さ、今日から稲垣佳美さんを知っている人ならおなじみの
そんな人知らないという人には要チェックの、
エネルギーに関してのないように入っていきます。


僕はこれ。
セミナー作るということでヒアリングしていて
ものすごい勉強になったな。

てなわけで早速どーぞ。
■エネルギーとは?
エネルギーとは「もともと持っている活力的なエネルギー」のこと
自分をよりよく生かすためには、エネルギーがなければならないし、できない。
エネルギーが減って疲れている状態ではできない。

エネルギー自体に良い悪いがないので、
方向付けが必要。
何に使うかを意図することは大事。
 
人間は自分を阻害する要因が何もなければ、
自然とうまく行く方向に行くし、基本拡大していく。
だから、自分の邪魔をやめればうまく行くようになっているし、
自分の枠は死ぬまで広げていく必要性がある。


・エネルギーを使う
エネルギーの特徴として、「集約すると強まる」「分散すると弱まる」というのがある。

【集約すると強まる】

自分らしくいるということは
→他人が気にならないということで、
→「自分へのエネルギーの強さが強くなる」
(自分らしくいるというところにエネルギーを集中する。
 自分らしくいられないところに無駄なエネルギーを使わない)

いい意味での自分勝手でいること。楽天家、楽天的、気にしない。

→宿題 「平気平気、だいじょうぶ」という口癖を身につけてくる


【分散すると弱まる】
間違った設定、思い込み、ブロックが「エネルギーの無駄遣い」を生み出す。
持っているエネルギーは有限なので分散して使うと願望実現にエネルギーが回らない。

  だから、「自分に対してのエネルギーが残ってない」ので現実化が難しくなる
  (摂理系は他人のことを気にしないから集中する。自閉症も?)

・複雑に考えすぎると分散する
・感じなくてもいいことをわざわざ感じようとすると分散する
思考も感情もエネルギー。
処世術はエネルギー使う。

エネルギーが食われる三大要素
1位 他人の目線、他人を気にする、嫌いな人(当たり前、普通の状態がエネルギー使わない)
2位 未来に対する心配、不安(未来の想定がマイナス)
3位 ねばならない(must)、ルールづけ

まぁ、本日は最初なので基礎理論というところですかね。
文字でまとめているのだけど、

もちろん稲垣さんに直接聞いた方がかなり腑に落ちます。




明日の続きはエネルギーコントロールについて。
お楽しみにsei





【連載コラムの目次はこちらからどうぞ】
リンク
【コラム目次】一人踊るシリーズ