夜明けの麻

こんにちわ、麻糸産みの、はすかのページです。 
 
麻のこと、宇宙のこと、薬草のこと。神聖幾何学や神社の話もしていきます♪
あなたのスピリチュアルな確信を、そっと後押しできたら、幸いです。


テーマ:

こんばんは~お月様

 

なんということでしょう!えらい更新の間があいてしまっていますが、

私は元気に過ごしておりますよ。

 

いろいろ、もろもろ、麻の方も進展しております。

 

進んでいる事のひとつに、

つい最近では、宮崎県椎葉村からお預りした、お神楽衣装の修復です。

 

 

奥に見えるのが、お預りしたお神楽衣装。大麻製です。

 

手前が、洗いざらしのまま、アイロンかけてなくてヨレヨレしてますが!

百パーセント絶対確実、栃木の大麻で私たちが作った麻糸から織った麻布。

 

宮崎県椎葉村は、↓ こんなところ。見えるかな~ 2番のところです。

 

 

 

ちなみに、椎葉村のお神楽は、

国指定重要無形民俗文化財なのですね。


百年ほどになるのな? 長い歳月に耐えたお神楽衣装は

ところどころ擦り切れて、穴もあいています。

 

それを修復するわけですけど・・・

 

並べてはた、と気づくのは

 

 

色、違い過ぎ・・

 

ですよね!

 

衿のところが、だーいぶ痛んですりきれているので、

そこだけは新たに織って、付け替えようとしたわけですけど。

 

色が・・・ どうする、修復部隊・・

 

そこで、麻糸インストラクター さちこさんが考えたのが、

なんと、麻墨染めの大麻糸で修復する、という妙案。

 

 

こちらの、灰色の糸がそうです。

 

これで修復用の縫い糸を作り、穴をふさいだり、擦り切れをかがっていくというもの。

 

 

↑こちら、お神楽衣装。どうでしょう?意外と、麻墨染めの糸と、色、合いますよね?

 

 

こちらは、栃木の大麻から作る麻糸。白いんですよね。

 

年月が経っているというのもありますが、地域により、もとの色合いも異なるそうです。

 

色を合わせた糸を作っては、ちくちく縫い。糸を作っては、ちくちく縫い。

 

修復終えたら、椎葉村にひとっ跳び (私じゃない人が。 ^_^;)

の、予定です。

 

 

このお神楽には、来春公開予定の映画 「麻てらす」 の吉岡監督も行きますから、

 

お祭りのかがり火に揺れる大麻衣装に

映画の中でお目にかかれることと思います。

 

麻糸ドキュメンタリー映画「麻てらす」、映画の予告編も、ちょっと更新されてますよ~ 

やっぱり、いいですなぁ~(´∀`*)


2016年秋版 予告編

 

早、12月。師も走る、せわしい師走となりました。

 

いろんな意味で、個人も、日本も、世界も、カウントダウンとなっていくことでしょう。

良い方に、カウントダウンのさせられ方をしたいものですね。 ^-^

 

それでは、また。(^-^)ノ゛

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは! 早くも11月となりましたね。

 

今日は、「きものカンタービレ♪」の朝香さんの記事をご紹介です。

ちょっと前の記事ですが、あまりに素晴らしいので・・

 

今日はこちらをぜひ、お読みくださいませ~ (^-^)ノ“


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは~ 今日は珍しく、昼に書いています。

 

とても残念な事件が起きてしまいました。

皆さんご周知のとおり、智頭町で大麻栽培免許取得していた方が逮捕されました。

 

この後、何が起こるのか。

 

2014年の時点で、33人になってしまっている栽培許可を持っている農家さんたちへの指導。この事件により緩まることはないでしょう。当然ですけど厳しくなるでしょう。

 

農家さんたちはご高齢の方も多いです。いっそう厳しい状態になれば、栽培を諦めてしまう農家さんも出てしまうかもしれません。

 

