移転

テーマ:

エキサイトブログへ移転しました。

引き続き宜しくお願いしますー。


http://urbanwaste.exblog.jp/

AD

年末

テーマ:

もうすぐ今年も終わりですね。既に今年何があったかあまり思い出せないという、加齢による記憶力の低下に陥ってますが・・・・。このブログも今年最後の更新になるかと思います。来年は心気一転いきたいですね。そんなわけで突然ですが、ブログを移転したいと思います。今まで2年間アメブロを使ってきてなんですが、アメブロ使いにくい!笑。更新頻度があまり高くないのも、このアメブロの使いにくさも一因となっているかと。一割くらいは。残り九割は自分の怠惰に寄るところですが。そんなわけで幾つかブログを試していて、どこがいいかな~と選んでいたわけですが、使いやすさではエキサイトが一番かなと。エキサイトもアメブロと同じくyoutube貼れないっぽいですが、広告も入らずシンプルな感じだし、以前ちょっと使っていた時にだいぶ使いやすかったので。なので、来年からは新たにエキサイトブログで書こうかと思います。いま色々設定とかいじっているので来年になったら公開しようかと思いますので、ここを読んでくれている奇特な方は今後も宜しくお願いしますね。来年はもう少し更新頻度を高くできるように頑張りたいと思います。もう少しふつうの日記とかも書くようにしようかなー。日記といえば、mixiとかももうみんな飽き始めている感があるので、これからはBlogに力を入れようかと思います。ってmixiはBlog以上に力入れてませんが・・・。


さて。もう今年はライブもイベントも行かないので、正月は実家に帰ってゆっくりしてこようかと思います。この年末に兄貴の奥さんに子供が生まれてまだ入院中なので、他の子供達を実家で預かっているのできっと賑やかな正月になるでしょう。31日に帰省予定で、その日は地元の友人宅で忘新年会。ではみなさん良いお年を。

AD



2007/12/15(sat)@新宿ANTIKNOCK

「SOUND OF SILENCE」


AND BELIEVE

BIRTHPLACE

CRYSTAL LAKE

COUNT OF STRENGTH

EASEL

ENDZWECK

FIGHT IT OUT

LAST ON STANDING

LOYAL TO THE GRAVE

MASTERPEACE

MY LOVE

NERVOUS LIGHT OF SUNDAY

NO CHOICE IN THIS MATTER

NORDE

NOTⅡBELIKESOMEONE

NUMB

REDUCTION

SILENCE KILLS THE REVOLUTION


またまたライブから一週間以上経過していますが・・・。お誘いを受けてアンチノックのオールナイトの企画へ。自分は翌日仕事のため終電前くらいで変える予定で行ったら、見たかったNORDEやREDUCTIONやMASTERPEACEやLAST ONE STANDINGがことごとく終電後にやるタイムテーブル・・・。うわぁん。それでも、長丁場なので途中で休憩したりしつつライブを見る。ニュースクール系のバンドも、中でも数年ぶりに見たCRYSTAL LAKEがちょっとUNBROKENっぽい音でモッシュパートもえげつない感じでかっこよかったな。でもニュースクールのライブって、大きく外すことはないんだけど連続でたくさん見てると段々お腹いっぱいになって飽きてくる・笑。ウインドミルも同様。NUMBは見ないで帰ってしまった。他のオールドスクール勢なんかはAND BILIEVEが群を抜いてよかった。あとはノーチョイかな。その他のオールドスクール系は正直いまひとつ。そんなこんなで一人で朝までがんばる決意を固めたカワイくんと武道館での再開を誓い合い帰宅。

AD

塵となれ

テーマ:

2007/12/14(fri)@新大久保EARTHDOM

「塵となれ」


ザ・ロマンス

Mirai-Tou

D.S.B

killie

SLIGHT SLAPPERS


仕事が休日だったので、せっかくだから平日ライブへ。ザ・ロマンスというバンドの企画だそうです。その企画者のザ・ロマンスはBa.とVo.が女性のロックンロールバンドでなんとなく昭和っぽい。Baの人が某レコ屋の店員さんだったような?次のMirai-Touは申し訳ないけどすぐにバースペースへ行ってほとんど見ず。それからD.S.B、killie、スラスラという面白い流れで、平日でも完全燃焼で満足。killieのCDを買ってみたらとんでもない代物でした。内緒。帰宅。で、帰ってラーメンを食べてから月に一度の楽しみ、グラスルーツのレゲエパーリー「NATURAL REGGAE」へ。



