目白 身体が硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

顔晴るジムのイベントについて


ワークショップのお知らせ 8月13日(土)17:30~19:00

『押した力を利用して、動いていない部分を使おう!~股関節編~』


ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/




NEW !
テーマ:

パールシュヴォッタナーサナ (脇腹を強く伸ばすポーズ)があまり好きでない人。



こんな働きかけをしているのではないかと思います。

頭を下げて、太ももの裏(ハムストリングス)をパンパンにさせています。



ちょっと変えて、こんな働きかけにしてみましょう。

足の裏を踏んだ力で、脚を伸ばしながら股関節を引き込んでください。

それと同時に脇腹を遠くに伸ばそうとします。



これをしようとした時、ブロックはとっても助けになります。

素直にブロックの効果を受け取って下さい。

●ヨガブロックを使おうよ~




その働きかけをしたまま段々と前に歩いて行きます。




同じ働きかけをしながら下に向いて行きます。

こうすると、パールシュヴォッタナーサナの印象は結構変わってくると思います。

「ハムストリングスがどこまで伸びるか」ではなく、「股関節の引き込みと脇腹を伸ばす働きかけをどの位の体勢まで出来たか」となるからです。



もちろん、他の働きかけをしても良いですよ。

自分にとって良い働きかけであれば。

ハムストリングスを伸ばす事をメインでもそれはそれでオッケーなんです。

ただ、多くの硬い人がそれで挫折しているので、違うアイデアを提供しているだけですから。



その働きかけがわかると、パールシュヴォッタナーサナの延長線上にこんな取り組みや。



こんな取り組みで、前後開脚(ハヌマーン)も見えてきますね。



手も足も出ないで痛いだけだとつまらないです。

自分に出来る最大限の事を探してみてください。

そこで探せた要素は、学習の転移が出来ます。

もっと難しいポーズや、日常の身体の使い方。

それだけではなく、取り組みの考え方や人生に活きるものです。



是非、ハタヨガの練習を楽しんでください。

そして、ポーズの効果を最大限に受け取ってください。




■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

イベントでは直接芹澤のレッスンを受ける機会があります。

顔晴るジムのイベントについて   


 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事をが順序立てて書いてあるので、理解の助けになると思います。

●ブログ講座スタート!!

上の記事は127もあります。メルマガにはコンパクトにまとめてあるので良かったらどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ブジャンガアーサナ(コブラのポーズ)について細かく説明しておいて何なんですが、「ポーズの細かい身体の使い方について説明するのを減らしていかないとな~」と思っています。





ヨガというのは、一つ一つのポーズに関する身体の使い方を知るだけのものではなく、もっと包括的な取り組みをした方が良いと思っている事。

もう一つは、目の前にいる人に対してのアイデアの提供ではないので、正しく伝わらない可能性があるという事です。



この辺りは注意書きを加える事で対応しているんですけど、う~ん。

やっぱりナカナカ難しい所です。

実際にレッスンに来てくれた読者さんの反応で多いのが「何となく分かってはいたけど、実際にレッスンを受けると全然違う」というもの。

レッスンを受けても全部がキチンと伝わり切るものではないのですが、文章だとより伝わり切らないのが良く分かるんですよ。

僕が一番大切にしているのは、感覚的な部分ですから。





けれどもこのブログを喜んでくれている人もいるし、実際にお役には立てている様子なので、完全になくすのもなんだかなあというのもあります。

そんな訳で、注意書きにある通り、安全と安心の下で自分でキチンと試して下さいね。

生徒さんだと「それだと危ないよ~」とか「ちょっと方向間違っているのでこっちにしましょう!」とか言ってあげられるけど、そうもいかないので。





冒頭のコブラのポーズの話に戻るんですけど。

コブラのポーズは腰痛改善にとっても良いポーズです。

でも、コブラのポーズをきっかけに腰痛になる人がとっても多いポーズでもあります。





だから、既にコブラのポーズに取り組んでいる人に「こんなアイデアがあるよ」って教えてあげる事はしていいかなと思っています。

でも、腰痛で悩んでいる人に「コブラのポーズをやればいいよ」とは教えてあげられません。

多分伝わらないから。

コブラのポーズが気持ち良く出来るのであれば、そもそも腰痛になっていないハズなんですよね。
良いと思えない働きかけ方でも気持ち良く感じる事もあるので、これがまた難しい所なのですが。。。