自分も含め 精麻を扱ってらっしゃる方々は、この農家さん達の不断の努力の上に成り立っているものであることへの感謝と、

 

同時に、

 

想像以上に風前の灯である現状を、今一度、身を引き締めて認識する必要があります。

 

大麻は、伝統の農作物 という事実は確かにありますが、

 

「大麻がただの農作物ではない一面」 を有しているという もうひとつの事実。

こちらも決して忘れてはならない事です。

 

 

法律というのが、何のためにあるのか。

人と人の間に成り立っているのが人間社会である以上、

基本は、「人に迷惑をかけないため」です。

 

大麻についても例外ではありません。法律は遵守するもの。

 

・・・当たり前の事しか、書いていませんが。

 

その当たり前の事ができなくて、他の人が困ることが実際起きてしまいました。

 

※逮捕された方が冤罪であるのか事実であるのか、私には確証できる判断材料が何もありませんので「逮捕された」という事実のみを取り上げて書いていることをご了承ください。推測では一切言える立場にありません。

 

 

大麻の持つ素晴らしさ、可能性を掲げながら麻薬としての大麻を求めるのであれば

日本の精神も、日本の大麻も、本当に復活することはないのでしょう。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんばんわぁ~

 

ここ数日、青森に旅に出ていました。ここにも確実に「麻」の痕跡がありました。

 

青森は数々の有名人を輩出した地でありますが、その中の一人に、故・田中忠三郎先生がいらっしゃいます。

 

残念ながら数年前にお亡くなりになられましたが、先生の2万点にも及ぶ膨大なコレクションの中には貴重な昔の衣類もあり・・・・

 

「モノには心が宿る」

 

その信念を一貫して持ち続け、収集していた当時はいろいろな事も言われていたようですが、この方のお陰で貴重な文化財が多数保存される結果となったのでした。

 

その関係と、

 

三内丸山遺跡に、青森郷土博物館に、津軽三味線・・・ 果ては「奇跡のりんご」の木村さんの農園など、非常に濃い旅路となりました。

 

 日本最大級の縄文遺跡、三内丸山遺跡のシンボルの塔。

 

 

野球場を建設しようと掘ったところ、なんと巨大な六本の木の柱が出土したため、野球場建設は中止になったそうです。

 

 

なんだか、出雲大社から出てきた柱と似ています。

 

縄文集落の集会所?もちろん復元ですが

 

 

今でいうコミュニティセンター?公民館でしょうか。縄文人も、「三丸公民館で集会だってよ~」などと言って集まったのでしょうか笑

 

体験コーナーもあり、縄文ポシェットも作りましたよ なんと300円で体験できます

 

 

なんで縄文ポシェット?というのは、遺跡の中から同じものが出土しているから。

 

 

木の実とか、これで集めてたようです。

 

夜は、津軽三味線の生演奏があるという、「甚太古」さんで懇親会です。

いいですね、津軽三味線! 穏やかに和やかに、津軽の夜は更けていきました。

 

 

有名な故・高橋竹山先生の愛弟子、西川さんの演奏でした。

師匠とお弟子さんのやり取りが、心打たれるものがあり、古き良き時代を忍ばせていただきました。

 

翌日は、郷土博物館へ。ここにも当然ながら、「昔の衣服」コーナーがあり、〝麻〝を使って糸を作り布を織り、「こぎんざし」でさらに美しく丈夫に仕上げ。そんな工程を確認することが出来ました。

 

津軽こぎんざし、ほんと、これはすごいです。神ワザです!一目一目、刺繍でこの模様を仕上げるのですから・・・

 

 

「水平リーベ僕の船・・・」 

「いい国作ろう鎌倉幕府(しかも本当は1192年じゃないらしい!)」

 

小さい頃、こんなことをそらんじているヒマがあったら、小さいころから手仕事を習えばよかった!いつも、手仕事のすごいワザを見るたび、後悔することです。

 

