10日午前2時55分ごろ、大阪市西成区花園北1のビデオ販売店「イレブン西成店」に男が押し入り、カウンターにいたアルバイトの男性(32)に刃物のようなものを突き付け、釣り銭用の現金計約14万円を奪って、逃走した。同店では今年2月24日にも約6万円が奪われる強盗事件があり、大阪府警西成署は男の特徴などから同一犯の可能性が高いとみて捜査している。

 同署によると、男はレジの現金を受け取ると「金庫もあるやろ」と脅し、レジのそばにある手提げ金庫内の現金も奪った。アルバイトは当時、午前3時の閉店に向け準備中。店内に客1人がいたが、いずれもけがはなかった。男は身長約180センチで30~40歳、黒っぽい上着と手袋に灰色ニット帽、サングラスを着けていた。2月の事件と、男の特徴や閉店間際に押し入る犯行時間などが共通しているという。【安藤龍朗】

【関連ニュース】
中国:日本人3人の死刑執行 麻薬密輸罪で6日に続き
強盗:私がやりました…刑務所から自供の手紙
事後強盗:容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野
公務執行妨害:パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州

埼京線全編成に防犯カメラ=痴漢防止に効果、1車両に4台-JR東(時事通信)
<普天間移設>うるま市民団体「反対」申し入れ(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒事件 再審の可能性も…最高裁が差し戻し(毎日新聞)
昨年の医療事故報告、過去最多―医療機能評価機構(医療介護CBニュース)
年収の3分の1以上、私大新入生費用の割合、過去最高(産経新聞)
AD