目白 身体が硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515


テーマ:

長く新規の生徒さんは受け付けていなかったのですが、今回芹澤の新規レッスンを再開する事にしました。

理論や感覚について出来るだけブログやメルマガで何とか伝えようとしていたのですが、忙しすぎてブログやメルマガをキチンと書く時間がなくなってきました。

 

 

あ、もちろん出来るだけブログやメルマガで伝える努力はし続けますよ。

でも、もうレッスンじゃないと伝えきれない事が多すぎるので、レッスンの可能性を増やします。

 

 

そんな訳でご希望の方はこちらからどうぞ。

ご予約・お問い合わせ

 

とはいえ、既存の生徒さんも多くいらっしゃいますので、望んだ時間で取れるとは限りません。

近い日程に関しては、こちらを参考にしてください。

芹澤の予約状況

 

どうしても枠が埋まっている事もあります。

その時はマンツーマンではないですが、こちらでレッスンしています。

ザ・自主練「体感Q&A」


 

ご希望の方は是非!(^^)!

 

 

◆新しい試みを始めます

グループレッスンスタートします。

ザ・自主練「体感Q&A」

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

 

このブログはランダムなので、まとまった教科書的な内容については、こちらをどうぞ。

●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンでは、ブログよりもちょっとだけ深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回から始めてみた新しい試み。

ブログとメルマガと自主練習の完全コラボです。

今日の内容は、このメルマガの中の一部を細かく説明したものです。

第141号 開脚や前後開脚が出来ない人の、根本的な勘違いについて

 

 

さて、それでは「太ももの骨を股関節のソケットにはめ込む」ってどういう事でしょうか??

その為には、そもそも股関節について知らなくてはいけません。

過去に説明しやすいブログを書いていたのでご紹介します。

↓↓↓

===========================================

股関節について ~股間と股関節は違います!!~

 

股関節って言われてどこを考えますか??


多くの人はここを股関節だと考えています。


ここは股間。

股関節ではないんです。

 

股関節はコチラ。
目白 どんなにやっても身体が硬い人の為のヨガスタジオのブログ

 

青い線が股間。

赤い丸が股関節です。
目白 どんなにやっても身体が硬い人の為のヨガスタジオのブログ

 

日本語だと混乱しやすい原因になっています。
英語だとこう言います。

 

「Hip Joint」
 

そう。

尻関節です!!

 

なので、開脚の練習などでも内股を伸ばすというよりも、お尻を動かすとか広げるというイメージで取り組んだ方が良いと思います。

 

股間を広げようとすると、股関節は上手く動いてくれません。
股関節を回す様に動かしてください。

それによって、太ももの骨と骨盤の距離が離れるので、結果として内股が伸びてきます。
目白 どんなにやっても身体が硬い人の為のヨガスタジオのブログ


動かし方って、イメージの影響をかなり受けます。
イメージがずれていると、出来る能力をもっているのに出来なくなってしまいます。
動く方法を知らないって、もったいないんです。

===========================================

 

そして、もう一つ。

太ももの骨は真っ直ぐに骨盤にはまっている訳じゃないんです。

ちょっとカギ型になっています。

太ももの骨の延長線上に意識するよりも、ちょっと内側になります。

 

これについても、過去の自分の助けを借りようと思います。

↓↓↓

===========================================

股関節について ~股関節ってもうちょっと内側ですよ~

 

昨日は横から見た股関節の位置についての説明をしましたね。

今日は前から見た股関節の位置について説明します。

 

この辺りを股関節だとして扱っている人が多いですが、違いますよ。

 

もっと内側です。

太ももの骨よりも一つ分内側。

背骨の真横に着く位のイメージです。

 

青い丸ではなく、赤い丸を支点として意識しましょう。

 

そう思うと、足を広げてY字バランスをするのではなく

 

中心にひきつけながら、足を押し上げる事もイメージしやすいのではないでしょうか??