ところで、津軽三味線は、曲名と歌詞を書いたリクエスト本が配られ、それで次々リクエストしていくのですが、それを見ていて思うのは、民謡の歌詞には意味不明のカタカナが多いですよね。ナニャドラだとか、ヤーレンソーランだとか 

 

意味不明の囃子言葉は、どうやらヘブライ語としては意味が成り立つもののようで・・

 

そんなところからも、大変に興味深い土地ではあります。

 

もちろん、郷土博物館はじめ、確固たる麻の痕跡も、この目でしっかりと確認してきました。

昔、ここで麻が生活に根差した文化があったという意味です。

 

田中忠三郎先生については、書籍も出ていますし、東京、浅草のアミューズミュージアムでは

「BORO」という、世界に通用するアートとして華麗に展示されています。

 

 

もちろん、その根底に流れる精神は

 

「ものには心が宿る」

「布を切るのは肉を切るのと同じこと。」 

 

そうした忠三郎さん自身が、母から受け継いだ、さらには先祖代々土地の記憶とともに受け継いできた心です。

 

 

本当に盛りだくさんの、北国への旅でした。

 

青森は無理でも、浅草アミューズミュージアムは行ける方も多いでしょうから、

興味があったら 浅草散歩ついでに、出かけてみてくださいね。

 

それでは、また。(^-^)ノ゛

 

⇒ 浅草アミューズミュージアム

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんわ~ お月様

 

めっきり寒くなりましたね。24度って、こんなに寒かったかしら?

 

引っ越した先の、自宅から駅までの道ばたに

なにやら不明な球根の山盛りがいくつも埋まってまして、

 

何の植物だろうと思っていたら。

 

9月のお彼岸時期になったら、急ににょろ~んと、茎が伸びてきて・・・

そう、彼岸花でした。

 

(写真はwikiより)

 

なんかこう、植物って脳みそないのに、毎年一斉に同じ時期に出てきたり

葉っぱもなく 伸びてきて いきなり花が咲いたり

 

しかも真っ赤で 群生するあたり

 

(写真はwiki 埼玉巾着田より)

 

彼岸花、曼珠沙華という名前にこれほどふさわしい花はないなと

ちょっと風景が 異次元化しますよね!

 

田んぼのあぜ道や、お墓に生えているイメージもありますが、

自然に増えたのとは別に、全草にアルカロイドという毒があるので

 

田んぼや、昔の土葬のお墓を小動物に荒らされないために、

人為的に植えたという説もあります。天然の忌避剤というワケです。

 

 

ところで、お彼岸・・・彼(か)の岸。一説にはあの世と言われていますが、

 

彼岸は西に、此岸は東にあるとされており、太陽が真東から昇って真西に沈む秋分と春分は、彼岸と此岸がもっとも通じやすくなると考え、先祖供養をするようになりました。(all aboutより)

 

ふーん、そうなのか・・

そう言えば、25年ほど前に亡くなった祖父のことを急に思い出したりしました。

おじいちゃん・・可愛がってもらったな。

 

小さい頃はよく、じいちゃんの膝で一緒にお絵書きしてもらったな。

(しんみり・・)

ばあちゃんには 編み物を教えてもらいました。

 

親とうまくいってても、親とうまくいってないとしても、

あなたが今 ここにいるということは 

確実に 親が存在し、じぃじばぁばが存在しているということ。

 

未来ではなく、遠いどこかで でもなく、

 

今、ここ

 

で、あなたが幸せであるということが 

一番の先祖方の切実な願い事でありましょう。


 

そうそう 彼岸花の 花言葉は、

 

「悲しい思い出」

「想うはあなた一人」

 

そして、

 

「また会う日を楽しみに」。

 

 

お彼岸。

此の岸と、彼(か)の岸を渡す日。

 

あなたは、彼(か)の岸の 誰に どんな思いを届けますか?

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは~お月様

 

もう9月になりました 早いなあ~

最近 埼玉県内から、埼玉県内へ、引っ越しをしました!

