依田会計IT室長によるOBC奉行活用術

OBC商蔵奉行を中心とした奉行シリーズの最新情報や活用方法を紹介しつつ、中小中堅企業の経営とITの融合を目指してみたり、みなかったり。。。

 依田会計 IT経営支援室は、中小企業のIT活用を支援します! http://www.yodacpa.co.jp/

 ■ 販売管理コンサルティング
  販売管理ソフトを活用した在庫分析、債権管理、会計ソフトへの仕訳連動、キャッシュフロー経営支援など。

 ■ 賃貸管理会計コンサルティング   ~ 賃貸管理ブログ どんとこい!賃貸管理  ~
  次世代賃貸管理システムTS for Java を活用した会計ソフト連動や、業務効率化コンサルティング

 ■ OBC奉行シリーズの販売      ~ フシネットショップ  ~
  勘定奉行をはじめとする奉行シリーズのソフトウェア、奉行サプライ、保守契約の販売


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログへ

テーマ:

最近、同僚から紹介してもらった「ゴブリンスレーヤー」1~2巻を読みました。

読み終わって、改めて振り返ってみると、なるほど「ランチェスターの経営戦略」がここでも活きてる!と感心したので、ブログのネタに取り上げてみることにしました。

 

いわゆる、ラノベ(ライトノベル)ですね。中高生向けかな。挿絵の女の子がかわいいから読んだわけではないです。とはいえ、嫌いではないですが。(^^;

 

http://amzn.to/2rDEMi8 Amazonへジャンプ

 

普通の人間(只人)だけでなく、エルフ(森人)や魔法が使えるドワーフ(鉱人道士)が出てきて、ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)のような世界観に加え、冒険者が魔物を退治するとレベルが上がっていくという、まるでゲームをノベライズしたような感じです。

 

ただ、初めに注意しておきますが、全く企業経営の話ではないですし、万人向けではありません。

初心者向けの魔物がゴブリンという設定ですが、このゴブリンの醜悪さをリアルに描写するものだから、新人冒険者がゴブリンに蹂躙されるシーンなどは、見るに堪えません。これを割り切って読める人でなければ、正直お勧めできませんし、嫌悪感しか残らないでしょう。

 

さて、ここからが本題。

 

なにが、ランチェスター的なのかというと、ちゃんと「弱者の戦略」にのっとっているということです。

 

ランチェスター戦略では、経営戦略を強者が取るべき戦略と弱者が取るべき戦略は異なる、と考えます。

 

強者とはその市場におけるナンバーワン企業で、

弱者とはナンバーワン以外のすべての企業を指します。

 

ゴブリンスレーヤーの世界では、冒険者のランク(レベル)があり、最上位の白金等級や金等級といったから、新人レベルの白磁等級まで、10段階に分けられています。ゴブリンは、新人向けとされていて報酬の安いし、評価が低いので、上位の冒険者は敬遠します。しかし、主人公「ゴブリンスレーヤー」は、ある過去の出来事からゴブリンのみを対象としていて、冒険者の中でも変わり者扱いされています。

しかし、そんな彼はゴブリンだけを相手にしていながら、銀等級で、実質勇者扱いの白金等級や、政府軍最強である金等級を除けば、在野最高の等級まで上り詰めています。

 

つまり、多くの冒険者(競合他社)がいて、白金等級や金等級(マーケットリーダー、ナンバーワン企業)がいる中で、どうやって生きていく(売上を上げる)か。

 

ランチェスターにおける弱者の戦略は、「差別化」です。

ナンバーワン企業の真似をしても、弱者には勝てません。規模の経済もノウハウもナンバーワン企業より少ないわけですから。差別化を図ることで、ナンバーワン企業にはない強みを顧客に認めてもらい、選んでもらう。

 

「ゴブリンプレーヤー」も、まさに弱者の戦略で、皆が敬遠するゴブリン退治に特化することで、他の冒険者との差別化を図り、冒険者の中で認識されていたわけです。『ゴブリン退治といえば、ゴブリンスレーヤー』 という感じで。第2巻では、水の都からゴブリンスレーヤーに名指しで依頼が来るところなど、まさに差別化による効果といえるでしょう。

 

というわけで、ラノベでもランチェスター戦略が使えることが証明されました。

 

ではまた。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日読み終わった本を紹介します。

 

ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み

近藤 宣之著(ダイヤモンド社)

 

確かにあり得ないレベルでした!

 

例えば、社員が上司へ毎週気づきや、頑張ることをメールするというやり方。

 

確かに、日報は結構やっている会社が多いと思いますが、

 

そのすべてに返信している上司・社長は少ないのではないでしょうか。

 

頑張ることをメールして宣言させるというのも、

 

文字にすること、他人に明らかにすることで、責任感や実行力が変わります。

 

しかし、これらをずっとやり続けられますか?

