目白 身体が硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515


■顔晴るジムに興味のある方へ■


■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて


※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


NEW !
テーマ:

読売新聞の『編集手帳』の中で太宰治の「人間失格」の一節が紹介されていました。



古い写真のなかで子供が笑っている。いや、笑っていない。その証拠に、両方のこぶしを握っている。<人間は、こぶしを固く握りながら笑えるものではないのである。>



編集手帳の全体の文章を見た印象だと、著者の意図は、逆に「辛くても、握りこぶしを作りながらでも笑う必要がある時がある」という事を伝えたかったのだと思いました。



気持ちはとっても分かります。そうありたいです。

ただ、それは人間の機能としてとても難しいんです。

力んで、交感神経が興奮した状態は、リラックスがしづらいです。



試してみると分かります。

思いっきりこぶしを握ってみましょう。

自然と身体は丸くなります。身体全体もこわばります。

辛い気持ちがなくても、全く持って笑いづらくなります。



人は、気持ちよりも表情、表情よりも姿勢の影響を受けると、脳科学の本で読んだ事があります。



ガッツポーズで笑顔でこぶしを握っている人は実際にいます。

でも、それは、笑顔でガッツポーズを作った上でこぶしを握っています。

握りこんでからガッツポーズを作っている訳ではないんです。



ヨガのポーズも同じです。

力を入れている訳ではないんです。

力が入る姿勢を作っているだけなんですよ。





落ち込んだ時、頑張って気持ちを盛り上げるのはとても大変です。

でも、胸を張って深呼吸する事は、例え元気がなくても物理的に出来ますよね。

その物理的に起きた事を、脳が「自分は元気だ!!」って勘違いしてくれます。

それを通じて、少しずつでも本当に元気を戻していけばいいんです。

血行が良くなったり、酸素が沢山入ってきたり、疲労が抜けやすくなったり、実際に身体は元気になりますから。



ポーズへの取り組みも同じです。

もちろん、日常への取り組みもそうです。

心と身体は繋がっています。

身体から心へ、どんなメッセージを送っていますか???



自分に対して。

「身体は痛いし、力んで、背中も丸くて、思った様に出来ないダメな奴」って伝えますか?

「(例えレベルがまだ低くても)いつも楽しく気持良く、可能性に満ちた存在」って伝えますか?



そう思おうとしても、思えない事って沢山あります。

無理に思い込もうとする前に、今よりもちょっとだけでも充分です。

マシな状態を身体に与えて下さい。

それは可能性として、心の大きな影響を与えてくれます。



だからこそ、瞑想だけでないハタヨガが。

ポーズをとる事が大きな意味を持つと僕は考えています。



■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて



※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらをお読みください。

●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

顔晴るジム メールマガジン 第118号

『読んだらからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン』

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今回のテーマ>
★力まずに力を入れるコツとは??
★腹筋と押す事の連動について考える
<今回の質問>
Q:上手く伸ばせたつもりなのに、すぐ元に戻ってしまいます。何か間違っているのでしょうか?
A:大丈夫ですよ。実は、物理的な効果って30分程度なんですから。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
<今回のテーマ>
★力まずに力を入れるコツとは??


前回、力を入れるのと力むのは違う事だとお話しました。
すると、「それは分かるけど、じゃあどうするのさ?」ってなると思うので、説明しますね。



僕はこう考えています。
力を入れるのは、全身が連動して力が入る事。
力むのは、その場所だけに力が入る事。



例えば腕立て伏せ。
腕や肩だけに力が入っているのは力みです。
腕立て伏せをしているのに腹筋に力を感じられる様な状態。
それを『力が入った状態』だと考えてみて下さい。



他の例だと、スクワットをした時。
太ももの前側にだけ力が入っているのは力みです。
足の裏に力を感じられますか??
太ももの裏側にも力を感じられますか??
そして、腹筋にも力を感じれますか??
こんな感じで、全身に力の流れを広げて行く事。
これを『力を入れる事』だと考えてみて下さい。



最初は難しいです。
特定の場所だけに力が入ってしまって構いません。
問題は、力が入ったからそれで良いと思って、思考停止してしまう事です。



筋トレの時に、『その筋肉に効かせる』という事も、もちろんアリです。
でも、「その筋肉への負荷を強くする事」と「その筋肉しか使わない事」は違います。
その筋肉に効かせる時にも、他の部分も力の流れはありますからね。
力の配分をコントロールしているだけです。



その全身への力の流れを意識するのは簡単ではないです。
でも、それをなるべく簡単にする方法があります。
それが、『腹筋を使う事』です。



★腹筋と押す事の連動について考える


力を入れるという動作は、何かモノを押すと、その力の流れが分かりやすいです。
何も無い所でパンチを打つよりも、実際にサンドバッグを打った方が、どんな力がかかっているかを感じられますよね。



