【ブルームフォンテーン(南アフリカ)安高晋】サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会に出場している日本代表は、日本時間14日午後11時から初戦・カメルーン戦に臨む。1次リーグの日本戦が行われる3都市はヨハネスブルクやケープタウンといった大都市ではなく、多くの日本人にはなじみが薄い街だ。だが、日本と意外なかかわりもある。

 ◇第1戦(14日)

 初戦開催地のブルームフォンテーンは南ア中部の標高約1400メートルの高地に位置し、人口は約75万人。オランダ系移民の拠点として発展したため、英語よりオランダ語から派生したアフリカーンス語がよく聞かれる。「行政の首都」(プレトリア)、「立法の首都」(ケープタウン)と並ぶ「司法の首都」で、最高裁判所が置かれている。在南ア日本大使館の外川裕之・2等書記官(37)は「19世紀の歴史的な建物が多く残り、大都市ではないけれどスーツを着たビジネスマンの姿を多く見かけます」。

 日本のスポーツ史に残る街でもある。95年ラグビーW杯で、日本代表がこの地でニュージーランドと対戦。17-145という歴史的敗戦を喫した。「ブルームフォンテーンの屈辱」をはらすことは、日本スポーツ界の願いでもある。

 ◇第2戦(19日)

 2戦目のオランダ戦(日本時間19日午後8時半開始)の開催地は、港町ダーバン。人口約340万人と南ア第3の大都市だ。トヨタ自動車の現地法人の工場があり、通訳として2年間働いた武藤豊さん(36)=茨城県在住=は「ハワイのような暖かいリゾート地。仕事をする環境じゃありません」と笑う。

 サトウキビ栽培などの労働者として移住してきたインド人の子孫が多く、4人に1人がインド系住民だという。カレー料理店や青空市場などインドのような雰囲気がある。大都市の分、治安は3都市では一番良くないという。

 ◇第3戦(25日)

 3戦目のデンマーク戦(同25日午前3時半開始)の舞台はルステンブルク。ヨハネスブルクから北西約100キロの小さな田舎町だ。南アから日本への重要な輸出物であるプラチナなどの採鉱拠点でもある。南ア勤務が長かった日本貿易振興機構アジア経済研究所の平野克己・地域研究センター長は「大都市に比べるとはるかに安心できる。少し郊外に出れば、家に囲いもないほど平穏です」と語る。歴史や文化に思いをはせながらの観戦も、楽しみの一つと言えそうだ。

【関連ニュース】
南アW杯:鈴なり応援絵馬 愛知・白山宮
南アW杯:東京の料理店に南ア30人集結
南アW杯:人種の壁越え開幕
南アW杯:日本代表、14日初戦 カギ握る戦術変更の成否
南アW杯:イングランドと米国 1-1ドロー

<菅内閣>臨時閣議開き本格始動 空席の人事も決定(毎日新聞)
ワールドカップ出場国をモチーフにしたスニーカー――ルコック(Business Media 誠)
「総合特区」で投資呼び込み=政府の新成長戦略案(時事通信)
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線(産経新聞)
逮捕の女性、処分保留で釈放=「偽医師」事件―盛岡地検(時事通信)
AD