2006/12/30(sat)@新大久保EARTHDOM

「Less Than TV presents ANOTHER CHANNEL #6」


PAYBACK BOYS

ANYTHING OK
CRADLE TO GRAVE
RANGE&THE DIRTY HOSPITAL
KIRIPIRIA<KIRIHITO+Yoshida Yasushi(Suspiria)

MASTERPIECE(osaka)

EXCLAIM
U.G MAN


これを書いてるのはもう年明けなんですがまあいいでしょう。他県からお友達が遊びに来てたので一緒にEARTHDOMのUG MANのリリパライブへ。入った頃には最初のPAYBACK BOYSが終っていた。今回は見れなかったけどPAYBACK BOYSはいま一部で注目されているNYHCスタイルのバンド。次のANYTHING OKはボーカルの人がANGEL O.Dのベースの人で床を転げ周りマイクを頭に叩き付けの暴力的パフォーマンス。今日一番切れてた。その後久々にCRADLE TO GRAVEやRANGE氏を見つつ、多少避けも飲みつつ。KIRIPIRIAIはそのまんまSUSPIRIA+KIRIHITO。そして楽しみにしていた大阪のMASTERPIECE!この日はドラムがヘルプだったみたいだけど、熱いライブで満足。EXCLAIMへと続き、最後は主役U.G MANで締め。U.G MANはいつも盛り上がっとるなー。


そして終了後はグラスルーツへー。この日はたまたまLITTLE TEMPOの人ととかがやってて結構レゲエやロックステディをかけてくれました。

AD

総括

テーマ:

もう来週には来年なんですってね。総括といっても既に今年何があったかよく覚えていないんですが・・・でも音楽関係はこのBlogをつけているお陰でけっこう思い出せるわ~。今年はなんといってもレゲエとアナログレコードに本格的にはまりましたね。レコード自体は10年くらい前から聞いているんだけど、2月に新しいタンテ(といっても中古)を買って、それ以来レコードをかけるのが楽しくなりました。それまでは8000円くらいの安物のプレイヤーであんまりレコードを聴く気にならなくてCD派だったんですが。この10年間は一体なんだったんだっていう・笑。で、このBlogには書かなかったかもしれないけど、もう一台テクニクスのDJ用のタンテを買って、いま部屋に無駄に2台あります。DJやるわけでもないのに。さすがにDJ用のタンテだとさらにレコードかけるのが楽しいですね。もう今の時代、音楽はダウンロードしてファイルで聴くようになっていますが、完全にアナログレコード派になったので、いまはカセットウォークマンでも買おうかと思ってます・笑。いまの時代にカセットは渋いんじゃないか?


アナログ派になったことで以前より更にレコード漁ってるわけですが、ユニオンがやっぱ凄いですね。レゲエもハードコアもアナログが安い。レゲエのLPもハードコアもDJ用で買うようなものじゃないから、やっぱりCDが売れなくなってるこのご時世、ますます売れない中古レコードはどんどん安くなっていってるんでしょうかね。高いものは高いですけどね。でも90's HARDCOREなんてほんと捨て値ですよ。とりあえず今年は中盤過ぎまでとにかくレゲエを買いまくって1年でレゲエが凄い増えた・笑。で、今はちょっとレゲエが落ち着いて、80's HARDCOREをアナログで集めるのと、ストーナー/ドゥームにちょっと凝ってます。ストーナー系はアナログが出てなかったり手に入りづらかったりするんで、入手できるものからって感じですね。スラッジっぽいのは今のところあんまりいいのが当たってないんで(スラッジはほとんど買ってないけど)、まだいいかな。あと日本のバンドはアナログを出さないバンドが多いんで、以前より新譜はチェックしなくなったかも。ほんとに欲しいものだけすぐ買って、あとは中古待ち、みたいな感じ。あとからアナログで出る場合もあるし。DSBとかMIDNIGHT RESCURATORは是非アナログを待ちたいところ。


そしてBOYを中心として一部で話題になっているアンダーグラウンドカルトメタルに関しては、自分はいまのところ静観している感じ。NUCLEAR WAR NOWの無駄に豪華なアナログのリリースを見てると欲しくなるが、あっちの世界に手を出すと破産するような気が・・・笑。メタル自体は全然聴けますけどね。高校生の頃、EARACHEの帯付き日本盤CDコンプリートを目指してましたから(達成できず全てのCDを売り払う)。あと僕はブラックメタルは10年以上前に聴いてました・笑。たしかちょうど高校生のころにEMPERORとBURZUMの日本盤が出たんじゃないかなあ・・・・。