それが、「押す」事の利点です。
●今年は「押す」押しです


で、ですね。
『押した時に、腹筋に力を感じるかどうか』を意識すると、とっても練習がしやすくなるんです。



例えばダウンドッグ。
肩が辛かったり、ふくらはぎが引っかかるという感覚はあると思います。
そこで、それが痛くない様にという取り組みは出来るんですよ。
でも、その時に「腹筋に力を感じるか」という取り組みをしていない人が多いですね。
●力の流れを感じる練習をしてみよう


文章での説明が難しいので動画にしてみました。
これでイメージを掴んでみて下さい。
●動画:ヨガ(ヨガ以外でもだけど)で腹筋の使い方をこんな感じでしてみると良いですよというアイデアについて


これ分かるかな??
直接のレッスンだと伝わるんだけど、動画でニュアンスは大丈夫かな?
どうでしょう??
試した人は感想を教えてもらえるとありがたいです。
info@gambaru-gym.com



今回はなんとな~く、全体のイメージを掴んでおいてください。
次回はもう少し細かく分解して話をしますから。
腹筋はとってもとっても大切です。
これがキチンと分かると、練習が激変しますので。
次回は超重要回ですね(^^)/


担当:芹澤

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今回の質問>
Q:上手く伸ばせたつもりなのに、すぐ元に戻ってしまいます。何か間違っているのでしょうか?
A:大丈夫ですよ。実は、物理的な効果って30分程度なんですから。


ハーフドッグで腕が上がりやすくなるコツをつかんだ生徒さん。

●ハーフドッグ、ダウンドッグでの腕の使い方1 ~上腕を外旋してみよう~


練習の直後はいいんだけど、すぐ元に戻っちゃう事が気になったそうです。
それで、何か間違っていないかを気にしていたんですけど、そんな必要はないんです。



ヨガのポーズやストレッチをすると、その直後に大きな変化を感じます。
でも、そういった急性の変化の効果は30分程度なんです。



練習直後の効果として。
筋肉の緊張をとって、脱力しやすい状態になる事。
身体の筋肉を連携させて効率的に使える様になる事。
伸ばす(動かす)事で身体が温まる事や圧が加わる事で、伸びるというよりも物質的に筋肉が緩まる事が起きます。
それによって、一時的に柔軟性が大きく向上した感覚になります。



これが、身体が冷える事、動いている内に疲労が溜まる事、良い使い方を感覚的に忘れていく事で、また硬くなっていっちゃうんですよ。
これは物理的に仕方のない事です。



もちろん、継続的に続けていく事で、根本的な柔軟性が向上してきます。
また、ポーズを通じて、日常生活やポーズそのものへの取り組み方がより効率的に行える様になっていきますしね。



長~い道に門がいくつもかかっているのを想像してみてください。
ひとつひとつの練習はその門を開く行為です。
その時に、門をくぐって進めば、新しい景色と次の門が見えてきます。
それを繰り返しながら前に進んでいくんですね。
門が開いても進まなければ、門の開閉を見ているだけで終わってしまいます。



ただ、柔らかくする事以上に、ポーズに取り組む過程から学習の転移を学ぶ事の方がより重要です。
●学習の転移の威力 ~ラクロスボールから前後開脚(ハヌマーン)まで~


上手に取り組めれば、短期間でも十分な効果が出ています。
カルフォルニア大学デービス校の研究によると、10人のヨガを始めたばかりの生徒たちの柔軟性は8週間で188%ほど向上したそうです。
ですが、注意が必要です。
筋肉は10~15%まで安全に伸ばす事が出来ますが、靭帯や腱は4%伸びただけで断裂を起こし始めると言われていますからね。



気持ち良い練習をする事。
そして、その練習を継続する事。
結局は、このシンプルな取り組みこそが一番の近道なんですね。



担当:芹澤






■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて


※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらをお読みください。

●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


いいね!(22)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジャーヌシールシャーサナ(頭に膝をつけるポーズ)です。

平たく言えば、片脚での座った前屈です。



今日はこれが出来る様になる話ではなくて。

これがそこそこ出来る様になった後の話です。



出来る事をゴールにしてしまうと、成長が止まってしまいます。

出来た自分をスタートにして、新しい景色を見に行きましょう!!

