葛城事件

テーマ:
葛城事件
2016/日本
監督:赤堀雅秋
出演:三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈

あらすじ
親が始めた金物屋を継いだ葛城清は、美しい妻・伸子と共に2人の息子を育て、念願のマイホームも建てて理想の家庭を築き上げたはずだった。しかし、清の強い思いは知らず知らずのうちに家族を抑圧し、支配するようになっていた。長男の保は従順だが対人関係に悩み、会社をリストラされたことも言い出せない。そして、アルバイトが長続きしないことを清に責められ、理不尽な思いを募らせてきた次男の稔は、ある日突然、8人を殺傷する無差別殺人事件を起こす。死刑判決を受けた稔は、死刑制度反対を訴える女・星野が稔と獄中結婚することになるが……。(映画.comより)

若干ネタバレありです。

観る予定の方はお気を付けください。


********************************************

家族を抑圧的に支配する父に精神が崩壊しつつある母。従順で優秀な兄に何事も長続きしない口だけの弟。父はそんな弟を兄と比べ必要以上に虐げる。
そして弟はそのうっ憤を無差別殺傷事件というカタチで、ある日突然吐き出すのだ。...

「幸せな家庭を築きたい」

始めは誰もが望む、平凡だけど温かいそんな願いからだったはず。
それがいつしか「家族を守る」ために己の価値観を押し付け、家族を服従させ「幸せな家族」とはほど遠いそんなものになり果ててしまった。

かつて葛城家の食卓には母のおいしい手料理が並び、それを家族で囲んでいたことだろう。しかし映画に出てくる場面はコンビニの弁当とペットボトルばかり。それを各々ですませる。単純に家庭の崩壊ってきっとそう言うことなんだろう。


確かにイチ家族としてみると葛城家は特殊かもしれない。しかし一か国としてみたらどうだろう?友人と話しあった結果、まさに今の日本の姿が葛城家そのものではないだろうかという結論に至った。

弟が無差別に人を刺しているシーンを見て、当然怖いって思ったけど、こう言うことってあるかもなって思ったのも正直な気持ちだ。実際、つい最近も19人もの命を奪う残虐な事件があったばかりだ。


そんなふうに思ってしまった私がいうのもなんだけど、こんな悲惨な出来事をあるあるって思えるのっておかしいし、間違っている。
このままでは日本も遠くない未来に破たんしてしまうかもしれない。葛城家の最後の良心である兄が自ら命を絶ってしまい、とうとう葛城家が崩壊してしまったように。
そうならないためには我々が日本の良心であることを自覚し、一人一人が強くならなくては。




AD