テーマ:どっぷり読む本
2006年06月10日

カンバセイション・ピース 保坂和志

保坂 和志
カンバセイション・ピース

野球が好き、というよりかは、球場という空間が大好き。
すごくいい。
なんでこんなにいいのかなーって考えてみたんだけど、
単純にコーンと飛ぶ球を見るのが体感として気持ちいい、というのがひとつ。
ずっと緊張してなくていいというのがひとつ。
情報が少なくて、落ち着くっていうのがひとつ。
人が沢山いるのに疲れない。
ほんのわずかな事がすごく面白くて楽しくてうれしくなる。
ホットドックほおばって、なんかねぇ、自由な気持ちになるんだよね。
まあ私の言う球場って、神宮とか旧西武球場とかで、東京ドームなんかだとまた違うのかもしれないけれど。

テレビとかインターネットとか雑誌なんかの紙媒体だとか、大好きだけど、
大好きだから、取り込みすぎて疲れる。
野球はすごく単純で面白い。歓声があがっているのにすごく静かな感じがする。
今、とってもサッカーな日本だけど、どうして私はまらないのカナ?って考えて、
一つには、野球には観戦素人な私にもわかる「出番」があるからだって思ってたんだけど、
それだけじゃなくて、決定的な事に最近気付いたの。

恐れをなさずに言うと、サッカーにまつわるエトセトラって、
私の、「男子の好きじゃない部分」が詰まってる感じなの・・・!
(こんだけいろんな選手を見ても、一人も好みの選手がいないというのも含まれる)
おお、フーリガンが恐ろしいからこれ以上サッカーの事は書かないけれど、
とにかく野球(球場)は落ち着くし興奮するしビールもうまいし小笠原には抱かれたいって話。
まあ野球にまつわるエトセトラは「日本のおっさん社会の好きじゃない部分」だけどさ、
選手たちには可哀想なくらい関係ないし、
球場だと、そんなのなんも関係なく見れるしね。

カンバセイション・ピースは、保坂和志を初めて読む人には向かないと思う。
保坂和志好きの私でも、読むのにとても、苦労して、
すんなり「おもしろいー!」って気持ちにならなかった。
読むのに忍耐がいるの。
「全部」書いちゃってるから。できるだけ見えるもの全部。広角レンズで。

場所について書いている小説なの、家と、球場と。あといつもの通り、猫と。

手放しで面白いって言える作品じゃないのに、
すごくココロに残っていたのに最近気がついたの。
球場に行くたびに思い出す作品。
自分の見て来たもの、持っていた感覚に、それぞれ名前をつけられたみたい。
猫の死に行く様子は、もう、これ、この表現のままとしかいいようがない。

文庫で出たからようやく人におすすめしてもいいかなって思えてきたので、
ものすっごく暇で、興味があればってことで。

ああ、本代減らして週に1回は神宮行きたいよーーーー!

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ymg-bookstoreさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

4 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

3 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

2 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

1 ■場所の記憶

本を読んでた場所って、その本が良ければよけいに記憶に残りませんか?
そこの場所に行ったら、ふいに本の内容が思い出されるっていうか。
「カンバセイション・ピース」、週末の東京滞在中に読み終わったんだけど、
昼下り、新宿御苑の芝生の上に寝そべって読んだので、
御苑に行くたびに思い出しそうです。

それにしても、読みづらい!
なのにしみじみしちゃいますね。
場所というか空間というか、そういうものが匂い立ってくる小説。
だから、読んでた場所で本の内容を思い出すように、
球場や古い日本家屋や、そういう場所に行くと、
この小説の匂いが漂ってくるんじゃないかな。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。