今回のスカーレット・ピンパーネルは本当に色々なお席で観ました。
1階最前列から2階最後列まで(笑)

やっぱり、1番観やすいのは1階12列くらいのセンターなんですけれどね。

上手、下手を観るのに首を動かさなくていいもん(笑)


そんなこんなで色々な角度から観るパーシー・ブレイクニー。

彼の本当の姿はどれなのか。

マルグリットの前のパーシーなのか、デュハーストの前のパーシーなのか。はたまたグラパンなのか。


パーシーって人は本来はくらーい人なのよね。生い立ちとか。両親の事とか。

案外、愛情に飢えている人。そんな印象。

で、パリでマルグリットと出会っちゃってドカーンと燃え上がっちゃったわけだ(笑)


矢を射っちゃうようなストレートな求愛も実り、無事に結婚!かと思いきや、結婚式夜に妻の裏切り(本当は違うけど)が発覚。

涙ながらに【祈り】なんて歌っちゃう。

パーシー泣かないでっ!私がなぐさめてさしあげてよっ!っと殆どの瞳子ファンが思ったことでしょう。

(あれ、私だけか?)


影の団長(笑)デュハーストさん。

パーシーの事なら妻よりも良く知っている事でしょう。

彼の前なら家の事、マルグリットの事、スカピン団の事。何でも話していると思うな。

唯一、話してないのはショーヴランへの嫉妬心かな。


パーシーは物凄く、ショーヴランへの嫉妬心を露にしていますよね。

お庭で2人がいる所を見た時のショーヴランへ向ける目。

あれはすごい。

自分の知らない妻の過去を知っていいる男、しかも、もしかしたら、まだ繋がっているかも知れない。


そりゃ、気に食わないさ。

で、グラパンの彼はショーヴランをめちゃくちゃおちょくったり小バカにしたり。

ここぞとばかりにいじくってる(笑)


結局はどれが本物のパーシーか。

どれも全部パーシーなのだ。

完全無欠でない人間の感情が渦巻く主人公だからこその面白さ。


大劇場の初日、1幕が終わったときの『私は今、すごいモノを目撃しているのだ』という振るえがくるほどの感動

は一生忘れないと思うな。







AD

千秋楽が終わって出の時は雨がポツポツと・・・汗

退団者が出てくる頃には本降りに。


この公演中は本当に雨が多くてDRの日はゲリラ雷雨。

もう、毎日のように雨が降って傘とカッパが常備してあったわね。

が、こんな日に限ってレインコート忘れたぁ・・・。


退団者はおとうちゃんにエスコートされて透明の傘をさされてました。

傘をさしてる方は生徒が濡れないようにしているので、ご自分はぬれてらっしゃる。

帝国側の歩道まで見送るとガードの後ろを走って次の生徒さんを迎えに。


3人ともとってもステキな笑顔でした。


退団者の出が終わると星組生の出が。

しみこ(和涼華)は早かったです。

相変わらず美しいわ。


トヨコ様とチエちゃんも結構早め。


なんだか疲労のせいかこの変からよく覚えてないわー。

2日から前楽以外の公演は全部観たから・・・。

さすがに疲労困憊。


トウコさんのは覚えてるけど(笑)


雨だからー!シマウマ傘!!

んもうっ、傘なんてあげちゃうから(笑)

さしてくださいと言わんばかりの雨で。きゃー。

でも【ゼブラ柄がめっちゃお似合い!】

ゆっくりと歩いて、最後は胸に手を当ててお辞儀を。


とうこさ~~ん!瞳子さんのパーシーに出会えて本当に幸せでした!

って心の中でツブヤイテいる間に行ってしまわれた・・・・・。


日ごろはあんまり見れない下級生達などまで最後まで見れました。

千秋楽はこれが楽しいわよね。

みぃちゃんカワイイー!とかいつもの変態ぶりを発揮してみたり。

ミッキーが【雨の中お疲れ様ですっ☆】って最強の笑顔で私たちに言うわけよ。

うぉー、つれて帰りたいほど可愛いゾ。


そんなこんなで楽しい出でありました。

雨の中で辛かったけど、星組のみんなの幸せそうな笑顔を見てたらこっちまで幸せになっちゃうよ。


ではでは、次は青年館と全国津々浦々でお会いしましょうクラッカー

AD

パレードが終わり幕が降り、組長さんが緞帳前へ。

この公演に携わった全ての関係者へのお礼を。

オケボックスの中の人がみんなすっごい拍手をしてくれていて感動しました。(私は2階で観ていた。)

箱の中で貸衣装のアドリブとかでめっちゃ笑ってる人とかがいて面白いんだよねw


退団者3名の紹介と彼女達からのご挨拶文を読み上げて。


ポットは頭を押すとお湯の出るジャーって音を真似してくれるのだそう。

最近は高度になってお湯が無いときの音とかまでしてるれるらしい。

組長さんらしい、笑いながらの面白いエピソードの紹介。


お花渡しは花ののみちゃんが麻尋しゅんちゃん、南帆サリちゃんが音花ゆりちゃん、祐穂さとるちゃんが琴まりえちゃん。


みんな簡潔ながら、いいご挨拶。

ポットちゃんはこの公演にかけて

【ひとかけらの勇気に変えて炎の中へ、新たな世界へ飛び込んで行こうと思います】


瞳子さんのご挨拶:正確ではナイです、詳しくは明日のニュースで(笑)

この作品に出会えて本当に幸せです。

みなさんの暖かい拍手、笑顔、笑い声をいただき、みんさんに大きな金メダルをもらいました。

今なら北島康介さんの気持ちが良くわかります。

【なんも言えねぇ】


真面目に挨拶していたかと思えば、やっぱりオチ付き(笑)

拍手が鳴り止ます、組長が【もっと喋ることないの?】みたいなフリを瞳子さんに。

瞳子さんはナイナイみたいなフリをしてw


最後に【すみれの花咲くころ】を歌い幕。


カーテンコールが4回くらい・・・?

最後に緞帳が途中まで降りて、ピタっと止まっちゃって舞台上にいる人達も上を見上げて、面白かったわ。

最後の最後に瞳子さんの【気をつけてお帰りください】で本当に終了。


次は出の様子・・・・・。

AD