依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。


テーマ:
 在庫分析の誤解(?) みたいなものを書こうと思って書き出すものの、いまひとつまとまりが悪く、書き掛けになっている記事があります。それをどうやってまとめようか悩んでいたのですが、このままではいつまで経ってもこのブログを更新できないので、思い切ってそれはあきらめて、i シリーズの機能紹介を続けることにしました。

最近は、一時の内部統制ブーム?も一段落し、落ち着いたかなという感じがしますが、だからといって、安易な過去日付に遡った訂正・削除がなくなるわけではなく、システムで、そのようなチェックをかけていくのは非常に重要であるといえます。今日ご紹介する奉行 i シリーズの機能強化は、より営業に近い部分での内部統制を強化したものといえると思います。

その機能とは、原価割れ・在庫割れ・与信額チェック です。


従来の21シリーズでも、これらの機能はありました。それでは何が違うのか・・・


■■ 21シリーズ ■■ あくまでも 警告が出るだけ で、無視して続ければ原価割れのものも登録できました。
 
    ↓
 
■■ i シリーズ ■■ 警告を出した上で、登録を禁止することができるようになりました合格


実際の業務では原価割れや在庫割れでも登録したい場面があります。

だからといってそのままにせず、業務フローを見直して、そういう場面を少なくしていくべきです。

しかし、せっかく業務フローを見直しても、システム上登録できてしまっては片手落ちです。

そういう時はこの機能が活きてきます。

特に、与信額のチェックなんかは登録できてしまっては意味がないですもんね・・・


これらの機能を、業務フローに合わせて、上手く活用することで、業務の信頼性やシステムを利用した計数管理の信頼性は飛躍的に高まるものと思われます。ぜひ、有効に活用したいものですね。

★★★ 商蔵奉行 i シリーズ研究 ★★★  これまでの記事もご参考にどうぞ。

    1.商品管理の充実
    2.多彩な受注管理機能
    3.請求情報を保護
    4.部門マスターを追加
    5.複数年データ保持
    6.分解伝票

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このブログ、経理・財務分野でなかなかの順位でしたが、サボったら落ちました(T_T)
にほんブログ村 経営ブログ 財務・経理へ
にほんブログ村

ペタしてね
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

依田会計IT室長古屋健さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。