依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:

もしドラ、5話まで終わりましたね。まだ2話までしか見てませんが、

子供たちとも一緒に見ていて、何かの刺激になってくれればと思っています。

もちろん、自分にもまた渇を入れるためにも!!




さて、今日は久しぶりにIFRSネタで行きます。


IFRSは、収益認識基準がこれまでと大きく変わる可能性があります。


特に販売管理システムに与える影響について、少し考えてみようと思います。


ただし、IFRSについて解説するための記事ではないため、IFRSの説明としては


正確性に欠ける表現もあります。その点について、ご了承ください。


※IFRS対応は、OBC Vシリーズにて対応いたします。

 21シリーズ、i シリーズでは対応の予定はありませんので、ご注意ください。



■収益認識の要件



IFRSでは、いくつかの収益認識の要件が定められていますが、特に問題になると思われるのが、


物品の所有による重要なリスクと経済的便益が買い手に移転したとき」 に


収益を認識するという考え方です。


分かりやすく説明するために、卸売業などで、出荷日と到着日が異なる状況を前提にします。


依田会計IT室長によるOBC奉行活用術


従来、日本ではほとんどが出荷基準が取られていました。


販売管理システムでも出荷基準が前提になっているものが多いと思います。商蔵もそうですね。


出荷したものが売上となるわけです。


しかし、IFRSでは相手方に物が届いたときに売上を計上してよい、と言っているわけですから、


いわゆる検収基準で、売上を計上する必要がある、ということになります。



■ 販売管理システムでの対応



OBCでは、IFRSにおける収益認識基準の対応について、アドプション対応のひとつとして、


2011年4月以降対応を開始すると発表されていますので、対応が進められていると思われますが、


ただ現時点では具体的な対応について、まだアナウンスされていません。


→ OBCのIFRS対応プロダクトロードマップ



IFRS自体、まだはっきりしていない部分もありますし、システム対応もまだまだこれからですね。


ただし、すでに対応できているシステムもあるようです。


伝票ごとに出荷基準と検収基準が選べるようになっていたり、検収予定日でみなし検収が


できるようになっていたりするようです。


そんな処理ができないと対応できないって事ですが、


その意味を理解してきちんと処理するとなると、現場は混乱しそうな気もします・・・



■ そのとき、在庫は・・・!



さて、先ほどの図で、IFRSでは売上認識を検収基準で行うと説明しました。


しかし、物は既に出荷時に自社からはなくなっており、在庫は出庫時に減少しています。


従来のシステムの考え方では、検収基準で売上を計上するだけなら難しくないかも


しれませんが、在庫はあくまでも出荷時に減少させる必要があります。


つまり、在庫の管理を考えたとき、IFRSに対応するということは、


出荷時に実在庫を減少させつつ、検収して初めて、経理上の在庫に反映させる


という難しい問題が出てきます。


もう、システムで対応していただくしかないです。OBCさん宜しくお願いします。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


弊社では、商蔵奉行を中心とした販売管理システムと在庫管理のアドバイスを

行なっています。なかなか自社だけではうまく解決できないという経営者の方は

一度ご相談ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


  株式会社 フシ総合研究所
  担当: IT経営支援室 古屋
  メール:shop@fushi.jp

  販売管理システムでお悩みの方
  http://www.yodacpa.co.jp/service/itconsulting.html

  FushiNetShop(奉行サプライのネットショップ)
  フシネットショップ
   http://www.yodacpa.co.jp/shop/

保守契約も!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

依田会計IT室長古屋健さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。