依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:

実は以前から、くら寿司に行ってみたいと思っていたのですが、ようやく先日その機会に恵まれました。


別にただの回転寿司だろう、って思うかもしれませんが、


一つにはうちの近くに、くら寿司がないのと、


くら寿司の鮮度管理システムに興味があったからです。




以前、システム関係の雑誌で、くら寿司では皿の裏に貼ったQRコード(二次元バーコード)で、


皿ごとの鮮度を管理していて、一定時間になると、自動的に回転しているレーンから外れて廃棄される


と言う話を見たことがあったので、是非一度見てみたいと思っていたのです。




QRコード、ありました!



依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

店内を見てると、こんな掲示が。




依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

たまたまですが、回転レーンの終端近くに座ったので、QRコードを読み取っていると思われる部分が見えました。


いや、考えましたね~。


やっぱり、回転寿司で気になることといえば、あのレーンで回っているすしは


どれだけあそこに乗ったままなのか・・・ではないですか?私はいつもそう思っていて、


ほとんど回っているのを取らずに、全て直接オーダーして食べるものだと思っています。


そういうお客さんが多いんでしょうね。




そういえば、くら寿司って、全品100円ですね。それにしてはおいしい。音譜


『それにしてはおいしい』 なんて、味オンチな私が言うのは失礼な話ですが、


全品100円の他の回転寿司で食べたとき、なんかいまいちだなぁと思ったことがあったんです。


それに最近の回転寿司は、1皿100円だけでなく、200~500円くらいまで、


ネタによって差を付けているお店が多いですよね。でも、それってすし握って出す職人さん?も、


会計してくれるおねえちゃんも、分からなくなったり、面倒だったりしないのかぁ。


そう考えて、くら寿司を見回してみると、いろいろなところに・・・




・ しょうゆ皿がない。しょうゆは空いた皿を使う。


・ 全品、さびぬき。わさびはテーブルにあるので、お好みで自分でつける。


・ 皿は投入口があり、そこにカウンターがついているため、数える必要がない。


  しかも、5枚ごとにクジを引く形になっているので、、子供がいたらついもう一枚食べてーとか言われそう。ガーン




依田会計IT室長によるOBC奉行活用術


・ 皿投入口は、確かにそのまま食洗機へ繋がっているだろうと思ったけど、


  なんと、帰り際店員が自分の席を片付けているのを見ていたら、


  鍵で皿投入口の上を開けて、湯呑まで入れてました!おぉ~!


  店員さんがゴミ箱持参して、はし等を入れ、あとは湯呑等を投入し、テーブル拭いて、ハイ次の方どうぞ。


  なんか、すごい。


そういえば、入ったときもずいぶん込んでいたので、待っていたのですが、


・ 空き待ちが、システムに登録する方式 (銀行窓口みたいに、番号で呼ばれる)






帰り際、店内を見回してみると、100人以上入っていると思われる店内に、


フロア・会計で、2人しかいない?


(見落としているだけかもしれないし、最近の外食店はそんなもんなのか?)


ですが、全品100円で、このクオリティを維持する為に、徹底的にその他の部分は


無駄を排除する、というその執念のようなものを感じたのでありました。


確かにユーザーとしては、しょうゆ注しやわさびの有無をいちいち指示するより


そんなことは適当に自分でやるから、安くておいしくすしを食べられるほうが良いと思う。


そんなのすしじゃないという人は回らないすしを食べに行けば良いのだ。




というわけで、くら寿司の鮮度管理に興味を持って行ったものの、


それ以外の点でも くら寿司の店舗経営にかける意気込みをみたのでした。




この話を読んで、あなたは何を感じましたか。






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

依田会計IT室長古屋健さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。