 

引っ越しって、大変ですよね~

新居のどこに何があるか なんとか分かるようになり・・


やっと新居にてネット接続環境もでき、

こうして ブログなど書いている、というワケでございます

 

 

ところで。

 

引っ越しって、輪廻転生に似てますよね・・?

(まだ、今生は死んでおりませんが)

 

こんなにあったっけ?

出してみると途方にくれる大量の押入の荷物・・

 

「とりあえず」の連続の集積、ガラクタの山・・

 

ため込んだモノの、総決算です。

 

「とりあえずとっておく」は、その後どうにかすることはなく、終末の日まで・・

それらを全部出してきて、自分でどーにか こーにかして、

新天地へ旅立つのです。

 

モノの整理は、心の整理。

 

心の整理といえば、いつものことになっているから気づきにくいですけど、

荷物を引きはらってガラ~ンとなった部屋を見るとき・・

 

住みたい家に住んでないな~って、気づく時でもあります。

 

家賃のために、好きでもない一般的な無愛想な家に住む。

本当は木の家に住みたいのに・・・・

 

DIY、DO IT YOURSELF

 

「自分でやりなよ」、日曜大工の事ですが

 

調べたら、出るわ、出るわ、

賃貸だろうと、壁から床から自分でリメイクしちゃう人・・

 

床の古材を買って床を張り替えちゃう人から

(写真は杉足場板専門店さん より)

 

100円ショップ セリアでそろえてDIYしちゃう人から、

iemoさん より)

 

壁紙リメイクも シートだけどこんな風なものや


http://item.rakuten.co.jp/roomfactory/wds01/

 

けっこうリアル印刷。

 

色々出ているんですねえ~

 

味気ない賃貸のあれこれに 辟易している方は

のぞいてみてください~

 

それでは、白馬に行ったり、麻の新しい情報も入ってきていますので、

ずいぶん更新の間が空いてしまいましたけど、

 

早めにブログ書きますね

それでは、また。(^-^)ノ"

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんわぁ~お月様

 

大変に暑い日が続いておりますが皆さま いかがお過ごしでしょうか?

 

さてさて 涼を求めて、ではないですが

「日本古来の大麻を継承する会」理事の方たちは

先日から、

 

私は一日遅れて、

八ヶ岳、クリスタルラインを通り 瑞牆(みずがき)山の清流にて

 

第2弾 百人帯の 川晒しに行ってまいりました~
 

川晒しというのは・・・・つまり、「川に晒す」 ことです。

たった それだけの事なのですが

 



立ち会った方 全員が

水面に煌めく 乱反射する光、

涼やかな水の音、

夏の 空。

 

山の水の痺れるような冷たさ、

水中の帯のようにゆらゆらと、ゆっくりと 流れる時間。

 

このすべてを持って 川晒しなのだと 体感されたことと思います。

 

百人が想いをこめて糸から作り 手織りで仕上げられた帯を

陽にあて、川に晒すことにより 目が詰まり白く、柔らかくなるのです。

 

経(たて)糸コーティングの役割をしたフノリ落としの意味もあります。

 

 

 

こう書くと 聞こえはいいですが・・・・

 

ヒマ です!(笑)

 

日がな一日 万が一 帯が流れていかないように

交代で見ているだけなのですから

 

この、現代ではあり得ない シンプルさ も

また オツなものと言えるでしょう。

 

 

日差しが眩しいなあ~

夏だなあ・・・ いい日だ・・・

 

一反もめんに見えるし・・ (スミマセン)

 

などと、とりとめのないことを思いながら

 

インストラクターさんたちのお子さんははしゃぎまわり

みんなで トマトをかじったり 話したり 川に入ったりしているうちに

 

 

山の日暮れは早く、

川も陽が落ち始めたので 早めの終了となりました。

 

水が、青いね。

 

川晒しの直後。

フノリはおち、少し柔らかくなったような感じです。

 

 

なにげなく持ってますけど、

 

混じりけのない、100%国産 栃木の大麻の

正真正銘、大麻の手績み、手織り帯ですよ!

