Yoga therapy Prajna(プラジュナ)

山梨県南アルプス市
ヨーガ療法で、心身の健康を!


テーマ:
秋口頃の話になりますが、阿波晩茶を購入しました。
お漬け物みたいに樽に詰めて、乳酸発酵させたお茶。
それが、お料理の彩りに添えられる葉っぱで注目を浴びた
徳島県上勝町のお茶ということで、新しく開発されたのではなく
伝統的に飲まれてきたお茶と知りました。

Yoga therapy Prajna(プラジュナ)
私が購入したのはこちら。

結構大きな袋入りですが、80g。
京番茶みたいに、茶葉を切ったり撚ったりしない葉っぱの形のままです。
作り方は、蒸してから樽に詰めて発酵を待ち、然る後に乾燥させたら完成。
写真解説でもお漬け物みたいになっていました。

香りはやはり普通の緑茶とは異なり、乳酸発酵を感じさせる香り。
ほんのり酸味が香ります。
味はほとんど酸っぱさはなくて飲みやすいですが、
皆さん初回は「?」な顔をします。他に例えが浮かばないです。

中国茶に似たような風味の物があるので、中国茶が飲める方なら
どなたにも大丈夫だと思います。おいしいです。

で、ビロウな話に突如なるのですが、2日間ほどポットひとつ分くらいを
飲んだら、すぐ気付いたくらいとてもお通じが良いのです。
飲まないと状態が違います。

私はあまり滞ることがないので、便秘にどの程度の影響を
もたらすのか分かりませんが、乳酸菌がんばってるんだろうなぁという
気持ちがしてきます。理想的な状態です。
毎日たくさん飲むわけでもないのです。カップ1~2杯くらいです。

規定量の茶葉では味が強く感じたので、ほんの手先でひとつ分ほど、
規定より半分近いかもしれません。

私の腸内フローラには、阿波番茶の乳酸菌が合うようです。
これまでヨーグルトなどの牛乳からの乳酸発酵を色々と試しました。
人によってそれぞれ相性の良い乳酸菌が違うと聞いたので、
あれこれ食べたり飲んだり…。
でもこれという変化もなく、ただ美味しく飲み食いしていた感じでした。
しかも乳製品を続けて摂るのは私には合わなくて(飽きるし)。

お茶好き、ということも幸いして、日々に飲むお茶の仲間入りです。

私は腸内の状態の如何が、体調も精神状態もテキメンに影響します。

以前に貧血治療の為に鉄剤を飲んだら、途端に体調を崩し、気分も落ち、
「続けて飲んでいれば治まるから」という医師の言葉も虚しく、副作用は
その後も改善せず、貧血も改善せず、心身がおかしくてQOLがダダ落ち。

結局、鉄剤による治療を諦めてからは貧血もなだめることができないまま
至っていますが、貧血による不調よりも腸内環境による不調のほうが
私にとってはツライのだと痛感したことがありました。

日本人にとって、お茶を飲むことは生活に浸透していますし、
日本の気候に住むに必要な要素で、とても理に適っているそうです。
抹茶のように丸ごと飲む文化が生まれたのも自然なことだったのですね。

その中で、植物性乳酸発酵の物が作られたのもまた理に適っているはず。
今ではペットボトルのお茶が当たり前らしいのですが、とても残念ですね。

私は急須で淹れるのが面倒なときは、茶こしに抹茶の粉を入れ、
上からお湯を注いでしまいます。茶筅も使わず、薄茶としてではなく粉茶の
感覚で飲んだりもします。乱暴ですが、自分用ですし急いでいる時などでも
サッと飲めて口の中もスッキリするので、たまにそんなこともします。

近所には売っていないので、今のところネットで購入している阿波晩茶。
腸内環境を整えたいかは別にしても、1度お試しになっても良いでしょう。

日本人の智慧を知る、というのも大切なことですしね。
日本という国、気候風土によって培われてきた食生活、過ごし方、価値観。
改めて「絆」と言わずとも養われている日本人らしさが、こうした
地域ごとに根付いた伝統食にも、息づいていると思います。

外に目を向けるのも良い。でも自分の内にも目を向けたい。
外を知ることで内を知り、内を知っているからこそ外に出られる。

どちらか一方ではなく、どちらも知る。

私はお店に出る日は、お店に入るとまず薄茶を一服点てて飲みます。
その後は好きずきで紅茶や晩茶など選んで飲みます。

そういう時の充足感は、缶やペットボトルでは得られない気がして、
次第に「自分で淹れたのじゃないとなぁ…」と思って、自販機では
水を買うようになるのです。

自分で淹れる。
誰かが丁寧に淹れてくれる。
それがどんな飲み物であれ、気持ちも一緒に入っています。
だからいっそう、美味しい。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。