呼吸の力(2/7)

テーマ:


私たちの身体全体、筋肉、骨格、内蔵が正しく働くことによって、
重要な機能である、呼吸が調和を持った正常なものになることができます。

“呼吸”は私たちの命の流れであり、命の力です、もちろん皆さんご存知ですね。
もし呼吸をしていなかったら、ここに居ませんよね。
皆さんは、呼吸ができなければ生きていけません。

あなたが呼吸を完全に制御出来たときに、神経システム、“こころ”に影響を与えることができるようになります。
呼吸は唯一の自立的な機能であるので、あなたの意図に反して、時に荒々しく、
時に言うことを聞かないようになることがあります。

あなたが不安、ストレス、恐れを抱いたとき、
これらの嫌な気持ちを止めようとして、気分を冷ませ、落ち着けと言っても、反対にかき回されるたりすることが起こるかもしれません。
心拍数が速すぎているとき、遅くしろと命令することはできません、アドレナリンが分泌されているからです。
しかし、その時、呼吸を適切なコントロールの下に行えばあなたの身体は再びバランスを取り戻すことができるでしょう。

あなたの身体が曲がっていれば、呼吸が適切にコントロールすることは、とても難しいことになります。
しかし、身体(骨格、内蔵など)が適正な位置に並んでいたら、呼吸をコントロールするのは簡単です。

なぜ、呼吸をコントロールすることがそんなに重要なのでしょうか?
呼吸は、あなたの脳機能と神経系に直接的に作用するからです。
酸素を脳に届ける必要がありますよね。
どのようにして、酸素を脳に与えるかにより、あなたの脳の状態が決まります。

長い完全な呼吸をしようとしたら、こんなふうな格好ではできません。
(は~~~~~~~~)結構できますね、
それはわたしがハタヨガを47年練習してきたからで、普通はできません。
呼吸を制御した時、驚くべきことに“こころ”は静かになります。

皆さんが聞こえるように口から長い呼吸をしてみます。
わたしの、エネルギーに何が起こるか、
わたしだけではなく、あなた方のエネルギーに何が起こるか、見てみてください。
わたしが呼吸している間に、共感的に感覚を共有する感じを見つめてください。

ちょっとだけ時間を使ってハタヨガの目的である、呼吸のコントロールを通して、
“こころ”のコントロールをし、あなたを超越した別の状態へ、“こころ”より大きい何かへと導きます。

さて、呼吸してみましょう。
(ハーーーーーーーーーーー)
さてこの辺で止めましょう。
今日中に電車でマンハッタンまで帰らなければならないので。

今のは呼気の一部です。聞こえました?
何か感じましたか?
何かを感じてもらおうとするとき、こんな風に動きながら、はあはあとしては感じてもらえません。

姿勢を正しく整えて、動きを停止し、身体のバランスを正しく保ち、そうわたしが今やったように。
それにより、わたしの“こころ”を静かな状態に保てるように呼吸をコントロールできるのです。
今、私にこのステージの床より高い位置で、漂っているような感覚が生まれました。
なぜなら、わたしの“意識”はどこかべつの場所で動いているからでしょう。
AD