人は本当にイメージに引きずられてしまいます。

使い方のイメージが違えば、実際にそう使う能力があっても違った使い方しかできません。

===========================================

 

これで股関節の仕組みについて理解が進んだと思います。

股関節に、太ももの骨が丁度良い感じで収まっている状態。
それが、「太ももの骨を股関節のソケットにはめ込む」という事です。


理論編といいつつ、「丁度良い」という大変感覚的な説明を使っていますが。。。
関節には心地よい空間が必要です。
心地よい空間を作る為には、筋肉の積極的な働きかけが必要です。
弱いと動かせませんから。
でも、強すぎると筋肉が緊張してしまい、これまた動かせません。

関節に空間がなくなると、骨同士が詰まってしまって物理的に動かなくなります。

 

 

弱すぎず、力みすぎず。

太ももの骨を股関節に添えておくような感覚。

「筋肉をどれだけ伸ばすか」ではなく、「太ももの骨が股関節のソケット上で心地よく動く為にはどうするか」という発想が必要になります。

 

 

練習は、同じ練習をしたとしても、その意図によって違う結果に導かれます。

細かい解剖学的な説明も、感覚的な説明も、良いイメージに向かう為の両輪ですね。

両方必要です。

それでは、実際に練習ではどんな事をすれば良いのかという事についてはまた来週お話しますね。

 

 

◆新しい試みを始めます

グループレッスンスタートします。

ザ・自主練「体感Q&A」

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

 

このブログはランダムなので、まとまった教科書的な内容については、こちらをどうぞ。

●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンでは、ブログよりもちょっとだけ深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

顔晴るジム メールマガジン 第141号

『可能性を広げるヒント!ヨガの実験室を覗いてみよう!!』

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
《顔晴るジムあれやこれや》

 

新しい試みとして、今回から意図的にメルマガの内容と「ザ・自主練」の内容をリンクさせてみます。
ザ・自主練「体感Q&A」のお知らせ
 

次回のザ・自主練「体感Q&A」は5月20日(土)18:00~19:30開催です。
このメルマガの内容で疑問が湧いた部分の解決の場としてください。
ブログでも同時に、このメルマガの理解に必要な要素について書いて行きます。
ワークショップでの講義の代わりを、このメルマガにしてもらいます。

もちろんザ・自主練「体感Q&A」でこの内容と関係ない事を質問して頂いても大丈夫ですよ。

 

ワークショップと違って、自由な練習の場としたかったのが一つ。
とは言っても自由過ぎて質問のしようがないと練習しづらいかもと思ったのも一つ。
そんな訳でこんな形式にしてみました。

 

生徒さんも月1回ペースの人が増えて来たし。
パーソナルの時に質問したい事がよりハッキリする良いきっかけにもなりそうですしね。

しばらく様子見で試してみますね。
状況によって洗練させていきます。

 

これに合わせてメルマガは月に1回ペースの発行になります。

同日にブログにバックナンバーを載せる形式にします。

次回は5月22日(月)です。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
<今回のテーマ>
★開脚前屈や前後開脚が出来ない人の、根本的な勘違いについて

 

開脚前屈や前後開脚が出来ない人がやりがちなイメージがあります。
それは、「脚を伸ばして開こうとする事」です。
脚を左右や前後にどんどん開こうとしてしまうんですよ。
そのイメージで上手く行っている人は、気にしないでも大丈夫ですよ。
身体が自然に良い動きに微調整する感覚を持っている人だと思います。
いわゆる「センスのある人」です。

 


このメルマガは、残念ながらそのイメージでは上手く行かなった人向けです。
センスに頼らず、しっかり学んで、理解して身体を動かしましょう。
本当は、その方が安全で効果的ですから(^^)/

 


まずは、この事を理解するにあたって必要な要素について説明していきます。

3つの質問から入ってみましょう。
⇒詳しくは「3つの質問、改訂版。」へどうぞ。
 

1、痛くないか?(不快感がないか?)
2、力が入るか?(押せるか?)
3、深呼吸が出来るか?(呼吸が止まらないか?)
4、1~3までの事を全部出来た上で気持ち良いか?
⇒ここまで出来たら、これを同じポーズで洗練させるか、より上位ポーズをとってゆく

脚を引き離そうとすると、大抵は全部の質問に答えられなくなりますね(笑)
特に2が守れなくなります。
力が全然入らなくなります。
中心軸に集めながら、太ももの骨を股関節のソケットにはめ込みながら回していく事を考えましょう。


