富山美容通信:女医Norikoのブログ

美容医療についてわかりやすく解説!


テーマ:

吉本レディースクリニック

 

美容外来担当医の佐藤です。

 

 

明日で6年目の3月11日をむかえます。

 

北陸富山でもようやく

 

長い冬が終わり、少しずつ春の風が吹き始め

 

桜が待ち遠しくなるはずの季節。

 

 

あの年の春、

 

都内で毎日通勤電車に揺られていた私は

 

車窓から、桜が目に入る度に

 

こんなに残酷な桜の季節はない、と

 

胸が締め付けられる思いでした。

 

 

被災された皆様が

 

桜の季節を

 

昨年よりも今年、今年よりも来年、と

 

少しずつでも待ち遠しく感じて下さるように

 

心からお祈りいたします。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

吉本レディースクリニック美容外来赤薔薇

 

担当医の佐藤です。

 

すっかり更新を怠ってしまっておりまして

 

申し訳ありませんあせる

 

 

ちょっと

 

美容の話題からは離れますが・・・

 

先日から立て続けに

 

都内に行く用事がありまして

 

かなり久々に

 

都会の空気を吸って参りましたウシシ

 

以前に勤務していたクリニック病院

 

スタッフさん達と会って

 

いっぱいおしゃべりしたりふたご座ふたご座

 

東京で流行っている美容の知識を仕入れたり・・・

 

やはりたまには富山を離れて

 

こういう空気を吸った方がいいですねドキドキ

 

冬の寒い北陸にこもっていると

 

身体だけじゃなくて、なんというか

 

精神も淀んで宇宙人くんきてしまいますからねー。

 

 

そこで、久々に

 

街行く都会の人々と

 

富山県民との違いを見比べてみると・・・

 

まず、活動度が半端無く違いますね。

 

寒い富山ではついつい、行動もスローコアラになってしまい

 

日々、ボヤッと歩いてしまいがちで、周りの気配への感覚や

 

気配りもなく、独りよがりになってしまう。

 

一方、東京では

 

歩く速さ、姿勢、全てがキビキビイルカしている人が多く

 

ボンヤリしている人が少ない。

 

どちらが良いかは別としても

 

久しぶりのこの空気に触れただけでも

 

私は、かなり元気グーが出ましたねー。

 

たまには自分の状況を

 

外から眺めてみる目のもいいですね。

 

美容おとめ座にも大いに役立つはずです。

 

 

吉本レディースクリニックへのご予約・お問い合わせは

 

→0120−422−013(フリーダイヤル)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

吉本レディースクリニック美容外来

 

担当医の佐藤です。

 

今日は、美容からはちょっと離れたお話です。

 

 

先日、NHKで「伝説の名勝負 新日鉄釜石VS同志社大学」という

 

番組が放送されていました。

 

 

今でこそ、メジャースポーツとなったラグビーですが

 

当時、アマチュアリズムを掲げていた日本ラグビーは

 

メディアへの露出も極端に少なく

 

試合も準決勝以上がチラホラ放送されるだけで

 

ましてや

 

選手が、テレビに出演されることなんて

 

全くありませんでした。

 

 

今回のテレビ番組は

 

この名勝負を

 

共にリーダーとして戦った

 

松尾さんと平尾さんが

 

解説を交えながら振り返るという

 

とても興味深いものでした。

 

 

勿論、試合内容もさることながら

 

思ったことをポンポンと無邪気に口にされ

 

テンポ良くトークを引っ張る松尾さんと

 

じーっと言葉少なに映像を見ながら

 

時々、抑制の利いた独特の関西弁で

 

でも、とても正直な言葉を挟まれる

 

平尾さんのコンビネーションが

 

絶妙で

 

このお二人の時代に

 

ラグビーを観ていた人ならば

 

たまらない番組だったのではないでしょうか。

 

 

私はアットタイムで

 

新日鉄釜石世代ではないのですが

 

この名勝負は何度か再放送などで

 

目にしたことがありました。

 

私が学生の頃は確か

 

大学ラグビーは

 

早稲田大学や明治大学が全盛期時代。

 

 

今や、息子さんが有名人となられた

 

清宮キャプテン率いる早稲田大学が

 

大学王者として君臨していました。

 

でも

 

やはりラグビーといえば

 

素人目には

 

なんだか泥臭いというか

 

汗臭いイメージが大きく

 

ラグビーのルールを知っている女子なんて

 

本当に少なかった時代ではないでしょうか。

 

 

そんな時に

 

泥臭くない、格好良い

 

大人のラグビー集団として

 

現れたのが

 

神戸製鋼ラグビー部でした。

 

キャプテンだった

 

平尾さんが話す内容は

 

素人には難しかったですが

 

「空間をどう作って埋めていくか」というような事を

 

よくインタビューで

 

答えておられたように思います。

 

理論的で

 

本当に人を惹き付ける方でした。

 

 

今は

 

とにかく情報過多時代で

 

良い事にしろ悪い事にしろ

 

情報発信が多い世の中です。

 

そんな中

 

青天の霹靂のように

 

平尾さんは逝った。

 

結局、私たちの心には

 

最後まで理性的な彼の美学が

 

残りました。

 

でも、実は孤高の人だったのではないかと

 

今になって

 

思います。

 

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。