以前はコブラのポーズに限らず、「○○の時は△△すると良いよ」と言えたし、今もそんな感じで書いている記事も確かにあるんですけどね。

でもなるべく止めていきたいと思っています。

もしくはもっともっと基本的な約束事に絞って書くとかの方が良いかなと考えています。



ヨガを勉強して行けば行く程、ヨガに対する敬意が深まるんですよ。

そうすると大切に扱う必要が出てくるので、ただの道具として使えなくなってきます。



あ、もちろん読者の皆さんがその立ち位置に身を置く必要はないです。

生徒さんもです。

役に立つ道具として考える事は何も問題ありません。

ただ、僕はヨガの先生です。

メッセージの受け取り方は皆さんの自由ですが、僕から発信するもの自体はその思いを込める必要があると思っています。
直接会えればそれはより濃い形で伝わりますが、ブログだけでは伝わりきらないので、今は意識的に言わない事を作っています。



書いてて逆に難しいんですけどね。

簡単で安全でそれなりに効果的な事を伝える方が。

今までみたいに知っている事全部書いた方が楽なんですけど、無責任な感じに思えて来たので今は止めておきます。




細かい点が知りたい方はレッスンにお越しください。

レッスンとブログではもう完全に区別をしています。

以上の理由からご理解頂けると嬉しいです。







■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

イベントでは直接芹澤のレッスンを受ける機会があります。

顔晴るジムのイベントについて   


 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事をが順序立てて書いてあるので、理解の助けになると思います。

●ブログ講座スタート!!

上の記事は127もあります。メルマガにはコンパクトにまとめてあるので良かったらどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コブラのポーズ(ブジャンガ・アーサナ)が上手く出来ない。

むしろ腰が痛くなったり、首や肩が詰まってしまう人の働きかけ方はこんな感じです。


手のひらでだけ地面を押して持ち上げようとしがちです。

足の甲や爪で地面を押せていません。

そうすると、腰が支点になって背中が窮屈になってしまいます。




こうしてみて下さい。

コブラのポーズのスタートポジションから。





足の指を開いて、爪で地面を押します。

その反作用で鼠蹊部は天井方向に引き上がります。

その影響で、股関節が支点としてはたらきます。






それをキープしたまま、手のひらでマットを押して状態を持ち上げます。

その時に、肩を後ろに開きつつ引き下げましょう。

肩甲骨が骨盤に近づく様に意識します。

肘は少し曲げる事で、骨に頼らず筋肉をはたらかせます。

肘を後ろに引くイメージにすると、積極的に脇腹にも力が入り、力強く身体を支えてくれます。





この時に少し胸を前に出しながら持ち上げると、より安全に積極的に後屈ができます。

これに関しては以前ブログで紹介しましたね。

●コブラのポーズ(ブジャンガアーサナ)が出来ない人へのヒント





一つのポーズが出来ないと嘆く前に。

そもそもやっていない事が結構あるでしょう(^^)/

完成系ばかり見ていると、こうした過程の要素に気付けなくなります。



そういう訳なので、ハタヨガの練習は気が付く意識を高める為に行って欲しいなと願っています。

もちろん、ポーズの完成を目指す事はとっても良い事ですからね。

出来る出来ないを気にするのではなくて、練習そのものを洗練させてみてください。





■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

イベントでは直接芹澤のレッスンを受ける機会があります。

顔晴るジムのイベントについて   


 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事をが順序立てて書いてあるので、理解の助けになると思います。

●ブログ講座スタート!!

上の記事は127もあります。メルマガにはコンパクトにまとめてあるので良かったらどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例えば、恋人にプレゼントをした時。

喜んで欲しいなと思う事と、相手が喜ぶかどうかは全く別の話です。



また、本当に喜ばせたいと思っているならば、ただプレゼントを渡すだけで終わらせずにもっと出来る事があります。

渡し方、タイミング、声の掛け方なども考えると良いですよね。

より喜んでくれるように、プレゼントを渡す一週間前からより優しい言葉や態度で接して、相手の気持ちを整えます。

そして、こちらのアクションを受け取りやすい状態になってもらってから、プレゼントを渡すとかね。


「このプレゼントをあげさえすれば喜ぶだろう」じゃダメなんですよ。



別に結果を期待するのは悪い事ではないです。

良くないのは、結果にがっかりしたり、結果が出る程度の努力で済まそうとする事です。



「今」を大切に、「出来る事」に取り組んでみて下さい。

予想を遥かに超える結果に出会えるかもしれませんよ。

もちろん、出会えないかもしれません(笑)



だからこそ、やるしかないんですよね(^^)/

練習も人生も。

その時に出来るだけ賢く取り組めれば、前に進みやすくなります。

一生懸命にやるんだけど、集中し過ぎて周りが見えなくならない様に注意しましょう。

その為には観察が必要です。

観察には気が付く意識が必要です。



ヨガとは気が付く意識を高める為の方法です。

そんな訳で、ヨガと人生は繋がってくれるんですね。




■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

イベントでは直接芹澤のレッスンを受ける機会があります。

顔晴るジムのイベントについて   


 

ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事をが順序立てて書いてあるので、理解の助けになると思います。

●ブログ講座スタート!!

