今日は歩きとフェリーとトラムでオスロ近郊観光

 

今日のハイライト(?)

今日最後の訪問地ヴィーゲラン公園にトラムで到着。

歩き始めて直ぐに奥方が言い出した。疲れるといつも出てくる苦情。

「どうしてこの公園?疲れたのでもういいよ」「えっ?今朝、今日の予定を説明したろ」

「そんなの知らない」「えっ?じゃ、一人でさっと回ってくるので待ってて」

と言い急ぎ足で歩き始めるとのろのろとついてくる。

そうして、公園の橋の欄干に建てられている像に出くわすと、歩みが少し速くなり、さらに次から次に出てくる像に目がキラメキ始め、遂に元気いっぱい。広大な公園の奥にある中心的な彫刻塔の見学を終えても、さらに奥に行くとまで言い出す始末。

「素晴らしい像」って人の活力の源だ!って実感。

またノルウェー人って実に開放的ということなんですかね。

 

今日の行動

朝ホテルを出て前の公園を抜け、ウオーターフロントにある桟橋に行き、公園を抜けて桟橋に向かう

 

公園桟橋コペンハーゲン/オスロライン桟橋から望む

 

フェリーに乗ってオスロの西側に突き出ている半島にある(野外)ノルウェー民族博物館で少々歩いて見学し、

 

半島に向かう

 

そこから歩いてヴァイキング博物館に向かいヴァイキング船を見て、

またフェリーでウオーターフロントに戻り、湾を目の前に昼食後、市庁舎見学し、

さらに歩いて最初の建築が約700年前という、オスロフィリョルドを見守るアーケシュフース城に行き見学し、

そこから歩いて1697年創建のオスロ大聖堂見学し、

さらに明日利用するオスロ中央駅をちょっと見て、傍にあるインフォーメーションで今日最後の見学地ヴィーゲラン公園への行き方確認、トラムのチケットを購入し、

 

中央駅付近

 

中央駅前からトラムで、途中、乗客に下車駅を確認したりしながら、ヴィーゲラン公園へ行き、

またトラムでウオーターフロントに戻り

昨日と同じスーパーで惣菜を買って

ホテルで夕食。

今日はちょっと歩いたかなぁ。正確さは不明だけども某アプリは総歩行距離20.3Km。

 

各地での一言

フェリー 15分程度だけどオスロフィヨルドクルーズ気分に。

ノルウェー民族博物館 スカンジナビアの昔に触れた感じ。

 

木造教会教会内部農家フォークダンス

 

ヴァイキング博物館 ヴァイキング船、意外と小さい。よくぞこれで荒波を乗り切ったと感心。帰国後ヴァイキング関連DVDでも見てみよう。

 

ヴァイキング博物館ヴァイキング船

 

オスロ市庁舎 ノーベル平和賞の授賞式がここでね、、壁画などは別として建物はシンプルかな。

 

市庁舎内部市庁舎から湾を望む

 

アーケシュフース城 外見も良いけど、中を歩くのもまた中からオスロ湾を眺めるのも。

 

ウオーターフロントからアーケシュフース城を望む

アーケシュフース城模型湾を望む城内部内部食堂

 

オスロ大聖堂 ノルウェー国教ルーテル派の総本山とのこと。パイプオルガンがすごい。

 

大聖堂パイプオルガン

ヴィーゲラン公園 必見!

人気者のおこりんぼう虹が出た

AD