ゆ~ったりYOGAトゥルシー

ゆ~ったりYOGAトゥルシー/Relax yoga教室のブログ

NEW !
テーマ:

周りは、ハクサンイチゲのお花畑になっていました



一面に広がっていますきゃー、すごい(●^o^●)



イワカガミ



美しい、ハクサンイチゲ
ちょっとピークは過ぎている感じ。来週だったら終わっているかも。今日見れて良かった



木道の両脇がハクサンイチゲのお花畑。それがずっと続いています



これはすごい 晴れていたら、どんなにか素敵だったでしょう



そして、ハクサンコザクラ 寒さでお花が開いていません。


ハクサンコザクラもいっぱい咲いていました



こちらもお花が開いていません。黄色いお花は見分けがつかずいつも名前がわかりません(^^ゞ



間違いなく、今の主役はハクサンイチゲ


きれい~



なんとか開いているハクサンコザクラを発見(^^ゞ



チングルマ。これはもう終わりのよう。



ハクサンイチゲとハクサンコザクラのお花畑を見ながら、途中まで行き、引き返します。
一瞬先は霧の中。木道やロープが張られていて道が整備されてますけど、それがなかったら、道に迷っちゃう。



平標山に戻ってきました。ここでお昼ごはん



ご飯を食べていると、急に明るくなってきて、天気が良くなってきました。
これは天気が回復するかも
しかし、景色が見えることはありませんでした
ここでバスの時間を見ると、コースタイムを30分縮めると早いバスに乗れます。
その次は2時間後になってしまう。
30分巻いて早いバスに乗ることにしました。
下山は、平元新道で下ります。
さぁ、出発



真っ白な中、階段が続く道をひたすら下ります。


この道も、ウラジロヨウラクとベニサラサドウダンがたくさんありました



慎重に且つ急ぎ目で下りていきます。平標山の家を通過。



ブナの道になりました



とってもきれいな道です



ブナの木がたくさんあって、平標山、いいですね~


陽も差してきました



雨上がり、緑が一層きれいです



平元新道入口到着。



ここから平坦な林道歩き。


緑がきれいな道~



あら~、青空が。こんなに天気が良くなっちゃった(゜o゜)



この林道が長かった
ずいぶん早く下りて30分は巻いたつもりなのに、なかなか着かない
途中走りました


水場がありました。飲んでみると、冷たくて美味しかった


あとで気づきましたが、コースタイムの計算ミスをしていて、30分巻くのではなく、50分巻きでした。
通りで走らないと着かない訳だ(^^ゞ


バス停の道路に着きました~。バス到着10分前に到着。
良かった~、間にあった



バス停付近にたくさんお花が咲いていました






これはルピナス











バスに乗り、越後湯沢駅に戻りました
駅の近くにあった温泉浴場へ。入浴料400円也。



近くにあった定食屋に入りました。ローカル色たっぷりの定食屋さん。
出されたお水が美味しくてびっくり
お代わりを頼むと、普通に水道の蛇口からジャーと水を注いでいました。
水道の水がこんなに美味しいなんて
全くカルキ臭はありません。さらにお代わりを市、3杯も飲みました(^^ゞ



注文したカレーうどん。
お蕎麦屋さんで出てくるような、カレーのつゆではありません。
ゆでうどんにカレーライスのカレーがかかっています(^^ゞ
うどんもカレーも美味しかったです



腹ごしらえもし、東京へ帰ります。
帰りは高速バスを利用。
日差しが暑く、この青空ちょっと遅いよ~



帰りの高速バス、3列シートでした。
隣同志がくっついていません。離れています。完全に一人使用
初めて乗りました、こういうの。
頭の部分にはふっくら枕が付いていて、大きな足置き場があり、前の席との間も十分に広い。
なんて快適なの~ちょっと感動してしまいました(^^ゞ
とても快適に、2時間40分で池袋に着きました


