目白 身体が硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

■お知らせ■

芹澤が監修した本が、10月14日(金)に出版されました。

夢の360°開脚を叶える本

なんと!Amazonでベストセラーになりました!!

(ヨガ・ピラティス部門 11/30/14:00現在)


※現在このブログはヨガの教科書的なものでなく、芹澤の個人的なヨガへの取り組みで起きた事の紹介をするものとなっています。


教科書的な内容については、こちらをどうぞ。
●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンではブログよりも、もう少し深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて





テーマ:

ハタヨガというのは、呼吸と動きを合わせる、身体を使ったヨガです。

 

 

日本でヨガというと、まずイメージに浮かぶのが。。。

「こんなポーズを、意識の高い系のキレイなお姉さんがするもの」って感じですかね。

そのイメージがある為に、敷居を高く感じている人が多い様に思います。

 

 

そもそもヨガには沢山種類があります。

ポーズを全くとらないヨガも存在します。

 

 

そして、身体を使うハタヨガの中でさえ、瞑想中心のヨガもあります。

座っているだけで何もしていない??

いえいえ、そこには姿勢と呼吸の関係性があります。

働きかけの意識があると色々と気付きがあるんですよ。

あぐらとスカーサナ(安楽座)の違いについて思った事

 

 

とはいえ、僕はもう少しアクティブにポーズをとるハタヨガを伝えています。

一般的によく見るこんなポーズ(三角のポーズ<ウッティタ・トリコナーサナ>)なんかを使いながら。

 

 

僕はヨガを気が付く意識を高める為の方法と捉えているので、瞑想でそれが出来れば特にポーズをとる必要はないハズです。

でも、ポーズを練習します。

それは何故でしょう??

自分の状態を健やかにしたいからです。

 

 

身体だけを健やかにしたい訳でも、心だけを健やかにしたいからでもないです。

自分の状態を健やかにしたいんです。

その為には心身が健やかである必要があるんです。

 

 

身体は自分の思考の乗り物です。

車を運転する時。

車が当たり前に動いてくれていれば、景色を楽しむ余裕もあれば、集中してより安全に運転する事も出来ます。

でも、タイヤがガタガタしていたり、異音が聞こえたり、ガソリンがなくなりそうえあればどうでしょう??

それが心配で、余裕はなくなるし、運転に集中しづらくなります。

 

 

それと同じです。

身体が健やかでなければ、思考が健やかになる事を制限します。

もちろん、身体に何が起こっても思考が健やかでいられる賢人もいらっしゃいます。

それはそれでとっても素晴らしい事です。

ただ、せっかく出来る手段があるのであれば、身体をなるべく健やかな状態に導きたいと思っています。

そうする事で、自然と心の健やかさを感じやすくなるからです。

その時に心の健やかさをなるべく覚えておいて、身体の健やかさと関係なく健やかでいられる自分でありたいと願っています。

 

 

その身体を健やかにする為の方法として、ハタヨガの練習(ポーズを使ったヨガの練習)がとても素晴らしい効用を発揮すると経験しているので、ハタヨガをしているし伝えています。

 

 

ハタヨガの練習では、ポーズが出来る様になる事が目的ではないんです。

ポーズを通じて、健やかな身体の状態を作る事が目的です。

だから、身体の硬さに関係なく誰でも練習が出来るんです。

そのポーズが出来なくても、そのポーズは練習出来る!