いつもの友人たちも揃い踏みで、もちろん今回もマチガイナシ。かかってる曲もそうだけど、グラスルーツは音が良すぎるっていうのもあるなー。このパーリーの後に家に帰ってレゲエを聴くとなんとなく物足りなく感じる・笑。グラスルーツの雰囲気がそうさせるのか、このパーリーの間は現世とは隔離したどこか別の空間にいるかのよう・・・とか言ってみたり。NATURAL REGGAEに来るようになった人たちが自分でもレゲエを買いだしているというのも、こんな空間でこの音を体験したらそりゃー家でも聴きたくなるだろうという感じである意味必然の流れ・・・。レゲエはレベルとかラスタとか抜きに音そのものだけで底なしに業が深い音楽。全くとんでもねぇ話よ。翌日昼ごろ起きなければいけなかったのでいつもよりちょっと早めの朝5時ごろ帰宅。


さて、そんなNATURAL REGGAEを主催するSMALL AXE RECORDSのWEBサイトが出来たそうです。なかなかシャレたデザインで良い雰囲気。ただ、WEBではレアなシングルばかり販売しているようなので、セレクターかマニア以外には敷居が高いかも。


http://www.smallaxerecords.com/

DUST AND THE WORLD

テーマ:

老舗レコードショップであり渋谷レコ村の代表的存在であったCISCOが全店閉店ということで、先日全品70%オフの閉店セールへ足を運びました。残念ながらCISCOレゲエ店は一足先に閉店されており変なバーになってました。それでもヒプホプ店のほうにルーツレゲエも幾つか置いてあったので、5枚ほど購入。CISCOでレコードを買ったことなんて数えるくらいしかないけど、CISCOほどの規模のお店でも最早レコード販売ではやっていけない世の中になったということでしょうか。CDが売れないというこのご時世、レコードはなおさら。なかなか寂しいものですが、自分が生きてる間くらいはレコードはなくならないと思うので、細々とユニオンの中古と小規模店舗で購入して聴き続けることでしょう・笑。僕は音楽データで2000円出してアルバムの曲を購入するなら3000円だしてもちゃんとCDやレコードを買いますよ。


そんなわけでここ最近買った音源など。



GAUZE / 貧乏ゆすりのリズムに乗って

もはや説明不要ですね。なぜか音質がデモ音源のようにrawですが、聴いてるうちに全く気にならない、むしろこのほうが良いように感じてきました。ライブでおなじみのあの曲この曲の正確な歌詞がやっと判明。去年あたり にアルバムいつ出るんですかねーなんて書いてましたね。10曲13分。買ったその日に連続して10回くらい聴きました・笑。ああ、ワンマンが仕事で行けないのが残念すぎる・・・。未だに自分を奮い立たせるハードコアはガーゼだけ。


BLACK GANION / First

名古屋のBLACK GANIONの1stアルバム。何年か前に出たミニアルバムの再録含む12曲+ボーナス入り。前作よりさらに磨きがかかったmetamorphosisでメタリックなグラインディング・ハードコアサウンド。最近重い系のバンドの音源を買うこともあまりなく、グッと来るバンドも少ないのだけど、その中でもBLACK GANIONは突出してる感じがして好きです。音はあくまでハードコアのままながら、他ジャンルと接触した活動も面白い。leads me to BOLIVIA!!!


KGS / Hail UNDERGROUND

KGSの1990-1997音源集。カテゴライズ不能なKGSのハードコア・パンク・サウンドは結成当初からのものだと改めてわかる一枚。やっぱりアルバム「I'll Years」と比べると見劣りしてしまうけど、未発表も収録されているのでまとめて昔の音源を聴くには便利な盤です。


PRIMAL / 眠る男

MSCのラッパー、PRIMALのソロ。MSCは段々漢が大味になってきた気がする分、PRIMALが好きだったんだけど、このソロ作もなかなか味がある仕上がり。フロウは割りと大人しめ&淡々という感じですが、淡々とした感じは結構PRIMALの持ち味的なところだと思ってるので、この感じは好きです。ただ収録時間が長いので、最初から最後までマトモに聞こうとすると途中で寝てしまう・笑。まさに眠る男。


THE INNER CIRCLE / Rock The Boat

ここからはレゲエ。ジェイコブ・ミラーが在籍していたこでも知られるジャマイカのレゲエバンド、インナー・サークルの74年の1stアルバム。インナー・サークルというと世界的なヒット曲があり、ワールドワイドなマーケットを意識したレゲエバンドということで今まで敬遠してきたフシがあったんですが、初期の音源は全く持って素晴しい。スタジオ付きのミュージシャンが多かった当時のジャマイカではバンド形態のレゲエグループはあまり多くなかったようですが、バンドらしさがいい方向に出たのかあくまでレゲエながらAORやソウルの趣きがある曲なんかもあって、当時のルーツレゲエの中では抜きん出た存在だったんじゃないでしょうか。わからんけど。とにかくかなりお勧め。このアルバムはジャケがボロボロ、落書きまであるのに新品CDくらいの値段がしたのでそれなりにレアだと思われますが、CDなら安いベスト盤でこのアルバムの曲を聴く事が出来ます。