お花の山、平標山。一度行ってみたいと思っていました。
予想外の雨と風で、展望も全くなかったけど、ハクサンイチゲのお花畑は素晴らしかったです
ブナの森もとてもきれいで、平標山、気に入っちゃいました
私より、ちょっと前に出発して、泣く泣く引き返してきた人たち。
雨風が止んで、頂上まで行けた私は本当にラッキーでした。
平標山、また行きたいと思います。
今日も無事下山でき、素晴らしいお花、自然を堪能出来たことに感謝です。


コースタイム:
平標山登山口9:10---送電鉄塔10:00---松手山10:30---平標山11:35---坪庭途中11:55---平標山12:10/30---平標山の家12:50---平元新道入口13:25---平標登山口バス停14:00





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
上越の平標山に行ってきました

行きは上越新幹線を利用
大宮からピューと1時間で越後湯沢に行っちゃうんだから、早いです。
今日の天気は、関東は雨予報なのですが、新潟はマーク。
もっとも、平標山の麓の湯沢町の天気は曇りでしたが、新潟の方の天気は良いのかも
半信半疑で新幹線に乗り込みました。
山は行ってみなきゃわからない

あっという間に越後湯沢に到着。新幹線ってホント早い
越後湯沢は曇っております。雨は降ってませんでした。
バスに乗り、平標山登山口へ向かいます
なんと向かっている途中から雨が降ってきてしまいました
それも結構降っています。
あ~

平標登山口で下車後、レインウェアを着こみました。
幸い、雨はそんなにひどい雨ではない。とりあえず、行ける所まで行ってみよう。
出発
登りは松手山へ、帰りは平標山の家経由で行きます。



登山口にニッコウキスゲが咲いてました今年初ニッコウキスゲ



他にもお花が咲いていて、さすが、花の平標山。登山口からもうお花がいっぱい



こんな天気が良くない中でも、駐車場には車が多数停まっており、平標山の人気が伺えます。
登山口に到着。ここから山道へ入っていきます。



雨の中、階段が続きます。最初からなかなかの傾斜で、息が上がります



見上げると、緑がきれいで、もやがかかって、神秘的な雰囲気が漂います


大きな木に、大きなほうきの葉。きれい


ヤマツツジが咲いていました
もうピークは過ぎていますが、登山道を彩るようにたくさん咲いていました


下山してる人にすれ違いました。
もう下りてくるんだ、早いと思ったら、何でも上はすごい雨風が強く、途中で引き返してきたそう。
えっそうなの
途中の鉄塔まで行き、しばらく待ったけど回復しないから戻ってきたそう。
あの見える鉄塔か…とりあえずあそこまで行ってみよう。



この道はヤマツツジのオンパレードさすが、お花の山、平標


また下山してくる人に会いました。
この方も引き返してきた方。
「すごい風に、打ち付ける雨。平標山の手前まで行ったけど、悔しいけど引き返した」と仰っていました。
今、ここでは雨が降っていますが、風は全くありません。
上ではそんな風になっているなんて…やっぱり山の天気はわからない。
「今ここは穏やかで、上でそんな風になってるなんて信じられないでしょ気を付けて下さいね。
アドバイスを頂きありがとうございました


登山道も雨で滑るし、結構な傾斜
引き返すにしても、ここを下るのは怖いなという個所もあり、戦々恐々と向かいました。
そして、引き返した方が仰っていた、鉄塔に到着しました。





ゴォ~
不気味な音を立てて、強風が吹き荒れています。
わー、風が強い

でも雨は止んできたみたい。とりえず行けそう前に進みます。


かわいいピンク色のタニウツギ。


樹林帯の中に入ってしまえば、風の影響は免れました。
雨も止んできたし、なんとか大丈夫そう。
最初のピーク、松手山を目指します。
ふと気付くと、周りにブナの木がたくさんありました