 

 

そして、多くのポーズがはきっかけとなります。

人生では様々な事が自分の身に押し寄せてきます。

その時、自分で望む望まないに関わらず、困難と出会う事があります。

でも、難しいポーズにチャレンジする事は自分の選択で出来ます。

ポーズを通じて、難しい事に出会った時の自分の身心に起こる事を体験しておく事が出来るんです。

 

 

これは、瞑想だけでは経験しづらい事かなと思っています。

生の体験を身体を通じて感じる経験は、とても貴重です。

そして、その経験はよりリアルに心身に刻まれます。

 

 

だからこそ、ハタヨガの練習は安心と安全の下、心地よさを感じながら取り組んで欲しいです。

困難へのチャレンジを、楽しく達成する経験へと繋がっていくからです。

その一つ一つのポーズを克服した経験の積み重ねは、強くて健やかな身体と心を作ってくれる事でしょう。

 

 

ハタヨガは、この一連の事をマット一枚のスペースがあれば経験させてくれる方法です。

未来に向かって自分を健やかにしてくれるもの、それがハタヨガです。

やりたくなるし、教えてあげたくなるのは、僕にとって当然の事なんです。

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし、ブログを通じて心身に変化が起きたら、実際のレッスンでより感覚を深めてください。

ブログだけでは伝わらない、感覚的な部分までお伝えします。

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム


◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

顔晴るジム メールマガジン 第134号

『可能性を広げるヒント!ヨガの実験室を覗いてみよう!!』

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■

<今回のテーマ>
★ハムストリングスを引っ張りがちな人へ 〜ベルトワークを洗練させてみよう〜

 

 

今年に入ってからブログの方も内容が濃くなってきたので、もはや向こうもあまり初心者向けではないですね(笑)
そんな訳で、アツシ先生にワンポイントヨガレッスンのページを作ってもらいました。
ワンポイントヨガレッスン

目次みたいに使ってもらえたら嬉しいです(^^)/

 


ワンポイントヨガレッスンでは分かりやすさをメインに。
このメルマガではもう少し深い所からの気付きを促して行こうと思います。

 


さて、今日のメルマガのテーマは「洗練」です。

 


最近「これはもう出来る様になったよ~!!」という生徒さんの声が多いです。
もちろん、それ自体はとっても良い事なんですよ。
ただ、注意が必要です。
「出来る=完成された」とは思わない様にしましょう。
ボクシングで世界チャンピオンのジャブと、プロテストに受かったばっかりのボクサーのジャブは全然違います。
でも、プロに受かる位であれば「キチンとジャブが打てるようになったよ~!」と言っても差し支えありませんね。
でも、そのジャブが完璧なものだと思っていたら、それ以上は強くなれないですね。
ましてや、そのジャブのまま世界チャンピオンと戦ったら。。。ああ、恐ろしいです。

 


僕のお師匠さまである、マーク・シュヴェイマ先生から頂いた言葉をご紹介します。
「ポーズは完成しません。ただ洗練させるのみです」
ポーズに関わらず、色々な物事にも言えますね。
頭の片隅に置いておくだけで、とっても素敵な事が起こりますよ(^^)/

 


さて、メルマガではブログと違って具体的な方法まで説明したいと思っているので、概念の話はこの位にして。
洗練の具体的な方法についてお話しますね。

 


ベルトワークについて説明したいと思います。
よくタオルなどを足にひっかけて、ハムストリングスを伸ばすという方法がありますよね。
多くのストレッチの本に出てくるこの方法。
やろうとすれば、誰でも練習は出来ます。

ただ、それが効果的な取り組みになるかどうかは全く別の話になるんです。
見た目がほとんど同じでも、働きかけを変えると全然違う取り組みになります。
この事について、いい機会だからお話したいですね。

 


ハムストリングス(太ももの裏)をただ引っ張って傷めるだけか。
それとも、もっと効果的に股関節が動く様になるか。
それを超えて、もっと発展した動きになるか。
まずはこの記事と動画をご覧ください。


ブログ記事:股関節が動く感覚が分かるベルトワーク
 

動画:股関節が動く感覚が分かるベルトワーク

 


下の動画は、あまり優しくない動画です。
生徒さんへの復習とイメージ作りの為の動画です。
実際レッスンを受けていないと訳がわからないかも。。。

動画:ハムストリングスを引っ張りがちな人へ 〜ベルトワークを洗練させてみよう〜
 

 


面白い事を伝えているとは思うんですけどね(^^)/
興味があれば、生徒さんはレッスンの時に聞いて下さい。
メルマガの読者さんに関しては、股関節が動く感覚が分かるベルトワークに取り組んで頂ければ十分です。