 

こういう本を読んでいつも思うことですが、書いてあることは特別すごいことではなかったりしますよね。

 

でも、それを継続することがいかに難しいか。

 

当たり前のことを、当たり前にやり続ける。

 

まさに、凡事徹底。

 

 

それ以外にも、人事評価制度、クレド、MEBO、2-6-2の下位20%が宝、など。

 

この近藤さん、ほんとすごいと思います。

 

知っていることと、それができることはちがうんですよね。

 

お客様へのアドバイスのヒントになればと思って買ったものの、

 

まずは、自分自身の戒めとさせていただくことにします。

 

では、今日はこの辺で。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は4月最後の土曜日。

ゴールデンウィークの初日で、長い人は今日から9連休だとかビックリマーク

桜もすっかり葉桜となり、ともすると初夏のような暑さに。

 

さて、商蔵奉行i/i8シリーズで、機能要望したものが実現したものをご紹介します。

 

以前は・・・

明細表から伝票へのジャンプ機能はあったのですが、集計表からのジャンプができなかったので、さらに詳細に調べたいときは同じ条件を明細表に条件指定していました。

 

そこで以前、OBCに集計表から明細表へ、該当する条件でジャンプできるようにしてほしいという要望を出していたんです。

 

でも、なかなか実現しなくて、すっかり忘れておりました。

 

Ver2.13にて、実現!!

2015年4月のバージョンアップで、この機能が実現しました。

もう2年も前 ^^;

上の画のピンクの線の部分ですね。

 

これで、すごく使いやすくなりました!

 

それと、我々が要望していた機能が実現したというのも嬉しかったです。

我々が要望しているものが機能アップに入ることがほとんどないので・・・

 

もっと欲しくなるが人の常。

ここまではいいのです。

ただ、満たされると、もっと欲しくなるものですよね~

 

商蔵奉行のSPシステムという最上位グレードに、売上行列表・仕入行列表という機能があります。売上(仕入)集計表では、第1~3の集計条件を指定することができますが、行列表では縦軸・横軸で集計することができます。

 

例えばこういうことですね。

 

この行列表からは、集計表や明細表にジャンプできないんですよね・・・

OBCさん、これもできるようにしてくれませんか?

 

個人的な考えでは、第1項目を頁軸、第2・3項目を縦軸と横軸とした、集計表か明細表にジャンプできたらいいなぁ!!当然そこから、伝票にジャンプしていけるわけですし、かなり使いやすくなります。

 

 

先日は2017年3月の機能アップが残念だと書いたのですが、そうは言っても商蔵奉行が機能アップし、使いやすいシステムになってくれたら、提案もしやすくなるし、導入して頂いたお客様にも長くお使いいただけて、保守料も喜んで払っていただけることになりますので、これからも機能アップ期待してますっ!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。桜も満開を過ぎ、新芽がだいぶ出てきましたね。

個人的にはこの新芽がたくさん吹き出している桜も力強さを感じられるので、結構好きです。

 

相変わらず、絵心ないなぁ。笑

 

さて、今朝、情報収集の網に引っかかったのが、この記事。

 

クラウド型確定申告ソフト『MFクラウド確定申告』、シェア第2位に浮上

http://corp.moneyforward.com/service/20170414-mf-press/

 

『MFクラウドがシェア伸ばしているのか~』と詳細記事を見たら、

弥生が圧倒的1位で、MFが2位、freeeが3位?

 

何かイメージと違うぞ・・・

 

と思い、良く読んでみたら、調査対象が個人事業主で、

確定申告に使ったクラウド会計ソフトのシェアでした。

 

それにしても弥生は過半数を押さえており、圧倒的です。

対象ソフトは、やよいの確定申告オンラインとやよいの白色申告オンラインのようですが、白色申告の方は、体験だけでなく、ずっと無料というのが大きいのかもしれません。

 

■ 法人のクラウド会計利用状況

 

ちなみに、法人のクラウド会計利用は、クラウド型利用率が17.2%、シェアはfreeeが圧倒的首位で36.6%とのこと。

クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=201

※MM総研、2016/9/29

 対象は、従業員300人以下の中小企業等。

 

また、シェアなどの統計調査でよく目にする、ノークリサーチでは、クラウド会計はまだこれからという感じで、現時点では、まだインストール型が圧倒的に多いという内容になっている。

 

2016年中堅・中小企業における会計管理システムの導入社数シェアと今後のニーズ

http://www.norkresearch.co.jp/pdf/2016itapp_acc_rel.pdf

2016/10/24

 

対象となる企業は、500億円以下の中堅・中小企業と、MM総研の調査よりも大きな会社がかなりの割合で存在することも、影響していると思われます。

 

 

当事務所でも、クラウド会計ソフトの動向は注視しており、各社の情報収集を行ないつつ、比較的現時点では幅広く対応できるようにしております。

 

個人的には、もう少し勘定奉行Jクラウドに頑張ってもらいたいんですけど・・・

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しまむらは、2014年度と2015年度に、上場以来初めて2期連続で減益でしたが、2016年度に増益に転じ、2017年度は過去最高益を見込んでいるそうです。

 

しまむらに関しては、5年以上前の2012年1月にこのブログで「しまむらの在庫回転率」という記事を書いたのですが、実はこの記事、いまだに毎日10以上のアクセスがあります。

在庫管理の記事は、他のものも年数経ってもアクセスがあって驚きです。

 

今回のV字回復については、NTT東日本が運営するBIZ DRIVEというサイトになかむらいちろう氏の記事がありますので、そちらをご参照ください。


元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第24回)

しまむらのV字回復を支えた「高価格で良いもの」

posted by なかむら いちろう/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。