大好きなブナの木


緑がとてもきれいです


一瞬視界が開けて、町などの下の景色が見えました
あー、天気が良かったら、最高の眺めなんでしょうけど…
すぐに真っ白な世界に戻ってしまいました


その後も急登が続きます


次第にお花が現れ始めました。ウラジロヨウラク。



これはたくさん咲いていました。形がなんともかわいい


シャクナゲ。



天候が悪く、登りがきつくても、かわいいお花が楽しませてくれます


足元にひっそりとアカモノ。


ベニサラサドウダン。これもいっぱい咲いてました


これもかわいい


標高が上がるにつれ、風が強くなってきました




樹林帯を抜けると、あらー、真っ白それにすごい風
立ってられないほどではありませんが、たまの突風に体もよろめきます。
ここもホントだったら景色の良い所なんだろうなーと思いながら進みました。



松手山に到着。なんとかここまで来れました。
雨は止んでいます。とりあえず、行けるところまで。先に進みます。



この松手山までも来れず、引き返した人がいたんだから、私なんてラッキーな方。


視界はほぼゼロ。今日は展望は全く望めそうにありません。
風は強いですが、雨がないのが救い。


こんな状況の中で、ウラジロヨウラウの可愛さに癒されました


もう森林限界なのか、高い木がありません。


ゴゼンタチバナ



道はなだらかな、笹の草原上の中を進む。


ヨツバシオガマが出てきましたわー、きれい


他にもお花が現れます






ハイマツの花。



階段になります。ここはもろに風を受け、暴風の中登っていきました。
以前、茶臼岳で風速25mを体験しましたが、その時は立ってられないほどでしたが、それよりはまだ歩いて進めるだけましです。
茶臼の暴風を体験したおかげで、この時も意外と冷静でした。
茶臼を体験してなかったら、こんな強い風を体験するのが初めてなので、心折れ、引き返していたでしょう。



きれいなヨツバシオガマが次々に現れます。このお花は今がピークですね



斜面一面にヨツバシオガマすごーい
写真じゃきれいに映ってないけど、実際目にすると、緑にピンクが映えていて、とても綺麗でした



風に耐えながらの、階段が続きます。
ここで会ったソロの女性。平標山までで、仙ノ倉山には行かないと仰っていました。
この風じゃぁね~…とりあえずは、平標山までは行けそう



ツマトリソウ


そして、出てきました、ハクサンイチゲ



斜面のあちこちに咲いています



美しいハクサンイチゲ 



これを見たかった



そして、ヨツバシオガマ



ガスがひどいですが(^^ゞ、ヨツバシオガマがいっぱい



イワカガミもお目見え


そして、ついに、平標山に到着しました 標高1984m。



驚いたことに、あの爆風が止みました。雨も降ってない。
ラッキー
ここから仙ノ倉山に行く予定でしたが、行っても何も見えないので、途中のお花畑の所まで行ってみます。
風が止んでいるうちに、出発します



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
松戸の本土寺にあじさいを見に行ってきました

昨年も来ましたが、あじさいがちょっと見頃過ぎで、パサついていて、もっと瑞々しい時に再訪したいと思っていました。
北小金駅から徒歩10分ほどで、本土寺に到着。参拝料500円を払って中へ。