 


見た目が同じだとしても、中の感覚が全然違う事があります。
それだけ知っておいて下さい。
大切な一言なので、最後に繰り返しますね。

 


「ポーズは完成しません。ただ洗練させるのみです」
byマーク・シュヴェイマ先生

 


今日の最後の動画は超実験的な内容です。
伝わるのかどうか分からないので、もし良かったら感想お待ちしています。
⇒ info@gambaru-gym.com

あまりに難しい様であれば、次回からもう少し分かりやすくしますので。。。

 


担当:芹澤

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━それではまた次号・・・■

★基本メルマガ(第100号~第129号まで)を復習したい
⇒●第100号 身体の硬い人はいない! 〜身体を緩める練習をしよう〜
http://ameblo.jp/yoga-gambaru/entry-12071937450.html

★お問い合わせ、メルマガのご感想は、こちらでお待ちしています。
⇒ info@gambaru-gym.com

★レッスンってどんな感じ??
⇒ http://ameblo.jp/yoga-gambaru/entry-11733615752.html

★レッスンを体験してみたい方はこちらから。
⇒ http://r.goope.jp/gambaru-gym/contact

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし、ブログを通じて心身に変化が起きたら、実際のレッスンでより感覚を深めてください。

ブログだけでは伝わらない、感覚的な部分までお伝えします。

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム


◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

ハタヨガの練習は安定と安心の上で行われるべきだと思っています。

 

 

それには二つの理由があります。

一つにはケガをしない為です。

これは感覚としても良く分かるのではないかなと思います。

もう一つの理由を見落としている人が多い様な気がします。

それは、チャレンジをする為です。

 

 

不思議な感じがしますね。

逆の話の様な気がします。

ヨガが深まらない人、ここではあえてポーズが出来ないとか柔らかくなるという意味で定義します

ヨガが深まらない人は、この順番が守れていないんですよ。

 

 

長くヨガをしているのに、ポーズが深まらない人にも2つのパターンあります。

一つは、安心と安定を作らずチャレンジし続けている人。

これは、ケガ(まで行かなくても痛い経験)を繰り返す人と、安心と安定がないのでチャレンジしたいけど踏み込むべき土台が不安定なので怖がって進めない人といます。

後者の人は、チャレンジしたいと思っているにも関わらずチャレンジが始まっていない人ですね。

 

 

一方、安心と安定の上で満足してしまってチャレンジしない人。

これはこれでイイと思っている分には本人の選択なので構わないのですが、「やっている内に上達するんじゃないの??」なんて思っている場合は「ヨガって気持ち良いけど柔らかくならないよね~」って感じの感想になります。

 

 

僕の経験では、ヨガが深まらない場合はこのどちらかの思考に陥っています。

あ、もちろんとても健全な意図をもっているのに、ポーズが深まらない場合ってありますよ。

でも、それは結局安心と安定をつくらずチャレンジし続けているんです。

この場合、足りないものは知識です。

それは教科書に乗っている知性上の知識でなく、同じ所から深まったという経験が伴った知識です。

その知識を持っている先生に教わるという経験が必要になります。

本やネットで調べても出来ないのはその為です。

先生から教わっても出来ないのは、その先生がそういった生徒さんを導いた経験がなかったり、先生自身が苦労せずにその事を達成出来てしまった為です。

もちろん、先生から既に適切なアドバイスを受け取っているにも関わらず、自分がフィルターをかけて聞いていない可能性もあります。

これは僕自身にも起こりますよ。

出来てから「あ~、あの時の言葉はこういう意味か~」なんて事はしょっちゅうあります。

その為、その時は分からなくてもいいので先生の全体を感じる様にして、色々な可能性を開いた状態にして話を聴く様にしています。なるべくですけどね。

 

 

