昔から人の愚痴や批判を聞くのが好きだったりするんだが。

 

言い換えれば、その人の本音というか、意見でもあるけど。

 

世間的には理解できない意見、本音、愚痴、批判。

 

ネットの世界はそんな感じでもあるが。

 

特にそういうネガティブな言葉が多い人に対して

その人の為になるのは

果たしてポジティブな言葉なんだろうか。

 

ネガティブな言葉に対しては

そのネガティブな部分の共感力なのではないのかなとは

自分の経験からも感じる。

 

何でも全て無理に共感しろというわけではないが。

 

 

 

ヒキニート支援で

ネガティブな言葉が多い人への支援がないなと感じることがあるが

 

あっても、ただ聞くだけ。

 

それで本当に支援になるのか。

信頼関係を結べるのかとは思う。

 

そこに共感できることが大事でもあるが

それには経験が大事でもある。

 

愚痴や批判というのは本当に無駄なものなのかなとは思う。

 

愚痴や批判に目をつぶって

そこを考えずに、好きなことだけやっていろで本当に正しいのか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

AD