見た展覧会、美術館、映画のこと、聞いた楽しい、いい話や
コンサートのこと、読んだ本や雑誌のこと、
食べたおいしい料理やお菓子のことなどなど

ブログ村ランキングに参加中
応援クリックをお願いします。
   ↓↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年03月03日

☆☆☆☆ はじめての選択理論

テーマ:読んだ本
人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論/ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,575
Amazon.co.jp

 心理学って、どこかで「ホントかなぁ」と眉唾的に捉えていたのですが、1年ほど前にアンソニー・ロビンスの「一瞬で自分を変える法」(これもタイトルは怪しそうですが)を読んで、心理学って「自分の取説」なんだと気付きました。
 
 この本で紹介される選択理論は、米国のグラッサー博士が構築したもの。私たちの悩みの90%以上を占めるという人間関係の問題をどう解きほぐすか、実践的に分かりやすく解説してくれます。

 一例を紹介します。

 パソコンから目をはずして、首をゆっくりと回してみましょう。コリがほぐれて気持ちいいですよね。

 昨日の晩ご飯は何でしたか。記憶を辿って、思い出してみますよね。
 
 では、楽しい気分になってください。????

 冷や汗をかいてみてください。????

 そんなことできませんよね。
 
 もしも、楽しい気分になれたなら、何か楽しいことを思い出したはず。

 私たちは、行為や思考を自分自身でコントロールできますが、感情や生理反応はコントロールできません。

 4輪の自動車を思い浮かべましょう。 前輪が「行為」と「思考」で、後輪が「感情」と「生理反応」です。

 ポジティブな「感情」や「生理反応」は、ポジティブな「行為」や「思考」から導き出されること。

 逆にネガティブな「行為」と「思考」は、ネガティブな「感情」と「生理反応」を生みます。

 「感情」と「生理反応」は、自分自身で選択が可能な「行為」と「思考」の結果です。


マザー・テレサの言葉は科学的な裏づけがあるんですね。

 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

        

相手を変えることはできない。
自分だけを変えることができる。
では、どうすればよいか。
ここにひとつのヒントがあります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月19日

☆☆☆☆☆ねむり(村上春樹2010改訂版)

テーマ:読んだ本
ねむり/村上 春樹
¥1,890
Amazon.co.jp

「眠れなくなって17日めになる」

主人公「私」は、30歳。
歯科医の主人と小学生の息子と幸せな日々を送っている。
まったく、眠れない。
でも、不眠症ではない。
でも、身体に異常があるわけではない。

夜になると、寝相のいい夫と息子を置いて、
居間で、ブランディを飲みながら、チョコレートを食べながら、
アンナ・カレーニナをひたすら読む。

「読みなおせばなおすほど、そこには新しい発見があった。
その長大な小説には様々な謎と様々な示唆が満ちていた。
(略)
そして、それらの世界が複合的にひとつの宇宙を形成していた。
その宇宙はずっと、そこにあって、読者に発見されるのを待っていた。」

本当に村上春樹はこういう表現が、上手いですね。
好きです。

けれど、「私」は、眠れない。
覚醒する日々が続き、
「眠れなく以前の記憶がどんどん
加速度的に遠のいていくように感じる」ようになる。

夢、覚醒、現実。
起きている今が、現実なのか。
それとも、起きていると思っているだけで、
実は、すべては眠っているだけなのか。

読者もそんな入れ子の中に
落ちていきます。

そして、覚醒を続ける「私」に、
村上は
死とは、ねむり、休息ではなく、
「死とは、果てしなく、深い覚醒した暗闇であるかもしれない。
そういう暗闇の中で、永遠に覚醒しつづけることかもしれない」と、
言わせます。

初期の短篇で、
「死とは人生のあちら側にあるのではなく、こちら側の延長にある」
というようなセリフがあるように、
村上にとって、死と生は一つながりであり、
こちら側でつながっているもの。

でも、それが「終わりなく、永遠に覚醒し続けるもの」だと、
恐すぎますねぇ。


読み進める私たちの不安感を静かに、
しかし、着実にかきたてる、この小説。
初稿は1989年。
ドイツで翻訳され、
2010年に改稿されました。

ドイツ人のイラストが、
ふっと、落ちていくような
不安感を盛り立てています。

ノーベル賞の候補と言われる村上春樹。
改めて、この短篇を読むと、
「都市に生きる若者のどうしようもない虚無感を
描き、世界中の読者の共感を得る」のような
キャッチーな売り文句とは
全く異なる彼の世界性とその実力を感じます。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月05日

☆☆☆★40代を後悔しない50のリスト(大塚 寿)

テーマ:読んだ本


40代を後悔しない50のリスト 1万人の失敗談からわかった人生の法則/大塚 寿
¥1,500
Amazon.co.jp

「40代は、20代、30代とは違う仕事をしなければならない」

ふむふむ。

「それは、部下のマネジメントである」

当たり前じゃ、と突っ込みたいが、

「業務の管理ではなく、部下のモチベーションを引き上げることが

マネジメントである」

なるほどと!!

 

業務の管理はできて当たり前

部下のモチベーションをいかに引き出すか。

現実の会社では、いかに多くの上司が

部下のモチベーションを下げていることの

証左かもしれません。

うーん、反省せねば得意げ

 

部下のモチベーションを上げるには、

人を動かす力が重要で、

そのためにはコミュニケーション力を上げるべしアップ


そして、コミュニケーション力を上げるためには

ボキャブラリーを増やす必要があり。

自分のバイブルと言えるような本を見つけて何度も読むべし。

と、具体的手法を示してくれる。

あとは、やるのみアップ

 

リクルートを経て、独立して企業研修を手掛けている著者は、

これまで多くの企業・組織の社員、経営者と付き合ってきて、

40代にやっておくべきことがいかに多いかを実感して、

本書を著したという。

 

本書で紹介される50のリストは、

会社での仕事のノウハウだけでない。

会社後の将来の人生を豊かに過ごすための

準備を始めるのも40代からグッド!



地域社会との付き合い、

趣味を通じたお付き合いを始めるのも40代から、

とアドバイス。


そうそう、助走がなく、

いきなり、60代になって、スタート台に立っても、

飛び込めないでしょうからねショック!

 

50のリストを並べるために

内容が重なっていたり、

やや、説明不足のところもあるが、


細切れの時間を有効に活かすため

「意識的に10分でできる仕事を持つ」の項では、

10分を部下の報告・相談へのアドバイス、コメントなどの

フィードバックに使うとか、


「相手に応じたコミュニケーションをとる」の項では、

企画書などを作るときには、

担当者には5ページで、

部長には3ページ、

役員には1ページで、

などと具体的で、実践的な内容が満載ですえっ

 

40代の皆さん、是非、読んでみてください。

そして、50のリストの内、一つでも二つでも、

実践してみてはどうでしょうか。


読んで、あぁ、なりほどね。

で、終わらずにねチョキ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。