青空が広がっています今日は暑い



早速、あじさいが咲いておりますよ~


五重塔とあじさい。



ピンク、ブルー、紫、白と色とりどりのあじさいが咲いています


瑞々しい



色がきれい



鮮やかブルー



ガクアジサイも美しい



真ん中のプチプチがきれい




本堂でお参り。



お日様に向かって、元気よく咲いています


みどりにブルーがきれい



あじさい寺と言われる本土寺。すごいあじさいの量


どこもかしこもあじさい



たくさんの人が来ています。



ピンク~紫の色



すごーい(゜o゜)あじさいが向こうまで広がっています


ここもあじさいが広がってる。



ここも~。きれい~





大きいあじさい



カシワバ



あじさいが続く。



ここもあじさいロード。


たわわ~


どこを見てもあじさい








この小径も両脇にあじさい。


これ、かわいい


これは珍しいあじさいだな~



ここは種類も豊富なんですね






美しい、蓮の池の庭園。



蓮の花、きれい~



ハナショウブ園に向かいます。その間もあじさいが溢れてる



光に透けて、きれい



しょうぶ園に到着


あじさい越しにハナショウブ




ハナショウブも5000本ほどあるそうです~。でもだいぶ終わりかけていました。



しょうぶ。今年、そのきれいさに目覚めたお花。



花も大きいし、見応えがあります。



色が美しい



しょうぶも色んな色があって、楽しめます





しょうぶ園の周りにもあじさいがたくさん



あじさいとハナショウブのコラボ



あじさいの数、すごい





すごい


すごい~



あじさいがいっぱーい



こんなにあじさいがあるお寺って他にあるんだろうか・・・と思ってしまいます。



ブルーは爽やか



ピンク、かわいい(*^_^*)


あじさいとしょうぶ園、素敵でした



ここもあじさいロード。



すごいですね



反対側もあじさいがびっしり



長ーく続いております


ブルーのあじさい、きれいです。



人工かな滝がありました。



ここはあじさいだけでなく、紅葉の名所でもあるそうです



あじさいはまだ続く~



きれいな時に見に来れて良かった



一周してきました。



ここもあじさいがすごい






ホント、本土寺のあじさいはすごい~



素晴らしいです


きれいなあじさいをたくさん見れて、大大大満足でした


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

レッスンで、会員さんが雑誌のクロワッサンを下さった。
先月発売号のクロワッサン。

テーマは、
「若い身体をつくるはじめてのヨガ。」

私が以前習っていたヨーガ教室が全面協力しているようで、知っている顔がちらほら出ており、懐かしくも拝見しました。
こうして全国的に有名な雑誌が、ヨーガの特集を組んで紹介して下さるのはとても有難いことと思います
もう、ヨーガの認知度もかなり上がっていると思いますが、また改めて、こうして特集して下さって、ヨーガの魅力が体験談などを通して、わかりやすく書かれており良い内容だと思いました。

これでヨーガに興味をもってくれる方が増えてくれたら嬉しいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
府中の郷土の森博物館に行ってきました

博物館の前にある池にあったもの。



蓮のお花こんなに背の高い、茎の伸びている蓮は初めて見ました(゜o゜)



きれい



ピンクの蓮もありました



美しい



郷土の森博物館に入ります。入園料200円。
あじさいまつりをやっております。



博物館というだけあって、昔の建物が展示。



あじさいがきれいに咲いています。ここには1万株のあじさいがあるんだとか



あじさいマップを見ながら、園内を歩いて回ります



園内の至る所にあじさいのお花


雨もパラパラ降って、みずみずしく、



きれいです
















川が流れていたりと、自然美溢れる園内です


雨も止み、日差しを浴びてきれいです


咲いてない株も多いかな






私の好きなアナベル


真っ白できれい


あじさい咲く道を行く



ここのあじさいは全体的に、紫とブルーが多いかな。




風車とあじさい。


ガクアジサイも結構好き








あじさいがまとまって咲いてるわけではなく、園内に転々と咲いています。


だから歩いて見て回るタイプ。



ピンク、きれいですね~



ハナショウブも咲いていましたが、もう終わりかけ。


このタイプのあじさいもかわいい


きれいな色





やっぱり、紫とブルーが多い。



人工ですが、滝もあり、涼しい





紫のあじさいがいっぱい





お花がいっぱい咲いていると、見応えがありますね


密集



こぼれんばかりにお花を付けています


色も微妙に違くてきれいです


園内は広いので、結構歩きます


わぁ、すごい


あじさいの小径。


広がるあじさい



ここは川など、自然美とマッチする感じであじさいが見れるのが良いです





あじさい以外のお花も。







広い園内、小一時間ほど歩きました。
みずみずしいあじさいを堪能しました


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
梅雨の時期といえば、あじさい
そして、
梅干し作り

今年もその時期がやってきました。
梅干しを水につけて、あく抜き。
その後ホワイトリカーで洗って、18%の塩を入れる。
数日で液が上がってきました。
あとは待つのみ~~

