ったか聞いて下さい。」

 

とのこと。で、長男に聞いてみたところ、

 

「志望校は早く決めたほうが良さそうだね。」

 

との答え。

 

おお~、ちゃんと聞いているね合格

 

 

高校入試なんて、まだ先と思ってたけど、今からで3年。

 

まだ親も子もぼんやり先のことを考えられるこの時期に、

 

行ってよかったかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

子どもと一緒に今を楽しむすっちゃんです音譜

 

今週は、長男の小学校卒業式でした。

 

6年前と今。

ランドセルの大きさが違うみたい。

 

 

卒業式の来賓祝辞で、

 

「6年前、自分の名前を書くこともおぼつかなかったのに、

 

こんな立派に成長した皆さんですから、

 

安心して中学校に来て大丈夫です。」

 

という女性中学校長の言葉が、

 

私の心に響きました。

 

 

本当にできることが増えた。

 

名前はもちろん、運動においては多くのことで

 

私よりできるようになっている。

 

勉強も、そういえば昔やったなレベルになり、

 

夕飯の支度をしながら、片手間には教えられなくなったあせる

 

 

いつになっても、親は子どもの心配をするのでしょう。

 

でも、子どもは立派に成長するから、

 

中学生になっても(その先もずっと)大丈夫ですよ。

 

という私へのメッセージとも受け取れました。

 

どんな成長を見せてくれるのか、楽しみです音譜

 

 

 

 

 

AD

子供と一緒に今を楽しむすっちゃんです音譜

 

土曜は次男の保育園の修了式でした。

 

今の保育園には、3年間お世話になりました。

 

入所の申し込みにはじまり、慣らし保育、転園、毎日の送迎。

 

修了証書を手にする次男を見ながら、

 

本当に次男も私もよく頑張ってきたなとウルウルしました。

 

保育園転園までの道のり」に書いたように、

 

長男も転園経験があり、2度目だったけれど、

 

私には転園がきつかったな。

 

夫や長男、両親や義両親、保育士さん、友達、上司、同僚など、

 

たくさんの人たちに支えてもらいました。

 

それも今となっては、懐かしい思い出。

 

 

考えてみたら、次男は保育園から呼び出された記憶がない。

 

1歳のときから、一度も呼び出されたことがないかも!?

 

そうやって私が外で働くことを応援してくれていたのでしょう。

 

 

仕事を持ち、子どもを育てる。

 

両方するって大変だと思っていた。

 

それは私がやりたくて選んでいる道。

 

子どもたちに支えられながら、私は毎日を送っている。

 

ありがとうラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

最高に幸せな出来事♡

テーマ:

子供と一緒に今を楽しむすっちゃんです音譜

 

今シーズンスキー滑り納めの話を書きましたが、

 

私にとって、とても幸せな出来事があったのですラブラブラブラブラブラブ

 

小6の長男と2人でナイターをしているときのこと。

 

 

2人でリフトに乗っているときに、

 

「お母さん、将来、誕生日の前後2カ月は、

雪山にこもって、スキーしながら過ごすわ。」

 

と将来の夢を話しました。

 

ちなみに私の誕生日は2月23日なので、

 

12月23日から4月23日は雪山暮らしということです。

 

すると、長男がこう言ってくれたのです!!

 

「じゃあ、将来僕が、この辺に別荘を買ってあげるよ。」

 

その言葉で私は最高に幸せですラブラブ

 

この話を夫にしたら、

 

「じゃあ、兄弟みんながそうしてくれたら、3つも別荘持てるねアップ

 

と、さらに前向きな夢を膨らませていました。

 

 

12歳の長男がそう言ってくれるとは!!

 

私の子育て、今のところ上出来なんじゃな~~い!?

 

 

今までを振り返ってみると、

 

親として、やってほしいと思うことも

 

子ども自身がやりたいのか聴くように心掛けてきた。

 

やりたいと言われても、いろんな事情でやれないこともあったけど、

 

子どもを尊重し、子どもがやりたいことのために、

 

できることをするという姿勢で関わってきた。

 

そんな私たちの思いが伝わったのかな。

 

これからも、子どもたちとそんな関わりをしていきたい。