上の記事は127もあります。メルマガにはコンパクトにまとめてあるので良かったらどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

顔晴るジム メールマガジン 第122号

 『読んだらからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今回のテーマ>
★アバラを広げる感覚を掴もう!
★背伸びを洗練させながら、アバラを広げよう!
<今回の質問>
Q:近所のヨガクラスに通って半年くらいです。
週一回位のペースでレッスンを受けていますが、今のところあまり柔らかくなった感覚がありません。
先生は繰り返しやっていけば身体は柔らかくなると仰るのですが、本当でしょうか?
A:今のまま同じ事の繰り返しだと、ちょっと難しいかもしれません。
安全と安心の下、新しい感覚にチャレンジする必要があります。

■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
<今回のテーマ>


★アバラを広げる感覚を掴もう!


前回は反り腰にならない様に背伸びをする練習をしましたね。

●メルマガ第121号 鼠径部(太ももの付け根)をちょっとだけ後ろに引いてみるとなんだか凄い事に




それでは、今回は背伸びのもう一つのポイント。
アバラを広げる練習をしていきましょう。



この両方が分かると、色々な要素が出来る様になっていきます。

さて、それでは実際に練習してみましょう。



最初に背伸びをします。
バンザイして下さい。
まずは今の感覚を覚えておきましょう。



そこから、右手で左の手首を掴んで、右に倒れます。
もし余裕があれば、腰は平行に左に動かしましょう。
互い違いの動きになるので、アバラが良く伸びます。



でも、これで終わりじゃないんです。
ここからが大切です。
深呼吸をしましょう。

右に倒れた時点で、左のアバラは十分に引っ張られていますよね。
もう動かなそうです。
そのまま引っ張ったとしても、突っ張って痛いだけになりそう。



これに変化を加えます。
右に倒れて止まった所から、ゆっくりと息を吸って左のアバラを膨らませて下さい。
息を吐きながら、膨らんだ箇所の皮膚が柔らかくなる様にイメージします。
そうすると、左のアバラが少しずつ開いて行きます。
広がった分だけ、少しずつ右に身体が倒れていくのを感じられると思います。



この時、出来れば鼻から吸って鼻から吐きましょう。
その方が、僕の経験では上手に出来ます。
自分なりに比べて、試してみて下さい。
口呼吸との影響の違いが感じられて面白いですよ。



ポーズで言うと、インドゥラダーサナ(三日月のポーズ)と言います。
※ちなみにサンスクリット語の意味から言うと、「アンジャネーヤ=三日月」ではないそうです。

やり方は分かりづらいかもなので、これ、動画で紹介しますね。
●動画:アバラを広げる感覚を掴もう!



★背伸びを洗練させながら、アバラを広げよう!


タイトルだけ見ると「何の事やら?」ですね。

これは、「さっきのアバラを広げる動きを、しっかりと背伸びをしながら行ってみよう」って事です。



やっぱり「なんのこっちゃですかね」

これ、上の動画の中でも働きかけはしているので、説明しますね。



簡単にいうと、地面をキチンと踏んでいます。

例えば、側屈で右に倒れた時、重心は右に乗りやすいです。
そうすると、左の足の裏が地面から浮きだすか、浮かずにそのまま地面に触れていたとしても地面を押せていないケースがあります。
※左右浮くパターンが逆の場合もあります。でもやる事は同じです。面白いですね(^^)/

力が入れられない状態です。



思い出して下さい。
そもそも背伸びって、上下に伸びていましたよね。
地面を押すのと上に伸びるのが同時に起こるんです。

アバラを広げられても、それによって背伸びの感覚がなくなったらもったいないですよね。
背伸びをしながらアバラを広げましょう。



やり方は簡単です。
アバラを広げて、倒れた側と反対の足が少し浮きだした所から、ゆっくりと地面を踏みに行きましょう。
押す時は、鼠径部を少し引きながら取り組んでみましょう。
これについては、前回お話しましたよね。
それによって、色々な感覚がやってきます。
これは試してみると分かると思います。



これの前後でバンザイをしての違いを比べてみると面白いですよ。
身体の中心に力の集まる感覚や、全身の引き伸び方の違いを感じられるのではないでしょうか??