ライブとかに関しては、パッと思いつくところで印象に残っているのはSFPのレコ発とか岐阜の山奥のSTYLE SUMMITでトランスフォームしたこととか(いや、実際は自分はしてない)、あとはRAWLIFEとかかなあ。いまBlogを読みかえしてみたら普段のライブでも面白かったのがたくさんありました。まあそんな感じで。


まだ年内に行く予定のライブとかあるんで、Blogは書くと思いますが、みなさん良いお年を。

AD

AMERICAN HARDCORE

テーマ:

ようやく公開された80'S US HARDCORE のドキュメンタリー映画「AMERICAN HARDCORE」を見にいってきました。平日の夜9時という時間帯だったけど、公開されたばかりということで40人くらいは見に来ていたと思う。ドキュメンタリーということで、当時の当事者達のインタビューとライブ映像で構成されたこの映画。ドキュメンタリー映画として一般人に受け入れられるかは疑問だけど、80年代初頭に始まったUSハードコアのムーブメントがどのような狂騒を以って全米に広がっていったか、その異様な熱気を垣間見ることができて、心が熱くなった。これは間違いなく善くも悪くもその時代にしか有り得ない熱狂の類のひとつであろうと思う。もちろん当時の貴重なライブ映像もバンバン流れて、その中でもやっぱり全盛期のBAD BRAINSのライブは一際異彩を放っていたなあ。86年に、このUSハードコアのムーブメントが一旦沈静化するまで語られています。映画の最後は、これは終ったことだ、家に帰れ、と締めくくられ、この狂った熱に覆われて馬鹿げた力を放出していたムーブメントは既に消え去ったものだということに改めて気付かされる。あんなめちゃくちゃな事が今また起こったら大変だろうけど(笑)、既にないものとわかっているからこそ、ある種の憧憬を抱いてしまいますね。もちろんハードコア自体が消え去ったわけでない事はご存知のとおり。


80'S USハードコアのムーブメントは、どうしようもない初期衝動と若気の至りの固まりだったのかもしれないけど、いい大人になった今もこの音楽から離れられない魅力をこの映画は再確認させてくれる。ハードコアは決して、たんなる趣味で聴く音楽のひとつではなく、ましてや下らないサブカルのひとつでもない。少なくとも自分にとっては。


あ、アドレッセンツのあのかわいいボーカルだったトニーがあんまりかわいくないオッサンになっててショックを受けた・笑。あとなぜかガンズ&ローゼスのダフ・マッケイガンが出ていた。パンテラのフィリップ・アンセルモはまだわかるとしても。




JRの駅にもAMERICAN HARDCORE。

AD

HAPPY X'mas

テーマ:

2006/12/24(sun)@新宿ANTIKNOCK

「HAPPY X'mas」


LUNAR

NO FUTURES

DECONSTRUCTION

EFFECT

TANTRUM

DISDOMESTIC VIOLENCE

2nd DEGREE

LIFE

ACROSTIX(三重)

RETORT

ABRAHAM CROSS

STRUGGLE FOR PRIDE

ZYANOSE(大阪)

TOTAL NOISE ACORD(三重)

ORGANISM(大阪)

EXCLEMENT(札幌)

CHAOS CHANNEL(名古屋)

STAGNATION


聖なる夜にこんなノイズにまみれた企画に行ってきました・・・。スタートはなんと11時半!さすがに最初からは行けずに1時ごろに入る。汚い格好をしたパンクスが「クリスマスにこんな汚い連中と過ごすなんて最悪ー」と言ってました・笑。そしてひとつひとつのバンドのことはとても詳しく書けないですがとにかくほとんどのバンドがノイズの嵐という感じで非常に疲れました・笑。特にABRAHAM CROSS~STRUGGLE FOR PRIDEの流れは凄かった。マイクスタンドが客に投げつけられ、天井の照明は破壊され・・・。後半、地方のバンドをもっと見たかったんだけど、諸事情により終了前に退散。まさにHAPPY FILTHY NOISY X'mas。クリスマスプレゼントはSFPのTシャツを貰いました・笑。

2006/12/16(sat)@渋谷LOVERS ROCK

「ヒゲとボイン」


LIVE PAINT:Kads Miida
GUEST LIVE:HIBIKILLER

SELECTORS:
AXE MAN,U・S・K,CIRCUS SOUNDSET,NICHI,
CAN-G,YAMADA FEVER & more...


