依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:

前回もご紹介した、商蔵奉行Ver1.53の新機能から、少し詳しくご紹介します。


表題のとおり、敬称を内容に合わせて印字する機能というのが追加されました。


(Sシステム または TypeNS にのみ対応。)




これだけでは少し分かりにくいかもしれませんが、たとえば、納品書や請求書で、


得意先の宛先が出力されていますが、会社によって、得意先名1だけの会社や


得意先名2まで使っている会社、得意先担当者まで登録されている会社があるでしょう。


しかし、従来、敬称を印字する場所って、一ヶ所に決められていて、仮に得意先名1しか


使用されていなくても、得意先担当者名の右側に「様」とか「御中」とか表示されるので、


得意先名1と敬称が大分離れてしまい、バランスが良くない・・・


ということも多かったのではないでしょうか。


こんな感じで、  ↓   得意先名と敬称がずれてるし、離れてる


依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-敬称固定



そこで、今回Ver1.53にて、印字されるものがあるところに表示されるようになりました。


この機能によって、上記の「京都システム」の場合こうなります。



依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-敬称変動



■ 設定方法


上記、敬称表記の柔軟な印字設定は、オリジナルフォームにて行います。


宛先名1・2・宛先担当者の「項目設定」の「表示形式」を開き、敬称の付加のチェックを付けます。


(宛先名1・2にのみ、優先順位設定があります。)


依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-敬称付加設定


■ 印字条件


優先順位のところでも、担当者名→宛先名2→宛先名1となっていますが、


詳しくは次のようになります。



依田会計IT室長によるOBC奉行活用術-敬称変動条件


このように、柔軟に表示されることになります。



それほど重要なことではないかもしれませんし、


この機能があるから商蔵奉行ⅰを選ぶということはないかもしれません。


しかし、細かい要望もこのⅰシリーズでは実現していこうという


OBCの意気込みが表れているような気がします。


今後も利用者の立場に立った機能アップを期待しましょう。


-------------------------

フシネットショップより


商奉行ⅰ Sシステム(スタンドアロン)+初年度保守

http://fushi.open365.jp/Products.561.aspx


蔵奉行ⅰ Sシステム(スタンドアロン)+初年度保守

http://fushi.open365.jp/Products.565.aspx


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


弊社では、商蔵奉行を中心とした販売管理システムと在庫管理のアドバイスを

行なっています。なかなか自社だけではうまく解決できないという経営者の方は

一度ご相談ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


  株式会社 フシ総合研究所
  担当: IT経営支援室 古屋
  メール:shop@fushi.jp

  販売管理システムでお悩みの方
  http://www.yodacpa.co.jp/service/itconsulting.html

  FushiNetShop(奉行サプライのネットショップ)
  フシネットショップ
   http://www.yodacpa.co.jp/shop/

保守契約も!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

依田会計IT室長古屋健さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。