これは文章での説明が難しいので、動画で説明しちゃいます。
⇒動画:開脚前屈や前後開脚が出来ない人の、根本的な勘違いについて

 


まずは動画でイメージを掴んでください。
詳しくはちゃんと下のブログに書きますからね。参考にしてください。
情報量が多いので、練習しやすい様に分けました。
一気に書くのも大変なのと、もったいないので(笑)
うそうそ。
真面目に言うと、全体像が見えた後の方が、細かい事が良く分かると思ったからです。
この辺も伝え方の新しい試みの一つですね。


太ももの骨を股関節のソケットにはめ込むってどういう事??(理論編)
※4月24日公開

 

太ももの骨を股関節のソケットにはめ込むってどういう事??(実践編)
※5月1日公開

 

開脚や前後開脚で力を入れる(押す)ってどういう事??(理論編)
※5月8日公開

 

開脚や前後開脚で力を入れる(押す)ってどういう事??(実践編)
※5月15日公開

 


動画とブログ4記事分のメルマガです。
凄まじい情報量です。ただ、これでも必要な要素としては本当は全然足りないんですよ。
でも、直のレッスンだと、これを理解するのに5分かからないって事が良くあります。
体験の持つ情報量の濃さを実感する瞬間です。
そんな訳で、「ザ・自主練」とリンクさせる事にしました。


自分が出来る事を増やすより、自分が出来る事をキチンと伝える方が難しいですね。
ただ、キチンと伝える事が出来ないのは、まだ理解が浅いせいだという事も自覚しています。
この試みは、自分の成長の為であり、生徒さんの成長の為でもあります。
ヨガとは「気が付く意識を高める為の方法」です。
そしてそれは、『心身が健やかで成長し続ける自分を作る為の方法』でもあると思っています。


メルマガを通じて、ブログを通じて、レッスンを通じて、一緒に成長を楽しみましょう(^^)/

 


担当:芹澤

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━それではまた次号・・・■

★基本メルマガ(第100号~第129号まで)を復習したい
⇒●第100号 身体の硬い人はいない! 〜身体を緩める練習をしよう〜
[link]http://ameblo.jp/yoga-gambaru/entry-12071937450.html

★お問い合わせ、メルマガのご感想は、こちらでお待ちしています。
⇒ info@gambaru-gym.com

★レッスンってどんな感じ??
⇒ [link]http://ameblo.jp/yoga-gambaru/entry-11733615752.html

★レッスンを体験してみたい方はこちらから。
⇒ [link]http://r.goope.jp/gambaru-gym/contact

 

 

 

 

◆新しい試みを始めます

グループレッスンスタートします。

ザ・自主練「体感Q&A」

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

 

このブログはランダムなので、まとまった教科書的な内容については、こちらをどうぞ。

●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンでは、ブログよりもちょっとだけ深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「彼女の何が好き?」って聞かれて。



「顔が好みだから!」

「スタイルが良いから!」

「実家がお金持ちだから!」

これは彼女が好きな理由ではないですよね。

自分の欲を満たす条件をたまたま彼女が持っていただけです。



「一緒にいると癒される」

「優しい」

これも多かれ少なかれ同じだと思っています。

好きが彼女そのものに向いていないからです。



好きに理由なんかないです。

だって好きなんですから。



人は好きな理由を無理に作りがちだなあと感じる時があります。

でも、好きな理由を作れば作る程、その条件は制限となり相手と自分を縛ります。

好きな理由は、逆に嫌いになる理由へと早変わりしてしまいます。



その人はその人のままです。

その人がどうあっても、例え全く同じ事をしたとしても、好きな時は好きだし嫌いな時は嫌いです。

理由はないんですよ。



ただ、理由を超えて好きでいると、理由が原因で嫌いになる事もないです。

なんだかとっても腹の立つ事はあっても、その時だけ。

理由が改善されなくても、また好きになったり、もっと好きになるって事も起こります。

それを繰り返していると、面白い事に自分の方の興味や思考が変わっちゃったりして。

「元々の好きな理由って何だったっけな〜?」ってなっちゃいます。



最初に欲求から好きになる事が悪い訳ではないですよ。

最初はそれで当たり前。

でも、それはきっかけに過ぎないんです。



あなたが好きな人、モノ、事。

その何が好きですか?