これで背伸びを洗練させる事が出来ました。
さて、それでは背伸びをポーズにどう活かすのかを説明して行きますね。
それはまた次回に(^^)/



担当:芹澤


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■■
<今回の質問>
Q:近所のヨガクラスに通って半年くらいです。
週一回位のペースでレッスンを受けていますが、今のところあまり柔らかくなった感覚がありません。
先生は繰り返しやっていけば身体は柔らかくなると仰るのですが、本当でしょうか?
A:今のまま同じ事の繰り返しだと、ちょっと難しいかもしれません。
安全と安心の下、新しい感覚にチャレンジする必要があります。



ヨガを始めた事はナイスチャレンジです!!素晴らしいです。
これ、柔らかくなる人は柔らかくなるし、柔らかくならない人は柔らかくなりません。
そう言っちゃうと、身も蓋もないですけど。。。



実は、柔らかくなる人は同じ事を繰り返していないんですよ。
同じポーズに取り組みながら、ちょっとずつ違う事をしています。
これは意識的な事もあれば、無意識な事もあります。



ダウンドッグをして踵が着かない人が、毎回ふくらはぎを引き伸ばす様に頑張っても、残念ながらあまり変化しないです。
力の入れ具合や、力の入れ所を変えながら、「ふくらはぎが伸びやすい姿勢」を整えて、「ふくらはぎが伸びやすい身体の使い方」を探せた人が段々と柔らかくなっていきます。


実例でいうと、こういう事です。
●<実録>ダウンドッグで踵が着かない場合にどうするか


柔らかくなる人って、無意識にこの作業をしています。
また、元から柔らかい人は、もうそもそもの身体の使い方も筋肉の質も違います。


だから、元から柔らかかった先生がすごく柔らかくなった場合、その前段階で何が起こっているが分かっていない事もありえます。
本当に硬い状態を経験した事がないですから。
アドバイスが届かないのは仕方のない部分でもあります。

先生からはアイデアはもらうけど、自分でしっかりと経験をしましょう。


同じポーズに対して、毎回同じ頑張り方をするんじゃなくて、自己観察をしながら丁寧に試行錯誤してください。
これは、沢山試さないと分かりません。
だから練習自体は必要です。


なので、安心と安全の下での取り組みが大切になりますからね。

半年取り組んで、ゴールにまだ遠い感じがしても、近づいている感覚があれば大丈夫です。
目標が高いだけかもしれませんから。
でも、スタートから動いていない感じがするのであれば、取り組む方自体を見直す必要があります。
安全と安心の下で。



そうして、自分なりに観察力を持って取り組んでいくと、必ず道が開けてきます。
今のスタジオでの先生のアドバイスの受け取り方や、先生への質問の仕方が変わっていって、練習が効果的になっていくのを感じますからね。


もし、それでもまだ分からなければ、顔晴るジムを頼ってください。
ヨガ好きの方のチャレンジが前に進むように応援しています(^^)/



担当:芹澤



■顔晴るジムに興味のある方へ■

■このブログでお伝えしている方法を鵜呑みにしないでください。

あくまでも、インストラクターの個人的経験に基づくアイデアの一つとして受け取ってください。

安心と安全の下練習してください。もし自分にとって合わないなと思った時は紹介している方法を採用しないでください。

もし興味があれば、実際にレッスンに来てご相談ください。

顔晴るジムのレッスンについて
※生徒さんが増えてしまった為、芹澤の新規レッスンは受け付けておりませんので、ご了承ください。顔晴るジム自体の新規予約は可能です。スタッフは同じコンセプトでレッスンをしています。ブログで様子をご覧頂けます。

顔晴るジム スタッフブログ

もし良かったらワークショップなどもあります。

イベントでは直接芹澤のレッスンを受ける機会があります。

顔晴るジムのイベントについて   


ヨガが好き!でも、身体が硬い(+_+)でも。。。やっぱりヨガが大好きな方、大歓迎です(^^)/

目白 身体の硬い人の為のヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆営業時間 11時~20時 定休日なし
◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

このブログはブログ講座として2015年の1月1日から5月9日まで連載ものになっています。
ヨガや身体の使い方の基本的な事をが順序立てて書いてあるので、理解の助けになると思います。

●ブログ講座スタート!!

上の記事は127もあります。メルマガにはコンパクトにまとめてあるので良かったらどうぞ。

●顔晴るジム メールマガジンについて


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)