依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:

今日も、暑いです。あせる


今日は、ロシアから星出宇宙飛行士の打ち上げがあり、

中継見てて、ちょっとテンション上がりましたアップ


打上げは、何度見ても迫力あって、すごいですね。


早く日本でも有人宇宙飛行ができる日が楽しみです。


今週は土曜日にもこうのとり(HTV3)の打ち上げがあるので、今から楽しみにしてます!



さて、最近資金繰りに軽くはまっている依田会計の古屋です。


中小企業は、多かれ少なかれ資金繰りで苦労しない会社はほとんどありません。


売上を増やすことには誰もが必死にやりますけど、


売上が増えても資金繰りが楽にならない、なんて経験をしている方も


少なくないのではないかと思います。


『勘定合って、銭足らず』 なんて言葉が昔からあるくらいですから、


昔から資金繰りには苦労されていたんですね。



◆回収サイトと支払サイト



資金繰りに影響を与える要素はいくつかありますが、ここでは


商蔵奉行との関連から論じるため、回収サイトと支払サイトについて


考えてみたいと思います。


単純化すれば、回収サイトと支払サイトによる資金不足はこういうことです。



依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-資金不足の概念

単純に言えば、売ってから現金で回収するまでの期間と、


商品を仕入れてから支払うまでの期間の関係によって、資金繰りは左右されます。


もちろん、商売をされている方なら、良くご存じのことです。



販売(売掛金発生) → 請求書発行 → 入金



末締め翌月末払いの場合


販売(売掛金発生) → 請求書発行(月末) → 入金(翌月末)


となり、販売が月初なら、最大で回収までに2カ月近くかかります。



さらに、手形での回収や支払がある場合には、これも加味する必要があります。


仮に月末締めで、翌月末に90日の手形をもらう場合、


販売(売掛金発生) → 請求書発行(月末) → 手形回収(翌月末) → 入金(4か月後)


となり、同じく販売が月初なら、回収に5カ月近くかかることになります。



同様に、支払サイトを考えて、両者を比較します。


財務分析では、下記のように計算します。


依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-回収支払バランス


売上債権には、売掛金や受取手形が該当します。


1日あたり売上高で割ることで、何日分の債権を抱えているのかを表します。


回収サイトから支払サイトを引き、その差引日数がマイナスならOKです。OK



中小企業白書2012をもとに計算したところ、


回収サイト 45.4日-支払サイト 48.3日 = -2.9日


となっていて、これなら資金繰り上問題ないということが分かります。



まずは、これで、全社的な回収支払のバランスが良いかどうかを把握し、


もしこれがプラスだったり、もっと改善したいという場合、回収サイトを短縮化したり、


支払サイトを長期化することになります。


とはいえ、支払サイトを伸ばすのは、業績悪化のうわさが出たりするので


出来れば手を付けたくないので、まずは回収サイトの短縮となるでしょうね。




◆ 商蔵奉行で個別具体的に・・・



商蔵奉行では、締め日と回収日の登録があります。


得意先登録の得意先一括登録から画面で確認するか、


Excelに出すなら、[随時処理]-[汎用データ作成]-[マスターデータ作成]-[得意先データ作成]-[得意先データ作成]


から、csvかExcelダイレクト転送を使うとよいでしょう。



依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-回収予定一覧


上記で言えば、太平洋食品は20日締めで翌月末払いなので、締めからのサイトが40日ですね。


売上日から見たら、70~41日の間で分散するため、単純化するなら、締め日からでいいと思います。


これに、手形回収はここに含まれないため、更に右側に手形回収サイトをいれて、


合わせた日数を把握します。


その日数が多いところから、手形をやめてもらうとか、現金化までの日数を減らしてもらえるよう


交渉することになるのでしょう。



◆ 回収支払バランスの改善による資金繰り改善効果



その交渉は決して簡単ではないと思います。


しかし、その交渉により短縮できたら果たしてどれだけの効果があるのでしょうか。


仮に年商5億円の会社で、5日間回収サイトを短縮できたとします。


5億円ということは、1日あたりの売上高は約137万円です。


それが5日分短縮できたということなので、137×5=685万円の資金繰り改善です。


たった5日かもしれませんが、それで685万円のお金が増えるのです。


銀行借り入れなら返さなければいけませんが、これは返す必要のないお金です。



◆ 目指すは、回収支払バランスをマイナスに。



回収支払バランスは、最終的にマイナス値を目指すべきです。


もしプラスなら、売上が増えても、それ以上に資金が圧迫され、


黒字倒産しかねません。


そうです、売上が増えれば増えるほど、資金繰りが苦しくなるのです!


そんなことにならないようにするためにも、回収支払バランスには十分注意しましょう。




銀行借り入れで苦しくなるならともかく、売れば売るほどお金が無くなるなんて


考えたくもないですよね。


資金繰りがなかなか楽にならないという方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


弊社では、商蔵奉行を中心とした販売管理システムと在庫管理のアドバイスを

行なっています。なかなか自社だけではうまく解決できないという経営者の方は

一度ご相談ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

  依田(石井)公認会計士税理士事務所 /株式会社 フシ総合研究所


  担当: IT経営支援室 古屋
  メール:shop@fushi.jp

  ◎販売管理システムでお悩みなら・・・

   依田会計IT室長によるOBC奉行活用術


  ◎FushiNetShop(奉行サプライのネットショップ)
   フシネットショップ
   http://www.yodacpa.co.jp/shop/

   少量・小ロットの100枚パックあります。 <<< 1箱では多いというお客様に!


  保守契約もお取り扱いしております。!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

依田会計IT室長古屋健さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。