 

 

そうそう、瑞牆山は水晶の山なのですよね。

川べりの石にも 水晶っぽいものが混じってましたし、

 

お子さんたちも お店で売っているような水晶のかけらを発見してました。

 

 

* *

 

川晒しは、その単純な作業とは裏腹に とても印象が強いものでした。

 

帯の中に、八ヶ岳の清流の

涼やかな水音が記憶されてしまったかのようです。

 

雪晒しも 

川晒しも

 

その土地の憧憬を

布に 記憶させるためのものであるのかもしれませんね。

 

それでは、また。

 

(^-^)ノ"

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんわぁ~お月様

本日、麻糸インストラクターの長~~いミーティングと
 

2017年春、公開予定の 
麻糸ドキュメンタリー映画 
「麻てらす」 の打ち合わせでした!!



もうとっくに出来上がっていた映画の予告編。

もうご覧になりましたか?

 

まだの方は、どうぞ~

 

<Youtube 予告編 9:27>


私も 真冬のエスキモースタイルで笑 ちょびっと出ています。
映画に出てしまうなら もっと外見に気を使えばよかったわ~ ^^;


そうそう、

今、自主映画を応援する
「モーションギャラリー」 というサイトがあるのですよ。

いまどき、
驚くほど自主映画というのは作られているんだな~、とビックリします

このモーションギャラリーに

映画 「麻てらす」 も参画しました!

応援してくださった方には リターンあり!
他ではなかなか手に入らない 
プレミアシリーズ ですよ~

オリジナル茜染め、藍染のミニ鈴緒や、 祓清の大麻(おおぬさ)<非売品>
ほかにも色々。


https://motion-gallery.net/projects/asaterasu


↑ こちらのページの、下方、「-特典について-」 をご覧くださいね。

 

一番下の 「このプロジェクトを応援する」 ボタンで特典ゲット可能です♪
 


麻糸に関わる、関わりたい人、麻に興味がある人には 濃いぃ内容の映画です。

モーションギャラリー内にもありますが、いろいろ情報を得たい人のために

いろいろなリンクを最後に紹介しますね!

 

 ⇒ FB 「麻てらす」 

 

 ⇒ (ただいま準備中)「麻てらす~よりひめ 岩戸開き物語~」公式サイト


 ⇒ 社団法人「日本古来の大麻を継承する会」

 ⇒ モーションギャラリー 



8月になったら、第2弾の百人帯を 清流に晒しに行きますよ~ ^^

冬は「雪晒し」 でしたが、夏は「川晒し」です!

 

またレポートしますね!どうぞお楽しみに!

 それでは、また。(^-^)ノ"

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんばんわぁ星
ものすごく間があいてしまいました!(>ω<)

7月はじめから、家の用ですさまじくワタワタしてました。
やっとひと段落ついたところです ^^

さて、気がつけばもう7月半ば・・・
浴衣の季節ではないですかっ!

私の周りは最近、着物を着てる人、着物デビューしたい人が増えています。

そんな時・・・
まず、お気楽な浴衣を着てお出かけしてみるのはいかがでしょう??

全部セットの、帯はなんちゃっての挿すだけ帯、ではなくて!

30代、40代なら
この際だから自分で結べると

オトナのいいオンナって感じがしてきますよね^^



↑あやめ結び。なんだかしっとりオトナな感じ!

※画像は http://column.kirei.woman.excite.co.jp/ さんからお借りしています




これは、「風船太鼓」結び

※画像は http://www.otona-beauty.com/ さんからお借りしています



こちらは「折紙結び」

どちらも半幅帯だけど 帯締めを使うので、ちょっと安心かも
帯のつぶれをあまり気にしないで 電車で座れます ^^


↓これは 片貝結び。



私はいつもこれで出かけちゃいます

正絹博多帯だと緩まないのですけど
他のだとけっこう緩んで、帰り道は だららーんとなっていたこともありました
あうぅ~ (T0T)

