政府は7日、駐中国大使に伊藤忠商事の丹羽宇一郎相談役(71)を起用する方向で調整に入った。実現すれば1972年の国交正常化以来、初めて民間からの起用となる。菅直人首相が鳩山前政権から検討事項として引き継いだ「政治主導」人事の一環。

 丹羽氏は名古屋市出身。伊藤忠商事の社長、会長を経て今年4月から相談役。安倍、福田両政権で政府の経済財政諮問会議の民間議員を務めたほか、今年3月まで地方分権改革のエンジン役を担う「地方分権改革推進委員会」の委員長を務めた。長年ビジネスを通じて中国との結びつきが深いことで知られ、毎年中国を訪れているほか、北京市や江蘇省の顧問会議メンバーなどを務めている。

 中国との間では、鳩山由紀夫前首相が5月31日、来日した温家宝首相と東シナ海ガス田開発の条約締結交渉に入ることで一致。一方、中国海軍ヘリが海上自衛隊護衛艦に至近距離まで接近するなど、中国の海軍力増強が懸念される事態も起きている。課題が山積しているだけに、外務省内には「民間出身で乗り切れるか」との慎重論も出ている。【上野央絵】

【関連ニュース】
日中首脳会談:友好ムード演出 韓国艦沈没は中国に配慮
鳩山首相:中国の温首相と会談 「ガス田」早期交渉で一致
日中首脳会談:思惑一致、友好演出 韓国哨戒艦事件の議論、成果なく
聞きたい:09衆院選/5止 地方分権推進委員会委員長・丹羽宇一郎さん
日中首脳会談:「ガス田」早期交渉で一致 局長級視野に調整

「不徳の致すところ」「残念」=退陣前に各閣僚(時事通信)
サンド伊達のブログ・ジンクス この芸人出すとコメント減る…
<雑記帳>フットサル大会に大使館員チームら 南アW杯記念(毎日新聞)
<民主代表選>菅副総理が出馬の意向示す(毎日新聞)
“ゼロ”系商品が好調も、清涼飲料水市場は2年連続縮小(Business Media 誠)
AD