このブログは、それをある程度カバー出来る内容にしているつもりです。

とはいえ、とある生徒さんや僕自身に起こった事例の紹介なので、読者さんが自分に取り入れる為には自分自身の気が付く意識が必要になります。

実際のレッスンで生徒さんに対してであれば、僕の知識をもっとフル動員してサポートして導くので、出来る事はかなり違っています。

 

 

さて、それでは今日の話を実際の生徒さんに起こった事例と織り交ぜて、具体的な話に落ち着かせていきましょう。

 

ヴィーラバドゥラーサナ2(戦士のポーズ2)がしっくりいかないという生徒さん。

 

普段通っているスタジオで、先生からは「内ももから足元まで引き伸ばす様に」とアドバイスを受けてましたが、その感覚が良く分からないとの事。

 

 

さて、それは何故でしょう?

答えは、股関節の引き込みが出来ていなかったからです。

引き込みをして、股関節のポジションを整えてから内ももから足元まで引き伸ばす必要がありました。

 

 

ここでポイントなのは、この生徒さんは僕のレッスンを数回受けて、ウッタナーサナ(前屈)では股関節の引き込みが出来る様になってきていました。

 

 

でも、戦士のポーズ2になると出来なくなっていました。

さて、それは何故でしょう?

答えは、足元(基盤)が安定していなかったからです。

 

 

この生徒さんの戦士のポーズ2での基盤には2つの課題がありました。

1つは、踵と土踏まずが一直線だった事。

教科書的な意味での足元の位置としては間違っていないんですよ。

ただ、この生徒さんにとってその位置は窮屈過ぎたんです。

だから、踵と踵を一直線にしました。

でも、まだ前の膝の向きが内向きになっていますね。

これがもう一つの理由。

爪先を真っ直ぐ前に向けたので、膝が内側に向いてしまったんです。

 

 

爪先と膝の向きが揃っていない場合、膝の向きを優先してください。

そうすると、足元の力強さと、股関節の自由さが増し、膝の負担が減ります。

 

 

これはマーク先生に教わった方法です。

そして、それを自分で実践したところ、極めて有効なので取り入れている方法です。

この2つの取り組みによって、股関節の引き込みを邪魔していた、足元の不自然な窮屈さが取り除かれました。

 

 

股関節を引き込んで、それを保ったまま股関節から足元を力強く押し返した結果。。。

「内ももから足元まで引き伸ばす様な感覚」が分かりました。

戦士のポーズ2で、マットを前後に引き割く様な感覚も初めて腑に落ちた様です。

 

 

感覚を掴んだ瞬間の、もう目がキラキラキラキラしている事!!!

とっても楽しそうでした。

もちろん、僕にとっても楽しいし嬉しい瞬間でした(^^)/

 

 

そして、戦士のポーズ2の基盤がしっかりしたので、そのまま状態を倒してパールシュヴァコーナーサナ(脇腹を強く伸ばすポーズ)に移行しました。

 

 

このポーズの時、これまでは手を上げるとキツクなるだけという印象しかなかったんです。

けれども今回は、足元に不安がないのでしっかりと腕を伸ばせます。

これによって、これまたはじめて、手を上げる事によって足元まで全身が気持ち良く伸ばされるという意味が分かりました。

 

やっぱりまた目がキラキラキラキラです!!!

これがチャレンジの結果得られたものです。

そして、このチャレンジは、安定と安心の上に築かれたものです。

ポーズでの技術的な視点でいえば、まずあは足元の基盤をしっかりさせるという事です。

基盤が不安定なままポーズを移行したり、上半身だけ動かそうとしているケースを見かけます。

これがチャレンジを困難にしている原因です。

 

 

余裕を作るのは何の為??

チャレンジする為です。

チャレンジするには何が必要??

