マルイ暮らしカレッジ

テーマ:
朝靄から快晴の秋空が広がる中、
風情ある街並み保存区の酒蔵、辻本店のロケーションで
マルイ暮らしカレッジ、初日のプログラムが開催されました。
(辻本店東蔵。立ち上る湯気と外観が美しいですね)
 
5年後、10年後、自分らしく暮らすために
何を大切に選択するか。...
担当の「わたし時間」では、いくつかの観点に沿って、
考えをまとめていただきました。
キャリアレインボウの考え方に、人間の役割は
虹のようにいくつもの異なる役割が同時に存在している、
というものがあります。
妻、母、会社員、娘、嫁、町内、社会活動・・・
それぞれに、
もっとそばにいてほしい、自分の面倒をみてほしい、
残業にも気軽に応じてほしい、休みの日は力を貸してほしい・・・
と、一人の人間に、他者からたくさんの期待と役割が寄せられます。
また、
「お母さんになったら、自分のことよりも子供を優先すべきだ」
「嫁ならば近くに住んで親の世話をすべきだ」
など、誰だかわからない、根拠もない、
「世間」から押し付けられる価値観もあります。
 
何をどの程度叶えるのか。また、自分の願望はどこまでどう実現させたいか。
これを考えずただ一生懸命生きていたのでは、
要求が強い人の声に流されて生きることになります。
でも、考えて選択し、そのための行動を起こしたことは
その分だけ叶っていきます。
そんな、個人の「わたしらしい暮らし」を実現していただけるよう
残り2回も、回ごとに観点を変え、材料となる
自分の強み、経験、願望を明らかにしていこうと思っています。
(セミナーの様子。とても和気あいあいとしていました)
 
岡山県北、山陰地域を中心に、
県南、東部からもはるばるご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
 
県内初の女性杜氏、辻麻衣子さんの
発酵とお酒のお話「もどき退治」も大変興味深く、
今度からお酒やみりんのラベルばかり見てしまうかもー(╹◡╹)
 
ラストのインタビューでは、とても過酷な杜氏の生活と家庭生活の
両立の秘訣についてもお話いただきました。
同時に、それをものともせず、楽しんで挑戦をされているところも
必見ポイント。
来月の第2回も今から楽しみですニコニコ
第2回以降の参加も可能です。詳しいご案内はこちら。
わたしらしい暮らしを考え、実現したい方。
地域性を活かした働き方をしている女性のサンプルに触れたい方。
ご参加お待ちしております。
AD