ヨーヨーのブログ

内容の無い備忘録


テーマ:

千葉市稲毛公園で行われた滅茶小規模な大会でハーフに出場。

何と、曲がりくねって分岐の多いルートで、ルート間違いをして引返し、2分以上のロスをするという痛恨の失敗をやらかした。

でも、時間は1時間45分17秒でまあまあだったし、今回は久々振りに足がつらずに良かった~って奥方に言ったら、「今回は脳がつって、いつもの様に徘徊したのね」

(画像はネットより借用)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘がLineに孫の写真をアップし、孫の気持ちを代弁して「クリスマスのプレゼント、何にしようかなぁ」なんて付記していた。

 

その写真を見た我

「スゲェ~、1歳3ヶ月にしてカタログを読めるんだ!」「流石、我が孫!」

 

それを聞いた奥方

「貴方の孫よ、読める訳ないじゃない。娘による演出よ、ジジババにプレゼントを送れって、暗に催促しているのよ!」

 

それもそうだ、我の遺伝子では、読めるなんてことあり得ないだろう、と納得。

それにしても、娘の方、奥方の悪知恵遺伝子をしっかりと受け継いでいるようだ。

 

遺伝は正直なりってことか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

南八が岳清里旅行中のこと、、、

とある見晴が良い観光スポットにて、、、、写真撮影店が出されていて、「無料で皆さんの写真入りの絵葉書を作成しますよ」っと声を掛けられ、美しい風景をバックに写真を撮ってくれた。

で、即、プリントし提供された写真を見てビックリ。

 

葉書に載った我ら5人の写真の小さいこと、約2cm×1.5cm、顔の大きさは1~2mm。こんなもんじゃ、写真にならない!って思った瞬間、2L(?)サイズの写真を見せて、どうですか?1000円ですが。

 

気の弱い?優しい?我が妻、、「折角とって貰った写真だから」って、1000円札を出した。

最初から1000円で写真を撮りませんかと言われていれば、間違いなく撮って貰ってはいない写真。それを買ってしまった。

勿論、嫌であれば「買いません」で済む話。でも、人の性格、心理を利用して売りつける。これって詐欺?じゃなくっても詐欺まがいだよね。

 

でも、「タダ」って言葉につられてしまう、、これまた実に浅はかなんだけど。

(写真は南八が岳よりの富士山。写真撮影店とは関係ありません。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

奥方が数日前よりポケモンGO を始め、ポケモンが良く出没するという木更津中之島付近に行きたいと強く言われ、出掛けた。

木更津に着くと、あれまっ、金曜日の午後というのに、中年の方々がスマホ肩手にウロウロ、ウロウロ。何と暇人の多いことよ、他にすることないの?こんなことじゃ、日本潰れてもおかしくないよ、、、

そういうお前達は?って言われそうだけど、こちらは世間に相手されない年寄りども。だから‘良し’とさせてもらって、、

木更津でもそうなんだから、日本の各地で同じなんでしょうね。多分、多くの(?)外国でも。

一寸ため息が出る感じ。

でも、ご高齢者の奥方がスマホ肩手に笑みを浮かべてウロウロしてる、その姿に、ボケ進行遅延に少しでも役立つのかも知れないって、僅かながら期待を持った。この狭いエリアに8人がポケモン中

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

成田→モスクワ空港(乗換)→ワルシャワホテル 冷汗と熱い汗と小さなビックリの日


成田離陸が約50分遅れ、その遅れを取り戻すことなく、モスクワに着陸。ワルシャワへの便のゲート前集合時間、つまり乗継に1時間25分あるところが35分に。

35分あればなんとかなるだろうと思いながら飛行機の扉が開くのを待つがなかなか開かない。冷や汗が出て来る。結局着陸25分後に開く。


後10分。Excuse me, Excuse meで人をかきわけ先に飛行機を降りたものの、セキュリティーチェックで待たされ、時間はほぼゼロ。

それでも兎に角ゲートへとゲートに向かって走るが5番ゲートはなかなか出てこない。空港の中をまた人をかきわけるように走る、走る、結果その距離は2Km近くか。指定のゲート集合時間を15分以上過ぎて走り着くとまだカウンターに担当者が。間に合った~!


そして搭乗用バスに乗り込んだ、その途端、熱い汗がドドドド~。


ワルシャワ行き飛行機の中で、、、今度は不安がよぎる。人間様は飛行機に間に合ったが、預けた荷物が無事にトランジット出来たのか。うまく行かなかったら面倒なことになる~と不安神経症気味。が、入国審査をすんなり終え、荷物受取りエリアに行くと出てまし我らの荷物も。良かった!


