女王のティアラ

テーマ:

shizuka


荒川静香さんが帰国しましたね

トリノで貰ったこのティアラ

「ディア・デオ」(副題「未来への眼」)と名付けられたティアラは、トリノがあるピエモンテ州などがフィギュアスケート女子の金メダリストに授与するために準備。

欧州デザイン学院トリノ校の女子学生がフィギュア女子シングルで優勝する人にプレゼントするためにデザイン・コンテストをして、選ばれたのがコレらしい。金細工で有名なピエモンテ州バレンツァの金細工協会が製作。

複数の細い輪を重ねたデザインで、直径が13・5―15・5センチ、金の重さは計85グラムで氷をイメージした計4・32カラットのダイヤモンドがちりばめられている。


なんとも羨ましいかぎりです。

ん~、でも女王様なんだからこれぐらい貰ってもいいよね

 

AD

土曜にル・テアトル銀座でアンナ・カレーニナを観劇してきました。

ご存知、トルストイ原作です。


内容は、というと・・・・・・・

「ロシア貴族のカレーニンさんの美人の奥さん、アンナ・カレーニナが若い将校さんと恋におち妊娠。

駆け落ちし、女の子を出産するも置いてきた可愛い息子のことが忘れられず、会いにいくが会えわせてもらえず。母は死んだ事になっているので会うなと。

悲観したアンナは自殺してしまう。」

と、ゆうとっても身勝手な女のお話です笑


このなんともイライラするお話をいかに面白くするかがポイントなんですけどね。


主演のアンナは一路真輝。相手のヴロンスキーは井上芳雄。

あんたたちこの前まで親子やってたじゃない笑

やっぱりちょっと違和感ありだけどねむちううっ

一路さんアンナは美しいわ~はーと


ミュージカルとは言っているものの、ほとんどストレートプレイな感じです。

歌少な目。特に井上君が。なんかもったいないな。


なんだかんだいって最後は泣いてしまいましたが。

上・中・下巻あるお話を3時間にするのは難しいわね。


葛山信吾さんが意外に上手でびっくりしました。



anna


AD

三陽商会ファミリーセール

テーマ:

オリンピックも終わった事だし、そろそろいつもの自分のペースに戻らなくては

と、ゆうことで土曜日に寝不足でフラフラになりつつも、サンヨーオールシーズンバーゲンに行って来ました。

場所は武道館のお隣。科学技術館です。

九段下の駅がら10分くらい歩く。

ご存知、武道館は田安門の内側。東京オリンピックの時に作られた物ですが、

今考えるとお堀の内側に土地が空いているからって体育館作っちゃうなんてスゴイ。

当時のなりふりかまわぬ建築ラッシュぶりが想像できますね。。。。。。。


まあ、バーゲンですがすでに3日目だったし、午後だったので、すでに良い物はなかった感じです。


三陽商会と言えばバーバリー。

ん~、でも今更ブルーレーベルって感じでもないし、普通のバーバリーって感じでもない。


んで、TO BE CHIC にしてみました


パンツとスカートを1着づつ購入。

本当はコートとかダウンが欲しかったんだけどなあ


to be chic

AD