おととしは大丈夫だったのに、
昨年は一気にカビましたそれでも最終的にはおいしい梅干しになりましたけど。
今年はカビずにうまくいきますように。



これは昨年作った梅干し。
時間が立つたびに塩けがまろやかなになり、美味しいです



今年はどんな梅干しになるかな~楽しみ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
西丹沢の畦ヶ丸に行ってきました

西丹沢自然教室から出発です
畦ヶ丸まで4.8km。
下棚、本棚と書いてありますが、滝の名前でそこそこ大きいそう



橋を渡ります。



川の水がうっすらグリーンで、きれい



今日のコースは滝もあるし、沢沿いを歩くので涼しそうで楽しみです



東海道自然歩道だそうで、道もよく整備されていて、道標もしっかりあります



沢沿いの道を歩いていきます。やっぱり涼しい~


こういった滝のようなものがたくさんありました。清涼感たっぷり



新緑がきれいです



今日は曇りの天気予報でしたが、思ったより青空も見えて、暑いです



橋を何度も渡ります。



川の水が透明できれいなこと



ひとたび木々の中に入れば、涼しさが戻ってきます
この蒸し暑い梅雨時期にはもってこいのコース



水量が豊富です。



いくつも現れます。



何度も橋を渡ります。



流れる音が気持ち良い


ずっと沢沿いを歩けるので、まるで渓谷歩きのようです


ホントに水がきれいで、神奈川にこんなに水がきれいな所があるなんて、とびっくりです。


マイナスイオンもたっぷりです



苔むしてていい感じ



ウツギ



わぁ、きれいこんな大きな渓谷とは思ってもみませんでした。



畦ヶ丸、いいですね~


沢から離れて、登っていきます。沢から離れると、暑い



樹林帯の中なので、日差しは遮られて良いのですが、結構汗をかきました


登りが続きます。



善六ノタワに到着。
ここで地図を見ると、本棚、下棚の滝はとっくに過ぎていることに気づきました。
え”-どこにあったのー見たかったのに、残念



ここで少し展望がありました。今回のコースはほぼ展望なし



軽い山だと思っていたのですが、結構登ります。汗タラタラ



ブナの森になりました



一帯、ブナの木ばかり



ヤマツツジが咲いてました



ブナの新緑、きれい~



ブナの森が広がっていて、素敵



ブナの大木



すごい、きのこがいっぱい



ヤマツツジがちらほら。



畦ヶ丸に到着頂上展望なし(^^ゞ



お昼ごはんを食べて、下山します。
避難小屋方面へ。



こちらもブナが美しい



避難小屋に到着。ここにおトイレあり。



中を覗くと、意外ときれいでした



ここにもヤマツツジ



また沢沿いを歩いていきます



ヒルを発見血を吸うと膨れて大きくなるんだとか



きれいな沢に癒されます



入ったら気持ち良さそう


無事、大滝橋に下山。
ここから温泉ぶなの湯に向かいました。 汗を流しさっぱりして帰路に着きました



行ってみたかった畦ヶ丸。
緑と沢がとってもきれいな所でした
展望がないのが残念ですが、この梅雨のジメジメして暑い時期には、涼しくてもってこいのコースでした
山頂一帯のブナの森も良かったです
今日も素敵な自然に感謝


コースタイム:
西丹沢自然教室9:20---善六ノタワ11:00---畦ヶ丸12:00/45---大滝橋15:00





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

開けたところに出ました 景色が一変(゜o゜)