到着口を出たロビーでポーランド通貨ズオッティーに両替しようと思って両替店を覗いて見ると、何と、買いが円の場合で約0.025売りが、約0.05。この差額は何だ!ビックリだ~!暴利だってことで数軒回っても似たようなもの。

近くにATMがあったのでデビットカードでポーランド通貨を直接引き落とした、多分こちらが得だろうと思って。


タクシーに乗ってホテルへ。白タクなんぞに捕まると大変らしいので慎重に行動、ぼられることなくホテル着。


ホテルはB&B。古い、古い(自称heritageB&B。エレベーターが着いていた。2人乗り用位の狭いやつ。扉は手動。昔の映画に良く出てくるようなやつ。一寸楽しい。B&Bだから一寸狭いかなって思ってたら何と、部屋は応接間、寝室、食堂、バスルーム、ウオークインクロゼット、それにちっころこまいベランダ、、一寸ビックリ。一寸古い感ありだけど、少し優雅


時刻は午後9時近くになっていたが、ビールでもってことで、ホテルに教えて貰って、近くのストリートに。

もう夜なのに人の多いこと。とある店の前で、奥方が「この店、満員だからいいんじゃない」っていうし、客が見たことのないような料理を食べていたので兎に角入って、分からないメニューを見ると、どうもメキシコ料理店の様子。やむなく、イチゴのマルガリータとメキシコビール、コロナに。これは一寸失敗、ポーランドではポーランド料理じゃなくっちゃ。


そうこうして、冷汗と熱い汗と、小さなビックリの長い長い一日が終わった。




CAさん、、早く下ろしてください。

ワルシャワは目の前、荷物はどうなるか?

B&Bなのにこの広さ(背後には10畳程度の応接間あり)

小さいながらもベランダが

メキシコ店に入ってしもうた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、奥方がある夏物を欲しいと言い出したので近くにある大きな店舗に出掛けた。


店員さんに色んな種類を紹介して貰いながら、和風で落ち着いた模様Aか、一寸変わった東南アジア風の模様Bの製品かで散々悩んだ挙句、模様Aを選択、2万円を支払った。時は閉店に近い午後7時頃。


帰宅後、部屋に入れてみると、和風で落ち着きはあるが少し暗い感じ。ということで商品交換をお願いすることにした。


ということで今日、店を訪問。で、店についてびっくり。何と、その夏物全品、20%価格ダウンの表示となっていた。昨夕購入したものも4千円引きの1万6千円に。

結果、模様A製品2万円を返品、新たに模様B製品1万6千円を購入。差し引き4千円!

儲けた!と思ったり、危うく損するところだった!と思ったり。何はともあれ、良かった、良かったである。


でも、考えてみると、購入したのは値下げ前日の閉店間際。(ということは営業時間で1時間もしないに値下げとなる。)店員さんは翌日に値下げがあるのを知ってたんじゃないかと思う。

その店員さん、この老人、もう少ししたら値下げになるのに一寸可哀想とか思わなかったのかなぁ。今日買ってくれて4千円儲かったと思ったのかなぁ。


私が店員だったら、よぼよぼの老人を見て、耳元でぼそぼそ、、「明日来れますか?もしこれる様でしたら今日買わずに明日買った方が良いですよ」なんて言いそう。そんなことを言われたら、今度またこの店で買おう、しかもその店員さんを探して買おうなんて、思うだろうな。

でも、その店員さん、言いたくとも店のルールで言えなかったのかも。


で、そこのあなた、、あなたが店員さんだったらどうしますか?



(付録)

とか何とか考えながら、浮いた4千円に気が大きくなって、女房は必要でもない物を買い、さらに、急遽外食、といってもファミリーレストランだけど。〆て6千円。差し引き2千円のマイナス。


結論、、よぼよぼの老人だからと云って値下げのことを伝えない方が良い。値下げ品買っても、最終的には出費がかさむ結果をもたらすことが十分にあるからである。(??)

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アフリカ北部のイスラムの世界、砂漠の民の国、、覗いて見たくってツアーに参加。

 

夜10時過ぎカタール航空にて成田をたってカタールのドーハに午前4時前到着、午前7時半にドーハを立ち午後1時過ぎにモコッロ・カサブランカに到着。

多少時間の掛かった入国の後、ツアーのバスにて約90Km走りモロッコの首都ラバトに。ラバトで世界遺産というムハンド5世霊廟とウダイヤのカスバ(城塞)見学。その後、チラリと大西洋を右手にした後ホテルへ。

 

ドーハ空港での出来事、、、トイレに入った。幾つもある個室から時折ホースから水を流し出すような音がする。ある個室が空いたので入った。便座が濡れている。モラルが悪いな~なんて思いながら紙で水をふき取って座った。ホースが便器の側についていた。用足しながらふと思った、「側のホースってウオッシュレット?」。人生何でも経験ってわけで、そのホースでトライ。まさかXXが裂けてしまわないだろうなって不安を抱きながら。出て来る水の量は多く勢いは強く、我が家のウオッシュレットよりずっと豪快。なかなか素晴らしい!で無事、完了し立ち上がった。振り返ると何と便座は水浸し。

 

ドーハ→カサブランカ間の飛行は日中で眼下にドーハ高層ビル街を初めに、ペルシャ湾、アラビア半島、さらに紅海、、、、が。奥方の希望で窓側を陣取って眺め続けた。年寄りでトイレが近いにも拘わらず。好奇心が大きいというのか幼稚というのか。

