雄のキンカチョウ(スズメ目)の全遺伝情報(ゲノム)を解読したと、米ワシントン大(セントルイス)などの国際研究チームが2日までに英科学誌ネイチャーに発表した。雄は複雑、巧妙なさえずり方で雌にアピールすることが知られ、子は父のまねをして学習する。遺伝子の解析結果は、ヒトの言語障害の解明にも役立つという。
 鳥類のゲノム解読は、2004年に論文が発表されたニワトリに続き2番目。キンカチョウとニワトリとは、まだ恐竜が繁栄していた約1億年前に共通の祖先から分かれたとみられる。今年後半には、キンカチョウと同様に巧妙な鳴き方をするオウムのゲノム解読が完了する見込み。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
警察のDNA型鑑定システム増強=ライフテクノロジーズジャパン〔BW〕
メラトニン遺伝子変異で雄が早熟=体内時計担うホルモン
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別
「5年以内にiPSバンクを」=山中教授、再生医療学会で

特定健診受診率は約3割、東高西低(医療介護CBニュース)
「子供たちの夢奪った」ペコちゃん盗に執行猶予付き判決(産経新聞)
大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」(産経新聞)
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判-アレフ(時事通信)
<大丸東京店>12階の店から煙 客ら300人が一時避難(毎日新聞)
AD