富山美容通信:女医Norikoのブログ

美容医療についてわかりやすく解説!


テーマ:

こんにちは。

 

こんなに長くブログ更新を怠ってしまったのは

 

久しぶりかもしれません。

 

 

気付いたらもう、師走!!

 

ひええー、時の経つのは早い。

 

 

表題の通りですが

 

皆様、見に行かれましたか?

 

どうやら、当外来では

 

女性陣には、全く受け入れられないスターウォーズの話題ですが

 

私は

 

子供の頃からずっと映画館に通った派。

 

勿論、子供の頃は

 

正義と悪の戦いの末、正義が勝つストーリー、

 

ファンタジー感溢れる個性的な生き物(人間以外の)の登場などに

 

単純に魅せられていた訳ですが

 

 

大人になってくると

 

正義と悪は表裏一体、

 

いつ何時、正義のジェダイもダークサイドに落ちないとも

 

限らない、という深いメッセージ、

 

フォースとは決して、単なる超能力ではなく

 

自然界のあちこちに存在する万物に存在するエネルギーであり

 

ジェダイもまた、単なる超能力者ではなく

 

フォースにより世界にバランスをもたらす者、

 

という位置づけであることが判ってきます。

 

(ただライトセーバーを振り回すだけの人じゃないってことですよー)

 

 

そしてついでに

 

R2D2やBB8などのドロイドも

 

パイロットと一緒に

 

Xウイングスターファイター等の戦闘機のソケットに乗って

 

飛行をアシストする凄い能力だけではなく

 

主人であるパイロットに猛烈に忠実で

 

勇敢なだけではなく、ちょっとしたユーモアや

 

ビビリな部分も持ち合わせていて

 

とても愛すべきドロイドなのだ、という事も

 

我々を惹き付けて離さない要因なのでしょうね。

 

 

私も、つい

 

BB8のぬいぐるみを買ってしまい

 

通勤の車の助手席に乗せています。

 

まさしく、ドライビングをアシストする体です。

 

 

殺伐とした今の世の中、

 

実は心の奥底で、人間界が求めているのは

 

こんな世界なのかもしれません。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

吉本レディースクリニック美容外来

 

担当医の佐藤です。

 

 

当外来の今年のお盆休診は

 

明日11日(金)〜15日(火)

 

となります。

 

ご迷惑をおかけしますが

 

宜しくお願いいたします。

 

皆様、お盆中も日焼けに

 

ご注意下さいね。

 

 

私も、お盆はお墓参りに行く予定です。

 

思い出すのは、もう随分昔に無くなった

 

2人の祖父のことです。

 

全く、キャラクターの違う2人でした。

 

1人はどちらかというと真面目で厳格、

 

薬剤師をしていた祖父。

 

もう1人は、陽気でお酒好きな

 

商人をしていた祖父。

 

どちらも、すごく働き者でした。

 

我ながら、どちらの性質も受け継いでいるように思います。

 

良いとこ取りで、ありがたい(笑)。

 

 

頑固でちょっと融通がきかないところは

 

明らかに前者の影響。

 

でも

 

女だてらに医師を目指したいという夢を

 

とても理解してくれていたように思います。

 

 

一方で、動くことが大好きで、

 

いっぱい動いた後の一杯!!がたまらない、のは

 

明らかに後者の影響。

 

晩酌する横に座って、未だ3歳の頃から

 

酒の肴を一緒につまんでいました。

 

 

時折、2人を思い出す事はありますが

 

お盆は、やはりいつも以上に

 

2人を近くに感じられる時。

 

お墓の前で

 

どんな話をしようか、今の自分を

 

2人はどのように見てくれるだろうか

 

そんな事に

 

今から思いをめぐらせています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

吉本レディースクリニック美容外来おとめ座

 

担当医の佐藤です。

 

 

今日は、タイトル通り

 

他人の目は節穴なのか?(こと、美容付けまつげマニキュアに関してですが)っていう

 

お話です。

 

日々、美容外来などをやっていますと

 

カウンセリングルームで、お肌のお悩みをお聞きしながら

 

こういうフレーズを耳にします。

 

「先生は、しみもしわも無くていいですよね・・・。」

 

ほほうビックリマーク面白いものです。

 

職業柄、ケアに気をつかってはいますが

 

人並みにしみもしわもありますよ。

 

勿論、お世辞も多々あるでしょうが

 

ご自身のお肌の相談にいらして、何も

 

担当医のお肌を褒める必要は無い訳で

 

やはり、ある程度は本当に

 

そのように思っていらっしゃるようなのですよね。

 

他人の自分に対する観察眼目なんて、

 

正直その程度です。

 

勿論、真剣に見ていないのもあるでしょうが

 

結構あてにならないものだなあ、と日々思います。

 

 

少なくとも、私はお仕事ですから

 

もっと皆様のお顔うさぎ

 

じっくり、見ていますよ。

 

医師にも色んな専門がありますが

 

どんな専門だったとしても最低限、

 

客観視できなければ話になりません。

 

美容医療で言えば

 

「こうすれば患者様がキレイキラキラになる」という

 

ある程度のバランス感覚を持っていなければ

 

悲劇ゲッソリです。

 

例えば、ご自身のお顔の施術をある医師に

 

任せたとしましょう。

 

仕上がりが、自分の希望と大きく違ったとします。

 

「先生、キレイになってません!!

 

「いやいや、これが私の好みですから」

 

なんて、やめて欲しいですよね。

 

どこをどうしたら、一般的に言って

 

(好き・嫌いの好みは別として)

 

キレイと言ってもらえるのか、

 

多分、美容医療に携わる医師は皆、少なくとも

 

患者様よりは、客観視できているハズです。

 

 

それに比較すると

 

残念ながら、美容を生業としていない人にとってみれば

 

自分以外の人の美醜などどうでもよい訳で

 

観察眼も曇りがちです。

 

つまり、自分に都合のよいように判断してしまうのが

 

人間の性ってものです。

 

前述の例でいえば

 

「美容外来の先生なんだから、きっと

 

色々やりまくってしみ一つない美肌に違いない」

 

→「いや、きっとそうだ」

 

→「先生はしみが無いですね」となりますし

 

「●●さんはキレイ、可愛い」という意見を聞くと

 

客観的に顔立ちが整っているか否かではなく

 

例えば、ご自身と似たような系統の顔立ちを

 

褒めていたり(やはり自分を肯定したいものでしょう)

 

または、

 

ややこしい事に、ここに

 

何かの理由で嫉妬心などが絡んで来ると

 

いくら一般的に整った顔立ちの方に対してであったとしても

 

決して「キレイ」とは褒めません。

 

これは女性同士のみならず、男性同士でも一緒でしょう。

 

 

つまりは

 

友人・知人などからの自分の美醜に対する評価なんて

 

全く気にする必要は無いのではないかと思います。

 

逆に、

 

申し訳ないけれども

 

その分野を専門として携わる医師や看護師が

 

言うことは、ある程度

 

客観性があるというのが現実です。

 

せっかく「キレイになろう!!」と思って

 

美容医療の扉を叩くのであれば

 

効率よく、正確な情報を元に

 

歩んでいきたいものですね。

 

 

吉本レディースクリニック美容外来へのご予約・お問い合わせは

 

→0120−422−013(フリーダイヤル)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。