 

カサブランカからラバトへは立派な道が平原の中を進む。時折見える街の家々は立方体って感じ。エジプト・カイロも同様であったが、どうもアフリカの家?アラブの家?っていうのは皆同じ様なのかなぁ。そうして街に入ると、数多くの赤いモロッコ国旗が立っている美しい道路を走る。

 

最初の観光名所はムハンド5世聖廟見学。ムハンド5世はフランスからモロッコの独立を勝ち取った王とのことで、霊廟は1973年に完成したとのこと。美しい彫刻からなる華麗なる建築物であったが一寸こじんまり。奥方曰く、「インドのタージマハルに比べると一寸ね」。確かに、しかも時代も。

 

何はともあれ私にとってここは重大地点。何しろジオキャッシングのキャッシュがある。ってことで1人離れて霊廟の裏に。そこでゴソゴソしていると警備員登場。怪訝な顔して何か言って来た。相手にしていたらヤベェってことで裏から霊廟の写真を撮ってたって振りしてそそくさとその場を立ち去った。ヤベェ、ヤベェ。

 

次に行ったウダイヤのカスバ(城塞)、このようなものは日本にはない。城壁、城門、、、ヨーロッパを主として幾つも見たことがあるが、、人間、戦いに明け暮れてたんだってつくづく思う。今の今も戦いは全く収まっていないが。戦いの原因である「欲」は人間の本能であり、永遠に戦いってなくならないのかも。何はともあれ、城塞、1195年に造られたというウダイヤの門、コーランの字句が刻み込まれているんだって、へぇ~。

 

ホテルは中の下かな。でも内部はイスラム感もあって私には十分。食事はバイキング。記録写真を見ると、ひき肉のボール(ケフタ?)やヒヨコ豆のスープ(ハリラ)を食べた様子。

 

何はともあれ、無事にモロッコに到着、ガイドさんに言われるままに動けば良い楽ちん旅行が始まった~!


トイレ、、お尻洗いようホース(?)

ドーハの高層ビル街

アラビア半島上空

紅海が眼下に

間もなくカサブランカ空港着陸

首都ラバトに向かう

遠くに町が見える(家は立方体)

市内に入る

ムハンド5世聖廟

聖廟内部

聖廟天井

ジオキャッシュ探索

城壁(カスバ) 

城門



わぁ、アフリカ西部からみる大西洋だ!

夕食  左下にひき肉のボール、右はヒヨコ豆のスープ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつものことながらであるが、庭にいた奥方が「キャァ~!」「来て、来て、蛇の抜け殻!」「早くどこかに捨てて」って。


行って見ると確かに抜け殻。でもこんな所に蛇がいるはずはない。

じっくり観察すると、大きさとしてはトカゲくらいで5本の指の形も。


トカゲが脱皮するの?そんなことは聞いたことが無いけどって念の為にネットを開いて見ると、「へぇ~、ありなんだ」


そのことを奥方に説明すると、「でも、蛇にだって5本の指があるでしょ」


人間、怖いとか嫌だとかいう感情を持つが、その実態を知らずにそう思うものようだ。


庭のツゲの木の上に抜け殻が

5本の指が見える


 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

舞子後楽園スキーリゾートでスキー。


ゲレンデ頂上部にあるリフトを降りると、リフト係員さんが小柄なスキーヤーに何やら説明しているようであるが、そのスキーヤーが理解できない様で、係員さんが困っている様子。


何かなっと思って近づくと、小柄なスキーヤーは小学生高学年位の外人の子供さん。すると、係員さんが私に言う、「(6、700m?程先にある)下山コースの入口まで連れてって欲しい」


私が滑ろうとしていたコースとは違うが、「こんな時には助けてやらなくては」ってことで、密度が低い脳みそを全開、知ってるありとあらゆる英語を使って、と云っても、「オッケー、レッツゴー、フォローミー、カムヒヤー、オーバーゼアー」位であるが、何とかかんとか、滑り降りながら先導し案内、無事に下山口に到着した。


後は大丈夫かな?更に下まで案内してやらないで大丈夫かな?なんて思い、何て英語で言ったら良いのだろうと思った、その時、子供さん曰く「もう大丈夫です。後はOKです。」と流暢な日本語。


ありゃ、何と、日本語、バッチリじゃん。下手な英語(英単語?)を口にしなきゃ、良かった!


でも、楽しい想い出になりそうな経験になりました。それにしても、あの子、無事に親御さんの所に戻れたかな。


下山口
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

盆栽の梅が花を咲かせた。

昨年2月に越生で、運悪く、我が奥方に買われてしまった盆栽の梅の木である。

3月に可憐な花を咲かせた後、案の定、外の庭に放り出されていたが、健気にも花を咲かせた。

梅さんよ、、、劣悪な環境で良く頑張ったね。私は、この歳では花は咲かせることは出来ないけど、1年、お互い、本当に大変だったね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。