それそのものが好きですか?

それとも、まだそこから実る果実にだけ興味がありますか?



「ヨガは好きですか?」

「桜木くん、バスケは好きですか?」

 

大好きです!!!



◆新しい試みを始めます

グループレッスンスタートします。

ザ・自主練「体感Q&A」

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

 

このブログはランダムなので、まとまった教科書的な内容については、こちらをどうぞ。

●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンでは、ブログよりもちょっとだけ深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/


目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

僕はインドゥダラーサナ(三日月のポーズ)が大好きです。

このブログでもおなじみ。

顔晴るジムではメッチャクチャよくやるポーズです。

 

 

でも、生徒さんは僕ほどこのポーズが好きではいてくれないです。

このポーズが取り組みやすいからです。

言い換えると、「簡単」とも言えます、

 

 

「簡単」からはこんな思考が生まれます。

『簡単なポーズ=効果が少ない』

そうすると、つまらなく感じたり、飽きちゃったりします。

 

 

これを一度見直してみましょう。

『簡単なポーズ=観察する余裕がある=より多くの働きかけが出来る』

 

 

こうなると、意味合いがかなり変わってきます。

例えば、パリヴリッタ・パールシュヴァコーナーサナ(ひねった側角のポーズ)を見た時、どう思います?

う~ん。難しそう!

そう思う人が多いんじゃないですかね。

 

 

でも、これの練習をこれ以外でする事は可能ですよ。

そうこれで。

脚を前後に開いてインドゥダラーサナ。

脚を前後に開いて状態を倒しながら、インドゥダラーサナ。

あれ??似てる!!下の手の使い方がそっくり!!

インドゥダラーサナ。

立膝でインドゥダラーサナ。

あれ??似てる!!上の手の使い方がそっくり!!

 

でも、これをする為には、インドゥダラーサナで足元の基盤をしっかり整えておく必要があります。しかも、力を中心軸に引き込んでいます。

足元から手のひらを押し出す様に繋がる力強さをつくる必要があります。

腕の筋肉を引き込んで、アバラにスペースを作る必要があります。

インドゥダラーサナで脇腹が伸びて気持ち良かっただけでは、パリヴリッタ・パールシュバコーナーサナとは繋がらないんです。

とはいえ、これはこれで素晴らしい事ですよ!!

これで完璧に完成したと思ってしまう事が問題なんです。

「先はあるけど、とりあえず今は自分はここまで」でっていうのはアリですよ。

知って選択していますからね。

 

 

これは出来ないけど。

これは出来る!

 

 

でも、その「出来る」はこれかもしれないし。

これかもしれません。

 

 

これ、正直言って簡単なポーズです。

 

 

 

『簡単なポーズ=効果が少ない』にするのも。

『簡単なポーズ=観察する余裕がある=より多くの働きかけが出来る』にするのも。

どちらも自分の選択で出来ます。

 

 

ヨガは気が付く意識を高める為の方法です。

ポーズはその中の一部です。

ポーズは、それを出来た事を自慢したり達成感を得る為のものではなく、自分とポーズの関係性から起こる気付きを得る為のものです。

もちろん、あるポーズを目標にしたり、自分の成長を励みにする事は良い事ですからね。

難しいポーズの形をとる事だけが目的になってしまう事が問題なんです。

 

 

マーク先生から頂いた、僕が練習に向かう時に僕を支えてくれる言葉です。

ポーズは完成しない。ただ洗練させるのみ。

執着なしの行為で、最高位に達する。

この言葉を頭の片隅においておくだけで、具体的な方法よりもはるかに多くの効果をもたらしてくれますよ。

 

 

具体的とまでは行かないけど、もう少し実践的な方法についてはこちらでお伝えしています。

3つの質問、改訂版。

 

 

 

 


◆新しい試みを始めます

グループレッスンスタートします。

ザ・自主練「体感Q&A」

 

 

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

 

このブログはランダムなので、まとまった教科書的な内容については、こちらをどうぞ。

●ワンポイントヨガレッスン

メールマガジンでは、ブログよりもちょっとだけ深い内容について書いています。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

顔晴るジムホームページ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)