片貝結びで出かけた時はお気を付け下さい
あせる


なんせ
着物というのは

一枚の布を調整して着ているのですから、

あっちをひっぱればこっちが
こっちをひっぱればあっちが

すまして立って にっこり写真をとるだけならまだしも

座ったり歩いたりしていると あちこち気になってきます


洋服の時は 誰の注目も浴びませんが 笑

着物になると 一気に 特に年配のお着物を召されているであろう
お姉さま方のチェック視線が集中してるのが分かります

それでも

失敗しても おめがねにかなっていなくても
気にしないで でかけちゃいましょ~


特に浴衣は 多少のことは大丈夫ですから

* *

今年 着物デビューを考えている方!

家のことが ひと段落したので
私も 浴衣や 着物で 出かけたいと思います~

夏の浴衣は デビューのチャンスですよ~
もしご近所さんでしたら、私と一緒に出かけましょ~

一人だと出かけずらくても、二人だとお出かけしやすいですよ♪



それでは、また。

(^-^)ノ"

★リンクです

 ⇒ いろいろな帯結び 

⇒ 分かりやすい結び方
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんわぁ~

先週末は、梅雨の晴れ間に白馬へ行ってきました!

白馬の有名な古民家、(元)民宿マル七さんから出てきた 
65年前の大麻繊維を まずは形を作る前にキレイにします!

意外と量があります



全部の重量は1105グラム。

1本の精麻が栃木のならだいたい6グラムなので、
アバウトで184本分。そんなにあるのか( ´艸`) ウフフ♪

本数換算すると、お宝度がアップしますね




ところで、あの観光地の白馬ですから・・・
周囲はこんな絶景が広がっています 




すでに大昔に束にされた時に、
だいたいの太さ、上質さ?で分けて束ねられているので

何本かずつまとめて 績み麻まるき(うみそまるき)にします。

そうそう、績み麻まるきは この形ね・・・



べっつになんてことないじゃない、って思いますよね?

だけど、この縛り方ひとつ、結び方ひとつに
先人の知恵がぎっしり詰め込まれている
のですよぉ~

やってみたら分かります。

どう束ねて水(お湯)に入れるのか
アタマとシッポを見失わずに、水の中で絡まずにできる方法なのです。

まるめたら、白馬にお住まいの
麻糸受講生さん&お山の案内人であるMAKKOさんの工房の裏の

アユ?の泳ぐ 清冽な湧水を沸かして 赤水取り!!



清流にしか咲かない バイカモまで咲いていましたわ~ うらやましい・・・



さて、グラグラに沸かした後は、火をとめて一気投入!

シュワワワーと音をたてて沈んでいきます。

1キロ分も一気に沈めたのに、鍋の水位が増えないんですよ。
いつも不思議です。

もう、赤水なんだか ホコリなんだか ずいぶん赤い水です



さて、後はヒマです。冷めるまで放置ですから。
周りの気温が暑いので 下がるのに時間がかかるだろうなあ~

というわけで、まっこさんがお気に入りだという白馬のランチへ♪
おいしうございました ^^

さて、いったん絞って干します。



白馬の近くに「小谷(おたり」」という場所がありますが、

なんと、「おたり= 麻(お)垂り(たり)」が語源???

ここらへん一体がそうだったのでしょうねえ。

* *

というわけで、その日の作業はそこまでです。

太さ別に分けましたから、
後はなにを作って マル七さんにお返ししようかしら?

乞うご期待!!


* * *

そうそう、白馬の麻とは関係ありませんが、
麻紙を試行錯誤でつくり、マイ行燈を作ってみました~




ただいま試行錯誤中、麻紙が、いまいちヘナチョコです。

それなのに、ワークショップをやってしまいます。
7月24日の上田で開催ですよ~ 

(麻糸績みの後の残ったポワポワをたくさん持ってる方、歓迎!) 

麻糸マークは、切り絵ですよ♪ 両方作り方を覚えられます。

それでは、また(^-^)ノ"



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。