テーマ:==雑貨==
2006年04月29日

MOTHER3

任天堂
MOTHER3

MOTHERシリーズがだいすきだという人は、たぶん、
「自分こそが一番だいすきだ」と思っているふしがある気がする。

10年近く待って、ようやく出た3で、もう続編は、まず、あり得ない。
そうなると、もう、スイッチをつけた瞬間、MOTHERの世界が広がった瞬間、
それだけで感じ入っちゃうわけで。

一番好きなゲームがMOTHERシリーズのあたしには、MOTHER3は正当に評価出来ない。

でも、人の正当な評価も妥当な評価も絶賛も、何も聞きたくない・・・
ってそれであたしがオススメするのも矛盾しているのよね。
だから、正直言えば、オススメもしたくないのよね、えーーーーと。

MOTHERシリーズがだいすきだという人は、たぶん、
その世界を、それぞれ独り占めしているふしがあって、
それは子どもの頃のタオルケットみたいな特別な、閉じられただいすきさ加減で、
そういう「人には理解できないだいすきさ」を、沢山の人が、このゲームに持っているのだと思う。
その「人には理解できないだいすきさ」は、言葉で言えば、みんな言ってる事おなじだったりするんだけど、それぞれ心で感じているものは違うのだろうとそれぞれが思っている感じ。
ああ、自分の親への感情を、誰とも共有できない感じと同じ?っていったらMOTHERというタイトルにからめすぎでダサいかしらん。

MOTHER3をクリアした今、
あたしはやっぱり2がリスペクトなんだけど、
だからってそれは、直接3の評価じゃない。
2があって3があるわけで、3があるから2がいいって思えるわけで。
3があるのとないのとじゃシリーズとして全然違う。
出てくれてよかった、ほんとうに。
またMOTHERがプレイできる至福は生きてて良かったと思ったほどよ。

そりゃ、
「あれ、こういう展開のゲーム大昔にやったことある気が・・・?」とか思ったし、
正直ちょっと語り過ぎかなと思うし、
自由度が低いし、
ムービー長いし、
トータルの長さに対してつめこみすぎて消化しきれてない部分あるし。

それでも、あたしはやっぱりちょう楽しくてちょう泣いちゃって、
最初は、糸井重里の言葉の力なのかと思っていた。
台詞が違うだけで、あのゲームは全編全然つまんないと思う。
けど違った、演出力がずば抜けてるんだと思う。
今いろいろ思い出してもすぐ泣いちゃいそうになる(柴崎コウになれる)のは
演出力・構成力のせいなのだと思う。
言葉の力だけではああはいかない。

それから、
なんていうか・・・・、
もう、あれはゲームじゃないんだと思う。

そういや、思い返すと、MOTHERシリーズは全部そうだったのかもしれないけど。

ゲームってより、もっと複雑な、複数層の、「体験」、
うん、MOTHERの凄さは、
言葉や細部の面白さ、音楽の良さ、そういったセンス的なところはもとより、
ゲームをプレイするという事は何か、という事まで踏み込んで演出しているところなんだと思う。

MOTHERシリーズ、やったことのない人は、これを期に、「MOTHER1+2」から始めてみては。
今、安く出してるしね。
あたしも1からもっかいやろうと思ったわ。

任天堂
バリューセレクション MOTHER 1+2
あたしは初めてプレイした中学生の時から一貫して「すきなたべもの」は「しゃぶしゃぶ」です。

あーあ、やっぱりとっちらかったことしか書けなかった!ぐんまけん!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:暇つぶし本
2006年04月22日

GREEN―農家のヨメになりたい  二ノ宮 知子

     

二ノ宮知子の漫画の中でいちばん好きなのはGREENだって書こうと思ったんだけど
一番って言ったけど全部読んでるわけじゃなかった。
私の「最も多く読返す漫画ベスト10」に入っているわ。
畑仕事に憧れる都会っ子の私だからってのもあるけれど。
実際問題体力が普通の人をはるかに下回るので無理なのだけど
友達の畑に遊びに行ったり、
永田農法について見てたりすると(DVDセット欲しい)、
プランターでもいいからやりたい!!って気持ちが溢れ出てくるの。
虫が最高に怖いけど、とりあえずハーブ類、育てたい。
(最近は土じゃなくても育てられるらしいね)

昔おじいちゃんの生家で茄子とかトマトとかきゅうりを趣味で作ってて、
夏はもいで塩ふって食べて、さいこうに美味しかったなー。

そんな畑好きにはたまらない作品。
勿論二ノ宮知子なんで、すてきな笑いが満載です。
最終回は、ちょっと、私の漫画観を覆したわ。最終回にあのネタ・・・二ノ宮知子ってすごい。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
テーマ:==CD==
2006年04月15日

はじめてのやのあきこ 矢野顕子

矢野顕子, 槇原敬之, 糸井重里, 小田和正, MIYA, 岸田繁, YUKI, 井上陽水, 忌野清志郎
はじめてのやのあきこ

矢野顕子っていうと、リセッシュのCMとかはなまるカフェのオープニング、
NHKのおしゃれ工房のオープニング、あと春咲小紅と教授の妻、という事ぐらいしか知らなかったわ。
だって矢野顕子初めて知ったの、清水ミチコの物真似だしね私。

んで今回ちゃんとアルバム聞いたの。
だってこのズラリのメンバー・・・!憤死!豪華すぎて名前見ただけで目がつぶれたよ!