赤土の登山道。富士山の登山道みたい



日光白根山が見えました



すごい道… ちょっと滑りやすかったです。



尾瀬の燧ケ岳が見えました



中禅寺湖を見下ろします。左から雲が湧いてきたー



頂上が見えた


頂上に到着やったーヽ(^o^)丿 ここまで3時間でした



男体山。標高2486m 高ーい



二荒山大神。



太郎山。



中禅寺湖。美しい



頂上からの大展望スバラシイ



やっぱり高い山は良いですね~この景色



しかしながら、反対側はガスで真っ白


奥に進んでみます。



あった~御神剣



シャキーンと天に伸びています



男体山、登ったどー 雲がすごい押し寄せています…



場所を移動して、この景色を見ながらお昼ごはん最高です



真っ青な空


大真名子山、小真名子山かなかろうじて見えた。
こちら側は終始雲の中で、女峰山は見えず…



だいぶ雲が教え寄せてきちゃった。


燧ケ岳方面は良く見えます


最後に中禅寺湖を見て、下山します。男体山からの景色、素晴らしかったです



来た道を戻ります。
あ~真っ白になっちゃった(^^ゞ 早く登り始めてホント良かった


下山の道は滑る、滑る 慎重に下ります。



岩場になって、登って来る人が、汗びっしょりで大変そう(^^ゞ
よくこんな急な所を登ってきたなーと思います(^^ゞ ここも慎重に下ります。


登って来る人にたくさん会いました。人気の山ですね、男体山
しかし、この時間から登るのは暑くて大変そう
涼しいうちに登り始めて良かった。

中禅寺湖が見えてきました。行きに見たときより、はるかにガスっています。
早く登ってホント良かった~。やっぱり山は早く登るに限ります。



モクモクと下りて、4合目の鳥居に到着。


車道歩きを経て、3合目に到着。あと少し



ここからは気持ち良い森林浴を楽しみながら
エゾハルゼミの声もリンリン鳴り響いております



一合目に下りてきました



この先に靴洗い場があります。有難し。



無事、下山しました~ ほっと一安心。2時間ちょっとで下りてこれました。



無事、下山できましてありがとうございました、お参り。



二荒山神社を後にします。トータル5時間ちょっとの登山。
楽しかった~充実感でいっぱいです



下から男体山を見上げる。あら~雲の中 今、頂上に居る方達は何も見えないだろうな…


近くのお蕎麦屋さん、新月さん。ガイドブックに美味しいって載ってたので入ってみました。



冷やしゆば蕎麦を注文。ゆば、美味しかったお蕎麦も美味しかったです



荷物を置かせて頂いた宿へ向かいます。
男体山、頂上は完全に雲の中。
こんなに天気がいいのにねー、やっぱり山は早く登るに限る



宿に着くと、「あらー、もう登ってきたのー」とおかみさん。
荷物をありがとうございました

早く登り始められたので、頂上で素晴らしい景色を見る頃ができ、良かったです。
お世話になり、ありがとうございました

帰りに見ると男体山の頂上が見えています。
でも雲が多く、頂上の周りは真っ白。頂上からは何も見えないだろうなー…
私はラッキーでした
あの頂上に行ったなんて、つい小一時間前のことですが、なんか信じられない。
深い森の山、良い山でした



この後、湯元温泉へ向かいました。
2日続けて温泉寺(^^ゞ
あー、2日続けて温泉寺の温泉に入れる幸せよ



硫黄臭
プンプンの温泉。最高です



温泉寺のお庭にあるクリンソウ。



かわいいクリンソウちゃんも見れて、嬉しい




その後、日光駅まで戻りました。
日光大笹牧場の、締めのソフトクリームおいしいね~



男体山、登山道が、きれいな森林浴の道~原生林の苔むした道~岩場の道~赤土の砂場の道と次々変わるので、楽しく、飽きずに登ることが出来ました
もう終わったかと思っていたシロヤシオも咲いててくれて嬉しかったし、他にもサラサドウダンなどのお花やエゾハルゼミの声なども楽しみながら、中禅寺湖の展望も良いし、もう着いちゃったのという感じで頂上まで行くことが出来ました。
頂上からの景色も最高で、天気にも恵まれ、最高の登山が出来ました
途中でお会いした方にアドバイス頂けて、降りる予定だった志津方面を辞めることにしましたが、その方に出会えたのも幸運でした。
すべてに感謝いたします
やっぱり高い山は良い



