読了メモ*2016年11月分

テーマ:
最後のご挨拶じゃなくてゴメンナサイ。 
でも一応、今年もお世話になりました。来年もよろしくね。つーか、もう少し更新頑張ります。
よいお年をお迎えください(o^^o)


2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:3725ページ
ナイス数:94ナイス

食堂かたつむり食堂かたつむり感想
食と母の愛は偉大だ。皆を幸せにする。
読了日:11月30日 著者:小川糸
海月姫(16) (KC KISS)海月姫(16) (KC KISS)感想
シュウシュウからのプロポーズ、月海の代わりに私が泣いといたから!
読了日:11月29日 著者:東村アキコ
Gのサムライ (torch comics)Gのサムライ (torch comics)感想
ゲスも過ぎると笑いになる。
読了日:11月28日 著者:田中圭一
嘘ばっか (Visual Books)嘘ばっか (Visual Books)感想
ちょっぴり毒の効いたおとぎ話のパロディ集。時に毒は薬にも成り得るのです。
読了日:11月28日 著者:佐野洋子
オデット ODETTE(1) (ポラリスCOMICS)オデット ODETTE(1) (ポラリスCOMICS)感想
彼女がドジ過ぎていまいち共感出来ず。おまけ的な読み切りの方が何倍も面白かったな。こっちの続きが読みたい。
読了日:11月27日 著者:日当貼
ディプロトドンティア・マクロプス (講談社文庫)ディプロトドンティア・マクロプス (講談社文庫)感想
誘拐された大学教授を探しだせ!ハードボイルドと思いきや、探偵vsカンガルーのなんじゃこりゃな展開に。むしろ、教授の捜索より、カンガルーとの闘いがメインです。
読了日:11月27日 著者:我孫子武丸
世界の果てのこどもたち世界の果てのこどもたち感想
死んでも生き延びても、誰も幸せになれないのが戦争だ。体が殺されるか、魂が殺されるかの違いだけ。そして、勝っても負けても然り。誰のため、何のために人々は戦うのだろうか?戦わされるのだろうか?
読了日:11月24日 著者:中脇初枝
薄闇シルエット薄闇シルエット感想
変化を好まず、やりたいことだけをしたい主人公ハナ。歳こそ違えど、まるで己を見てるのかのようでした。人生のぬるま湯につかっていることに気が付いたら、泣いて泣いて泣いて、あとはそこを出るだけ。私も何か新しいことがしたくなりました。
読了日:11月16日 著者:角田光代
ハッピーエブリデイハッピーエブリデイ感想
小さな幸せの積み重ね。幸せは自分で見つけるものなのだ。
読了日:11月16日 著者:廣瀬裕子
南の島の恋の歌南の島の恋の歌感想
言葉が歌が、そして私たちの思いが紡がれた、そんな優しい絵本です。人々が皆、こんな世界で暮らせたら…。
読了日:11月15日 著者:Cocco
マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)マドレーヌといぬ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)感想
ジュヌビエーブはホントにお利口さん。分からず屋の大人よりずっと子供たちには必要な存在です。そしてなんて挿絵が随分贅沢に使われている絵本なんだろう。
読了日:11月15日 著者:ルドウィッヒ・ベーメルマンス
訪問者訪問者感想
思わぬ優しい着地点。
読了日:11月11日 著者:恩田陸
占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)感想
読むのが遅すぎた。「金田一少年の事件簿」「六枚のとんかつ」のバカァ。でも一番悪いのは私…。
読了日:11月8日 著者:島田荘司
東京タラレバ娘(6) (KC KISS)東京タラレバ娘(6) (KC KISS)感想
もしかしてKEY君っていい奴?分かってるけどやめられない事ってあるよね。
読了日:11月2日 著者:東村アキコ
東京タラレバ娘(4) (KC KISS)東京タラレバ娘(4) (KC KISS)感想
男、恋愛、結婚。そこしか見えなくなってどんどんみっともなくなった倫子だけど、仕事に前向きになった姿はカッコ良かったよ。
読了日:11月2日 著者:東村アキコ
東京タラレバ娘(3) (KC KISS)東京タラレバ娘(3) (KC KISS)感想
①人間②生きてる③死んでない 贅沢は敵です。
読了日:11月2日 著者:東村アキコ
東京タラレバ娘(2) (KC KISS)東京タラレバ娘(2) (KC KISS)感想
人生のレーンは回転していない。一方向に進むのみ。タラちゃん、レバちゃん、正論は人を追い詰めるんだよう。涙
読了日:11月1日 著者:東村アキコ
東京タラレバ娘(1) (KC KISS)東京タラレバ娘(1) (KC KISS)感想
主人公たちと同じ立場、もとい彼女たちよりずっと年上なので更に分が悪いにも関わらず、俯瞰して他人事のよに読んでます。タラレバたちより呑気な自分がいました。
読了日:11月1日 著者:東村アキコ

読書メーター
AD