V/A / Work Your Soul.Jamaican 60'S&Northan 1966-74

以前に不可視の学院で紹介されていて 探していた一枚。ようやくアナログで発見。ジャマイカのミュージシャンによる、レゲエ曲じゃないソウルやR&Bなどの演奏をコンパイルした音源集。 くわしい内容はリンク先を参照してもらうとして(笑)、レゲエに慣れてる自分としては真っ当なソウルやR&Bよりもこちらのほうがしっくり来る感じ。


V.A / Glory Dominion Power Majesty

カナダのヘヴィー・ルーツ・レゲエ・レーベル「HALF MOON」のDUB MIXを含むレア音源集。ってレコ屋の説明文そのまんまですが。おそらく全て70年代の音源だと思います。有名どころではjoe HiggsやJohny Osbourneなど収録されていますが、果たしてカナダでレコーディングされたのかジャマイカの音源なのよくわからず。プロデューサーがOswald Crearyという聞き慣れない人だからカナダ音源なのかな?それはそうとド渋なルーツ・ナンバーばかりで、ルーツレゲエ好きにはお勧めの一枚。最高。



買ってる音源はまだまだありますが、今日はこんなところで。

2007/12/08(sat)@新宿ANTIKNOCK

「HARDCORE STILL LIVES vol.2」


GUERRILLA CRWZ

BURNING SIGN

PAY BACK BOYS

GNZ’WORD

ETERNAL B

MASTERPIECE

FIGHTIT OUT

EX-C


MASTERPIECEやPBBなど見にアンチノックのライブへ。関西のバンドの東京での企画で、半分くらい関西バンドが出てました。ニュースクール/NYHCっぽいバンドが多かったかな。あんまり見る機会のないバンドも多くてなかなか面白かったです。MASTERPIECEもPBBも良かった。何年ぶりに見たかわからないくらい久々のETERNAL BのVo.氏の笑顔がとてもよかったですね。なぜかライブハウスの中を黒いでかい犬がうろついていました。大人しくてとてもかわいかった・笑。かなり微妙なバンドなどもあったけどそれはそれで。帰宅。



2007/11/25(sun)@新大久保EARTHDOM

「DOOM AGE FESTIVAL VOL.2 / ELECTRIC WIZARD Japan Tour 2007」


DEAD PAN SPEAKERS

CHURCH OF MISERY

ELECTRIC WIZARD (from UK)


ついにやってきましたELECTRIC WIZARD。今回前売りチケットが売り切れということで、まずは連れの人のぶんの当日券用整理券を貰いに16時ごろ新大久保へ。無事整理券をゲットし、19時スタートということだったので西新宿のレコード屋などをぶらぶら。スタート1時間前くらいに新大久保へ戻ってきて韓国料理屋で飲酒。最近の路上での取り締まりを警戒してXXを持っていかなかったので(冗談ですよ)、アルコールで酩酊してELECTRIC WIZARDのライブを迎えようという魂胆。韓国料理屋で飲んで、コンビニで買ったアルコールを飲んで、ライブハウスの中でビールを飲んだら、見事にライブ前に具合悪くなった・笑。加えて夜勤明けで眠らずにそのまま来たから眠い眠い。そんなわけでDEAD PAN SPEKERSの演奏中はバースペースのソファーで就寝。CHURCH OF MISERYから気を取り直して参加するも、めちゃくちゃ混んでてステージ前は満員電車状態、加えてまたもや具合の悪さと眠さに襲われて人波に揺られるだけであまり覚えていない・笑。そしてELECTRIC WIZARDを酩酊状態で迎える筈が、ELECTRIC WIZARD前あたりでようやく酔いが幾分マシになってきたので普通に観賞しました・笑。前置きが長くなりましたが・・・。ステージ両脇に米SUNN社のアンプが積まれ、メンバーが音出しを初める。特にMCもなくそのままライブが始まって見ると・・・めちゃくちゃ凄い音だった!音量って意味じゃなくて、まあ音量もかなりでかかったけど、2本のギターと物凄い重低音のベースが重なってブレのない凄く綺麗な轟音がライブハウスの空間を埋め尽くして、開始30秒で凄いライブになるって確信した。ギター/ボーカルのジャスはペダルを踏んでファズをかますときなんか気持ち良さそうに弾いたりするんだけど、その他のメンバーは特に派手なアクションはなく(ベースの人は最初から最後まで一歩も動かなかった)、だけど出てくる音がもうとんでもない。やっぱり名盤とされてる2ndの曲を聴きたいな~とか思ってたんだけど、ライブが始まってみたらどの曲を演奏しようがあまり関係なくなった・笑。2ndの曲もやってくれましたけどね。1時間くらい演奏したのかな?アンコールがなかったので短く感じたけど(あと1時間は余裕でいけた)、凄すぎたんでもうなんの文句もないです・笑。いやいや、いいもの見させてもらいました。今年見たライブでベストアクトですね。ロックンロールを名乗る全てのバンドはELECTRIC WIZARDの前で懺悔すべき。