余裕です。言い替えると、安心と安全です。

これは補完関係にあります。

 

 

ハタヨガも、月と太陽、陰と陽、男と女、心と身体など、補完するものを象徴する言葉としての意味合いを持っています。

 

 

ハタヨガの練習がチャレンジと安心・安全を同時に含むのはとても興味深いですね。

これを一言でいうと調和となります。

僕の調和の捉え方は、妥協ではなく昇華に近いものです。

この関係性があるので、ポーズは完成する事がありません。

ただ洗練させるのみなんです。

 

 

ハタヨガの練習が安心と安全の上に行われるべき理由を心身で理解するヒントになったでしょうか??

そして、ホンの少しで良いから哲学の事を知って練習に取り組んだ時、ハタヨガの練習は単なるストレッチの練習を超えて、人生レベルでより多くの気付きを与えてくれるものである事が伝わったら嬉しいです(^^)/

 

 

そして、その気付きはキチンと身体を柔らかくしてくれるんですよ。

一生懸命にただストレッチをしている時以上に。

とっても面白いですね。

 

 

今日は思いつくままに自由に書いてみたんですけど。。。

あれ?なんだか?メルマガよりも濃ゆい?

これ。。。読んでて楽しいですか??お腹いっぱい???

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし、ブログを通じて心身に変化が起きたら、実際のレッスンでより感覚を深めてください。

ブログだけでは伝わらない、感覚的な部分までお伝えします。

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム


◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のブログで、僕の今年の目標は、「自分のヨガを洗練させる事を通じて、生徒さんのヨガを洗練させる事」としました。

 

 

でも、そうすると「じゃあ、ヨガって何なのさ?」ってなりますよね。

ヨガの定義をする必要があります。

こういうポーズが出来る様になる事??

いえいえ、違います。

ヨガとは気が付く意識を高める為の方法です。

もちろん、僕が練習して教えているのはハタヨガなので、難しいポーズにチャレンジする事自体はヨガを洗練させる過程の一部です。

ただ、目的ではないんですよ。

 

 

「ヨガ」という言葉が持つ意味だけで言うと、「つなぐ」になります。

元々はくびきに繋ぐ事。

牛や馬を繋いでおく事から派生しています。

離れて行こうとするものを、一つの所に留めておくようなイメージです。

見たり聞いたりという五感の刺激によって、外側に引っ張られる事で散漫になる思考を留めておくという事に繋がります。

 

 

難しく考える必要はなくて、外部の刺激によって自分の身心の状態が変化します。

多くの場合、その外部の刺激に引っ張られた自分を自分の全てだと思ってしまいます。

そうではなくて、それは本来の自分だとは別の状態。

外部の刺激によって、今そうなっている自分に過ぎないんです。

 

 

ヨガが気が付く意識を高める為の方法だという事は。

「その一瞬一瞬ごとに変化する自分の状態を観察する手段がヨガ」という事になるんですよ。

 

 

昔の人はそれを静かに座った瞑想によって行っていました。

ハタヨガというのは、もう少し身体をアクティブに使ったヨガです。

身体の健やかさを通じて、心の健やかさを育みやすくする取り組みです。

 

 

そう考えると、無理なポーズを大変な思いをして取り組む必要はなくなりますね。

ハタヨガでポーズの練習をする事は、心身の健やかさと繋がります。

その視点からポーズを見ると、ポーズは柔らかくする為でもその形をなんとかとる為でもなく、ポーズは心身の健やかな流れを制限しているものについて気付き改善する為のものになります。

 

 

ハンドスタンドが出来ない場合。

 

怖いのであれば、壁を使ってこうすればいいです。

でも、その怖さはどこから来ているのでしょう??

手元や体幹の強さ、バランス、そういうものにまだ不安があるからではないでしょうか??

