ふぅだっと。 (NFL / セインツ)

NFL / New Orleans Saints(ニューオーリンズ・セインツ)応援ブログ


テーマ:

ドラフトまで 10日に迫りました。

セインツ目線で今年のドラフトを考えてみます。

 

 

セインツが現在持つドラフト指名権は、

 

 1巡 11位

 1巡 32位 (from NE)

 2巡 42位

 3巡 76位

 3巡 103位 (from NE)

 6巡 196位

 7巡 229位

 

以上の 7個です。

4巡は WR ブランディン・クックスのトレードの際にペイトリオッツへ渡りました(ただし、この指名権はデフレゲートの処分としてリーグに没収された模様)。5巡は昨年のドラフトで DT デビット・オニエマタを指名する際にトレードアップに使い、レッドスキンズへ譲りました。

 

3巡 103位までに 5つの指名権があるのは、複数の即戦力を獲得できるという期待に胸はずむものではありますが、それ以降の指名権が 6巡・7巡それぞれ 1個ずつで、中下位からスリーパーを見出すには数が少なくほぼ無駄に費やすおそれをはらみます。

 

 

セインツのドラフトは例年、ニーズを意識しつつの BPA が基本で、上位は特にニーズ重視の傾向があるものの、チームのボードで飛び抜けて高く評価している選手が残っている場合は躊躇せずトレードアップします。

最近の 1巡は、2016年の DT シェルドン・ランキンス、2015年の LB ステファン・アンソニーはニーズ、2015年の T/G アンドラス・ピートは BPA、2014年の WR クックスはトレードアップです。ピートに関しては、指名する予定だった NT ダニー・シェルトンが直前のブラウンズに指名されちゃったため、あわててピートを指名したと言われています。何じゃそりゃ。

 

今年はドラフト前の段階で多くのポジションが薄い状態で、ニーズ重視で行くのではないかと予想しています。

セインツのニーズを確認すると、

 

 DE ・・・ キャメロン・ジョーダンの反対側。瞬発力と多様なテクニックを持つパスラッシャー

 CB ・・・ デルビン・ブローの反対側。チームの特性としてはマンカバー能力のあるコーナー

 WR ・・・ ディープスレッド。ルートランの正確性とタイミングパスのキャッチ力があればなお良い

 RB ・・・ ゴリゴリのランよりも汎用性。キャッチのうまさとすばしっこさはマスト

 FS ・・・ パスカバーが良くタックルがソリッドな選手。ディープをシングルハイで守れるのが目標

 LB ・・・ リーダーシップ、スナップ前のプレーの読み、ソリッドなタックル、カバー能力のある選手

 

ざっとこんな感じでしょうか。

CB は、ペイトリオッツのマルコム・バトラーの獲得に乗り出しており、ドラフト前に補強が完了する可能性があります。ちなみに、バトラーはペイトリオッツからの RFA オファーにサインしペイトリオッツの契約下に入りました。これで、いつでもトレードができます。トレードの場合は最低でも 1巡 32位が代償として譲渡されます。

FS はラファエル・ブッシュの復帰でまあまあ埋まったと言える状態です。2年目ボン・ベルの伸びしろにも期待したいところ。

WR はモックでもあまり見かけませんね。クックス喪失の影響は少なくないと思うのですが。

LB はこれ全部できる選手がそもそもそんなにいないので、見つかればラッキーぐらいの気持ちです。はたして、ルーベン・フォスターの指名はあるのでしょうか。

 

1巡 11位は、DE が本命でしょうね。

デレク・バーネット(テネシー大)、タコ・チャールトン(ミシガン大)あたりが候補になります。総合的にはバーネット、パスラッシュ特化であればチャールトンという評価のようです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)

よーだ(yoda-da-yon)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。