コースタイム:
二荒山神社6:05---三合目6:40---四合目7:00---八合目8:20---男体山9:05/10:00---12:10二荒山神社




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
翌朝、目を覚まし、窓を開けると、空気の澄んだとっても良い天気
男体山もご覧の通り、素晴らしいお姿を見せてくれていました
きゃ~うれしい~ テンションも上がります



急いで支度をして、5:40宿を出発しました。
前日に、要らない荷物を宿に置かせてもらえるか伺うと、快くOKしてもらえたので、要らない荷物を全部置かせて頂きました。
男体山は標高差1200mにも及ぶ、ハードな登山になりそうなので、軽身で登れるのは嬉しい。
置かせてもらえて、ホント有難かったです

朝の中禅寺湖がとってもきれい
遠くの山々もくっきりと見えます



湖に映る男体山。逆さ男体山だ 
あ~これからあの山のてっぺんまで登るのね、わくわくします



ルピナスもきれいにお出迎え。





二荒山神社に到着しました。



ここ二荒山神社が男体山の登山口。
男体山は二荒山神社の所有のもののようで、受付で登拝料500円を払います。



名前を記入し、下山口は志津に○を付けました。
お守りと簡単な案内図を頂き、登山道の説明を受けます。



6:05 さぁ、男体山に向けて出発します



本日一日、無事登山できますように。



まずは階段。



途中にシラネアオイの案内板があり、行ってみます。



まだ早かったのかお花は咲いていませんでした。



空気がひんやりしていて、空気がすがすがしい。一合目に到着。



笹が多い茂る道を行きます。登山道はよく整備されています。



まだ涼しい。今日は暑くなる予報だったから、朝早く登れて良かった。
登りが続きます



ギンリョウソウみっけ



木が根っこからボキッと折れています



三合目に到着。二合目は見失った…



ここから車道歩き。道もなだらかになり、ほっと一息。



わぁ、中禅寺湖が見えた きれい~



車道歩きは時間にしては30分なんですが、長く感じます。
気温も上がってきました


この間はお花を楽しみながら






あらー、ヤマツツジがまだきれいに咲いてます



四合目に到着。鳥居をくぐります。



また山道に入ります。
受付のお話だと、この鳥居をくぐったら、あとはもう頂上まで一本道だと言われました。
さぁ~がんばるぞ~



シロヤシオのお花が地面に落ちていて、見上げると、まだシロヤシオが咲いているではりませんか



お花は落ちてしまっているのが多かったですが、また今回もギリギリ見れてラッキー



まだきれいじゃないですか~



わぁ、シロヤシオがいっぱい こんなに見れて嬉しい~



地面に大量に落ちて、地面が真っ白になっています



それでもまだこんなにお花が付いています



美しいシロヤシオ 今年はシロヤシオいっぱい見れたな



おぅおぅ、いっぱい咲いてる~




五合目に到着。



また中禅寺湖が見えました この景色、元気になります


ベニサラサドウダンが現れました



まっ赤な釣鐘型。かわいい



お花いっぱい咲いています



木々が美しい~ヽ(^o^)丿


岩場の登りになりました。標高が上がり、展望がどんどん良くなります



中禅寺湖、美しい~遠くの山も見えてきました



植生が変わり、原生林っぽい感じになりました。



苔むした道です。



登山道も大きな岩の岩登りになりました腕も使いながら登っていく。



岩登りが続きます


うわー、ここを登っていくのかぁ。下から見るとほぼ垂直みたいな登り



それでもこの絶景が励ましてくれます ゆっくり一歩一歩登っていきます。



七合目に到着。六合目は見逃し。



続く、直登の岩登り 手も使いながら登る。



まだまだ岩登り~