 

 

その不安(自分の弱さ)をごまかして、ハンドバランスの練習を繰り返すよりも。

不安(自分の弱さ)を受け入れた上で、片脚のダウンドッグで安心と安全の中それを克服出来る練習をした方が良いと思います。

 

 

力が溜まる様になれば、ハンドスタンドに向き合った時に「あれ、何だか怖くなさそう!?出来そうかも」という感覚が自然とやって来ます。

 

 

ポーズの練習は、この洗練の繰り返しです。

そして、人生もこの洗練の繰り返しだと思っています。

 

 

マットの上で起きる事は人生でも起きる事。

社会の中では多くの要素が絡んで来て、洗練させるのが大変です。

その練習として、マットの上で自分の中で起きる事を良く観察して改善する取り組みをする方が、よほど簡単です。

 

 

とはいえ、生徒さんにいきなり人生の話をしても仕方ないので、身体の話をします。

その身体への働きかけが、いつの間にか溶け合って、良い影響を及ぼすと信じています。

これはあくまでも僕の方の心掛けです。

ただ、どこから発せられた言葉であるかは、大きな違いを生むと思っています。

股関節を引き込む事は、脚の動きを良くします。

でも、解剖学的な事だけでなく、「少しの意識的な取り組みが大きな変化を生む」というメッセージが内包されています。


 

まあ、ホント、生徒さんが難しく考える必要は全然ないんですけど。

ヨガとは気が付く意識を高める為の方法です。

顏晴るジムではヨガを教えています。

大分カジュアルにですけど(^^)/

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし、ブログを通じて心身に変化が起きたら、実際のレッスンでより感覚を深めてください。

ブログだけでは伝わらない、感覚的な部分までお伝えします。

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム


◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。

去年のお正月は何を思っていたかというと、こんな感じでした。

●顏晴るジムの今年の目標

 

 

見返すと面白いですね。

人は一瞬一瞬毎に変化します。

その積み重ねで一年経つと、「なる程、こんな一年の過ごし方をすると、こんな風に視点が変わるのか~」と感じられます。

ブログはそういう点でも良いですね。

自分の変化の過程を見る事が出来ます。

 

 

それでは変化した僕が何をやりたいかというと。。。

今年の目標は「自分の整理整頓」です。

 

 

去年は変化が多すぎました。

マーク先生のティーチャートレーニングが「変容」なので変化自体は良い事なんですけど。

自分の内側の変化も、外側の世界の変化も、とっても大きく起こった一年でした。

変化するのは良いのですが、自分がどこにいて、どこに向かっている変化の途中なのかを一旦立ち止まって見直す必要があると思いました。

 

 

自分のやりたい事やりたくない事の確認。

自分の出来る事出来ない事の確認。

そこから、自分が学ぶべき事を知り、それを学んだ自分がどういう存在であるかを知る事。

その整理整頓にこの一年は使いたいと思います。

 

 

とはいえ世捨て人の様に山籠もりをする訳ではないです。

社会人として活きる道を歩いているので、基本的には今まで通りの生活です。

ただ、練習と勉強に時間を使う必要があります。

 

 

そんな訳で、今年はブログの回数を減らしてみる事にしました。

今年のブログは定期的に書く記事は週一回だけにします。

毎週月曜日はキチンとした記事を書きます。

後はランダムに思いつくまま。週に一つしか書かない時もあれば、日に思いつくまま4つ5つ書く事があるかもしれません。

メルマガは今まで通り隔週月曜日発行。その週の土曜日にバックナンバーとしてブログ記事にします。

新しい記事を書き続けるよりも、目次を作って内容を整理したりとか出来ればしたいですしね。必要な事自体はほとんど書き終えてますし、その方が読者の皆さんにとっても理解の助けになると思います。

 

 

今年、ブログは少し放っておく事になりますが、その出来た時間で自分を高めてレッスンを徹底的に洗練させていきます。

違う視点で見ると。

今年の目標は、「自分のヨガを洗練させる事を通じて、生徒さんのヨガを洗練させる事」です。

うん!色々な意味を含んだ良いキーワードで表現出来ました。我ながら良い目標です!!

 

 

言葉は思考を導きます。

さてさて、来年この記事を見て自分はどんな感想を抱くのだろう。。。
 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし、ブログを通じて心身に変化が起きたら、実際のレッスンでより感覚を深めてください。

ブログだけでは伝わらない、感覚的な部分までお伝えします。

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム


◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 金曜日定休※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)