SOUND SYSTEM:SMALL AXE SOUND HI-FI


高円寺のヴィンテージレゲエレコードショップ、SMALL AXE RECORDS主催イベント「ヒゲとボイン」へ行ってきました。場所は普段はオサレカフェな宇田川町のLOVERS ROCK。24時過ぎに入ると、SMALL AXE のサウンドシステムからかなり気持ちいい重低音サウンドが鳴り響いてました。目当てはもちろんグラスルーツのNatural ReggaeでおなじみのAXEMANさんやU・S・Kさんなんですが、Natural Reggaeと違ってけっこう出演者が多くて、レゲエDJ HIBIKILLERのライブも。普段この手の人たちは全く聴かない自分ですが、たまにはこういうライブを見るのもいいなーと思った。うまかったしね(あまりうまくない人もいましたが・・・)。そしてAXEMANさんは朝の4時ごろ登場。今回は前半はなんとダブセット。そして後半は有名曲も織り交ぜた割とド真ん中なルーツ。今日はグラスルーツでの選曲とはまた一味違う感じ。そして続くU・S・Kさんを30分ほど聴いて、翌日午後から仕事だったため退散。やはりこの2人は間違いない。前半、他にもルーツかけてた人いたし。そして何よりSMALL AXEのサウンドシステムの音がかなり良くて、尚且つビルの6階という環境でおそらく上と下のテナントは深夜は誰もいないであろうと思える音のデカさ。このサウンドシステムは体験する価値あり。普段レゲエには接点のない一緒に行ったn君もサウンドシステムと音楽に満足していました。そしてn君に、自分のHappy Filthy Noisyクリスマスの予定を話すと、またもや殺られるような発言!!


KILLED BY FINNISH HARDCORE

テーマ:



これはブートなのかなあ。V.A / Killed By Finnish HardCore。タイトルはもちろんKilled By Deathから引用の80's Finnish HardCoreコンピ。全30バンド30曲収録の、80's フィンコアに触れるには最適なコンピです。RiistetytやRattus、Bastardsなどの有名どころから、Aivoproteesi、Nukketeatteriと言った全く知らない(僕だけでしょうか)バンドまで収録されております。各バンドrawでノイジーという共通項を持ちながらそれぞれの色があって面白いです。そしてこのコンピの中で最強の1曲はKansan Uutisetの「Economic Appraisal」でしょう!むかし、この曲があまりにかっこよすぎてKansan Uutisetのパッチを作りました。たぶん、80'sフィンコアの中でも取り分け激レアなLP「Beautiful Dream」収録の曲なんでしょうが、たぶんまだ普通に売っているPROPAGANDA RECORDSから出ているDestrucktionsとのスプリットCDで普通に聴けます。残念ながら、この曲レベルまでかっこいい曲はもう1曲くらいしかなかった気がします(いや、他の曲もふつうにかっこいいですが)。

SUICIDAL TENDENCIES

テーマ:



適当に色々載せておく。スイサイダル82年の1st。この頃はまだメタルっぽくなくて、速くて軽いハードコアでいいですね。って2nd持ってないんですが・笑。割りとキャッチーでもある。スケートとかギャングとかを抜きにして音楽だけ聴いてもじゅうぶんかっこいいです。

カラス

テーマ:


061208_2146~0001.jpg


今日も疲れ果てて携帯から。2004年に自主制作で1500枚だけ手売りされたチャットモンチーのミニアルバム「チャットモンチーになりたい」は今ではヤフオクで5万円以上の値がついているんですが、そのミニアルバムにのみ収録されている2曲を、某ちゃんねるでアップしてくれた人がいて入手できました。って誰も興味がないと思うので今日の一枚。KALASというバンドの1stアルバム。このバンドは元SLEEP、現HIGH ON FIREのマット・パイクがボーカルでその他のメンバーもたしかストーナー人脈だった筈。マット・パイクはボーカルに専念しているんですが、HIGH ON FIREよりはもう少し歌う感じでなかなかいい声してます。音はストーナーを通過したいぶし銀のダークヘビィロックで非常に渋いです。なにやら日本を勘違いしているようなジャケとインナーもグッド。今のHIGH ON FIREよりいいかも?

昨日S.K.V氏デザインジャケを載せたところ、なぜか急にアクセス数が増えて今までの最高を記録して怖くなったので、今日からこのブログはチャットモンチーに関するブログとして方向転換します。とりあえず初心者の皆さんはまずは公式サイトからwebラジオに飛んでラジオを聞いてください。まる。




D.R.I!!(オリジナル盤は3rdだけ・笑)