今日は、そのアイデアを広げる為のヒントをお送りします。



一つは、足の裏を壁に付けてみましょう。

これによって、ふくらはぎの伸びが強くなります。

でも、壁を使っている分上半身を解放できるので、力を抜きやすくなります。

股関節周りを緩める余裕がもっと出てきます。



それが分かると、こんなアイデアも持てますね。



これの学習の転移 です。

●現時点で最高のふくらはぎの伸ばし方



ラクロスボールでやると、また違う刺激があります。

足の甲が広がる感覚や、足の裏とお腹やお尻の連動する感覚を掴む事が出来ます。



股関節を緩めるなら、下にブロックを置くのも良いですね。


これの学習の転移 です。

●練習に行き詰っちゃった時の話 ~開脚の場合~


それが出来たら、足の裏を高くして壁につけるのも良いです。

学習の転移を起こして、今日の話を全て組み合わせたパターンですよね。




一つの方法に執着するのではなく、こうしたアイデアに気付く事が大切だと思っています。




良い方法に取り組むのではなく、良い方法だと自分が思った方法に取り組んで下さい。

でも、その自分が選んだ方法は、絶対ではありません。
それは、その瞬間ごとに変わります。

常に自己観察をして、自分が良いと思える方法を選び続ける事が重要なんです。


その時に、方法を見つける為のヒント。

この3つの質問 をしてみて下さい。

自分にワクワクとしたパワーを与えてくれるモノに出会えると思います。

少なくとも、僕はそうでした。

そして、顔晴るジムではその方法を生徒さんに伝えています。



皆さんにとって、ヨガが本当に楽しいものになります様に(^^)/






■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて



※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらをお読みください。

●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウルドヴァダヌラーサナ(ブリッジ)をしたい!

でも、硬くて出来ない。



そんな時には、ここから始めましょう。

これで、十分な練習です。



こんな風にブロックを置いてから寄りかかればいいですよ。

ヨガブロックでなくても、ストレッチポールとか、毛布とか、広辞苑とか、家にあるもので代用出来れば大丈夫です。



多くの場合、何気なく寝ると、肩が内側に引っ張られています。



呼吸と合わせて、吐く息の時にダラダラと鎖骨を下に落とす様にしましょう。

これによって、胸が気持ち良く開く感覚になれば当りです。

背中が痛かったり、反りがキツイ場合は高さを調整してください。

気持ち良い感覚を見つける事自体が練習です。



緩んで来たら、手を組んで上げると更に気持ち良いですよ。



案外背中や肩周りって力んでいます。

そして、頑張っている内は、その力みに気付きません。

力みに気付かない内は、使い方には変化が訪れません。

使い方が変わらなければ、柔らかくなるのは難しいんですよ。



そのポーズが出来る様に練習するのはオススメ出来ません。

似た要素で気持ち良い感覚になるものがないかを探してください。
「その気持ち良さを保ったまま、どこまで出来るかな~」という試す行為がチャレンジです。



気持ち良さを大切に。

遠回りをしている様に感じるかもしれませんが、それが一番の近道です。

そして、自分が考えている以上の恩恵を与えてくれます。



後屈っていいもんだなあ。

まずは後屈にそんな親しみを持った上でお付き合いください。
好意返報の法則。

ポーズも必ず応えてくれますよ(^^)/





■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて




※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらをお読みください。

●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


いいね!(38)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このブログの普段の閲覧数って、2000弱です。

たま~に3000を超える事もあるけど、大体1500~2500の間でユラユラしていますね。
アメブロはデータが細かく分かるので、記事との関係を見てみると面白い事が分かりました。



僕が『これが超大事』って思って書いたものって、あまり人気ないんですよ(笑)

これなんか特にそう。

超絶大切なんですけど、思う様には響かなかったですね。

●学習の転移の威力 ~ラクロスボールから前後開脚(ハヌマーン)まで~


逆にサラッと書いたものの方が閲覧が多かったりします。

●オーラ不足だから仕方ない!!!


これは技術的にも、心の話にしてもそうですね。



一生懸命に考えて書いたものって、頭で伝えているから伝わらないのかもしれませんね。

サラッと書いたものって、むしろ自分の心にしっかりと入っているからこそ書けるし。

また、その瞬間に「あ、これ書きたい」って思った事だと筆が早いです。

「これを伝えなきゃ」だと、逆に熱量が下がっているのかもしれませんね。



自分が正しいと思った事は、思う様には人に届かないみたいです。

でも、正しいかどうかは分からなくても、自分が楽しいと思っている事は勝手に届く様ですね。



「これをやると良いですよ」って人に伝えるのでなくて。

「いいなあ、それやりたい」って、人から自然に言われる様にありたいですね。



イイ事を書くのではなくて、イイ事をしている人になろう。

そんなイイ人が書いた文章であれば、勝手に人には届くのだろうと思いました。

一生懸命ブログを書く前に、一生懸命に練習をしろという事ですね。



見えない何者かから、そんな尻の叩かれ方をしている気がしました。

よ~し、今日も顔晴ろ~~!!!!!





■ブログだけでは説明しきれない部分も多いので、実際にレッスンを受けて感覚を掴む事をおススメしています。

顔晴るジムのレッスンについて



※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンはご紹介の方のみに限定させて頂いておりまるので、ご了承ください。

顔晴るジム自体の新規予約は可能です。芹澤以外のスタッフも同じコンセプトでレッスンしています。よろしくお願いします。

顔晴るジム スタッフブログ


このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事を知りたい方は、こちらをお読みください。

●ブログ講座スタート!!

127記事あるので、読むのが大変だと思う方はメルマガにコンパクトにまとめてあるのでどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515


いいね!(37)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)