鳥居をくぐる。



だんだんガスが湧いてきて、中禅寺湖が真っ白に隠れてしまうことも。
また晴れて綺麗に見えたり、を繰り返します。



八合目に到着。



山々がまるで模型のように見えますだいぶ上がってきましたね



また植生が変わって、高い木が無くなりました。
登山道の景色も色々変化して、飽きないです。



また一変。岩場が終わり、赤い砂地になりました。



直登の岩登りが終わり、なだらかな道になり、ほっと一息。


一人、下山してくる男性とすれ違いました。
もう頂上に行ってきたの早っ(・o・)
「今ここで8号目半、標高は2200mくらいですよ、あと少しですから頑張って下さい。」と声を掛けられました。
そして、「下りはお尻で滑って降りる感じですからね。」と言われました。
えっ、そうなの確かに昨日の雨で、滑りやすい所も多かった。

あの、下山は志津に降りようと思ってるんですけど…と告げると、
志津~
」すっとんきょうな声を出された。
「いや~、今日は辞めた方が良いと思いますよ~。雨上がりのあの道は危ないですよ。あそこは北斜面で陽が当らないし、ザレてるから滑りますよ。」
ギョギョ

「私はいつもここは2時間で登れるんですよ、それが今日は2時間半かかっているので、今日の山はそれだけ難しいってこと。志津からの道は廃道にしようかって話も出てるくらいですからね。行ってもいいけど、ホント気を付けて下さいね。」

そうか~、じゃぁ辞めようかなぁ…
「靴の裏見せて下さい。あー、結構すり減ってますね。行ってもいいけど、ホント気を付けて下さいね。」

はい~、今日は辞めます~(^^ゞ
男体山のベテランっぽい方の言うことですし、そこまで言われたら私も全く自信がありません。
行きの道も滑りやすかったから、ここはおとなしく、来た道ピストンで戻ることにします。
その旨、ベテラン男性に告げ、別れました。

後で考えて、この男性に偶然お会いできたのはラッキーでした。
志津に降りると告げて、このようなアドバイスを頂けてホント良かった。
受付で下山口に志津に○をしたのに、受付の人は何も言ってくれなかったしね。。
何も知らず、志津に降りていたら、滑って滑落して大変なことになっていたかもしれません
また、志津に降りるとコースタイムが長くなりますが、志津に降りないことで、時間に余裕ができ、安心感からか心にも余裕ができました。


ミネザクラかしら



気を取り直して進みます。頂上までもう少し。



つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

温泉寺の温泉を堪能した後、中禅寺湖へ向かい、華厳の滝へ向かいました。
華厳の滝、小学校の修学旅行で見た以来です。もう記憶も定かではありません(^^ゞ
ずっと、もう一度見たいと思っていて、やっと行くことが出来ました

展望台から見た華厳の滝
爆音を立て、豪快に流れております



エレベーターを使って降りてみます。エレベーター代550円。
エレベーターを降りると、滝を真正面から見ることができます。
私の小学校の記憶では、もっと滝壺間近に行けた記憶がありましたが、どうだったかな…



高さ97mから落ちる滝。すごい迫力



滝壺から下の流れも迫力がある



周りの切り立った山肌もすごい迫力
イワツバメがびゅんびゅん飛び交っていました。


華厳の滝の反対側にある滝。こちらもすごい迫力


もう一度見たいと思っていた華厳の滝。見れて満足しました



中禅寺湖へ戻ります。
だいぶガスってきて、山は厚い雲に覆われてしまいました。



男体山。雲で隠れてる。明日は男体山に登ります
明日はすっきり晴れてくれますように…


その後、中禅寺湖の宿に泊りました。
宿に着くと、しとしと雨が降り始めました
そして、夜はかなり強い雨に。
どうか明日は良い天気でありますように。

つづく

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。