「君たちは皆同じだ。おかしな格好に長い髪、ドラッグ、セックス、その他あらゆる堕落。そして警察が嫌いだ。」



ELECTRIC WIZARD




駄文

テーマ:

さて。更新がなくても毎日どうやら100~150人ほどの人が覗いてくれているけどコメントが全くつかない当Blogですが(笑)、最近またライブ日記化してきましたね。うーん、なんか特になんでもない日記とかあまり書く気も起こらず。一応音楽系Blogのつもりでやっているので・・・。この前ROUND1 の大きな店舗に行って、バッティングセンターとかバドミントンとか卓球とかアーチェリーやったんだけど、そんなこと詳しく書いても面白くないだろうし・笑。ライブのこと書くのは後から見返してこんなライブ行ってたな~みたいな感じで思い出せるので便利でもある。


自分は単なるリスナーだけど、一応音楽聴くことはライフスタイルの一環のつもりでいるので、音楽聴くことを他のちょっとした趣味(というほどのものは自分にないが)のような単なる現実逃避の手段にはしたくない。ってまぁ他人から見たらわけのわからないコダワリでしょうが、こういう事ってそのコダワリが重要だったりもするし。たぶん。僕はテレビも全然見ないし本もあまり読まないので興味の幅がけっこう狭いつまらない人間なんですが(笑)、その分本当に好きになったことに関してはある程度は深く掘り下げるしずっと好きでい続ける傾向が強い。周りの人もそんな感じが多いし(興味の幅が狭いのは僕だけかもしれませんが)、やっぱりそういう人の話はジャンルが何であれ見たり聞いたりするのは面白いかな。まあ段々何が言いたいか分からなくなってきましたが(別に言いたいことはない)、でももう少しライブ以外のことも書いたほうがいいなじゃないかと思って書いただけです・笑。


明日はようやく Electric Wizard のライブ!既に見に行った人たちの間では評判は上々のようなので楽しみです。しかしチケットはたぶんソールドアウトに近いだろうから激混みなんだろうな~。Electric Wizard と言えばやっぱり例のものということで、明日はフラフラの酩酊状態でライブへ挑みます!うそです。



2007/11/21(wed)@小岩em7

「Death In Hell Tour 2007」


COFFINS

ANATOMIA

BUTCHER ABC

FUNERUS (from USA)

INCANTATION (from USA)


久し振りのデスメタルギグin小岩。INCANTATIONは自分でも名前を知ってるくらい昔から活動しているベテランデスメタルバンドっつーことで、今回は見に行って見ました。ライブハウスに入ると今回ツアーを一緒に回っているらしいANATOMIAというバンドが始まるところ。ブルデスな感じかと思ったけど、ミドル~スロー主体でギターはサバス系のヘヴィ・リフを繰り出すどっちかというとドゥームなサウンドスタイル。続くBUTCHER ABCはどうやら以前のごついボーカルが脱退したようで3人編成になってベースは外国人でした。前に見たときはロッキンな感じがあったような気がしたんだけど、3人になってツインボーカルにブラストパートが多目で以前よりファストな印象。かっこよかったっす。そしてINCANTATIONと一緒に来日しているFUNERUSはギターがINCANTATIONの人でベースが女性、そしてこの女性がINCANTATIONの人の奥さんだそうです。女性ながら強力なデスボイス&FxxK!!を連呼する様はこれぞ海外のメタルバンドって感じでなんだか良かったけど、音のほうは、うーん、可もなく不可もなくという感じであまり面白みがなかったかなあ。最後のINCANTATIONは仰々しいSEでライブが開始、フロント2人が長髪を振り乱しながら楽器を演奏する様はデスメタルマナーに沿った光景でやっぱこういうの見るとなんだか嬉しくなります・笑。音のほうはオーソドックスなデスメタルサウンドで期待したほどブルタルな感じはなかったけどやっぱり演奏力は凄い物がある。ベテランの底力で客も盛り上がりだして、今までメタルサインを掲げるのみだった客達からもモッシュが発生。が、デスメタラーのモッシュ、下手!なんだかザツな感じでぶつかってきたりするとイラッとしたわ~・・・。まあそれは置いといて、INCANTATIONなかなか良かったです。一曲も知らなかったので段々おなかいっぱいになってきたけど・・・。連れの人の終電の関係でアンコールは見ずに退散。デトロイト・メタル・シティは愛読するけどメタルのことはあまりよくわからない連れの人も、知らない世界を見れて面白かったと仰ってました。帰宅。



INCANTATION