司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)は司馬さんが「アメリカ素描」と「街道をゆく ニューヨーク散歩」の執筆のため、アメリカを訪れた際の取材ノートを公開した。スケッチや地図を多用し、絵心がうかがい知れる内容で、企画展は2日から始まった。

  [フォト]企画展「司馬遼太郎のメモで見る『アメリカ素描』『ニューヨーク散歩』」

 公開したのは昭和59年、60年、平成4年に渡米した際の取材ノート計11冊のうち、21ページ分。万年筆や色鉛筆を駆使し、赤や青、黄色などカラフルな色使いで事細かに記している。

 セントラルパークのメモには、自筆地図に「ハーレムに接しているため、夕方から夜はさけるべし」と注意事項を記録。街並みや船のスケッチのほか、眼鏡と口ひげが印象的な「感じのいいバーテン」など出会った人々の似顔絵もあった。

 上村洋行館長は「写真で撮るより、絵で描いた方が印象として残しやすかったのだろう」と話している。

【関連記事】
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開
NHK「坂の上の雲」早くもDVD化
菜の花忌シンポ 「『坂の上の雲』と日露戦争」を語る
「建国」の名曲で国民意識を回復
文字に込めた龍馬の「志」 大河の題字手がけた書家・紫舟さん
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
薬価改定影響率、最高は大日本住友の9%強(医療介護CBニュース)
「第2波も気をつけて」首相、津波の恐ろしさ訴え(産経新聞)
首相動静(3月6日)(時事通信)
毎日俳句大賞 隗一骨さんらが出席し表彰式(毎日新聞)
AD