いやー矢野顕子は、なんといいますか、大地って思ったね。もしくは星?
宇宙人がやってきて、この星のMOTHERは誰だって聞いてきたら、矢野顕子って言いたい。
この星のマザー、この星の母性。
歌声は、浮かび上がる胞子のようね。
熟成された純粋さ。野趣ある純粋さ?
絞り立ての牛乳って、ほんのちょっぴり暴力的でしょ、ああいう純粋。
キーンとした透明のよくいわれるピュアーじゃなくて。

ちょっと残念なことにYUKIちゃんとのがイマイチ、悪く言えばレズもののAVみたいなんだけど、
悪く言いすぎたけど、でも曲自体は気がつくと歌っちゃってるのよね、不思議ね。

合唱の気持ち良さとか楽しさとか、そういう純粋なことを思い出したわー
(元合唱部メゾアルト担当より)

あと、「そこのアイロンに告ぐ」というタイトルは、2006年上半期私的素敵タイトルベスト1になるでしょうのことよ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:==DVD==
2006年04月01日

リンダリンダリンダ

バップ
リンダリンダリンダ

今日のあたしは長くてうるさくてまとまってないわよ、お覚悟!

だいたいね、ブルーハーツを女子高生のバンドがやるってだけで、不機嫌だったから。
安易!ってね。

ぜーんぜん観る気なくって、
周りで観た人の評判がおしなべて良かったけれど、それでも全く観る気はないほど、
あたしにとってブルーハーツは特別すぎなのよ。
ブルーハーツが「終らない歌」を歌ったから、あたしは歌を歌わなくってすんでるのよ、なんてね、でもそういうことなのよ。

だからDVDは、借りてきた人がいたから一緒に観た、という感じだったわ。

普段の喜怒哀楽っぷりと事件の多さと愉快な友人らに囲まれているせいで、私はどうしても、
「自然な演技」とやらに違和感を感じるの。ショートフィルムっぽいやつによくある感じ(へんけん)。
なんてーか、台詞を低温で言ってー、笑い声を混ぜながらー?ぼそぼそっと言ってー?
日本語なのに、聞き取れねーよ!!!みたいな。
自然な演技ってことなんだろうけど、私にとっては不自然っつーか。
だって、「カメラを意識した自然」って感じが多いんだもん。自然に見せようとしている不自然。
友人らで旅行とか行って、ビデオ撮ると、あんな風になるよね。

だから、この映画観ながら、「はいはい、自然ですね~」(←やな感じ)って思ってたんだ。


そんでもだんだん出てくるみんなが好きになってきて。
韓国の留学生・ソンちゃんの事は、誰もがだいすきになるって思う。


今回、どこまでがネタばれにならないのか、とても難しい。
ここは、おすすめブログであって、レビューではないから。



「終らない歌」を、絵にするなら、
私にとって、
あれ以上のものは、出ない気がする。


全てはこの絵のために、と思ったら、あたし、泣けて泣けて、仕方がなかった。
あの低温演技も、ボーカルが韓国留学生ってのも、あの演奏前の一言も、この絵のために。

「終らない歌」を聞きながら、この絵を思い浮かべた人の心を思うと、
あたしは苦しくってがんがんに泣いてしまうんだけど、
それをどう説明したらいいのか、あたしにもまだわかんないのよね。
人の頭の中を観ちゃった怖さ、にも近い。

あたしにとって、だから、みんなにとっては「え、あれが?」って事になるのかもしれないし、
実際見終わって泣きながら声も出ずに思いふけってしまったのは、私だけで
一緒に観た人は「おもしろかったネ☆」ってポップに言ってたし。

繋がりたくなかった意識下で繋がっちゃったかんじ。
良かった、というよりも、辛かった。

そんでも、まあ、普通に言えるのは、ブルーハーツに特別な思い入れがあって喰わず嫌いな人でも、大丈夫、観れる映画だと思うよーーーーってことね。たとえ私と感じ方は違ってもね☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:暇つぶし本
2006年03月25日

絶対失敗しないマンションの買い方 小野寺 範男

小野寺 範男
絶対失敗しないマンションの買い方 チェックシート付

「暇つぶし」のカテゴリに入れていいものかどうなものか・・・
見開きで一つの項目がまとまっているので、参考書のようよ。
新築も中古も、おおよその事を一冊でカバーできているの。
チェック項目がついているのも便利!
マンションを売る場合貸す場合っていうのも、今は関係なくても読んでいて面白い。

姉歯問題以降、いたずらに耐震問題が騒がれていて、
この時期マンションを見に行った知人らはおしなべてこの本を買っていた事が判明したわ。
そりゃだって「絶対」って書いてあるんだもんね、タイトルに。「絶対」だもんなぁ。

このあたしですら理解出来たから、誰にとっても優しく読める一冊よ☆
ネットでも情報は得られるけど、
やっぱり本って分かりやすい(読みやすい)なーって改めて思ったわ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。